元のスレッド 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50  

あずまんが大王のエロいのないんかねぇ-11-

1 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/02(金) 12:38:09 ID:mtiF4kUG
過去スレ一覧
-1-http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1009/10095/1009525662.html
-2-http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1026/10264/1026475005.html
-3-http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1033/10330/1033049097.html
-4-http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1042/10423/1042357783.html
-5-http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1059/10594/1059493130.html
-6-http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1071418362/
-7-http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1083500580/
-8-http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1098731162/
-9-http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1124625526/
-10-http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1142338260/

保管庫
http://palpop.hp.infoseek.co.jp/ero/index.html
http://pnoko.hp.infoseek.co.jp/azumap/zoneb/

2 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/02(金) 13:38:25 ID:1MwCL6aL
乙!

3 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/02(金) 18:21:24 ID:F9mT5dRK
3で1乙!

4 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/02(金) 23:11:58 ID:URgl5Xn0

 ,_________________
 |                       |
 |  ._,,..-..,,,__          ○     .|
 |  |:::::::: ニ=.T         _______.   .|
 |  |:::::::: ニニ ト、      _,.-个:::::::|   |  
 |___ .|:::::::: ニニ |叫     |.=ニレ-'个ー‐-|
 |.  ̄\:. ニニ.|叫 ̄ ̄ ̄~T=ニ|::|`'ー.,_  .|
 |-ー‐''''个.ニニ.レ'´√ ̄ ̄'个-.,|::| 叫 `'ー|
 |. ニ= |::_,.-'´ /   _   ';_ ``|.,     .|  犯人は私!
 |   _,.ト'´  /  /入ヽ  `;_  \   |
 |  /    /   ヽ∵フ   `;_  \,  |
 |_/     /  √ |Y| `'i   `;_   \_|
 |      /    | |.|.| .|    `;_    |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           完


5 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/03(土) 00:18:21 ID:qa+kds8u
>>1
乙!
今スレにこそ神の降臨を期待する。


6 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 00:57:21 ID:2lI+yqg7
              ,,,...〉-ーーーーー-.. ,
          ,〉'''~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶、
       ,, r''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶,                  .
     ,,r ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶,
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;/.ヽ;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;/ i;;;;;;;;;/.  ヽ;;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ/;;;;;/  i;;;;;;;/   ヽ;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;へ、  i;;;;;/     ヽ;;i  ヽ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,,,..r.こニニヘ、;/      ヽi  ,,,>;;;ナ;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;~/;;;;;;;;;;;ヽ.`\〃   .レ,r'こヘ、,ヽ;i.ヽ;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i /  / ;;;;;;;;;;; i       ~''./ ;;;;;;;;;.\i. ヽ;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i .|   i  ;;;;;;;;;; .i.        i .;;;;;;;; .i ヽ ヽ;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  !   ! ;;;;   .i        i ;;;;;;;; i  |  i;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     .ゝ....... ノ         ! ''''' /  |  .i;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i                   ゝ... .ノ  .'  .i;;;;;;;;;;;i            ______________
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.                /          .i;;;;;;;;;;;;i           ./                     \
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.        -ー‐ ..               i;;;;;;;;;;;;i          / あかん、あかんで。          |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.     /      ~ ''ー-- ,        .i;;;;;;;;;;;i         <  このスレを死なせたらあかん!! .|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     /             :::::i       .i;;;;;;;;;;;i        /~:\ 今から即死回避や〜。 .         |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、   /              ::::!      ./;;;;;;;;;;;i      /~:::::::::::::ヽ______________/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::ヽ.  .i               ::/     ./;;;;;;;;;;;;;;;i_,---ー'::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;! :::::ヽ、丶,,             ./   ,. イ~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!  ::::::::\, ~ '''.ー-- ...,,,     ,, イ~;/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!   :::::::::::`丶、..,,______,,..... ー'' //~./:::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::
..;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!     :::::::::::::::::/   /    // /::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
...;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!       :::::::/.   レ'    // /::::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::
 .;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!        / |   .レ   .// /::::::::::::::::::i;;;;';;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::
.ヽ,.;;;;;;;;;;  ;;;;!.       / .|      .// /:::::::::::::::::::!;;; ;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
 ヽ\;;;;  ;;!       i  ‖     .// /::::::::::::::::::::!; ::;;;;;;/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::


7 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 00:59:43 ID:2lI+yqg7
                 _,,,.. --- ..,,,__
              ,, r''"        `ヽ、
            /     , .∧     `'、
            //  , i  / ,/ 'i i,  ,   'i
           ',i' ,  /フ'メi_/   '、i_i,_L,, i  ',
       _,,_   ,/ ,,i / ,,r==、,,''  _,,,ニ,,i 'i,i i i,
      ./  'i ./ i. レ'i             `' i/レ'! ',   
      |.  i i  '、 i    r─---┐    i  i ',
     _,,L,,_ i, i   `'i,.   i      i   ,' /  ',
   ,r''"    `'i'、!    /ヽ,   '、    ノ  ./''"    i
 / -─'''''''‐く ト-、,/   フ-、`ー‐ '",,_-''" ',      i
 i   _,,,,,__ノ ,i.i.  `'ヽー" 'ヽ,  ̄ ̄''ー0'i   ヽ    i
 'i        )i i     `ヽ  `ヽ,,`>、,,,,,,L_  \,,,j
  '、   ─--r' i i          i       ヽ,
   \,,__,,ノ-,i,i           i   0 i ',
    i,    //      ,, -'   i 0    ', i
     \,__//   _,, -ァ'''"       i   0 ', i
        ゙゙゙̄ ̄  i           i 0     ', ',

8 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:00:26 ID:2lI+yqg7
             わ          ,..-―-、
              |         /:::::::::::::::::l
                 ∩  /::::::::::::::::::::|      ,、
      -―-、        |⌒ヽ/::::::::::::::::::::::|    _/|ノ
   /´Y    (´ヽ  ,、    l: : : i::::::::::::::::::::::::|-―'´: :丿
 ,、 _し' l     lヽJ/|ノ   \: |∧/l/|ノレ : : : :/
 Y: : `ー`ー-―'´一': : |     /: : : : : : : : : : ::i-‐'′
  \: : : : : : : : : : : : /      /: : : : : : : : : : : |
   Y: : : : : : : : :r'´      /: : : : : : : : : : : :|
   /: : : : : : : : : :|       /: : : : : : : : : : : : |
  /:: : : : : : : : : ::|      / : : : : : : : : : : : : |
  /: : : : : : : : : : : |      /: ::_: : : : : : : : : :|
  `77ー--┬r一'       ̄/ / ̄`ー-┬r-'
  l'´)   ├|           l'´)     |~|
  し'    (ニ⊃        し'      (ニ⊃


             __
                /〃 ┼‐┼〃__
             /\    ノ                __
                      __  , -――-、  /\ノ
                      ヽ/\l::::::::::::::::::::\ /: : /
         ,..-―-、/)       |: : :|::::::::::::::::::::::/: : /
     /⌒Y    (_ノ  /)       |: : :|:::::::::::::::::::::|: : : /
      ̄l ̄l、     ) /`〉     ヽ:: :|::::::::::::::::::::l: : :/
         l: : :`ー--‐'‐'´: :/        \|∧ハ/l/: ::〈
       \: : : : : : : : : :く         |: : : : : : : : : : `ー-┐  ,.、
         l: : : : : : : : : :`ー―┐ ,、   |: : : : : : : : : : : : : : |二lニノ
         ヽ.: : : : : : : : : : : : : :|ニノ   |: : : : : : : : : : : : : : |
           ヽ: : : : : : : : : : : : :|      ヽ: : : : : : : : : : : /
           \: : : : : : : : :/       \ : : : : : : /
              ̄ ̄ ̄ ̄    ノ|      ̄ ̄ ̄       ノ)
                   ノしノ  し'(           ノ)__ノ (ノ(
                   '――――-'′         '-――一-'′

9 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:01:38 ID:2lI+yqg7
                     /`ヽ     ,.-、
                       /   `、  ,/  |
              ,,. ‐'',つ ,/      'L/    |
             ,. ‐'"'ヽ,"  / _,,........,,_  ´  _,,......,,_ |
          /   (゛,. ) / <, |:::::| ,>  <, |:::::| ,|
           /. ヽ-r''",ノ /  `二二,,,,,,,,,,__ '''''''''''  |
         r,!   -r''" ノr‐'"´:::/‐|:/  `::ヒ、‐-、 |
        /`--‐'''/   ソ:::::/i::∠.,,レ    ゛|,,ヽ::i、:`:|
         /、_,,..-{   i:::::i'.,r''/::::ヽ     r'"ヾ':|,ヽ:::i
         /    i゛    ,'::::i i. i:::::::::l    l:::::::::|. i !:::ヽ
        ,'     |   ,':::::! '. '○:ノ     '○:ノ ノi:::::::ム、
      i     l    !:::::i                   |::::::::|  
        !     i' 〉  ,'::::::::、        _      l:::::::::|
      i_      '' \i::::::::| lヽ、     l   l     ./::::::::::!
      ヽ`         |:::::::i:┴i:::`''- 、_ `'''"  ,. -'":::::::::::::::|
       !_,.. --ァ |  `、:::|  ''T'r'"´l ``""´!:::::::::::::;i:::::::::|
        ヽ:::::/  |   `、|    '、  ヽ   {ヽ、:::ノリ|:::::::::! |:::::::::!

10 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:03:08 ID:2lI+yqg7
■■■■■■■■■■□■■■■■□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■□□■■□■■■■■□□■■■■■□■■■■■■■■
■■■■■■□□■■□□■■■■□■□□■■■□□■■■■■■■
■■■■■■■■■□□□■■■■□□□□□■■□□□■■■■■■
■■■■■□□□■□□□■■■■□□□□□■■■■■■■■■■■
■■■■■□□□■□□□□■■■□□□■■■■■□□■□■■■■
■■■■■□■■■■□□□■■■□□■■□□■■□□■□□■■■
■■■■■■■■□■■■□□■■□□□■□□■■□□■□□□■■
■■■■■■□■□■□□□□■■□□□■■■■■□□□□□□■■
■□■■□■□■■■■□□□□■□□□□■■■■□□□□□■■■
■□■■□■□■■■■□□□□□□□□□■■■■□□□□□■■■
□□■■□□□■■■■□□□□□□□□□□■■□□□□□□■■■
□□■■■□□□■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■
□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□■■
□■■■■□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□■□□■■
□■■■■□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
□■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
□■■■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
□■■□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
□■■□□□□■□□□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■■■
□■■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
□■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■
□■□□□□□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■■■■□■■
□■□□□□□□□□□■■■■■□□□□□□□□■■■■■□■□
□□□□□□□□□□□■■□■■■■■■■■■■■■■■□□■□

11 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:05:31 ID:2lI+yqg7
        / ̄ ̄``ヽ/|
       /::::::::::__;;:''-'"´ ̄ ̄``''-.、    やったでー!! 私が11ゲットや〜
        /::::::::::::\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::/  .......::::::::::::;;::::ハ:::::::::....ヽ
      ,':::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::://:/  |゙、ト;:::::::::i 
       i::::::::::::::::i:::::::::/:::::::/i::/_l:/  |. i:!゙、::::::::! >>23 人の話ききなさい
       !::::::::::::::/l:::::::l:::::::/ レ'r‐、.    ,=,、''i::::| >>34 へーちょ
     i:::::::::::::/ i::::::l:::::::| i゙ l:::::::|     |::::!.}.l::::! >>45 信用ガタ落ちやな〜
      l::/l:/:/  i::(l::::::::l ! .l::::ol    l::o!.'i:::::| >>56 シーサー やいびーみ?
     l/ |!レ'   ヽ:|::::::::|  `'''    , `" !::::| >>67 さーたーあんだぎー
            |:::::::::|    r‐-;   ,l:::::| >>78 ちゃんぷるー
            |:::::::::|、    i,,.ノ  ,.イ:::::::| >>89 なんでやねん
                ,|::::::::::! `''‐.、._,,.. -''" |:::::::l >>91 おせんみこちゃー
          ,/ .|::::::::::|  /、     |:::::::i 
        /,_   i:i、::::::|‐、 -l: \   l:::;::/ 
       //´ `ヽ,リヽ;::::ト、__,ノ  ヽ,. i:/レ' 

12 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/03(土) 01:06:18 ID:MA3Yq8T+
個人的に期待しているもの

さかちよを少しだけ書いたVIPPERの人に、よみさかを書いてほしい
自分でシチュ提示してたし

13 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:06:25 ID:2lI+yqg7
   .// ../,イllllllllllllllllllllllllllllll llllllツミllllllllllllllミi;,,,    .  / // < かおりんが良いと       >
..  // /,イlllllllツ/''" ,ィ''"~‐''"   'illllllllllllllllllミi;;,_  / //,;;  <                   >
..// / ,イlllllllll' ,ィ;;;.r''"~"''‐ 、;; ノ .i .'' "llllllllllllll'i ̄"/ // ,;;;'  .<     思いまーす!      >
' / / ,illlllllllll',イ,ィ .`'‐ 、  _,.}=;;,ツ-.、 .'' ;;ll;;;;;;;i,/ /./  ;:'   <                   >
ィ /  ,illllィ-ミ,ィ'/       ̄   l'i,_   `' 、'lll,;;ト、i//       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
/ /。iツ i''i, 'i::;;''i,        ..::,.,l  `'‐- t''ソi'i;i//         .,;;;;;;;;; ;;;;;;;,,  ./
 /  /i  /':::::;;;;;;'i       '':::::;i     .l'ソi',_..',ィ         ,,;;;;;;;;;;:'' ;;;;;;;  /
,イ  /  !,'‐'i;::::::;;;;ソ   .,ィ-- 、_       ,ィ!,ィ;;;;;          ,,;;;;;;;;;'' ,;;  ./
  /   ';,,,,,i:::::::;ツ  .,/イ''‐- 、`' ‐ 、  ,イ .,i' ;;;;;        ,,,;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;; /
,イ    ィllllツ::::::ツ  ,i'      ~ソ / 'i'ツ,,,;' ;;;;' ,     _,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ./ ,lllllll,::::::::' ,i'       '-/ ,;ツ;;;''  ;;;' ;      ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  /  ,lィllツ'i;::::' i,. - 、     ,/' .,;;ツ,;''  .';' ;     ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       
../  // lツ 'i,:::. ト- .、_~ "''‐、 /  /;;;;'',; .;  ' ,;;    ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      

14 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:07:30 ID:2lI+yqg7
                   /::::::::::;、::::::::::::r、:::::::::::::::::::::::::::::|
                   /:::::::::::ハ;:;::::::::l_ヽ::;、::::,::::::::::::::::::|
                     l;ィ::::::f;:l_l_,l:l'!:::::l l_ヾハ;::ト;:::::l-、::::::|
                  ,! l::;1::f゙T::T{ ヽ:l. T:::l!`キ.l::::! l::::::::|
                   l/ '.|::l `~ i ヾ `~~´  'レ' ,ノ:::::::::|
                     |::l   ,!        ィ'´:::::::::::::|
                     |::ヽ,  ` ー   /:l::::::::::::::::::|
                     |:::::::`:'‐..、__,. -'::::::::ト、:::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::; -{:::::::::::::::::ノ:::ヽ、:::::::::::|
                       |:::::::; - '´ / !   /:::::::::::::`ヾ、::::|    
           ,.、_,,,,,,,,_, -、      f:r'´    f'`_'ブ    ,. ‐_ニヾ::|
        {/〃/::::ヽ,}     ,ハ l,    l ̄ ,/    //  ,. -ヽ|
        !:::::::::::::::::::::::l    ,イ  l,L,..,. l  /    // , ‐'´ :::::l:|
        i;:::::::::::::::::::::フ _, / l / マ<,_l. /__,fミー',ィ゙ , ‐'´    :::::;!::|
        ヽ、::;::----':‐'´_;)' ,}'゙   `ゞl'-ー ' ´ `  !',. /     :::::;f::::|
         ,/:;ハ:::::i;_:;_;r'7  /    ,}ュ'       l',/     .:::::l l::::|
         ,(ィ'!::l::::;lニ-ュ`ヽ l ::::::...  ||| ..:::::...    :l/     .::::::/ l::::::|

15 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:08:32 ID:2lI+yqg7
               ,. ‐''":::::::::::::;::::`'-、
             /::::::::::::::;;:::::/ ヽ:::::::::ヽ    
       _      /:::::::::::::///  `、::r、:::゙,
───  .l ヽ    ,'::::::::::::i゙  ○    `' i::::i
         \ \   !::::::::::::|       ○ l::::|  / 〉
───    ゙/ \!::::::::::::!   ,.._      !:::!/\/
        ヽ/  \::::::::!   ! ``''7    !::| \/
────   ヽ    |::::::|   l,   /   ノ::i  /
            `、   i:::::l、ヽ.,_ `''''"  _,..イ:::::i  /
─────    ゙、  ヽ;i \ヽ,.二l ̄_,l  |:::/ /
            ゙、     ヽ`、 | /  レ' /
──────    ゙、 /     `ロ''"  i.  /
             /      ||    |/
───────  /         ||    |

16 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:09:49 ID:2lI+yqg7
        _,,r-‐'''"~~r-、,,ノ ~゙"''''ヽ-、,,,_
      ,r='   ト、  、   ヽ、 、 ヽ、   ゙ヽ、
     /彡    i  `ヽ、ヾ、  ヽ    \  `ヽ、ヽ、
   /      i! ヽ \ミ ヽ、  ミ、  \  \ヾ、,
   /   /     ,,iir、 \\ ヽ、 、 ミ   \ ヽ、゙、`ヽ
  /    /  i    レ+'''\゙、 \ ヾ、 、 、ミ,,ヽヽ, 'iヽi,
  i   i i  |   i |    \ヽヾ、゙、\ヽ\ ゙i,、 ゙i, ゙i ヾ!
 .|    l i  |  i | |     ゙il \_メX'''゙i,~、i、 ゙i゙!,i ゙i i
 .|   | |! i .| .| ト,'i,,,r-''ニ、 i! ト、 _,',,,r_i,,,゙i.ト,| i| i|
  !   !,|i |, |  |,‐i''i| _,,r‐ `i, ,,,,,ォ, =‐''~ レ,| '
  i,   i| i, |゙i,ィi'~|゙,|r-レ=i''''  i″ ゙ヽ、,,,,,,,, - '゙i '
  i,  ! ハ{ヽ,ト,i {=匕シ'´   .ノ   、_      i
   ゙i,   { ヾ,i ヾ\"  ,,,:-''       '    ,イ
   ゙i   \‐-、  `  ̄       _,   .イリi,
    ゙i,  ii ヽ= -,、_____     '´,   ,イi iミ゙i,
     i  ! __∠,´    ゙ヽ       ,イヾ ! ゙'i,
     | ,r'''/  `゙'''ヽ、,, |ト,~゙''''''i'''''´i  iヾ  ゙'i!,___
     i/====、、   `',ii| i,   i=、┴---、‐''~ ヾト,-、
    /       \   i.|| ヽ  丶 \   ヽ,ヽ \ヽ\
    /         ゙i  {ii  ゞ、,,,,,_'‐''ヽ-、,  i   |i l ゙i
   i          ヾ, ヽi!   _\  ,r‐──、 ,,,,,,!!,,_ i
   |           ヾ、、メ-≡‐ニニ-'~=、,,_   ヽ7 .ノ/'''‐- 、,,_
    !            Y i/  / ̄     ゙'ヽ、-゙i! //      ゙'ヽ、
    ゙i            トソi /          ヽ=イ        ゙i
     ゙i           i' ./| i'            ゙:, 只        |
     |             レ' |                 iリi|!、        |
     |   /   ,'     |  i              j|i |iヽ,      ;. |
      .| /   /       |   ',  ::  ,         // .|| ヽ    i i |
      |/   /      |   ヽ i レ /        //,' .|| ヽヽ    ハ!
     /   /      |     l /          / i,i  ゙、 ヽ,ノ Y
     |   /      |ヽ,     i/          /   i   ゙i,    ゙i
     |   /       |i !ヽ   i!  、    '"   /   l   ゙i    |

17 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:11:48 ID:2lI+yqg7
             ,. ‐''"""`'::. 、
       、___,/::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ、__::::::::::::::::;;;;/::::::::::;::::::::::::',     なんでやねん
       '‐=ニ__::::::::::i゙ .,|:/i;::///i:::::::l. \ \
        ,.'=='-、-‐ヽ!.' '"‐、 ,/::::::/ \ \ ,ォ彡}_
     ,. ‐''",.. -‐‐‐ヽ__i  ,、 ( ソ'ノ  \\/ i: ''/.:.:.:.:`ヽ、
   / ,./  r''   }. ,ゝ ,'-`‐''    ,r-tぃ゙ /i|ヽl.i、:.:.:.:.ヽ
   >''"   {  、 `{/  '!ヽ、   ,./   ヾ>'-l''l´┴ iリl.:.:.:.ヽ
  /      `、  `' {-‐''   `''''"    _,. ‐i─'、 `ー‐' lr-、.:丶
. /           ,i   i``''-、,,_   ,,.. ‐''"  〈  ‐-、  ,.i_ノ.:.:.:.丶
〈_ヽ、     r'" |   l    `''''''´      ヽ、,_,.-'" 〉`''-、.:.:.:ヽ
' L_`'ー-、,__/   l   i              |r'ii  |_/  /ヽ:.:.:.ヽ
./ /`i''‐r-;:{    i   ',                 /ヽ,L_ |‐/_/  / ヽ..:.:.:',
' / l  | | ',    l.   ヽ           i  ' ヽ |//  ヽ,  i.:.:.:.:.i
./   !  | | ',     }    〉          |  i  `l゚l     li  |.:.:.:.::l
   |  | |  ',  └:r==i           |  |  | |     !|  |.:.:.:iリ
   !  | |  '、   └r''"`'''''==、       |  |        |.|  |.:./
、_l___l,,,..L-' {二二二二二二二二二二二二二二二}ニニニニニニニニ)

18 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:12:34 ID:2lI+yqg7
.            ,.... -――-....、 _
.         ,.. :''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`':..、
      /......:::::::::::::;::::::::::::::::::::::::....... `:、
.   ,.:'...:::::::::::::::;':::::ハ:::::::i;::::::;::::::::::::::::::::...`、
.  ,:';イ:::::::::::;'::::;'::::/ !;;::::!`、::`、::::::::::';::;::::::..',
.. /' /:::;::::::::i:::/|;:/'´ ';:`i‐-'_、','、:::::::::i::';::::::::!
.  /::;ィ::::;::/|/,゙i/::、  `、l '゙,.-`;`:,'、:::::l:::i:::::::l
.   |:/ i::/:/ '/.i_);;::!    ` |_);;;:i `!`;::|;::|;::::;'
.   !' l:;'l:;'゙i l !::;;;::|      !:::;;;:;!   ';!r';':;/
     !' l' !  `ー'       `ー'     (  ,!
       ',. i     丶      U  ,' ,.'
       `|                ,'-:7
.         ヽ、   ⊂ニニ⊃  ,.:'::;i;:'    
        ` ': 、      ,...‐'゙!:;:'
.              ` ┬‐'"   'i
               ノ       ':,、
.             ,..イ       /:`:.、
        ,. :i'´:::::|___    ___ /::::::::/` 、
       /  !::::::::|      /::::::::/.   `ヽ
..     /   !:::::::::',.     /:::::::::/     ',
.     i.   ;:::::::::::::`ー-‐'゙::::::::::::/       i
.     !    ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i 、       !
     |.   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i.     l
      l   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`|       |

19 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/03(土) 01:13:35 ID:MA3Yq8T+
>>18
こーやってみるとみうらっぽい

20 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:13:56 ID:2lI+yqg7
          ,.‐'''_ニ_‐、         ,. -─-、
.          ,' ,'´::: ,.`--──‐--' <. ̄::ヽヽ
        i {::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::: !ニコ
           ゝ._7:::::::::::::;:::;、:;:::::::::::;.、:::::::::: <ノ
.           ,'::::::::::::/l:/‐l!::::!:::/H:i、::ヽ:::`、
           i::;:::;:::r',.ェ!=!、|:/レ',.=!ュリヽ:、::、::!
            l:l:::l::::l { {:l;;j:} '   {:l;;i:}.j ,'::ト:::|′
          !:l:::|:::!  ー‐'  ,   ー'  !::::!レ′
          `:i:::l::|、 "   、__,    ノ::!::|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ヽ:!::! ヽ、      . イ;;|::|::l  < 新スレおめでとうございまーす♪
             `、! ,.j ` ー 'i´   `'、l    \_____________
           _. -‐' ヽ     `i`ヽ、
          ∠- 、.   `、ー  ┤  /.>、
        /´ `ヽヽ、_  ヽ〜'7 _// ∧
          {`ヽ、  `>┴ 、`. ,' /,-'  / }
        !  ヽ-._|∧∧|ニVニ-' ├'   i
.          !     ヽl( ゚ー゚)l ロ    l   /l
.           `.    ヽ-- '  ハ   l   ∂|
            `、     `、   | |   ,┴ ' ̄ヽ、
           i、     ヽ   ! l   ! レズ係 }
           l.ヽ     `、 l. l.  `t'7ー-、_/
          |_ `、     、 l !  j '  ,'
             └ァ-ヽ    V二ニT   /
             / / ,.ヽ、   〉 l. 〈.   ∧、


21 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:14:30 ID:2lI+yqg7
                         ,..r‐''''""      "''ヽ、,
                       ,.r'´      ,、       `ヽ、
                      ,r'     ,., . / .`、  ,、      ヽ,
.                     /   ,  /┤ /   `、 'i\  、.    `、
                    /   ,/i' ∠...|/    '`、|"'\ !ヽ    `,
                    ,'  ,/,.r;':::::::::ヽ     ,r.'''''ー、',l `、   .',
                   ,'  ././ ,'::::::::::::::i     .i::::::::::::ヽヽ, `、   .|
.                   ,'  .|. i |::;:::;;:::::::!.    .|::::::::::::::::|. `、 |   |
                   ,'  ! ヽ. r、.丿:ノ     !;r-、:::::::!  i .|   .|
                 ,.、i iヽ |    "'''"      `'-:;';;;;ノ  ′|  ,., |
               , ,-=.ニ` 'y'i                  ,r',ir'∠, |
               'i'i r三、 " i       ______        .i .ノ ミ=.| , >>1 おつー
                  i "''ヽ, \.     (   ノ      /,r-.'´`"|ノノ   新スレも頑張ってやー
                 i   , .ヽ、"'i'i、..,,_  "'''"   _,,..r/ /    .|
.                 i   |',  ,>,i i !"'',"''i'' i;;;:::ニ'ヲi「´,r'"     !
                  ',  | ',  (-'ノノ  ≫,|-/,-'  ! !<!  /i   /
                  ヽ, .|. `、 |"i\/  フ,i""  , ,..>'"./| ./.|  /
                    `'  ヽ ''y'   ,T   .|  ,/ |./ |  ,r'
.                         /   / |   .|r''"  ′ レ′
                         〈.,__,,,,',__'    |
                         / / |  T''''T'"i
                         !、.|___|____|___',_,,,|
.                          |  i'  i  .|
.                         ├.┤  i,,,,,|
                          | i   i .|
.                         /`-i   .〉- '、
                        (,,...-'''"   ヽ,,,,..)

22 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:15:24 ID:2lI+yqg7
                   _,,-─'''''' ̄ ̄``''''ー-、
               /''''''''   :::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               /;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;::::::/、::::ヘ................ヽ、   < ブルマからはみパンしてるのが萌えるんだから
             /;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;::::::/!::::/`ヾ'、-!:::::::::::::::::::::\    | ブルマの下はパンツでしょ〜? 常識でしょ〜?
            /;;;;;;;;;;;;;;::::::::::/':::; ':/i::::/::::::::::::::l:::∧:::::::::::::::::::\  \_________________
           /;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::/,':; ':::/::l::;';:;::::::::::::::!:/:!:i:::::::::::;:::::::::::ヽ
          /;;;;;;:-、_;;;;;:/!::/_!/,,-/−;!'":::::::::へ'/::!:::i:::;:::::;;;::::::::::`、、
        /;;;;;/:::`i;!i;;;;:'::!/─ー--─、:::::::::::::::::;/ヽ!、_!::!!:::;;;;:::i、::::! ヾ、
       /;;;;;;;!:::::::::::';';:!::::'ヽ、,,,,(__),,,ノ::::::::::::::::i''''ー、__;/::!::;;;;;;:! !;:::!  ヽ__,,,,--─--、__
      /;;;;;;;;;;;!:::::::::く::`::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::ヽ(__) _):!:i:ヾ_!,,!-!--<::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   _,,,-'''";;;;;;;;;;;;ヽ::::::::::::::  :::::::::        ::::::::""::://....:::::::::::::::::::ヽ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\
..,,-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-i;::.                   /..:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,:-'ヽ..                  /.:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;,,,,,,.'''''''''';;;;;;;;;;;;:ヽ-'''''''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;::::-:''":i!:::::::::i\:.   _          / .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.   !;;;;;;;::::
;;;;;;;;;;:::-:'''"   ::::::i!:::::::::::!:::::ヽ、. (_`''ー--、  ./ .:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,.l;;;;;;;;;
;;/!        ::i!::::::::::::!i::::::::::::`''-、_~^ー''ー'"_,,/.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;-';;;;;;;;;;;;;;;、ノ;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;
"  !        i!:::::::::::::!::!:::::::::::::::://:!~''''~i!~ヽi,;;;;;;;;;;;;;;::;--─'''":::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;
   i        i!  :::::::::!:::!::::::::::::::::/::!::::::::::i!  \;;;;;;;;;;:::::',   >ー-:::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;
    !      i!   ::::::l:::::'、::::::::::/::::l:::::::: i!    ヽ;;::::;∠_.! ::::::::::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ `ー-、;;;;
   i      i!     l :::::ヽ::::::/::::::!:::::   i!. ,,,i'''"_, ̄-----ヽ ::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-"
    i       i!       !  ヽ:/::::::::l:    i! .!::l !::::::::;i",,, `!;;;;;;:\ ::::::::\;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;-''ヽ   |\____________
     !    ヾ、、     !    '   l    i!,!!::l !:::::;i'_:::::::Y'' _,,`_-`'i,,;;;i;;;;`,M;';;;W'"   ! /
     i      `ヾ、  !      l   _,,,!i!i:::l !:-ヽ、 ̄_/l"  ヽヾ:::::::::::::::::::::::::`ー、.、 ! | せ、先生、発言がオヤジっぽい上に
    /::!    ,-,=''"~   !      l 、、'"~ !'i:: ! .!  _~|/  !   ! ! ::::::::::::::::::   ll !ヽ | 好みが偏ってるです・・・
                                                   \_____________


23 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:16:01 ID:2lI+yqg7
  <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7           /
  く:::::::::::::/l/レl/l/l/\l\l丶:::::>         /
  ∠::::::::/            \|          /
   〈:::::::::|   , -―- 、    __  |           /
   l:::::::::|/`(      )--イ´   `ヽ         _/
  /⌒ヽll|  `ー-- ' ..::| ゝ、  ノ         | !            /
  | ∫        ..::;;;;!    ̄ l        /              /
  l )  \   _____   〉      / ̄              /
  \    |  |‐―――┬'|  |      /               /
    `l   |   |:::::::::::::::::::: ̄|  |      /               /
     :|  .l   |:::::::::::::::::::::::::|  |     /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    :|     .| '⌒ ⌒ヽ::::::|  |     / < はい! ブルマからのはみパンが
      l     |       |::::|  |    | ̄〉  |  いいと思います!!
     l.    |____l_;|  |  /| /  \__________
    / |   └――――┘ |  /                /
  ,/ /|      ー--    /\_/                  /
/   / ;|`ー-- __   _,/|  | |                 /
   l  /         ̄  /  | |              /
   |             /   |               /


24 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 01:17:16 ID:2lI+yqg7
                                , r '' ´ ̄ ̄ ̄`゙ '' - 、
                             , r '´      ::::::::::::     `'ヽ、
                           /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::      \
                         /    :::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::       ::\
                  〃ヽ    /    ::::::::::::  ::::::::,、::::/ l::::::        :::::ヽ
                  lj  |    /    ::::::,:::il  ::::::::/ |::/_,,,-|-:ハ:: |l   , r-i:::::::::ヽ     ――――
                 .|  l   /  :::  :::::/l::l l  :::::::/-|/r-t--l/ 、l:ノ |::::/ :!、ノ::::::::::::ヽ  < 即死回避終了
                 |  |   i  :::  :: -/-l|、 ! :::::::/  ト-'n:::i  :!l、 |:/  :/::::::::::::::: l    ――――
                 /  |   | /| ::: :::li:::レrj_:l ヽ::/   l、 |lj;::l  ' |/  |::::r-、::::::::ヽ
                / ___/_   l :| | ::  ::l jl| |`lj:| `'    ヽ :::ノ    |   l:/r- ヽ:::: ヽ
             ,,,r-==ー、  ) __ :l:| :l ::  ::| ` ヽ::ノ       '´ ̄`_`  |   |´/   リ:::::: ヽ
          /``゙ '''''ー-i  トi-j'´´ ヽ| ヽ:| \|  `'''  ,      __∠_``_ー└  | )  ノノ::::::::: \
         / ー、_r  |  ト、__´_ rソ  ヽ|  i     `     / ,,, r-      l  /::::::::::::::: \
         |  (´______/、_ノー'´`: /      |        _/´'''´         ト-': :::::::::::::::::::::: \
         |   ::::::::::::::::::::::::::  ノ       ヽ     ー'7 l 、__,        :|:::::::::  ::::::::::::::::::::::  \
         |    ::ヽ::::::::::   /        |:`ヽ    ヽ、__l ' |:::       |:::::::::::   :::::::::::::::::::::  \
         |     ヽ:::   /         ノ:::::::: `' 、     `ツ:::       |_:::::::::::   \ー-- 、___、
       /´||     l::  ,,r'         /::::::::   :::::`' ー、____|:::       lヽ\::::::::::::::  \ 
      ,,,入 \      ,'<´         ノ::::::  ,,, r'7:::::   /|:l:::       |/_  \`_ー、___:::\
    / r'ヽヽ、_`ー 、__∠ )       ,/::, r ' ´ ,/:: _,, r '´ ノiヽ::     ,, r'´´_>、   `` ー-==-、
   /  \\  ー 、______,/        ̄ ̄   ∠r-'´´     /  \::  / ,,r ',´r '\_,---- 、    /ヽ,
  /    \`ー 、____,,rフ1           ,rr''´        lr-  \/ // / ̄      ヽ ,,r' / ヽ
  /      `ー 、___,,ノ:::::|         ,r| |:|         |    / ///          \,,r'  /
/           `::::::::::ノ       /  ! !:!         / ______><、/ /             \/
             :::::::::/      /    ! !:!        |'´   / \/::


25 名前:名無しさん@ピンキー[age]:2006/06/03(土) 03:15:41 ID:Zq4qTxQZ
ここは正統派レズのかおりん×榊きぼん

26 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/03(土) 06:52:51 ID:GH/dQy4c
>>1-25
お疲れ様です

27 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/03(土) 18:22:46 ID:MA3Yq8T+
このスレにいると

やっぱり
さかきさんは
エロいんだ


と、感じる

28 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/03(土) 18:51:50 ID:yyBnz2M+
おっぱい三人衆はエロイな

29 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 04:31:00 ID:FerdducP
前スレ、埋められたまま落ちてやんのw

30 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 13:26:11 ID:ZXd1vYyp
さて、神降臨を待つか

31 名前:最後の勝負に手にするものは(五話)[sage]:2006/06/04(日) 18:35:12 ID:APdbv93O
私のこと好き?



酔っぱらいが集まった食堂は、呻き声と寝言で騒々しくて落ち着いて飲める環境ではなかった。
場所を変えようと言ったのはどっちだったか覚えてない。でも、二人だけでゆっくりと飲みたい
と言ったのは神楽自身だった。なぜそんな事を言ったのか忘れたが、久しぶりに榊と会えたので
やはり嬉しかったのだと思う。部屋に入る前の事は所々意識が飛んでいる。榊と残り物の酒瓶を
全部手に持って二階に向かっている映像は、妙に頭に残っていた。自分は裸足で口につまみの袋
を咥えていて、少し浮かれていた。その足で踏む階段の湿った木材の感じとか、どうでもいい事を
覚えている。そんな事は普段だってよくあるのに、何故かその夜の時だけが、やたらリアルに思い
出せるのだ。どうでもいいけど。
しかし年頃の女達が揃いも揃って飲み比べなんてして酔い潰れてるわけだから、まったく色気の
ない光景だったと思う。ホント、おきらくな奴等だ。


32 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:38:06 ID:APdbv93O
次に覚えているのは二階にある小さな部屋の中で、自分は床の上で胡坐をかいて持ってきた赤
ワインの栓を、よいしょと抜こうとしている所だった。
榊は真向かいで行儀よく正座をして、二人の前にグラスを並べていた。
「…新しいのを開ける前に、飲みかけのお酒から手をつけた方がいいんじゃないか?」
そう言って、赤ワインをこっちへ渡すように手を伸ばした。
「どうせ今夜の内に全部飲んじまうから一緒だろー?」
ケラケラと笑って赤ワインの栓を一気に引き抜いてやると、不機嫌な顔をして子供のように拗ねて
みせる。
「そんな顔すんなって!せっかく仕切り直すんだから、新しいお酒で飲みなおす方がいいじゃん」
即座に笑顔を返すと、困ったような顔をしていたがすぐに一息ついて、大人しくグラスを差し出し
ていた。その顔色も動きも別にいつも通りで、酔っぱらっている風には見えなかった。
二つのグラスに酒を注いで、赤ワインの入っているビンを自分の横にドスンと無造作に置いた。
改めて乾杯をして、二人だけの二次会が始まる。
その後はくだらない会話や馬鹿みたいな事で笑い合ったり、どうでもいい事で怒ってみせて困らせ
てみたりと、だらだらと時間を過ごした。
「しかし、本当にお酒が強いんだな神楽…」
会話の途中で、榊が呆れたようにそう言ったのは、用意した酒瓶があらかたなくなる頃だった。
「まーね、小さい頃から親父にちょくちょく貰ってたりしたし」
「…子供の頃からの飲酒は身体によくない」
「いやいや、そんな言うほど私も飲んでないって!ほら、親が美味しそうに飲んでるのを見てると
なんか飲んでみたくなっちまうじゃん。それで、つい…ね。まぁ、飲んで美味いと思ったことは
ないけどさぁ、お酒飲んだことで自分も大人になったって気になるんだよ…ふふ!今考えてみたら、
ガキだったよなぁ」
「……あぁ…それは少し分かるかも…」
「あ!一応言っておくけど、今だってそんなにお酒を飲んでるわけじゃなんだぞ?サークルの
打ち上げとか、そういう行事が無きゃ飲まないし。それに、参加したとしても私は大して飲まない
んだ」
「…そうなんだ」
「そう!だから、私が酒に強いっていうのはそういう体質ってことだよ」
「でも、それならもう無理して飲まなくてもいいんじゃないか?」
「今日は別だよ。…だって、せっかく榊と二人きりで飲めるんだからさー。なんか、嬉しいって
いうか楽しいっていうか…とにかく自分でもびっくりするくらい酒が進むんだよね」
「…そうか」
そっとグラスを自分の膝の上に置いて、榊は黙ってしまった。
妙な沈黙が降りて、神楽は小さく居心地が悪くなる。ひょっとして今の言葉を気にしてしまった
んだろうか。自分はただ純粋に思ったことを言っただけなのに。そこには深い意味なんてあるはず
はないのに。ううん、あってはならないんだ。

33 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:40:17 ID:APdbv93O
「べつに」
変な意味で言ったんじゃないぞ。と言おうとした瞬間。
優しい手つきですりすりと頭を撫でられた。
「よしよし」
「!?」
驚いて思わず逃げようとすると、ぐいっと引き寄せられてさらに頭をさらさらと撫で回される。
「ちょ、ちょっと!!何すんだよ!止めろって!」
「神楽、可愛い」
無遠慮な手だ。大きくて暖かくて、綺麗。神楽はじたばたともがいて、その拘束を何とか脱出した。
「バカー!もう髪の毛がくしゃくしゃになんだろ!」
「ふふ…君もやっぱりそういうの、気にするんだ」
榊はクスクス笑っている。神楽ですら初めて見る、少女のような無邪気な笑顔だ。
「気にするに決まってるだろ!私だって女なんだからな!そりゃ、お前に比べたら大した髪質
じゃないだろうけど…これでも一応手入れはしてるんだから」
「そんな事ない…。私は神楽の髪、好きだ…触り心地もとても良かったよ」
「…なな…!何言ってんだよ!……ばか」
「ふふ」
神楽が言い返しても、榊は気にする様子を見せずグラスに口をつけた。
「…もう、何なんだよいったい…」
溜息をついた神楽だったが、榊の手の感触が今頃になって甦ってきて何だか居心地が悪くなった。
部屋が急に狭く感じて、座っている位置もやたら近く感じる。伸ばせば手が届く距離だという事に、
今初めて気づいてしまった。
「どうした?」
「別に…少し眠いかなって」
「そうか、それならもう私達も寝ようか」
「…ちょっと待てよ!誰も飲み会まで止めようなんて言ってないだろ!それにこれで終わったら、
飲み比べは私が負けた事になるもんな!まだまだこれからだぞ、これから!」
「…君は本当に負けず嫌いだな」
「もちろん!たとえ遊びだって負けるつもりはねーぞ!!」
勝負勝負!と神楽は榊のグラスに酒をついで、自分にもつぐ。乾杯して一緒に杯を開けた。

34 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/04(日) 18:43:45 ID:ZXd1vYyp
はやく!!

35 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:44:08 ID:APdbv93O
「…ぷっはぁ…あー美味ぇ。気を許せる人と飲めるお酒って、こんなに美味いんだなー」
「……本当に、そう思ってくれてるのか?」
「なにがー?」
「私といると楽しいって…心を許せるって、そんな風に思えるの?」
神楽は正面から榊を見つめ返した。身体中を回っていた酔いの気配がだんだん収縮していき、
それにつれて頭がクリアになっていった。
「当たり前だろ。何を疑ってんだ?」
榊はコトリとグラスを床に置いて、神楽と向き直り目を下に伏せた。
「神楽は…とても明るくて優しくて、誰にでも好かれる。きっと、今だって友達はたくさんできて
いるんだと思う…」
「……何が言いたいんだ?」
「…その、だから…それなら出会いも多いわけだし…。他に一緒にいてとても楽しいと思える人
がいそうなものだし……何と言うか…つまり、だな…」
「……?」
「…君には今、特別に思える大事な人っているのか?」
「……それは」
「どうなんだ」
榊が覗き込むような目で、神楽を見つめてきた。
「……ったく、いきなりだなぁ」
そんな風に聞かれて、昔を振り返ってもそんな特別に人を好きになった記憶なんて思い出せそうに
ない。
自分はたいがい他人の口からそういう話を聞いたり、応援したり、あるいは相談をされて必死で
知ったような事を言ってみたりしていた。
「いないよ」
「いないの?」
「あぁ、私は今だってずっと水泳漬けだしな。空いた時間はバイトしてるし、そういう事考えてる
時間はないだろ?」
「……そうか」
「気になった?でも別にそれが寂しいと思った事はないよ。むしろそれでいいくらいに思ってる。
…そもそも私にそういう出会いがあるわけ……」
突然、四六時中それで頭がいっぱいになってしまったほど強く心を惹かれた人との出会いを思い出
して、眼が眩みそうになった。
「……いた……」
「え?」
「いるよ…しかも結構前から……」
それが初めてのことで、持て余す感情に戸惑いながらもがむしゃらに近づいていったのだ。
そうして話せるようになった後は、ずっと浮かれていた。校内でも評判なくらい美人で頭がよくて
運動もできで、それなのに誰ともつるまない無口な一匹狼。そんな彼女が日毎に打ち解けてくれて、
自分の名前を呼んでくれて、意外な一面を見せてくれる喜びを心の奥底で噛みしめていた。

36 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:46:47 ID:APdbv93O
「そうか」
榊の声は優しかったが、表情はどこか寂しそうだった。ひょっとして、妬いてくれているのだろう
か?私の為に?まさか、そんな。
「……アンタがよく知ってる人だよ…」
神楽の頬は暖かく和らいだ。何だか少しおかしくて、泣きたかった。
「私が?…誰だろ…同じクラスだった人かな」
「バ・カ」
本気で首を傾げている榊を遠慮なく馬鹿にする。こーいう所で鈍いのは生まれつきなのだろうか。
「私の目の前にいるよ」
「……?……あ…」
「そう。榊、アンタだよ」
「ありがとう…でも、私をカウントに入れないで聞いたつもりだったんだけど…」
「そんな事言っても他にいねーんだからしょうがないだろ?…私の中ではさ、やっぱりアンタは
特別っていうか……上手く言葉にできないけど、すごく大事な人だと思ってる」
「…神楽」
「ま、アンタには初めから一目置いてあったんだけどね。かなり有名だったし、スポーツでは一年
の頃からほとんど負かされてたしな。…それに比べて榊はひでーよな。せっかく同じクラスになっ
て話しかけても、私の名前すら覚えてくれてない素っ気無さ。ライバルだって思ってただけに、
あれは結構ショックだったなぁ〜」
「…だって…」
「あはは。別に今は気にしてないって」
「…でもそれなら、もう少し会ってくれたらいいのに。電話はよくしてくれるのに、こうやって
顔を合わすのは最近少ないじゃないか。家だってそんなに離れていないのに…」
「……私だって、榊に会いたかったよ。でも、迷ってた」
「迷う?」
「…今、結構悩んでんだよな。自分の将来ってやつ…このまま水泳頑張ってマジでオリンピック
とか目指してみるか…それとも、黒沢先生のように体育教師になろうか…それ以外の道を探して
みるか、さ。まだまだ先の話なんだけど、私…今の内に決めておかねーと、どれも中途半端になっ
ちまいそうな気がしたから」
「それなら、なおの事会って…いや、電話でもいい。相談してくれれば…」
「ダメだダメだ!これは自分の問題!それに、ライバルの榊は獣医目指して頑張ってるんだから、
私だけ宙ぶらりんなんてカッコワリーじゃん!!」
「…自分だけで、解決できるのか?」
「当たり前だろ」
「これからもそうやって、一人で乗り切っていくつもりなのか?」
「……それは…わかんねぇよ。…アンタ、さっきからちょっと変だぞ?」
「……」
「なんだよ?」
今二人はフローリングの上で向かい合わせになるように座っている。榊は背筋を伸ばして正座を
しており、神楽はいつものように胡坐をかいていた。
榊は黙って神楽を見つめている。
その視線に居心地の悪さを感じて、神楽はまたもや落ち着かない気分になった。

37 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:50:04 ID:APdbv93O
「なんなんだよ?言いたい事があるなら、さっさと…」
「変な人」
「なんだとぉ!?」
思わずきぃっとなった神楽にかまわず、榊はぽつぽつと言葉を続けた。
「明るくて、優しくて、真っ直ぐで、それなのに変に意地っ張りで他人に対してどこか素直に
なりきれない所があるし…」
「う、うるさいなぁ!そんな事いちいち言わなくったっていいだろ!!」
真っ赤になって身を乗り出し、榊の口を塞ごうとしたその腕を捕まれてぐいっと引っ張られた。
そのまま榊の腕の中にすっぽりと収まって身動きを封じられる。
「なにすんだよ!」
「……」
「放せ!」
「……あんまり無理しないで」
「…………え?」
「君は人に優しくすることはできても、頼ることを知らない」
耳元で低い声で呟かれる言葉は、いつもの榊の言葉とは思えなかった。
その時になって、自分がまるで抱きしめられるように、榊に抱え込まれている事に気づいた。
心臓がドクンと大きく鳴った。
「…だから、そんな事言うな…」
「言わせて…」
「なんでだよ…」
「無理して平気そうな顔して、隠れて一人で泣いてると思うとイヤだから」
「……別に…」
「キツイから…」
「……」
そのままさらに抱きしめられて、背中を撫でられる。首から頭に大きな掌がゆっくりと這わされた。
榊の胸は温かかった。あんまり気持ちが良すぎて、何だか泣きたい気分になるぐらい。そんな風に
撫でるのは止めてと言いたかった。そうじゃないと何かが崩れ落ちてしまいそうだった。

38 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:51:36 ID:APdbv93O
「榊……酔ってるんだろ…」
「酔ってない…」
「ウソ……」
「酔ってないよ……」
「酔ってなきゃ、こんなことしないだろ…」
「そんなことない……神楽、気持ちがいいし…」
耳元でうっとりとした声でそう呟かれて、また体温が上昇した。
なに?今なんて言ったんだ?
「やっぱり酔ってるぞ!」
「…酔ってないってば…」
首筋に息を感じた。柔らかい触れるような感触も。軽く触れる音も。
「さかき…」
自分の声が震えてしまうのが抑えきれなかった。触れている箇所が、ぽっと火が点いたように
熱くなる。
「気持ちいい…」
榊の声が信じられないぐらい甘い。こんな声をあの榊が出すことが信じられない。
「柔らかいし…いい匂いだ」
「……榊…ダメだよ……」
「神楽…」
耳朶を柔らかく噛まれて、神楽は声を上げそうになった。背筋をぞくぞくと快感が走り抜ける。
その背中もゆったりと大きな手が撫でていく。
「ダメッ…!ダメだ!」
これ以上は耐えられなくて、腕の中でもがいた。
怖い。この榊の声が。温かい胸が。大きな掌が。
何より「こうしていたい」と何処かで望んでいる自分が何より怖かった。
それにかまわず、榊は神楽をゆっくりと床に押し倒した。
こんな事が起こるはずがない!!

39 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 18:53:23 ID:u4/Z0Y/y
リアルタイムしえん!

40 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:55:05 ID:APdbv93O
「ちょ!ちょっとちょっと待って!」
「待たない」
「榊ってば!」
それ以上は何が起こるのかが怖くて必死で抵抗するが、榊は放してくれなかった。
「神楽」
名前を呼ばれて思わず目が合った。覗き込んでくるような瞳から熱を感じて、魅入られるように
動きが止まった。
顔がゆっくりと降りてくる。ダメだっ!あぁ、お酒飲んでいるのに!!
思わず息さえも止めて逃げようとした時、震える唇同士が触れ合った。
神楽の心臓はもはや早鐘のごとくで、手も足も身体もがちがちで感覚がない。ただ唇だけがリアル
だった。
深く押しつけられた唇が一度離れ、また触れ合った。今度は唇をちろりと舐められた。それだけで
電流を浴びたように身体が痺れる。
「神楽……」
「やだぁ……」
止めて。そんな声で呼ばないで。溶けてしまいそうだ。
また舐められて僅かに開いた唇から、温かい舌の侵入を許した。
「ん……」
自分でも予想せず甘い鼻息があがった。歯をなぞられて、さらに口を開けられて口内をゆっくりと
嬲られる。全身から徐々に力が抜けていく。
シャツの裾から榊の手が入ってきて、素肌を直接なぞられた。その気持ちよさに身体がうねりそう
になる。わずかに開いた両足に、榊が身体を割り込ませた。そこに熱を感じる。どうしようもなく
熱い。それが自分なのか榊のものなのか判らなかった。
溜息のように唇が離れた。至近距離で見つめ合った目は、どちらも潤んでみえた。

41 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:56:43 ID:APdbv93O
「ここじゃ痛いよね…」
ぽつりとそう呟くと、榊は神楽を両手で軽々と抱えた。そうされても、もう抵抗できなかった。
自分の膝が酒瓶にぶつかり、中身が床をピチャリと濡らしても榊はかまわなかった。そのまま
部屋にあったベッドの上に神楽を寝かせると、おっくうそうに自分のシャツを脱ぎ捨てた。美しい
ラインを描いた身体が部屋のライトに浮かび上がる。
神楽はもう抵抗する力がほとんど残ってなかった。だが榊が改めて自分の上に覆い被さって
きた時、彼女の背中に手を回す前に最後の理性を振り絞って聞いた。
「ねぇ…」
「なに…?」
「私のこと好きなの?」
今から自分と寝ようとしている相手に聞くには、あまりに馬鹿馬鹿しい言葉だと思う。
でも聞きたい。榊の口からその答えがどうしても。
榊は真っ直ぐに神楽の瞳を見つめ返した。
そしてその耳元に口を近づけ、短い言葉をぼそりと呟いた。
「……」
神楽は黙り、静かに目を閉じると榊の背中へゆっくりと手を回した。


42 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 18:58:28 ID:APdbv93O





雲が流れていく。
洗濯物は気持ちよさそうに風にはためいている。
神楽は二階の小部屋に寝っころがってそれを眺めていた。
高く上がった太陽が、洗濯物の間でちかちかと自分に降り注いでいる。
この分ならすぐ乾くだろう。
身体中がまだ痛い。昨夜は慣れない運動をした上に、さっき榊相手に大暴れしたからだ。
神楽はポケットから財布を取り出して、その中身を開く。
そこには一枚の写真が大事に飾られていた。
卒業式に撮った、榊と自分が楽しそうに笑っている写真。
あれだけ長く過ごしたはずなのに、二人きりで写っている写真はこの一枚だけだった。

「ばーか」

思わず口から出た言葉は、それと自覚して言った訳ではない。
その時の榊の顔が浮かんだ。その顔に向かって同じ事を言う。

「ばーーか」
でも一番馬鹿なのは、流されてしまった自分だ。
写真を見る視界がゆっくりとぼやけていく。
「ばーか…」

ばさばさとなびくシーツの影が、神楽を覆った。


43 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 19:01:17 ID:APdbv93O
やっぱり酔っていたのだ。榊も自分も。
自分一人が覚えていて、榊がすっかり忘れてしまった事には頭にくる。
でも、もうそれはいい。互いの熱を自分だけしか覚えていなくても、それはもういい。
悲しいのは、寂しいのは、昨日言ってくれた事が本当の榊の気持ちか分からない事だ。
今となっては、アレが本心なのか、酔った上での戯言なのか確かめようもない。
そして酔った上での言葉を信じるほど、神楽は楽天的ではなかった。
あの榊の言葉は真実だと一人で受け止められるほど、強くはなかった。

「結局…私が一番バカか…」

自嘲気味に笑うと、身体を起こし溜息をついた。
諦めないと。と自分に言い聞かせる。
少なくとも榊は友人として自分を大事に思ってくれているはずだ。もっと会いに来て欲しい
と言っていたから、そんな風に言葉をかけてくれるって事はそういう事だと思う。
酔ったはずみで、何処か制御がキレてしまったのだろう。ひょっとして自分が女だという事
にも、昨日初めて気づいたのかも。あぁ、榊ならありえそうだ…てんで鈍いんだから。
自分に言い聞かせる言葉は、どこか寂しくてやりきれない。
でも、自分を納得させる事には慣れている。大丈夫だ。乗り越えられる。
昨夜の事は自分の中に仕舞ってしまおう。これ以上おおごとにしたら、大事な友人も失って
しまう。
きっとそのうち、榊も何も言わなくなるだろう。
後は、時間が解決してくれる。
自分もいつか忘れてしまうかもしれない。きっとそれが一番いい。



44 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/04(日) 19:03:21 ID:APdbv93O
別荘の外が急に騒がしくなったのは、その時だった。
何か大声が聞こえる。怒ってるような女性の声だった。
「…大阪?」
ドタバタと走り回る音。女の声と、それに返す女の大声。歓喜のような複数の声。
「なにやってんだ?アイツらは…」
また誰かが大騒ぎをしてるに違いない。まさか喧嘩をするような奴等じゃないと思うのだが…。
ただ気になるのは、時々聞こえてくる鈍い衝撃のような音だ。その度に高くあがるのは、ちよ
ちゃんの悲鳴だろう。
「もう何なんだよ?いったい!」
やれやれと溜息をつくと、神楽はうずく腰をさすりながら騒ぎを止めるべく立ち上がった。

(続)

45 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 19:14:07 ID:u4/Z0Y/y
GJ!!
つづき気になるなぁ

46 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

47 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 20:37:27 ID:O2KwQopy
神楽カワイイ旅オッケー

48 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 22:23:40 ID:ykplU50R
テラGJ、乙です。続き期待してます


どんな時でも職人がいるこのスレは大丈夫だお
>>12 俺文才ナス…………でもよみさかおっきおっき

49 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 22:31:41 ID:O2KwQopy
よみかぐ読ませて欲しい

50 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/04(日) 23:30:44 ID:ZXd1vYyp
ともさかで純愛ってレベル高いね。
よろぴく

51 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/04(日) 23:38:35 ID:ykplU50R
>>49-50
うぇwwwwwっうぇwwwwwwwww無節操wwwwwww
純愛wwwwwwwwwそれなんて(ry


よみの言葉遣いって揺れるよなぁ

52 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 02:03:49 ID:O3Qf9fio
>>46
見てきた。

別に某所のコテ全員を否定するわけじゃないが、くろまんが氏が言ってた
「Nはラウンジの誰か」ってのも、あながち間違いじゃなかったんだなぁ・・・

53 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/05(月) 13:29:03 ID:5QOCrsqy
あげw

54 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 14:34:51 ID:+6EzVRg7
>>52
くろまんが大王では無いと仮定しマジレスしてやる

くろまんが本人が懲りずに一人相撲を開始しているのでは無いと思われたくないなら
黙っていろ
一々引っ張るな

55 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 16:18:24 ID:5QOCrsqy
>>54
本人乙w

56 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 16:44:06 ID:pItFOwdY

                        ,. -‐‐‐- 、,,
                     , ‐'":::::::::::::::::::::::`'‐、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                   /::::::::;::::::::i:::::ハ::::i、::::::::::::::i::!   ‐┼‐   ‐-
                    i::::::::/::::::/|::/ |. '、:|\:::i;::::::!:!.  ‐┼‐   ´ ̄)
                      |::|:::/l::::/_Lム'| `';ト-ヽ!、::l|:|   Lノ   /
                  |::|::/,|/ニ-リ:、.   ,r'''''''''リ:i;:|::|
                  ,,|::|:i(.    ,ノ  ヽ.,,_,..ィl::::|                o
            ,,.. -──-'-'、::| i`''''''i"     |   | |:::l!  ┼  ″ ,レ./、   |  ┬
         , ‐'"  ,ヘ 、   ヾ,‐、 |     ,...,|   | l:::i:|.  l -‐   l V ヽ  |  ┼
       ,. ‐-/ ,  i| / \ i、 ト、 ,ヽ | /''''''''"  ',  |/:/::|  | 、__  しヽ ノ  レ⊂'ヽ
     /  /   ! /!ム:' '‐ヽ!ヽi-ヽ,ト`,|/      i ,/::/:::||
    /   i,  ,iL/''|i__   r'"´ ``)r''il`''‐;=,─‐;=‐",クイ::::::||
    /    || l レ'"´  ,)   'ー─''i゙ i il  l ` ブl:::/メ、 ヽ::l'
   i     リル! 'ー-‐''"     | | i,ノ7 .l`''/,、l|/ ヽ, ``ヾi、
   !    ,{7' ,i, | |   ,....... -‐ 、 | l  ':,| /,//   i    ',
   l   / ヽ、. i | | /´      〉/ ,r、__rク:'      l   ',
   レ''"    ``':、 |'、  _,,,.. ='‐'''"  }y'      ノ    i
          / ``''';=       /      / i    ,l
          /   /  i     /     ,/   l  ,/ l
          ,>、  /   ヽ,  r‐'     /‐- 、....,+'" ./ヽ
          /  `"     i''',レ<.、  ,. ‐i".,_     |,/ヽ  iヽ


WARNING!!
現在、いつものアレが他所の話題を引っ張ってきています。
「スレと関係無い他所の話をするな」「荒れる話題を引っ張るな」と当然の事を言えば根拠無く本人と決め付け、
このレスにもいつものパターンの反応が来る可能性が非常に高く、
しまいにはいつものように「釣られたなwスルーできてねぇじゃんw」と開き直るので、
住民はくれぐれも釣られないようにしましょう。

削除された後、消されたレスを貼り付けて自作自演を続ける場合も同等です。

57 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 17:26:33 ID:cuzKaHxp
引っ張りたくなければ黙ってスルーしてればいいのに。
なに自分から過剰反応してるんだか・・・

58 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/05(月) 17:30:10 ID:8GclR2KS
榊さんはすっきり、神楽はへろへろ。
やっぱり榊さんはスゲーな。神楽は感じやすいのか?

59 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 18:40:16 ID:pkAL565K
ごめんね。一言だけ
どんなにamnsさんを糞ミソに言っても、同好の志からも存在を無視されている、君のssが面白くなるわけじゃないんだ

ごめんね。くろまんがクン
ご期待に添えなくて、本当にごめんね

60 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 18:51:36 ID:pItFOwdY
>>59
バカちよ、>56を嫁。
基地が自作自演をしていると思われたく無くば(ry

61 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 22:05:15 ID:gubw8DTd
必死になればなるだけ見苦しいぞ、おたのしけw

62 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 23:05:45 ID:5QOCrsqy
>>61
だよなーw
引っ張るなと言いながら必死におたのしけ弁護してるし、どう考えてもテラアヤシスwwww

ひょっとして前回埋め立てられた腹いせにこのスレまで荒らすのが奴の目的なんじゃねーの?

63 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 23:14:08 ID:cuzKaHxp
そうだったのか
確かに厨房のふりして他人に粘着するような人間だったんだし、すると前スレを荒してたのも・・・

64 名前:62[sage]:2006/06/05(月) 23:31:58 ID:5QOCrsqy
あ、ID見ればわかると思うけど、自演じゃないから。
ダブハン荒らしが発覚したあげく揉み消しのためこのスレまで潰して停止させようとしている
誰かさんに上げ足を取られないため。


65 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 23:33:16 ID:9nsTdX+S
>>59
>>61
どうでもよいが、きみたち自己レスしてるぞw

66 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

67 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/05(月) 23:39:51 ID:p7sHeYcJ
名作SSおっつ!
これかれも良いSSを量産してください!

68 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 23:41:47 ID:pItFOwdY
>>65
…? まぁ放っておけ。
さっき言った通り、捏造犯に反応したら負けだ

69 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/05(月) 23:45:49 ID:pItFOwdY
>>66
だから放っておけ、パート2
多分「タイプミスに必死にくらいつくから必死だねぶたのしけ君w」
と言って来るぞ。

最悪板の方にでも行ってくれって

70 名前:( ´,_ゝ`)プッ[sage]:2006/06/05(月) 23:52:45 ID:5QOCrsqy

( ´,_ゝ`)プッ( ´,_ゝ`)プッ( ´,_ゝ`)プッ

71 名前:誘導[sage]:2006/06/06(火) 00:43:29 ID:3LPyRM9y
参考
エロパロ板削除議論スレ
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1064929490/
くろまんが大王疑惑のあるコテハン「w」
要点 wについて
・このスレのおたのしけへのヲタAAは一度も削除依頼をいまだに出した事が無い
・このスレのくろまんが大王叩き、くろまんが大王の駐在する猟奇スレの荒らしは削除依頼
・「過去の事情にはちんぷんかんぷん」「くろまんが大王なんて知らない」と言いつつ、
「テロもどきと言われた」と言う発言だけで、即座にNを思いつくなど突然詳しくなる。
・↑の理由らしき事に、「ネット上の駄目なエロSSスレに晒されたから」と答える(更なる墓穴
・前スレの埋め立ての後、7分でレスした事がある
・持ってきた証拠に「萌えBBSのログなんていくらでも改竄できる」と言い出す。おたのしけ=N=けんすう説?
そして多くの反論を前に↓
最悪板: 臭のしけ=N
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/
を立てる。殆どの反論をスルーし、そこで更に反論されて、未だにwは姿を現さない。

以降、くろまんが問題関連は移動推奨

72 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/06(火) 01:44:49 ID:Odxne1Dg
ラウンジでの見かけだけを見てきたけど、実はとんでもない人だったんだなあ・・・
ネットって怖いわ、ほんと

これ以上彼の荒らしに加担するつもりはないんだけど、ごめん
どうしても一言

73 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/06(火) 02:31:54 ID:u34Aoxex
>>72
俺も。こんな事をする人だとは思わなかったのに・・・。
彼のss(『夜の追憶』とか)好きだったから、がっかりした。

74 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/06(火) 03:20:20 ID:A+FPYzTn
>>73
仮にその勘違いが現実だったとしても、だ
作品と作者は別物だよ
だったら猟奇小説を書く人は、みんな猟奇殺人を犯さなくてはならなくなる
読み物として完結しているんだから、それはそれで価値があるんだと思うな

75 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/06(火) 04:53:50 ID:nIjpH8sT
>>74
自己擁護乙w

76 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

77 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/06(火) 05:10:53 ID:A+FPYzTn
>>76
せっかく>>71がスレを用意してるんだから、そこでやれば?


78 名前:誘導[sage]:2006/06/06(火) 07:43:15 ID:3LPyRM9y
うむ、誘導
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/18-20
反論できるのなら、今までの含めて全部してみるがいい!

79 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/07(水) 20:00:05 ID:QHxqByIa
>>80はSS投下

80 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/08(木) 19:56:29 ID:JFBisA4Y
あとはラストだけ

81 名前:最後の勝負に手にするものは(六話)[sage]:2006/06/08(木) 19:57:59 ID:JFBisA4Y
「もう止めてくれ!」
「問答無用や!」

空気を切り裂き飛んできたおたまを危うくかわすが、その動きを読んでたかのように大阪は
身体を翻し、鍋の蓋を横殴りにぶつけてきた。それを手の甲でさばいて軌道をずらした途端に、
ちよの絶叫が響き渡った。
「大阪さーーん!止めてくださーーい!榊さんが本当に怪我してしまいますよ!」
「ちよちゃん!危ないから近寄ったらダメだッ!」
榊は必死で大阪の攻撃をかわしながら、外で逃げまわっていた。今の大阪は、これが高校の時の
あののんびりとした少女と同一人物かと疑うほど殺気がみなぎっている。攻撃が恐ろしく正確で
スピードがあった。
智と暦は観戦モードで、階段を客席代わりにしてあれやこれやと声をかけていた。その下で
ちよが、すっかりうろたえてバタバタと走り回っていた。
「どどどど、どうしましょうどうしましょう!どうしましょう〜〜!」
「なに騒いでるの、ちよちゃん」
「だって榊さんが、大阪さんに怪我をさせられちゃいますよー!」
「大丈夫だってちよちゃん。榊ちゃんも強いからそう簡単にやられないよ」
「アホ。だからって大阪がやられていい訳ないだろ」
「今の大阪だって強いから大丈夫!」
「…どっちなんだ、お前は…」
「あっはっは!二人とも〜〜!頑張ってー!」
「…そんな」
「ほら榊ちゃん、前見て前!」
「……智…お前あの二人の戦いを楽しんでるだろ…」
「うん!」
盛大な溜息をつくと、無責任な外野に榊は背を向けた。目の前には背中に怒りのオーラをしょった
大阪が、金色のおたまを右手で構えてじりじりと近寄りながら榊を睨みつけている。
必ず射程外にまで間を空けるようにしながら、榊はどうやって事態を打開しようかと頭を悩ませて
いた。

82 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:02:09 ID:JFBisA4Y
「おい榊!そろそろ反省したか?」
「…助けてくれるのか?」
「しょうがないな」
暦は最初相手は大阪だから大事にはいたらないだろうと、あえて黙って見ていた。
だが、想像以上に大阪の動きがキレている。このままでは流石の榊も危ないかもしれないと
心配になって止めに入ろうとしたら、大阪がそれはそれは冷たい視線を暦に向けた。
「よみちゃん。止めたいの?」
「……」
ごくりと音を立てて唾を飲み込んだ。途端に大阪に向かって腕を振り上げて応援しだす。
「大阪ー!ファイトー!」
「えぇっ!!」
榊が突っ込むまもなく、大阪の攻撃が飛んできた。
「よそみっ!」
飛んできた鍋の蓋をウェービングでかわすと、それは暦の頬をかすめて後ろのドアに激突した。
鈍い衝撃音と共に鍋の蓋がへしゃげて落ちる。
「ギャーー!榊よけるなーーー!」
「そんな無理を言わないでくれ!!」
「お!スゴイスゴイ!榊ちゃんが必死で逃げてる」
「榊!いつまでもこんな事してないで、早く終わらせてくれ!ちよちゃんまで巻き込まれたら
大変だろう」
「それは私じゃなくて、相手に言ってくれ!」
「言いたい事があるんは、神楽ちゃんの方やろ!?」
怒気をはらんだ声音に、思わずたじろいだ。
「なっ…」
「…女の子の貞淑を奪っておいてそれを忘れるんやなんて…ましてや神楽ちゃんを!
私は絶対に許さへん!」
「……いや…だからそれは…」
「そうだそうだー!酷いぞー!」
「思い出せ榊ー」
「それができるなら、苦労はしてない!」
(困った事になった)
このまま大阪が疲れるまで逃げ切ろうかとも思ったが、その頃には太陽が沈んでいそうだ。
だからといって大人しく殴られる気もない。
しかし神楽の事で怒っている大阪に、力づくで攻撃を止めさせるのも気が引ける。もし取っ組み
合いになってケガでもさせてしまったら、今度は神楽が自分に怒りの鉄槌をくれに来るだろう。
(そうなるくらいなら、今殴られてしまった方がいい。だけど神楽以外に殴られるのも違う気が…)
どうするかと流石に頭が痛くなってきた時、女の声が響き渡った。
「何やってんだお前ら!」


83 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:04:30 ID:JFBisA4Y





階段に座っていた智と暦も。
ぐるぐる走り回っていたちよも。
今まさにおたまを振り下ろそうとした大阪も。
そしてそれをかわす体勢に入っていた榊も。
皆がいっせいに動きを止めて、階段の上を振り仰いだ。
すっかり高く上がった太陽の光の下で、神楽があきれたような顔で彼女らを見下ろしている。
「いったい何をやってるんだ?久しぶりに会っておいて喧嘩でもやらかしてるのか!?」
鋭い声を浴びせると、そのままずんずんと階段を降りてくる。座り込んで無責任に野次を飛ばして
いた智と暦は、慌てて立ち上がって神楽に道を開けた。
大阪が、そんな神楽の元へ走り寄っていって肩を抱きしめる。
「神楽ちゃん!大丈夫なん?」
「はぁ?なに言ってんだよ。お前こそ、さっきまで二日酔いで気分悪くしてたじゃねぇか」
「あっ…それはもう大丈夫や。さっきちよちゃんと話してて、…一気に痛みが引いたから」
「そうなのか?それで良くなったと思ったら、この騒ぎかよ?」
「これは…」
まだ気持ちが収まってない大阪だったが、神楽の後ろで暦が必死に首を横に振っているのを見て
口ごもった。
「大阪?」
「……何でもないねん。ちょっと運動不足やったから、榊ちゃんとプロレスごっこを…」
「…それにしちゃ、随分とマジ切れのようだったけど?それにその格好は一体…」
「そ、そりゃあ本気にならないと、榊相手じゃキツイだろ?」
暦が後ろから助け船を出す。大阪も大げさに頷いた。
「ほら。ずっと部屋の中に篭ってるのもストレスが溜まっちゃうし、榊相手なら大阪がいくら攻撃
しても、ひょいひょいかわしてくれるから」
「だからって物なんて投げて、ちよちゃんの別荘を傷つけてんじゃねぇか」
「大丈夫や!次は当てるで!」
(もういい加減に、あきらめてくれ…)
握り拳で決意を強くしている大阪に心の中で溜息をついて、榊は神楽を窺った。
仲裁役の登場に助かったと思ったのは最初だけで、今はさっきよりいたたまれない気持ちになって
いる。
神楽が、自分と全く目を合わせてくれないのだ。
何度か合いそうになると、故意にそらしているような気がする。いや気がするだけではなく、
実際にそうしている。

84 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:05:49 ID:JFBisA4Y
「ダメだぞ!これ以上ちよちゃんの別荘で乱闘は禁止!お前らも、見てないで止めろよな!
よみまで一緒になりやがって」
「わ、悪い…」
罰が悪そうにしょぼくれてる暦の側で、智が頭の後ろで腕を組みながら呑気に告げた。

「そんなに怒るなよ神楽。大阪だって、お前の為に怒ってるんだからさ」

すかさず暦が智を蹴倒したが、遅かった。
「…どういう意味?」
神楽はいぶかしそうな眼を、大阪に向けた。
大阪はその視線を受けて黙り込んだが…すぐにキッと顔を上げて神楽を真っ直ぐに見つめ返した。
「だって榊ちゃんは酷いやん!」
「…なんで?」
「……言えへん。でも女として許せへんよ」
「ちょっと待って!」
神楽がぴしゃりと手で制した。榊に向けかけた視線を返して、他の友人達に注ぐ。それから、
ゆっくりと大阪に戻した。
「なんで知ってるんだ?」
「……」
大阪は俯いて黙り込んでしまった。唇をギュッと噛んでいる。
その時、先程からずっとあわあわしていたちよが、耐えられずに神楽の腰にしがみついた。

85 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:08:04 ID:JFBisA4Y
「違うんです!神楽さん!大阪さんが悪いんじゃないんです!私が大阪さんに、『神楽さんが
榊さんにテゴメにされました』って言ったのが悪いんですよーー!!」
わーん!とそのまま泣き崩れる。だがやはり疑問だったらしく、大粒の涙を浮かべた瞳を見上げて
誰にともなく尋ねた。
「ところで『テゴメ』ってなんなんですか?」
あいにくそれに答えてくる人間は誰もいなかった。
太陽の光がさんさんと降り注ぐ中、別荘は一段と重たい空気に包まれ始めた。

「…なんでちよちゃんが、知っているの?」

腰にしがみついたままの少女に、神楽はゆっくりと視線を降ろした。
その冷気に産毛が反応したのか、ちよはひょぉっと神楽を見上げて固まっている。
「え、えっとあの、その、えーっと」
うわうわしているちよを見てあきらめたのか、暦は小さく手を挙げると自首をした。
「…ごめん、神楽…。ちよちゃんに教えたの私なんだ…」
途端に神楽の視線が、暦に向けられる。
「あ、あは。そんな冷たい視線を向けるなよ!眼鏡のレンズが砕けちまうだ…」
「砕ける前に言えよな。なんでよみが知ってるんだ?」
「私が話した」
榊の声が、別荘にやたら重く響いた。
今度は神楽はすぐには振り向かなかった。榊はその背中を見つめていた。
これで怒るならその方が良かった。むしろ怒れとさえ。
どんな罵倒でもののしりでも拳でも殺意でさえ構わない。何でもいい。感情をぶつけて欲しい。
逃げないで神楽!と心が無意識に叫んでいた。心の声なのに、その意味が自分でも判らない。
逃げるって何だ?私から?いや違う。
逃げないでくれ。終わらせないでくれ。そう強く願いながら、食い入るように神楽の背中を見つめ
ていた。



86 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:10:03 ID:JFBisA4Y
神楽は榊に背を向けたまま、他の連中を見渡した。誰も皆それぞれに心配そうな眼で自分を
見ている。智だけが、掴めない雰囲気で、のんびりと突っ立っていた。
「いや、私が聞いたんだよ榊に。それから他の皆に言っちゃったのは私で…」
「黙って」
さすがに気まずくなったらしい暦がフォローを入れようとしたが、神楽は即座に遮断した。
天を見上げて、溜息をつく。
やれやれだ。そんな口の軽い女だったのかな。
いや、あの榊なりに気になって心配して、それで相談したのかもしれない。
元々こんな狭い別荘で秘密もへったくれもあったもんじゃない。
だがこれ以上この話題で気を使われるのはゴメンだ。我慢できない。
青い空を見上げたまま神楽は一度眼を瞑り、見開いた。


終わりにしよう。


「ウソなんだ」
空を見上げたまま、神楽はなるたけはっきりと声に出した。自分にも言い聞かせるように。
「はぁ?」
「だからウソなんだよ。私の冗談。榊が私を襲ったなんて、そんな事あるわけないだろ」
キュッと口角を上げて笑ってみせると、神楽はぐるりと全員を見渡した。
「ちょっとさー、からかってみただけ。榊凄い酔っていたからさー。まぁ、でもここまで
引っかかってくれるとは思ってなかったよ」
そう茶目っ気たっぷりの明るい声で言うと、ケラケラと笑って見せた。


87 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:11:38 ID:JFBisA4Y
『ウソなんだ』
その声が聞こえた瞬間、胸がくしゃくしゃになるような痛みを覚えた。
神楽の声が急に遠く感じる。明るい笑い声も。
心臓が、どくんと大きく鳴った。
脳裏を、朝見た笑顔とさっき見た泣きそうな顔が何度も交差した。
さっきも耐えられないと思ったが、これはそれ以上だ。あんなのは比ではない。
ただ自分が神楽を失うだけじゃない。それ以上にこれはダメだ。これは――


「…ウソって…神楽ちゃん…」
驚いたような大阪と暦が、互いに顔を見合わせながら神楽に尋ねる。
それを神楽は、頬をぽりぽりと掻きながら笑った。
「ゴメンゴメン!まさかここまで大事になると思ってなくてさー!でも考えてみろよぉ、
だいたい私と榊が関係なんてするわけが…」
笑いながら見渡した時、智と眼が合いそうになった。
さっきまでヘラヘラと笑っていたのに、今は一変して心まで見通すような瞳で神楽を見つめて
いる。
思わず眼をそらした。責めているのでも悲しんでいるのでもない、真っ直ぐな瞳で怖かったのだ。

お願いだから何も言わないで智。勘づいても、せめて今だけでいいから聞かないで。
「…するわけがないだろう?まぁ、確かにちょっと冗談にしてはやりすぎたかもしれないけど…」


88 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:15:02 ID:JFBisA4Y

「ふざけるな」

重い声が神楽の後ろから響いた。当然来るだろうと思っていた声で、それを背中で受け止めながら
神楽は腹を括った。
榊は信じただろうか?ひょっとしたら、ぶっ飛ばされるかもしれない。
修復には時間がかかるかもしれない。出来ないかもしれない。
しょうがない。それでも徐々に腐っていくよりは、いっそ断ち切ってしまった方がいい。
重い足音が、ずしゃりずしゃりと響いてきて神楽の肩を掴んで後ろを向かせた。
大阪が何か言ったようだったが、それを聞く前に榊の声が降り落ちてきた。

「なんで……そんなデタラメを言う…」

ぎゅっと握りしめられた肩の痛みに耐えながら、神楽は榊を見上げるために気合を入れ直した。
「…悪かったよ。まさかアンタがそこまでムキになるなんて思わなくて…」
「なんで全部なかった事にして、ごまかすんだ!」
はっとなって、榊を見上げた。
見下ろしている榊は、怒りよりも何処か必死な哀しみを感じた。
「…違うって言ってるだろ…。だからアレは…」
「アレはウソなんかじゃなくて本当にあった事だろう!昨日私は君としたんじゃないか!
ごまかすなっ!」
「なに言ってんだよ!覚えてもない癖に偉そうにすんなよ!」
榊の勢いに乗せられるように、神楽も啖呵を切り返した。そんな自分に心の中で焦る。
そうじゃなくて、もっと冷静に終わらせるつもりだったのに。こんなムキになっては肯定してる
ようなものだよ。


89 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:18:10 ID:JFBisA4Y

榊もまた、閉じようとする扉を必死で押し戻すような感覚に焦りを感じていた。
喉の奥に引っかかったものは、今や一気に巨大化してしまい、これ以上お腹に留めたら死んで
しまいそうだった。
頭がガンガン鳴っている。これは警戒音だ。
今ここで神楽を引き留めなかったら、自分はこの人を失う以上の罪を犯す。

「来て」
「…っちょっと…何すんだよ!」
榊は神楽の腰に手を回すと、そのまま抱えるようにして浜辺へ向かってすたすたと歩き出した。
呆然と二人を見つめていた暦と大阪が、ギョッとなってその後を追う。
「待ってや!榊ちゃん!神楽ちゃんを、何処に連れて行くつもりなん!?」
「お、おい榊ッ!これ以上事を荒立たせたら…」
「ついてくるなっ!」
榊は振り返って大喝を落とす。その迫力に、二人の足が止まった。
「これは私と神楽の問題だ…。これ以上口を挟まないでくれ!」
「…はさむなって…お、おい!ちょっと!」
言うだけ言うと、神楽を抱えたまま榊は浜辺へと通ずる階段を降りていった。
「こら!降ろせよ!私はもうアンタに話なんか……!……」
暴れる神楽の声が、徐々に遠くなる。

90 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/08(木) 20:20:32 ID:JFBisA4Y
暦と大阪は唖然としたまま顔を見合わせ、いやそういう訳にもいかんだろうと後を追おうとした
途端…。
「智ちゃんターックル!」
「ひゃっ!」
「なっ、何すんだ智!」
「へっへー♪つーかまえた!」
智が後ろから二人に抱きつき、そのまま一緒くたに捉えている。先程と違い、楽しそうな笑顔が
浮かんでいた。
「ふざけてる場合じゃないで!智ちゃん!」
「そうだぞ智!大阪の言うとおりだぞ。あの口べたの鈍感榊が、また神楽を傷つけるかもしれない
だろーが!」
「大丈夫だって。榊ちゃん、分かってるから」
「だからっ!分かってないから心配なんじゃ…」
「分かってるって。榊ちゃんだもん」
納得の言っていない二人を見つめて、にっこりと笑った。
「それより腹が空いたなぁ。ねぇ、いい加減メシの支度をしようよ、よ〜み」

(最終話に続く)

91 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/08(木) 21:30:54 ID:Spvzz4mc
はやく!

92 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/08(木) 21:38:34 ID:70KM303K
イイヨイイヨ!!
神楽はいい奴だな!!
お姫様神楽(;´Д`)ハァハァ

93 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/08(木) 23:49:41 ID:40NuIJiV
神楽が大好きだ

俺を倒せば抱かせてやるよ

94 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/09(金) 01:10:00 ID:fkNHO6XU
>>91
あわてるな

95 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/09(金) 22:44:10 ID:QNTKT8JI
うううっ……はやくっ!

96 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/10(土) 14:22:50 ID:F50yEepH
出し尽くしました。この二週間シュークリーム分を消費し過ぎて逆に美人になりました
「初恋榊さんを劇場版ばりの壮大なスケールで神楽に赤面告白させよう」をテーマに
書いたこの長編さかぐら激推奨SSも今回で何とか終わらせる事ができました
応援してくれた方、大らかに見守って下さった方、本当に有難うございました
さかぐらの次…の次ぐらいに愛してるよ。それではノシ

97 名前:最後の勝負に手にするものは(最終話)[sage]:2006/06/10(土) 14:26:12 ID:F50yEepH
神楽の腰を抱えたまま引きずるように浜辺へと連れてくると、そこで榊はやっと手を放した。
突き飛ばすように神楽が離れ、自分の肩を抱くようにして榊を睨み付けた。
抱えられた腰が、じんと痺れている。たかがそれだけの事で敏感に反応している自分の身体に
嫌気がさした。
「なに考えてんだよ!?」
「そりゃ神楽の方だ!何故あんなウソをつく!」
「だから言ってるだろ!アンタをからかおうと思って…」
「やめて!」
グッと神楽の肩を掴んで、自分の方に身体を向けさせる。
「勝手に終わらせようとするな!」
「…終わるもなにも…始まってもいないんじゃ…」
「神楽!!」
その声に背中がびくんと震えた。
榊の声に悲痛さを感じたのだ。何故そんなものが?
そっと榊を見上げた。真剣な瞳が自分を見下ろしている。
「……お願い…」
「……?……」
「…止めてくれ……」
「……なにを…?」


さっきまでどうすれば関係が修復できるかと考えていた。
私はバカだ。それよりももっと気にしなければならない事があるのに。
神楽が自分自身に嘘をつこうとしている。
自分と二人で言い争っている間は、気づかなかった。
だが今、その互いの共有から自分をはじき飛ばし、神楽の中に深く押し込められ土をかけられ
ようとしている。二度と開かぬ墓のように。皆と出会うまで、他人から逃げ続けていたあの頃の
自分のように。


98 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:28:19 ID:F50yEepH

「そんな風に無理して…周りにもウソついて……平気そうな顔をしないで…」
「……え…?」


(無理して平気そうな顔して)


「それで隠れて…一人で泣くのか……そんな事は…イヤだ…我慢できない…」
「………!」


(隠れて一人で泣いていると思うとイヤだから)


「…榊……」

(思い出した?……ううん、違う…榊は…)

「それぐらいなら…君に殺される方がマシだ…」


99 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:30:03 ID:F50yEepH

耐えきれなくなって、榊はそのまま神楽を抱きしめていた。
柔らかい匂いが鼻腔を満たし、胸が一杯になる。
もう二度と抱きしめる事は叶わないのかと思うと、身体が辛い。
これほど自分は欲していたのか。この人を。

「自分の中に押し込めないで…普段はあんなに人懐っこいのに…本当に変な所で突っ張るんだ
から…。そんなの…見られたものじゃないよ……」
「……」



気づいてないんだろうか、榊は。
言い順は違うが、言っているのはほぼ自分に向かって言った言葉だ。
榊が「忘れた」と言った言葉だった。
自分が思い出して欲しいと願った言葉だった。



「…私を殴ろうが、罵倒しようが……憎もうが構わない…それは、もうしょうがない」
腕の中の神楽を深く抱きしめながら、ありったけの気持ちで言った。そうしないと神楽に気持ちが
届かないのではないかと不安だったのだ。
「だから頼むから、君が君自身を殺さないでくれ…それを見るのは…耐えられないんだ…」
「……………」
「お願い…」


100 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:31:59 ID:F50yEepH

身体の中に溜まっていた感情が、どんどん溢れていく。榊自身も気づかなかった想いが。
それがあまりに大きな感情だったので、存在に気づかずに寄りかかっていた。
本当は最初からそれはあった。そうだと知らずに抱き続けていた。
今やっと、その気持ちを何と呼んでいいのかが分かる。


『私のこと好き?』


「神楽が…好きなんだ…」



目の奥がじんわりと温かくなった。
自分の気持ちに、これほど揺さぶられる事があるとは思わなかった。



「すまなかった……」



101 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:33:13 ID:F50yEepH

空の青さを榊の肩越しに見上げていた。
優しい肩だった。温かい胸だった。
榊の言葉は神楽の耳から全身に行き渡り、指先まで温めていく。
失ったものが帰ってくる。


帰ってくる。


「あんたって…ホントむかつくよ……」


102 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:35:09 ID:F50yEepH

鈍感で、無愛想で、何考えてるのか分からない一匹狼。
天然すぎて許すしかないなんて、あんまりだろ?
「…ごめん…」
「本当にバカなんだから…」
言葉とは裏腹に、声は柔らかく榊の耳に響いた。
「……?」
「あんたのバカで昨日から振り回されっぱなしなんだぞ?どうしてくれるんだ?」
「……」
「しょうがないなぁ…」
ふふっ腕の中で神楽が笑った。くすぐったそうな笑い声だった。
「……神楽…?」
抱きしめていた腕をそっとゆるめて、神楽の顔を覗き込む。
そうしても神楽は逃げずに、榊の胸に頭をもたせていた。戸惑いながら見つめていると、
やがて静かに顔を上げてニッコリと笑った。
「しょうがないから許してやるよ」

(あっ…)

笑顔の内側からにじみ出るような光は、けして太陽が当たっているだけのものでは
なかった。
しょうがないという諦めも悪態も、優しく包まれて許されていた。
朝に咲いていた蕾が開花し、艶やかな花弁を伸ばして榊の前に咲き始める。
自分がそうしたとも思わず、榊は呆然と腕の中の神楽を見つめていた。

103 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:38:17 ID:F50yEepH
「……なんでだ…?」
「なにが?」
「……私、思い出していない」
「そうだな」
「そうだなって…怒ってないのか?」
「怒ってるよ」
「怒ってるようには見えないよ今は」
「そんな事ないぞー。あーあ、でも可哀想」
「…えっ?」
「せーっかく好きな私とHしたこと忘れるなんて」
「……」
「天然もそこまでいくと哀れだよなぁ」
「…か、神楽…」
「榊とっても素敵だったんだけどなぁ。ちょっと痛かったけど」
ぼっと、榊の顔が火が点いたように赤くなった。
神楽はそれにかまわず、榊の胸に頬をうずめて楽しむように手を滑らせた。
「なっ…なにを…!」
「でも、しばらくお預けだよ。筋肉痛で身体痛いし」
「えっ!?」
がばっと神楽の肩を掴んで見上げさせた。

104 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:44:06 ID:F50yEepH
「ちょっと待って!どういう事だ!」
「おいおい!強請ってもダメだぞ!無理して泳げなくなったら困るんだからな!」
「違う!…そうじゃなくて…いいのか?」
「ん?」
「だから…許すっていうのは…いいって事なの?………私としても…?」
「…アンタやっぱり身体目的なんだ…」
「!!…違う!そうじゃない!それは…その、欲しいけど君が嫌ならこの先ずっと手は…」
慌てて言い直そうとした榊の首に神楽が両手を回し、顔を引き寄せた。
唇に花びらのような柔らかい感触が当たる。
「……これが私の気持ちだよ。私だって、榊のこと好き。だから、してもいいんだぞ」
触れるだけの口づけが離れ、神楽が穏やかに微笑んだ。頬が僅かに赤くなって、
少し照れている。
潤んだ瞳も、艶のある唇も、何もかも全てが美しかった。
「……嬉しい…」
背伸びしている身体を支えるように抱きしめる。
「もう二度と…神楽を放したりしないから…」
「…榊。今度こそ信じるからな」
「うん」
不意に神楽の瞳から、一筋の涙が零れた。そして安心したように静かに瞼を閉じる。
「…よかった…私、榊を好きになって…」
「神楽…」
榊は優しく微笑むと、神楽の涙を親指でそっと拭ってやった。
「ね…?榊?」
神楽は目を開けると、榊に向かってあの柔らかな笑顔を向ける。
「なに?」
「これからもずっと…私のそばにいて?」
「うん。ずっと一緒にいよう」


105 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:47:51 ID:F50yEepH

その身体を抱きしめて、今度は榊から深く口づけを重ねた。
うっとりとした吐息が互いの唇から漏れて、溶けていく。
なぜ神楽が自分を許す気になったのか、未だ分からない。
昨日の事も出来るなら思い出したい。
でも、腕の中の神楽が幸せそうにしているのを見たら、どうでもよくなってきた。
神楽が笑ってるならそれでいい。
それを自分が与えている事に安堵しながら、お互いの舌が与える快楽に次第にのめり込んでいった。





106 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:50:11 ID:F50yEepH
「なー?私の言ったとおりだろ?」
「……まぁ、二人が結ばれて幸せっていうなら私も嬉しいけどさ。なーんかいまいち納得いかない
気もすんだよな」
「神楽ちゃぁぁぁん!!榊ちゃぁぁぁん!!よかった…二人ともおめでとうなぁ!!!とっても
輝いてるでぇぇぇぇ」
浜辺へと通ずる階段で、先程から全員こっそりと隠れながら様子を窺っている。
何故か満足そうな智と、複雑な表情の暦。ハンカチを握りしめて大阪は涙にくれ、その横でちよは
彼女の背中をよしよしと撫でながら微笑んでいた。
「これで良いに決まってるでしょ?最高の結末じゃない!野暮な事は言いっこなし!よみ、今日は
お祝いに腕によりをかけたごちそうを作るぞ!」
「へーへー。…つーか、大阪。お前さっきまであんなに怒ってたくせに、今度はよくもまぁ、あの
二人のために大泣きできるな。やっぱまだ酔ってんじゃないのか?」
「ちゃうねん。私はなぁ、てっきり榊ちゃんが酔ったはずみでやらかした思っててん。でも、
榊ちゃんが神楽ちゃんを真剣に想ってくれてることが分かったから…それが、それが嬉しくて
涙が止まらへんのっ!うあぁぁぁぁぁん!」
「あー、そうかよ。分かったからお前、いい加減その鍋の被り物を外してくれよな。そのアホ
みたいな格好のせいで、せっかくのシリアスな場面も緊張感に欠けたぞ」
「うぅ…そうやな。……ちーん」
「げっ!おまっ…なに私の服で鼻かんでんだコラー!!」
「ええやん。野暮な事は言いっこなしやろ?」
「言うわ!!」
暦と大阪がもめている隣では、智がちよにとって謎だったあの言葉を解説し始めていた。

107 名前:最後の勝負に手にするものは[sage]:2006/06/10(土) 14:55:23 ID:F50yEepH
「…じゃあ『手込め』って二人でやる鬼ごっこみたいなゲームなんですね」
「あぁ、そうだ。一人が鬼でもう一人が逃げ回る。簡単そうだけど、体力・知力・精神力をかけた
壮絶なゲームなんだぞ!下手すりゃ一生もんよ」
「ふぇ〜!すごいです!私もやってみたいなぁ!『手込め』」
「ちっちっち。これはそう簡単にやっちゃいけないんだぞぉ?やる相手はちゃんと選ばないと
ダメだ。下手にやると犯罪だ。まぁそれが分かるまでちよすけはお預けだな」
「そうなんですか…私いつか分かるかなぁ?」
「なぁに、その内きっとぴったりの相手と出会えるって。いや、もう出会ってるのかもよ」
「……智…お前そんな小さい子にいったい何を教えているんだ?」
暦が思いっきり冷たい視線を智に注ぐ。どうも今日一日で随分と人間不信になったようだ。
「ち、違うぞ!よみ!私は少しでもショックを和らげようと気を遣って…」
「ねぇねぇ智ちゃん」
そんな智のズボンの裾を、ちよはくいくいっと引っ張った。
「な、なんだよ!言っておくが私は名人なんだぞ!名人すぎて、誰にもやれないぐらいなんだぞ!」
「榊さんと神楽さんはどっちが勝ったんですか?」
「へ?」
言われて浜辺で相変わらず熱烈なキスを続ける二人を見つめた。
その熱烈ぶりに、やれやれと肩をすくめ年少者の友人に言い聞かせるように真面目な顔をして
みせた。
「いいかちよちゃん。このゲームはね。最初から仕掛けた方が負けって決まってるんだ」
「えぇー!そうなのー?」
驚いたちよが叫ぶ。
「…変なの…じゃあ、最初からやらない方がいいんじゃないですか…?」
「それが違うの。負けは分かっていても成功報酬がデカイのが特徴でさ。ほら見て、榊ちゃんを…」
浜辺にたたずむ二人を指さし、重々しく言い放った。

「あれが敗者だ。羨ましいだろ?」

(完)


108 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/10(土) 15:12:11 ID:d1sByt41
さかぐら分補充完了!!!
あと、半年は頑張れる。
作者様乙!!!

109 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/10(土) 15:38:00 ID:d1sByt41
あっ二人の夜の詳しい内容出来たら読んでみたい。

110 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/10(土) 17:35:07 ID:yeY4C7Ll
神乙

111 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

112 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

113 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

114 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

115 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/10(土) 23:59:34 ID:I6GXs+YF
(´・ω・)カワイソスAは仲間を呼んだ!
(´・ω・)カワイソスBが現れた!
(´・ω・)カワイソスCが現れた!

(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)テラカワイソス

(´・ω・)カワイソス達が・・・?
..
..       (´・ω・)
       彡
                      (´・ω・)ミ
             (´・ω・)
.
.             (´・ω・)
           (´・ω・) (´・ω・)
           (´・ω・)(´・ω・)

合体してキングカワイソスになった!

                     __
                ,,r‐''"~~´:::::::::::::゙~''''‐-、,
              ,,r''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙丶、
            /:::::::::::::::::::::::::::::,r、::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / ......::::::::::::ィ::::::::// ヽ:::::ト、::::::::::::::::........ヽ
           /:::::::::::,r::::::/ |:::::/ /  ゙、::l ヽ:::::::::、::::::::::::::゙、
           /:::::::::::/i::::/,,,,l:::/ /   ヽト‐-、:::::|',::::::::::::::::i
          i::::::i:::::/'|::/  |/  /     !  ヽ::|ヽ:::::i:::::::::l
         l:::::::|:::/ .i/              ヽ:| ゙、::::i:::::::::|
           |:::::::|/                 ゙'! ヽ,!:::::::::|
         |::::::;;;;i -‐''''''"""~~     ~~"""゙'''''''''‐ |;;;;::::::::|
          |::::::;;;;;|                        |;;;;:::::::::|
        |::::::::;;;;l                    l;;;;:::::::::|
         |:::::::;;;;;|                       |;;;;::::::::|
     _,,,r-┴、::;;;;ヽ、                   ノ;;;:::::-‐-、
    / 、  、 ヽヽ-,;;;゙ヽ、      ヽフ       ,,,イr/´/ ,r  ゙'ヽ、
 ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ゙゙̄'''‐- ...,,,,,,,,,,,,,,,,,,.... -‐'''~  ̄(,,しL,/,,,r'~,,,-‐' ̄ ̄

   キングカワイソス

116 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

117 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

118 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/11(日) 01:19:34 ID:1OZ6KKvu
>>111
はいはーい、コッチに行きましょうね〜
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/

119 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/11(日) 02:59:13 ID:VzgUxh2S
>>97-107
結局エロなしかよつまらん。

120 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/12(月) 00:01:45 ID:vnotCibq
さかぐらSSを書いてしまいました。
ですがこのスレはさかぐら分が十分なほどです。
どうしたらいいでしょうか。

121 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 00:05:58 ID:9UUc7mrv
是非お願いします。

122 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 00:07:14 ID:LxUx9Dq2
書いたからには投下すべきだと思う……エロがあれば

SSの流れで荒らしを押さえつける、とまでは行かなくとも

123 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 00:25:14 ID:EbTQiesr
さかぐらなら何杯でも食べれる…って事で俺は投下して欲しい

124 名前:VIPから来ますた[sage]:2006/06/12(月) 01:05:23 ID:wXlhw6O/
>ttp://pinktower.com/up.spawn.jp/file/up24071.htm
>前スレ埋め立てがあんまり面白いからうpしてみたw

笑ったw
ここまで見っとも無い埋められ方は初めて見たw

125 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:32:10 ID:hqq0h0LB
みんなが思う《榊》《神楽》のイメージを完全に壊してしまうような閲覧注意系です、グロとかじゃなくて。
いつだか殴打プレイの要望があったのでそれ関係でちょっと……まあとにかく投下。
ちなみにエロは後半にいれます。足柄上。

126 名前:《Fight club》上[sage]:2006/06/12(月) 01:35:19 ID:hqq0h0LB

 戦いに前置きはいらない
 いるのは勝利の結果だけだ

      名もなき格闘家

 「……どうしても……私を止めるのか……?」
 瞳の奥に熱い何かを感じる。今にもほとばしりそうな熱気と情熱が全身にみなぎっていく。
 「フン……榊、これは決闘だ……試合なんて生優しいモノじゃない、負けたほうに選べる道なんかないぜ……!!」
 あるはずのないものがそこにはある。自由と快楽と歓喜をひとつにして固めたようななにかが。見えないだけだ、確実にそこに『ある』から……私にはわかってるから……。

 ――カーン!!

 形のないゴングがなった、戦いの火蓋は千切りおとされた!!

 ――約十分前

 「さ、榊? どこいくんだよ!? そっちじゃないだろ?」
 「……? なにが……?」
 「な……なにが、って、まさか……なあ、榊。覚えてる……よな……? 映画の約束……」
 「……えっ……? ……あ……あっ!!」
 「覚えてない……覚えてないね……」
 「か、神楽……ご……ごめん、今日は……急用が……」
 「あのさあ……榊……正直に言ってくれ……私のこと、嫌い、っていうか、もしかして……迷惑なのか……?」
 「そっ、そんなことない……!! ただ今日だけは……ほんとにちょっとダメなだけで……ごめん……」
 「……そっか……わかった。いいよ行けよ、ずいぶん大事な用事なんだろ? ……ハァ……」
 「あ、うん……今日が先行発売日だから……ごめん」
 「謝んなくていいって、って……発売……日?」
 「う、うん……『ねこテラピーセット初回限定版』のはつb」

 ――ドガッ!!

 「あっ!! う……?」
 「……ふ、ふ、ふざけるなよこの野郎!! ね、ねこテラピー……!? そんなもののために前から話してた私との約束断るのか!? う、嘘だろぉ榊ぃ!」
 「で、でも……! 五時過ぎたら絶体売り切れちゃう……!」
 「そういう問題じゃねえだろぉ!! 理由だ理由!!」
 「だ、だって……! だって、私……三ヶ月も前からずっとこれ欲しくて……その……どうしても欲しくて……」
 「いいかよく聞けよ、私はな、今日のために、先生にウソついてまで部活休んだんだぞ……? それを、榊、お前はなんなんだよ……お前は約束したんだぞ!?」


127 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:36:43 ID:hqq0h0LB
 「でも……! でも……私は、学校終わってすぐに、だなんて言われてない……! 今から上映なら七時くらいにまたあるかも……しれないし……」
 「いい加減にしろ!! もう許さねえ!! 絶体行かせねえからな!! 今日、榊は、私と、今から、映画に行くんだ!! ……ホラ! さっさと来い!!」
 「い、い、いやだっ……!! 私にだってしたいことはあるんだ……!!」
 「うるせぇ!! ぶん殴るぞ!? オラ来い!!」
 「わ……私は、七時に神楽と映画を見るんだ……! 放せ……!」

 ――バキィ!!

 「うあぁ!! あ……か……神楽……?」
 「……フーッフーッ!! こ、殺してでも連れて行くぞ……!!」
 「う……うあ……? か、神楽……? ……あ……?……ぁああああっ!! じじじじ、時間が、ない!! ……そこをどくんだ、神楽!!」
 「……どかせるもんなら、やってみろよ!!」

 今に至る

 今いるのは学校から少ししたところにある公園の前、ここから駅前の本屋までは凡そ3km、まだすこし時間には余裕がある。
 だが、この状況……私が全力で走って神楽に勝てるのは1kmまでだ……今走れば確実にそこで詰められてしまう。そうしたら、体力に差があるぶん、疲れた私のほうが弱くなってしまう。
 弱くなる、それはつまり負けること、負けることは駅前まで辿り着けなくなることだ……それだけは絶体に避けなければならない……絶体に、だ。
 つまり、ここで神楽を動けなくする以外、私に手はない。

 「神楽……そこをどくんだ、このままだと私は……私は、力で神楽を押さえ付けるから……」
 「ハッ!! 力で……? その言葉、そっくりそのまま返してやるぜ……!!」
 「フゥ……仕方がないな……本当はこんなことしたくなかったんだけど……」
 「そんなことよりアンタは身体の心配したらどうだよ……? 帰りがけの高校生たちがいても……ここには、私がアンタを殴るのを止めるよみやちよちゃんはいないんだぜぇ!!」
 「……止める……か……その言葉そっくりそのまま返す……」
 「……フン!」

 空気が変わった。私達の周りには爽やかな夏場の空気など近よりもしないようだ。まだかいてもいない汗と、「まだ」でていない人間の血液の匂いが中天に充満するように感じられる。


128 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:38:42 ID:hqq0h0LB
 もう言葉なんていらない世界に来たようだ。

 ――ジリ……ジリ……

 神楽がゆるやかに近づいてくる……狙いは……突き技だろう……。
 流石の神楽も、ダメージのない状態の私に、大きなスキをつくる蹴りや投げなど仕掛けてこないだろう。飛び技もない、いくら地面が土とはいえ、乾いた地面に身体ごと着地したら只では済まないことはわかっているはずだ。
 突き技がくるなら、左なら右、右なら左に避けて避け方向の足でローキック……理論上必ず決まる……
 私には神楽の行動を先読みができる。はっきりいって神楽の考え方は単純だ。先読みすることは全く難しいことじゃあない。
 同じような身体能力の者同士で片方だけが先読みできるってことは、完全に有利この上ない……神楽は、この私に僅かな出血をも、もたらすことができないだろう……
 私のほうが……有利……一方的……フッ……!

 ――ジリ、ジリ

 5m……3m……さあ、来るんだ……私には神楽の全てがわかるよ……クククッ、ククククッ!! 嗚呼、なんて快感だろう……!! 私には神楽がなにをするかわかる……私には神楽に何でもできる……
 クククッ!! この優越感……なんて快感……!! 私、変態なのかな……いつもよる遅くまで起きて、テレビでプロレスリングやボクシングを観て……
 (ああ……そこでフェイントをかけたらストレートを合わせられるじゃないか、私にはわかりきってるのに……なんて愚鈍で低劣な知能だろう……)
 そんなことを感じて、私よりずっと才能のない人間が一丁前に戦っているのを見て……私の優れた才能に……『感じちゃってる』……変態なのかな……クククッ……!!

 ――ザッ!!

 神楽が両足で地面を蹴り込んだ、ファーストコンタクトがいま始まる。

 さあ……その低劣な頭脳で考えた結果、しかけてくるんだ……!!……私が美味しく料理してあげ……え……? ……「両足」……? ……両あ

 ――ドカァ!!

 「くあぁ!! て……低空ドロップ……!? そんなまさか……!!」
 神楽は「両足」で蹴り込んだのだ。飛び技以外にあり得ない。しかし榊の思い込んだ考えはそれを理解させるのを数瞬拒ませた。
 中空で身を1回転捻らせた神楽の繰り出した低空ドロップキックは見事に榊の膝をくじかせた。その結果榊は、仰向け倒れた神楽の上にうつ伏せで身をあけた。


129 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:40:45 ID:hqq0h0LB
 「まさか、私がなにも考えないで戦っていると思ったのかぁ!! 傷つかない戦いなんてあるか!!」
 「あ……ああああああ!」
 神楽は単純で考えが浅い……否!! 「本当」の競技者は戦い、競技においてのみ普段使われない脳をフルに使うものだ……
 ……これは、確実に地面に身を打つダメージより私に与えるダメージのほうが大きい……なんて失策……なんて……屈辱……そして、私が神楽の少し上に多い被さるこの形……この形はあぁぁ!!

 そう、そうだよ榊ぃ……!!
 きれいな腹ががら空きだぜえぇぇ!! いますぐ、眠るような気持ち良さを感じさせてあげるぜぇ!!

 ――ド、ドスッ

 「く……かはぁ!!」
 神楽の拳が榊の腹に二発突き刺さった。
 破壊力=握力×速度×重さ……神楽の握力は女子にしてあらず……45kg……力を込めない握らない状態から繰り出される拳の速度は彼女が出せる完全な速度……地球を背にした重さ……完全なものがあった。

 「あ……ああぁ……」
 榊は四肢を付いて伏せた。強烈な痛み、敗北の音が耳鳴りのように響く。その中でゆっくりと神楽が立ち上がるのが見えた。

 公園の近くには人が集まってきた。

 「おいおい榊……観衆が集まってきたぜ、これじゃ私が榊をいじめてるみたいじゃないか……なぁ……?」

 黒い……黒いんだよ……私の中……いつだってそうだよ。
 県内に水泳で私に勝てるやつはいない、だから私は県大会で当たり前のように勝つ。私より小さい頃から努力してきた人間に。
 そしたらさ、プールサイドで泣くんだよ、そいつ。みんなに慰められて、観客に「よく頑張った」なんていわれてさ。
 それ見ててさ……気分がいいんだよこれが……! 一人でするオ○ニーなんかよりずっと……なんでかわかんないけどさ、あの涙……なんでかわかんないんだけど……気持ちいい……!
 嘲り笑い、誰にも悟られないようにしながらトイレいって笑うんだよ……黒いよな……残酷とか冷血とかひっくるめてさ……アハハハッ!!

 ――ブンッ グシャァ!!

 今度はアンタがわらわせてくれよぉ……榊ぃ……!!

 「けはぁ!!」
 「ハッ!! アハハ、アハハハッ!!」

 顔面を蹴り込んだ音だ。四肢を付いた状態から榊は一度、上に身体を反らして、それから無抵抗に地面に完全にうつ伏せとなって動かない。さらに榊の口や鼻から出た血が、地面を染めていく。


130 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:41:56 ID:hqq0h0LB
 沈黙の中に神楽の嘲いが響いた。観客も当の相手も声をだすことすら叶わない。公園が沈黙で支配された。

 だが 長くは 続かなかった

 ――ズッ ズズッ

 「あ……ああ……」
 静かに地面につたっていた血が徐々に、波紋をつくる。榊が立ち上がる故に。

 ……榊は戦う力を残していないはずだ、そうやって私の足元に追いすがることしかできない……アハハハハッ!! どこかの誰かみたいにさぁ……!! ああ……気持ちいいよ榊……凄く気持ちいい……

 無意識に神楽は、膝立ちで自分の腰にすがる榊の頭を、スカート越しに、自分の股間にすりつけて、腰をくねらせていた。虚ろな目をした榊は全く反応をしない。
 それこそが完璧な勝利の証であるかのように、勝利の、妙味……快楽を露に身体でしめしていたのだ。

 ――バッ

 榊は途端に、足を膝立ちからしゃがみに切り替えた。死んだような目が生きかえっていた……!

 「な……なぁ!? バ……ちょ……ちょっ……嘘だろ!?」

 ――グァ……ドッ……!!

 完全に油断していた神楽。それを榊は両手を腰に回して固定したまま、ブリッジの姿勢をした。
 つまり、フロントスープレックスの形になるわけだ。
 マットの上のプロレスラーでも辟易する技、こんな小さな少女が、乾いた大地を相手に耐えきれるわけがない……確実な破壊が今おこった。
 顔面血だらけの榊の耳に、形のない試合終了のゴングが聞こえた。

 《続》

131 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 01:47:28 ID:LxUx9Dq2
>>119のような人が持つ期待を、良い意味で裏切ってくれる作品ですね



腹筋が痛いよぉ……

132 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 02:06:17 ID:hqq0h0LB









133 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 02:08:17 ID:xSaq08LT
正直、あずまんが大王のパロではないな

134 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 02:20:27 ID:MoZacZkm
>>119
まあ、こんな所に投下する職人なんて、よほどの構ってくんか、
でなきゃマンセーレスが欲しいだけの厨なんだから、期待するだけ無駄。

とりあえず、漏れはもうブックマークから外してる。

135 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 02:56:42 ID:9UUc7mrv
とりあえず続きを読ませて欲しい。

136 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 17:29:06 ID:7epSkcki
ゴメン、シリアスだと思うけど約十分前の部分でちょっぴりギャグにも思えたw

続き待ってるよー

137 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 20:27:54 ID:WZXqFGSd
おいらは単純にギャグだと思って読んだ。
面白かった……
ナイスセンス、作者。
でも「絶対」だよな? な?

138 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 22:48:42 ID:soU32g1j
>>74
勘違いというのは何故ですか?
ヲタ掲示板におけるコテ同士の馴れ合い故ですか?

既に指摘されているような本人の自演擁護でなければ答えてください。

139 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/12(月) 23:22:10 ID:hqq0h0LB
続きはもうちょっと待ってくださいませ


140 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:01:59 ID:qdX+8tw4
>>138
スレ違い
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/


141 名前:(´ ▽`).。o♪♪[sage]:2006/06/13(火) 00:06:44 ID:Y4tcmHOM
>>139
別に誰も期待してないんだし、永久に来なくていいよ。

142 名前:(´ ▽`).。o♪♪[sage]:2006/06/13(火) 00:08:30 ID:Y4tcmHOM
>>138
>ヲタ掲示板におけるコテ同士の馴れ合い故

tabunこれ。
彼らにまともに説明できる理由なんて無いと思われ。

143 名前:《Fight club》中[]:2006/06/13(火) 00:30:20 ID:nLYt51ff

 え……なんなんだよこれ……? えっと……スロー……スローモーション……? 動けねぇ……動かなきゃいけないのに、動けねぇよ……
 地面が、近づいて……くる……やばい、やばいってコレ……なんだかわかんねぇけど……!! とにかく

 歯を くいしばれ !!

 ――ドシャァ!!

 血の……匂い……私の……。

 「神楽……」

 ……やめろ。

 「神楽……」

 ……やめろ……私に情けをかけようとすんな……!!

 「神楽……」

 やめて……やめてくれぇ!! 敗者に情けをかけていいのは私だけだ……!! 観衆の奴らから安否を心配される私を、私のような目で見るな……!! ああぁ……悔しい……こんなにも悔しいなんて……!!
 お前も体裁を気にして、今、私を心配してるんだろう!? そして一人になったら思いっきり「わらう」んだ……!! 情けをかけるな!! 私を! 殺してくれぇぇ!!!!

 「神楽……神楽が、私に、少しでも敵うわけがないんだ……」

 ……え……?

 榊は立ち尽くしていた。うつ伏せに倒れたまま動かない神楽の前に。神楽の背筋に人間の気配が流れる。だんだんと大きくなって……

 ――ガッ

 神楽はまるで「つまみ食いをして捕まった猫」のように襟元から吊り上げられた。しかし抵抗などできるほどまだ神楽は回復していない。
 同じ歳とは思えない腕力。驚くなかれ、榊は神楽を片手で吊り上げているのだ。40kg程度とはいえ、人間とバーベルは違う。持ち上げるにはさらに多くの負荷を感じるものだ。
 中空高く持ち上げられたその身体を、重力に従うように榊は足を払いながら腹這いになるよう投げつけた。悲惨な光景だった。

 ――グシャ

 弧を描くように大地に叩き付けられた神楽の身体は、自身が受けとめきれる衝撃を遥かに越えているように、無気力にただ、倒れた。

 「神楽……私に勝てるなんて思い上がりも甚だしいな……神楽のどこが私より秀でているというんだ……? ちょっとダメージを与えただけで舞い上がっちゃって……見ていて虚しいくらい。」
 私のどこが神楽より劣っているんだ……? 私の何が神楽より劣っているんだ……? 私以上の才能を持っているとでも思っていたのかな……?
 「君が努力して努力して、私が怠惰に生活して……それでも君は私に、得意な水泳さえ負ける……」


144 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:31:34 ID:nLYt51ff
 悲しいけど、これって、現実だから……君は何をしても私に勝てない……だって君は才能もなくて知能も低くて、そのくせ自分の身体能力に思い上がって、どこに勝期があるっていうんだ……?
 「私は神楽より頭がいいし、私は神楽より身体能力が高い。それなのに、いつものように『なんとかなる』なんて考えて私に勝負を挑むなんて悲しいよ……? 浅はかだよ……?」
 クククッ……ほら……どんどん堕ちていくよ……絶望と後悔の深淵に……どんな気分なのかな……? 私は気持ちいいよ……私はとても気持ちがいい……

 「あ……ぐぁ……かはっ……!」
 起きないほうがいい……これ以上自分の自身やプライドを消されても、生きていけるのかな…… ククククッ……!! ああ、私より弱いモノが堕ちていくのは「楽しい」なあ……クククッ!!

 少しずつ、それこそスローモーションのように神楽は膝をついて立ち上がる。それはレベルの低すぎる主人公が魔王に挑むような……非情なコンピュータのCPUに負ける……そんな光景を見ているようだった。

 「ひ……人と満足に話もできない奴が……くっ……ここぞとばかりに才能自慢か……ああっ……!! あっ、アハハハ……笑っちまうな…
 その瞬間……氷付いた……空気が……。
 まだ神楽は見ていない、榊の目が、何十といる観衆を黙らせたのだ。
 氷のように冷たく、人間のそれとは思えない瞳が。

 「……言ってはならなかった……」
 榊が言うまでもなく、誰もがそう思った。瞬間、榊が、サッカーボールをけるようなモーションを起こした。神楽の顔面めがけて……

 ――ズァッ

 ……君は……言ってはいけないことを今いった……私の唯一の、コンプレックスを……。
 一人で何が悪い。友達がいなくて何が悪い。クラスで浮いてて何が悪い。休日に誰とも遊びに行けなくて何が悪い。人に嫌われるのが恐くて何が悪い。淋しくないふりをするのの……何が悪い……!!
 私は君みたいに低劣で気楽な考えを湧せる馬鹿な頭脳を持ってはいないんだ……!! 君が馬鹿陽気になれなれしく、私に話しかけるような行動なんて私にはできない!!
 だって、嫌われるのが恐いから……!! 一人は不安で恐くて……君にはわからないんだろう……!! 君みたいに……!!

 全力の榊の蹴りが、神楽の頭を狙っていた。あくまで、狙っていたのだ。瞬間、神楽が頭を上げて、叫んだ。

 「やっぱりアンタ……馬鹿だよ!!」


145 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:33:04 ID:nLYt51ff

 ……ズカァ!!
 「……!! うあああああああああああああぁぁ!!!! ……なっ……う……い……石……!!」
 悲鳴が上がった。榊の。
 神楽は榊のけりをすんでのところでガードしたのだ。丁度榊のすねの部分を狙って、にぎりこぶしを横に。
 その手には、突き出た大きな石が握られていた。
 つまり、榊は、全力で、自身のすねを、石にぶつけたのだ。

 「あ、あ、痛い!! くあああああああ!! い……痛いっ!!」
 骨が折れるような痛みが榊を襲った。榊は痛みに慣れていない。ひとたまりもなかった。

 ――ザッ

 「……逆転……かなぁ……榊ちゃぁぁぁぁん!!!!」

 涙を流して痛みを必死に耐えようとする榊を、神楽は突き飛ばすように蹴り込みだした。

 ――ドス ガッ ガッ

 腹、腰、頭……蹴られた榊は押されるように後退した。
 誰も気付かなかったが、もう二人は公園内に入っていた。榊のあと1m後ろには公衆トイレがあった。

 ――ガッ!!

 蹴り込まれた榊はもんどり打ってトイレの中にころげた。
 同じように神楽もトイレに入った。

 「なぁ、榊……? さっきの私の言葉、修正するよ……」

 「うう……あ……?」

 「ここには……私が榊を殺そうとするのを止める……観客さえいないんだぜぇぇぇ!!」

 「あ……あ……!! いや……いやぁぁぁぁぁぁ!!!!」

 榊の悲鳴がトイレに響いた。しかし誰もトイレに入る者はいなかった。

 《続》

146 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:36:49 ID:2W/tytfK
そろそろ、意味もなく>>141みたいなレスをする人間が腹立たしく思えてくる
何よりも、職人が放つ妄想の爆発が一番大切なわけだし。







しかし、これは怪作だ。何にせよ乙だが

147 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:39:35 ID:T9laaNGu
クズSSばっかだな。

148 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 00:43:35 ID:qdX+8tw4
>146
>140

149 名前:名無しさん@ピンキー[正直全部読む気にはなれないsage]:2006/06/13(火) 00:52:13 ID:2W/tytfK
>>148

そのスレに書き込めるものは何一つない

150 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 02:31:39 ID:jMuBh+As
夢おちかなあ〜
怪作な事は間違いないがエロはいつかな

151 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 03:19:09 ID:T9laaNGu
ゴキの助がダブハン使って荒らしてた事実に関しては、あの隔離スレとは関係無いと思う。
どうしても最悪板に移行したければ新規にスレを立てるべき。
間違った誘導を必死でやってるのはゴキ助の仲間(というか自演)厨だな。ご苦労さん。

152 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/13(火) 05:40:14 ID:DDr9TSSB
最近のは読んでないし、そもそも読む気が起こらんからどーでもいい。

153 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 11:48:14 ID:r1RTXmf3
今までに無いジャンルだな…

154 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 15:18:38 ID:FmsR0bGn
エロが無いと読む気がしない
エロパロスレなのにエロ書かないバカがいたからな。

最近、エロをまともに書いてくれる人がいないね。

155 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 16:21:22 ID:2W/tytfK
たった1レスでも、エロが入っていればいい

156 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 16:46:37 ID:3LS5kFqt
だったらいっそエロなしにして他の所に投下すればいい。
1レスしかエロが無いSSなんかいらない。

157 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 17:20:00 ID:qdX+8tw4
非エロは総合スレがあるけど、そこら辺は微妙な所だね。

158 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 17:39:07 ID:3LS5kFqt
くだらないストーリーや前置きを長くして
エロの割合を少なくするのは好きになれないけどな。

159 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 20:05:46 ID:nLYt51ff
エロを完全に焦点に置いた良作は、やはり難しいんだよ。
先人達がいかに神だったかわかるな。

160 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 22:02:07 ID:ShA360LS
荒らしに惑わされず書ききれるかどうか、職人さんの意識の見せ所だな。
エロ無しでもカモンな人は複数いる上、拒否する人を優先する理由もないので、
ともかく頑張ってつかーさい。
へーちょ。

161 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 22:14:44 ID:qdX+8tw4
どうせ殴打プレイなら…
何か よみ→智 が一番合う気がするな

よみが智に迫ろうとするが、必死に抵抗するんで殴ったりしている内に
段々と大人しくなり、最終的に智ちゃんが目覚めて(ry

162 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:02:44 ID:nLYt51ff
殴打「プレイ」という考え方というか……
戦いだけを純粋に見つめるからこそ、勝利の条件を見つめるからこそ、それが「プレイ」のようになる……
と考えてもらえれば結構です。
ネタバレみたいなんで、続きで書きますね。

163 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:09:47 ID:Rlxe2xyk
>エロ無しでもカモンな人は複数いる上、拒否する人を優先する理由もないので、

総合スレに行けば?
エロ無しの方がスレ違いだと思うんだが。

164 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:19:50 ID:ShA360LS
>>163
正論のように見えて、少し無理があるな。
エロありのSSの投下の妨げになるならまだしも、多くのあずファンがにぎわう助けになるのだろ?
エロ無しだからといって、何を拒否するというのか。理由がない。
目先のことしか見えてない、寛容さの足りない人間……に思われてしまうぞ。
いや、それともそれを敢えて演じているのかな。


165 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:40:11 ID:Rlxe2xyk
>>164
寛容も何もエロパロスレなんだからエロじゃなきゃ駄目だと思うんだけど
エロ無しSSが増えてレスを無駄に消費するのなんてちょっと…

エロなしの場合、総合スレがあるんだから
そっちで書いてもらえば問題にもならないでしょう。

166 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:45:30 ID:NOqLFlU6
>>164
21禁板でエロ無しを書き込むほうが筋違いだろバカ
自分の我が儘を押し付けておいて人を不寛容だとか抜かすなカス
消えろ

167 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:52:46 ID:ShA360LS
まあ作者さん、頑張ってね。世の中、いい人ばかりじゃないからさ。
ああ、でも、いい人はいるんだよ。これ、ほんと。

168 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/13(火) 23:56:49 ID:qdX+8tw4
まぁ続きでエロくなるんならいいとおも

169 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 01:04:54 ID:WUbzgHuh
やべぇ、>>161に萌えたw

170 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 01:12:37 ID:NKU5zyJv
>>160
>>167
おいおい、エロパロスレだからエロを投下した方がいいと言った人を
荒らし&悪い人扱いかよ

171 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 02:38:14 ID:n5Nm6Svg
「エロを投下した方がいい」というなら問題ないが、
「エロ以外を投下してはならない」というのはいかんだろ。

172 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 02:40:47 ID:0p0Y4gyK
>>170
リア厨に何を言っても無駄。
まあ、エロ無しに限らずもうここはクズ職人しか来なくなったんだが。

173 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 16:09:51 ID:iMWhmr5z
喜んでくれる奴がいるなら、職人はそいつのために頑張ってやりゃいい。
いい年こいてぐだぐだ終わった事で言い合ってんなよ。荒らしも便乗してるし。
ストーリー重視なんて他スレでもよくあるし、それが好きな奴も必ずいる。
自分の価値観を擦り付け合うなんて無駄。ここは趣味の一環として来てるんだろう
から、自分の周りを充実させるのに努力してもっと気楽に遊びに来いよ。

174 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 19:12:42 ID:/B0IyBhM
21禁板のエロパロスレだしなあ、エロ投下してナンボじゃね?
ストーリー重視でもエロければいいんだけどね。

エロ無しなのになんでここに書くんだて思う。
エロ無しを許容してエロ無しの作品が増えるのは問題だと思う。

175 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 21:32:27 ID:jLwkjloV
まだ中盤なのにエロ無しだと考えれるのは何故か

176 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 23:03:28 ID:Ke9/llIC
前スレの最後部を読み返してみたんだが
>>918-919のさかちよは個人的に気に入った
VIPPERはあまり来ないでほしい、という本音はあるが。

抜いた(;´д`)

177 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/14(水) 23:13:41 ID:eogyrOZv
抜 い た の か

お前は真の男だな

178 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/15(木) 01:46:59 ID:fgkyP89E
>>173
>いい年こいてぐだぐだ終わった事で言い合ってんなよ。荒らしも便乗してるし。

一番ぐだぐだ抜かして荒らしているのはお前( ´,_ゝ`)プッ

179 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/15(木) 20:47:46 ID:GSbaCWKM
>>145
     ∩
( ゚∀゚)彡 つっづき! つっづき!
  ⊂彡


180 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/17(土) 19:00:48 ID:3O3HTJmi
ちょい保守

181 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/18(日) 04:01:27 ID:jmo0fWWo
もうこのまま落ちていいよ。

182 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/18(日) 12:30:28 ID:yB4Cqoz6
世の中に不満があるなら自分を変えろ!
それが嫌なら、耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ。

183 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/19(月) 12:41:36 ID:3t/fMDKU
あいにーどゆー
べいびべいび
わっどーゆー
へっへっへ〜い
あ〜あ〜あ〜

184 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/19(月) 13:06:26 ID:3t/fMDKU
あいにーどゆー
べいびべいび
わっどーゆー
へっへっへ〜い
あ〜あ〜あ〜

185 名前:Fight club 下 前編[sage]:2006/06/19(月) 22:05:10 ID:FOsSImGA

 『パンチ・アイ』
 闘技者が、相手の攻撃を確認出来ていない状態で、自分の予想を上回る「痛み」(身体能力を奪うのダメージとは違う)を与えられた時に稀に起こる症状である。
 相手の攻撃を確認した時に身がすくんで目をそむけたり、動けなくなる。痛みの恐怖が頭の芯に擦り込まれているために、症状が治ることはまずない。
 主に、圧倒的に負けたプロボクサーなどに起こりやすい現象である。

 痛い……痛すぎる……このレスはいくらなんでも、とかそういうレベルや意味じゃない……直接な鋭い痛みだ……
 ……まさかあの局面から……逆転するだなんてあんな汚いやり方……
 ……汚い……?

 否。試合ならば汚い、卑怯、と罵られても致し方ないだろう。だがこれは勝負だ。勝ちのみを追求する勝負に汚いなどといった感情や思念の世界を持ち込むなど、自らの首を締めるに等しい。
 この場合、形勢を逆転する手段として神楽がとった行動はほぼ完全な、勝利の方程式を満たせるものだ。勝負の世界において、汚いやり方だと考えた瞬間に自分の劣勢が決まるものだ。
 榊にそれを理解するだけの頭があったとしても、それを認識し適応する理性があるかどうかは、わからない。
 わからないことだが、それを理解し応用出来なければ確実な敗北が待っていることは予想できる。

 「……榊……? 大丈夫か……?」
 「え……?」
 「もう……止めないか……? これ以上やってたら、どっちかが取り返しのつかないことになるぜ……榊が死んじまったら……私は……」
 気味の悪い程の笑み……神楽とは思えない優しい言葉……
 「だから、もう止めようぜ……映画も七時からでいいよ……私が頑固すぎたな……」
 「え……あ……ほ、ほんとに……?」
 「ああ、さあ、榊……ホラ……」
 神楽の手……私を殴った手……柔らかくて、温かかそうで……これが……これが……

 これが 神楽の 勝利の方程式か !!

 「その手は、私を殴るためのものだああぁぁぁぁ!!」

 ――バッ

 榊は座りこんだ姿勢から神楽の手の右側に寝転び、横たわる姿勢から左足を瞬間に神楽の胴に蹴り込んだ。

 ――ガッ

 胴に完全にヒットしたかと思える速さだったが、すんでで神楽の腕にガードされた。
 「流石に……引っかかんないか。」
 「くっ……! まだだっ……!!」
 榊は身体を捻らせて、負傷している右足で、神楽に蹴りを放った。


186 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/19(月) 22:06:47 ID:FOsSImGA
 「フン……まだまだ楽しませてくれそうだなっ!! でもな、榊。それは完璧なチョイス・ミスだぜぇ!!」
 神楽は榊の右足の蹴りを垂直飛びで完璧にかわした、さらにそのまま榊の空を蹴った足を捻り上げて「四の字」を作った。
 この状態から繰り出されるべき技はわかりきっているであろうが、それが盲点だった。榊はプロレス技になど詳しくはないのだ。
 「くっ……!!」
 案の定、榊は身をおこそうとして腕に力をいれて身を持ち上げた。だがそのタイムロスの間に神楽は左足を榊の股にねじこみ、榊の左足を下に、腰をおろした。
 「……地獄の痛みだ!! 榊、終わりだっ!!」
 「……!?」
 まだ自分の置かれた状況が確認出来ていない榊は、不幸にもまだ上半身を起こすことに神経をとられていた。
 神楽が右足を榊の太ももにかけた……!

 ――ズキィ!!

 「あっ!! !?……うあぁ……あああああぁぁぁぁ!?」
 「分かる」読者はあの描写表現文だけでも、もうなんの技かおわかりであろう。通常の戦闘であれば、成功させるのは確実に超高難易度である「足四の字固め」である。
 体験したことがあるならすぐにわかる「数十秒と耐えられない痛み」が下になる足の膝から脛にかけて走る。体験したことのない人間にとっては驚異的な痛みだ。
 榊は、後者である。
 「うああああ!! ああっ!! ……うっ……ううっ!!」
 ひ……膝が……脛が……ああっ……!! な……こんな……なぜ痛いのかわからない……なんて……でも……痛い……!!
 私の足が悲鳴をあげて……きしんでいるっ……!! 耐えきれない!! 耐えきれ……なあああぁぁぁ!! ど……どうにかしないと……どうにかしないとっ……!!
 「榊……痛いだろ……? どうしようもないくらいにさぁ!! アハハハッ!! 楽しいねえ!!
 こうやって……いつも無口で……私の話なんか聞いてんのか聞いてないのかわかんないようなアンタがさ……私の技で、嫌でも私を認識しなきゃならない状況ってのはさっ!!」
 ここにはロープもないし、止めてくれる審判もいない……この状況からの返し技はねえ……だからよぉ……榊に……
 私のだ〜い好きな榊に……激しくて死ぬくらい……私の存在を……浮き出して魅せれるんだ……!! こんなチャンス二度とねえだろうから……そう簡単に止める気はねぇぜぇ!

187 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/19(月) 22:10:48 ID:FOsSImGA
 さあ……哭いてくれよ……!! 私を嫌と言うほど感じて、榊の憐れな哭き顔で私を魅せてくれよ!!
 「あ……うううううう……!! えあぁぁぁ!!」

 確かに、確かに返し技としてメジャーなのは、足四の字をつくられる前に両足を相手の首筋にかけて上体を持ち上げヘッドシザーズをかけること。
 または、四の字にした股に相手が足を入れる瞬間に、相手の膝に体重をかけて折り曲げ、そこからSPH(スモールパッケージホールド)をかける、など随分ある。
 しかし神楽は知らなかったのだ。マイナーながらも足四の字固め完成時に返し技があることを。

 「うぁ……はぁああぁぁぁ!!」

 ――グルンッ!!

 「え、あ……あ……!? ぐっ!! な! なんだ!?」

 それは、反転だ。
 やってもらえば分かるが、足四の字固めの状態から反転すると、完全にダメージが相手にいくのだ。マイナーな技法なのは、それ自体が難し過ぎるからだ。しかし完璧な有効打である。
 榊が知っていてやった訳ではないが、神楽がこの逆関節技を知らなかったために決まったのだ。
 「痛っ……!! ああっ……!! いてぇよ……!! クソッ!!」
 「……? 痛みが和らいだ……これは……逆に……?」
 「クソォォ!! あっ……まさか……ここまで読まれてたなんて……榊!! 笑ってんだろ……くっ…… あからさまに引っかかった私を……!! 悔しい!! うううぅ悔しい悔しい悔しい!!!!」

 「うああああああ!!」

 ――バッ

 逆関節がほどけた。二人とも攻撃体制に入った。しかし同時ではなかった。

 ――グッ!!

 ダメージから一瞬反応の遅れた神楽の腹に軽い蹴りが入った。身体が反応していなかったために、神楽は腹に力を入れた。だが、力を入れる必要などないくらい軽い蹴りだった。蹴りが主体ではないのだ。

 ――ガチ

 榊は蹴りを放った瞬間に軸足を神楽の後ろに回していた。その状態から……スリーパーホールドが決まった。無防備な首筋に決定的な決まり方だった。

 「神楽!! よくわからないけど! これで終わりだ!」

 《続》

188 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/19(月) 22:59:20 ID:FwMJntV/
テラカオスwww

189 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/20(火) 00:19:13 ID:/2wYOj6L
怪作キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!!
神楽が敗北をしるのか?

190 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

191 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

192 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

193 名前:あぼーん[あぼーん]:あぼーん
あぼーん

194 名前: ◆QoJQ6/LR8Q []:2006/06/20(火) 20:26:18 ID:++S8RI2k
と、おっしゃっているので、次スレを立てました

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1150799791/l50

以下この話題はこちらですることは、無用に願います

195 名前: ◆QoJQ6/LR8Q [sage]:2006/06/20(火) 20:27:40 ID:++S8RI2k
全く申し訳ない。切り替えを忘れてました
この件に関しての苦情も含め、上記スレでお願いします

196 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/20(火) 22:36:21 ID:0fCrpSx3
http://rummying.notlong.com

197 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/23(金) 01:29:07 ID:7YvoTm73
すみませんが青い人と一連の流れは関係ありますか?

198 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/06/27(火) 21:29:56 ID:LT1S0bCU
あげ

199 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 16:17:11 ID:4sgnybJ1
おたのしけの荒らし以来すっかりさびれたな

200 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 16:32:53 ID:IYzl6Vc4
>>196-199のレス間隔が尋常じゃない

201 名前:Fight club 下 中編[sage]:2006/06/29(木) 18:19:27 ID:reqY3sBc

 主に、スリーパーホールドなどの急所を絞圧迫する技は返し技と呼ばれるような技が存在しない。完全に決まった場合は、たとえ勝負開始十秒の時点であっても、勝敗が決定するような技だ。
 さらに、動脈静脈を圧迫する絞め技は決まってから時間が経過すればするだけ、脱出が困難になる。頭が熱くなり、正常な判断ができなくなるからだ。
 それらの知識を備えた上でも、生半可な運動能力や状況把握能力では脱出はおろか、反撃もできないまま負けることになる。

 「か……かはっ……あ……ああっ……」
 神楽の顔に血管が少しずつ浮き出てきたのがわかる……首には脳に血液を送るための、重要な動脈がある……今絞めているのはそこなんだ……!
 もし脳に血液がいかないまま一定時間以上経過すれば……神楽は……死ぬ……!!

 神楽は必死になって榊の腕にしがみつき腕をほどこうとするが、それこそが一番の時間の無駄なのだ。
 背の高い相手にスタンディングでの首絞めをかけられた場合、技をかける側、つまり相手は力一杯絞めようとして足を突っ張るようにするのだ。
 即ち相手より背が低い場合は首から上が持ち上げられる形になるため足元が安定しなくなる、そのため相手の絞める力以上を出して腕をほどくのは非常に困難なのだ。
 「……もう君の敗けは決まった……! 早く降参するんだ……そうでないと……そうでないと私は……」
 「あ……あがっ……!」
 そうでないと私は……

 私は 神楽を これ以上ないくらいの笑顔で 絞め殺してしまうよ……?

 「あっ……はっ……うう……ううううううっ!!」

 ――ガリッ

 「……!」
 榊の白い透き通るような腕から、真紅の血液が流れ落ちた。神楽が爪でひっかいたのだ。しかし、それはなんの効果もなかった。それどころか、逆に自身を窮地においやった。

 そっか……これが神楽の返事なんだ…………すごく…………すごく…………すごく嬉しいよ……!!

 ――ギィィィ!!

 「あっ……あ……」

 首の血管が露に浮き出ている。完全に誰がみても生命に関わる状況であることはわかる。しかし榊は気が付かなかった。取り返しのつかなくなるようなことを自身がしていることに。
 「は……はっ……かき……あ……ああ……」


202 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 18:20:37 ID:reqY3sBc

 死ぬ……死ぬよ……死んじまうよ……もう……榊……でも……

 死ぬより怖いのは……負けることだ……死ぬなんてことは負けることのおまけみたいなもんだ……怖い……負けるの……怖い……

 私が……今……私……あ……

 ――ダラン

 神楽の手が力なく垂れた。

 しかし

 それは

 負けを意味する行動ではなかったのだ!!

 ――クニュ

 「!……ひゃあ!!」
 榊の身体に電流が走った。脱出できるほどではないが、確実に神楽が意識を取り戻せる程度まで、腕の力が弱まった。

 神楽は自身でも持て余すくらいの闘争本能から、相手の身体で唯一防御されていない正中線上の急所を探り当てたのだ。

 頭が重なり攻撃不可能な眼球と眼球の間の鼻骨上部、同じく頭が重なり攻撃不可能な鼻下から上唇の間、陣中、背面なため攻撃不可能な横隔膜の下、みぞおち……

 しかし、完全な防御がないのと同じく、どんな姿勢でもどこかに隙は必ずあるものだ。この場合、急所中の急所、股間の性器である。殴るに及ばず、ながらも完全な逆転が可能。

 《続》

203 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 22:21:04 ID:IYzl6Vc4
次でやっとエロに入るようですね。乙

このスレも静かになった

204 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 23:23:45 ID:gWMs5+CP
>>199
まったくだ。ゴミSSしか来なくなったし。

205 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/29(木) 23:57:38 ID:IYzl6Vc4
ところで、このスレの元来からの住人はお(ry氏のSS自体は評価してるのか?
……評価してたら>>204みたいなレスをつける人はいないだろう、というのは置いといて。

206 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/30(金) 00:00:02 ID:y7wpUS+E
>>205と、別人のフリをしてマンセーくれくれの臭の(ryちゃんでした


207 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/30(金) 00:11:06 ID:y/N/NBSD

久しぶりにVIPからきますた
今北産業

208 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/06/30(金) 04:52:45 ID:bwY5w7qt
>>207
こなくていいよ帰れ

209 名前:埋め立て傑作選[sage]:2006/06/30(金) 05:05:36 ID:oo53dHtU
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/url.html?u=http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1142338260/
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/url.html?u=http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/ (その6)

210 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/02(日) 02:00:25 ID:BhTQE3ci
一歩一歩着実にssを書き進めていることに関しては、
当然評価に値します。頑張ってください。
まあギャラリーは少ないけどね。

211 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/02(日) 21:45:10 ID:KdU7mqLG
>>210

神楽「なあ……これって……? 良い意味での評価なのかな……?」
榊「うん……レスをしてくれるだけでも、読んでくれてる人が、いるってことだから……」
神楽「そっか。しかし、いつまで続くんだろうな……?」
榊「……?」
神楽「殴りあいだよ。私と榊の。」
榊「……多分、次からはエロパロらしく、エロになると思う……その兆候もでている……」
神楽「……そっか。」


榊「……」
神楽「……」
榊「……」
神楽「……なあ」
榊「ん……?」
神楽「あの言い方はどうかと思う。」
榊「……ちょっと反省してる……」

212 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/03(月) 21:42:52 ID:4EwL906f
あずまんが大名
ttp://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-1051.html


213 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/06(木) 00:54:44 ID:xOP61zVt
保守

214 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/09(日) 23:33:14 ID:n8B4H9ft
平和

215 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/11(火) 21:10:40 ID:Q+8DoIzt
一時期の波乱が嘘のように平和になった…
だがもうかつての賑わいは戻せない

悲しい話だ

>>202
早く続き書いてーーー

216 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/12(水) 21:09:28 ID:8H88C4kY
緑一色

217 名前:ちょっと失礼、続きだが[sage]:2006/07/15(土) 02:33:21 ID:ba65NyBr
もう忘れてるかもしれんが……

Fight club


 「ふあぁ!! ……あ……」

 どうしてこんな簡単なことに気付かなかったのか神楽は自分自身に疑問をもった。苦痛、激痛、陵辱を持ってしても日本に存在した隠れキリシタンを服従せしめることはできなかったではないか。
 強く堅い意思を持った人間を服従させる方法としてなによりも有効に見えて実はそうでない拷問。力で人の心を変えることはできないということを立派に地の文として認識させる証拠だ。
 では、憎しみの苦痛が心変わりに最も適切でないとするならばその反対を行けばよいのだ。つまり、愛のある快楽である。なにより束縛に縁のないような言葉だが、それが定理であり勝利の方程式だ。
 「あむぅ……まふぅ……」
 力が緩んだ榊の手をかいくぐるようにして神楽は半身を翻し向き合う形をとった。そのまま榊の秘所を愛撫し続けた。
 「榊……気持ちいい……?」
 荒く息を整えながら自分がなにをしているのか考察した。まさにナニをしてるのだが。
 「あ……こ、こんな……な……なにをしてるか……わかってるの……?」
 「正直に言うよ、私は榊に勝てない。暴力じゃな。」
 「あ……ふぁ……?」
 「だけど私でも榊にかてるかもしれない、それがこれだ!」
 神楽は榊の秘所に指し込んだ指をくっと鍵状に曲げた。
 「あっ!! っく……あああぁぁ!!」
 
 「ハァ……ハァ」
 「あ…………ハァ……」
 
 「……アハ」
 戦いの火蓋は千切りおとされた。
 榊がふと腰をおろしたかと思った矢先にパワーボムの要領で神楽の股間に口をつけ、中空にあげたまま、おもうがままに舐め始めた。
 「!……うあ……」
 「むーむー」
 榊はそのまま神楽を押し倒したと思った矢先に作者が言い放った!!
 「ネタが思い付かん!! 続く!!」
 と……
 (もし保管庫に入るならここは切ってほしいなぁ)

218 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/15(土) 18:54:14 ID:WBghOtIM
忘れちゃいないからのんびりやってくれい。

219 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/15(土) 19:36:55 ID:uxHvJiKD
ゴミSS乙

220 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/15(土) 21:33:49 ID:9ah+E4zP
> 榊はそのまま神楽を押し倒したと思った矢先に作者が言い放った!!
>「ネタが思い付かん!! 続く!!」
>と……

こういうことは書くべきではない。揚げ足を取られるから

221 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/15(土) 22:23:54 ID:lg7ZW3UC
あげ

222 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/15(土) 23:38:33 ID:b3tDmyfa
>>221
糞スレあげんなカス

223 名前:m9(^Д^)プギャー!! [sage]:2006/07/16(日) 01:02:06 ID:yTYv3ewt
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1150799791/67-178

224 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/16(日) 06:28:04 ID:vReS1Ocr
./:::::r‐‐i::::ト:::ト::::::ヽ
lイ::::ハト、_l;ム|ヘ|´V::::::!
〈/リ|,-―  ―-、}:_:::|
. 〃//////////:|fV
 八 r一'´ ̄ヽl::::レ′
 |::::l`ド ー一彳!:::|
/:::://゙゙゙|::ハ::|、;ム::::ヽ
lイ:!::|リ`ヽl/-ヘ「| |::::::|
.|/リ|'´ ̄   ̄``}:rヘ|
 〃 "_"_",.".、" /:レ′
 l::ゝ、L___},f::::|
 |::::| `    ´|:::::|
 /:::::::::::/''''''''i:::::::::::|ヽ:::ト、:::::::::ヽ
/:;イ::::::/l/、   |:::∧::レヘ|´ヽ::::::::::::!
|//:;イ::|  `ヽ、」/ -ヘ!    |ヘ:::::::::|
 |/ l'|:| ,-――   ――‐-、 }:_::::::|
   {j:ノ//////// /:|/ヽ:|
.  〃            /:::|::: |/
  八   r―― '´ ̄`ヽ /:::::|- '
  |:::::ヽ L _    __ノ|:::::|
  !:::::::| `丶   ̄ ̄ イ |:::::::|
 /:::::::::::::::::::::/''''''''i::::::::::::::|、:::::::ト、:::::::::::::::ヽ
/::;イ::::::::::::/|:::/   |::::::∧::| ヽ::::|__ヽ::::::::::::::ヽ
|/ ノ::::::::::/ |;:へ、   |:::/ ';::|/∨  |::::::::::::::::::!
l /::::;ィ::;::| l   `ー |/ ーヘ|     l∧:::::::::::::|
 !::/ |/|::| ,. -――‐   ―――--、 |:rヘ:::::|
 l/  /|::|///////////|::|レ }:::|
    7:////////////|:::|::: |;ノ
   /:{         ___     /::::|::: /
   /::ヘ   f ̄ ̄ ̄    `ヽ  /:::::::|‐'′
   |:::::::ヽ、 |           } |:::::::::|
   |:::::::::::| \ ̄` ー-----一',´ィ|:::::::::|

225 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/16(日) 18:18:53 ID:7k2p55al
昔は良スレだったのに・・・

226 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/19(水) 22:20:30 ID:bTUP+AYa
お師さん…
もう一度あの…よみともを…

227 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/20(木) 01:25:39 ID:B2luKyyU
関係ないスレ荒らすなや、あずまんがヲタのクズども

228 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/20(木) 01:49:01 ID:wmCt952W
おいらも、よみともを読みてぇだ…
職人さんはもうおらぬのか?どこか新天地におるのか?

229 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/20(木) 02:47:47 ID:RpfeEA7a
今は演劇の台本書いてます。それ系のサイトに登録・投下も。
気が向いたらこっちにも書きます。
ただ九月が本番なので、夏はちょっと無理かも。

230 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/20(木) 14:04:29 ID:rBuefwLp
おらはよみさかとかさかちよとか

もうそろそろかいたくしてぇだ

ぜずさま……この すれは いんへるのだでぇ

231 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:54:05 ID:hqJNWVFx
あずまんがスレのみんな!ボクこんなに迫害されてるよ!!
良SSをたくさん投下してやったんだから、一緒に猟奇スレを荒そうよ!!

臭のしけ ◆FqzSak5tNk 様より

\__________________________/
              V
   
       彡萌えBBSミ
       川川 ::::::⌒ ⌒ヽ  
      川川::::::::ー◎-◎-)
      川(6|::::::::  ( 。。)) 
    ._川川;;;::∴ ノ  3  ノ    <反撃しやがって〜ちくしょ〜
  /;;;:::::::::::::::\_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       
 /::::  /::::::::::::    |::::|
(:::::::: (ξ::  ・ ノ::・/:::|
 \::::: \:::::::   (::: |
 /:::\::::: \:::    ヽ|
/::::   \::::: \::: ヽ )  〜
|::::::::::::::::  \::   ̄ ̄⊇)__  〜
|:::::::::::::::::::  \;;;;;;;;;;;(__(;;;・)  〜
\::::::::::   ξ(;;; );; )      〜
  \::::::::::::    ) )  〜
    ):::::   //

232 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:56:22 ID:0NfCusCg
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

233 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:56:52 ID:0NfCusCg
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

234 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:57:23 ID:0NfCusCg
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

235 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:57:55 ID:0NfCusCg
        / ̄ ̄ ヽ,        _/\/\/\/|_
       /        ',       \          /
    (ヽ  {0}  /¨`ヽ {0}, /)   <   バーカ!  >
   (((i ) l   ヽ._.ノ   ( i)))    /          \
  /∠ ノ   `ー' _ゝ \     ̄|/\/\/\/ ̄
 ( ___、       ,__ )  
     |        /                 
   三 |       /
     |   -―'' ̄ ̄ ヽ
      ゝ  __,,-―'、 \
三 __/  /        \ \_/|
/ __ _/          \_'丿

236 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:58:26 ID:0NfCusCg
これがVIPクオリティだ!
                 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                  ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
     ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ,.〜^,.〜^,.〜^..〜^      ザッ
                   ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                , '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ
ザッ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ザッ
        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \    / /" `ヽ ヽ  \    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ //, '/     ヽハ  、 ヽ //, '/     ヽハ  、 ヽ
    〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
    レ!小l●    ● 从 |、i| レ!小l●    ● 从 |、i| レ!小l●    ● 从 |、i|
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
 /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
 \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│:;::::| l>,、 __, イァ/  /│:;::::| l>,、 __, イァ/  /│
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | ::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | ::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
  `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
「VIPからきますた」「VIPからきますた」「VIPからきますた」「VIPからきますた」

237 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 14:58:58 ID:0NfCusCg
m9(^Д^)プギャー!!

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1150799791/67-178

m9(^Д^)プギャー!!

p25051-adsao01tenjmi-acca.fukuoka.ocn.ne.jp
93.CH338.cyberhome.ne.jp

m9(^Д^)プギャー!!

あずまんが大王のエロいのないんかねぇ-10-
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/url.html?u=http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1142338260/
臭のしけ=他人の設定を使うN
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/url.html?u=http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1149362315/ (その6)

238 名前:ゴキのしけ[]:2006/07/20(木) 14:59:38 ID:0NfCusCg
       、       /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iカ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iカ
        iサ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    fサ
         !カ、._  ,=ゞiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!! __fカヘ.
       /  `ヾサ;三ミミミミミミ彡彡彡ミヾサ`´ 'i、          <チクショー、くろまんがめ
       i'   ,._Ξミミミミミミミ彡/////ii_   |
       |  ;カ≡|ヾヾヾミミミミミミ、//巛iリ≡カi  |
        |  iサ  |l lヾヾシヾミミミミミ|ii//三iリ `サi  |
       |  ,カ ,カll|l l lヾリリリリリ川川|爪ミミiリllカ、カi  |
        |  ;iサ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ サi サi  |
        |   iカ ;カ, |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ ,カi カi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,サi サi  |
       |  iサ ;iカ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,カi :サ、 |
       ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,サi `ヘ、
      ,√  ,:カ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ  ,カi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,サi
         ;カ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,カi
         ,;サ,   |彡彡ノリリリリミミミシ    ,サi
        ;メ'´    i彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

239 名前:ゴキのしけ[]:2006/07/20(木) 15:00:09 ID:0NfCusCg
       、       /⌒ヽ, ,/⌒丶、       ,
       `,ヾ   /    ,;;iiiiiiiiiii;、   \   _ノソ´
        iカ /    ,;;´  ;lllllllllllllii、    \ iカ
        iサ'     ,;´  ,;;llllllllllllllllllllii、    fサ
         !カ、._  ,=ゞiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!! __fカヘ.
       /  `ヾサ;三ミミミミミミ彡彡彡ミヾサ`´ 'i、          <チクショー、くろまんがめ
       i'   ,._Ξミミミミミミミ彡/////ii_   |
       |  ;カ≡|ヾヾヾミミミミミミ、//巛iリ≡カi  |
        |  iサ  |l lヾヾシヾミミミミミ|ii//三iリ `サi  |
       |  ,カ ,カll|l l lヾリリリリリ川川|爪ミミiリllカ、カi  |
        |  ;iサ,サ |l l l リリ川川川川|爪ミミiiリ サi サi  |
        |   iカ ;カ, |l l リリリリ川川川川l爪ミミilリ ,カi カi  |
       |  iサ ;サ, |リ リリ川川川川川l爪ミミiリ ,サi サi  |
       |  iサ ;iカ, | リ彡彡川川川川|爪ミミiリ ,カi :サ、 |
       ,i厂 iサ, |彡彡彡彡ノ|川川|爪ミミリ ,サi `ヘ、
      ,√  ,:カ, |彡彡彡彡ノ川川|ゞミミミリ  ,カi   `ヾ
     ´    ;サ,  |彡彡彡彡川川リゞミミリ  ,サi
         ;カ,  |彡彡彡彡リリリミミミシ   ,カi
         ,;サ,   |彡彡ノリリリリミミミシ    ,サi
        ;メ'´    i彡ノリリリリリゞミミシ     `ヘ、
       ;メ      ヾリリリリノ巛ゞシ       `ヘ、
      ;メ        ``十≡=十´         `ヘ、
                 ノ    ゞ

240 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:01:58 ID:vfxc/i7t
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

241 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:02:29 ID:vfxc/i7t
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

242 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:03:00 ID:vfxc/i7t
       /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (:::::::::::::::::::::::萌えBBS:::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ      
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |  <僕の巣窟を荒らすなんてキチガイだ!
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)  <みんな僕のやっている事は正しいと認めてくれてる!
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;・:・。o )   <みんな僕にほれているんだろう?
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)    
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |




                         臭のしけ(ヒキコモリ F県在住)粘着キモヲタ

243 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:03:33 ID:vfxc/i7t
771 :名無しさん@ピンキー:2006/05/19(金) 01:19:54 ID:1d0CvrVf
>でも粘着しているbbsで自分から「ひきこもり」だとカミンガウできるのは凄いよな。ある意味。
>慰めてもらいたかったんだろうか??

負け犬同士で傷を舐めあうのは優しい気持ちになれていいのかも。。

778 :名無しさん@ピンキー:2006/05/20(土) 00:05:45 ID:eIdLlhh+
>>771
そうか。だから巣(×えBBS)を攻撃されたとき、例のヒキ君は怒り狂って粘着に走ったのか。
あれはキモ男がやっと見つけた安住の地を荒らされた怒りだったのか。

780 :名無しさん@ピンキー:2006/05/20(土) 07:14:14 ID:QeuJe2Mi
>>778
大変なんだね粘着キモヲタ君は……
ネットの掲示板くらいにしか友達がいないからだよね。可哀想……。

781 :名無しさん@ピンキー:2006/05/20(土) 14:28:20 ID:vLKkSJUA
ぶ×の××君、こんな所で工作していないでいい加減社会復帰しなさい。
両親が死んだらどうするんだね?マジメな話脱ヒキを考えたほうが良い。
オナニー掲示板で「ひきこり同然なんだ」とか同情を引いている間に、皆どんどん前に進んで行ってるんだよ。

789 :名無しさん@ピンキー:2006/05/22(月) 00:16:13 ID:j9Bc4GhL
ヒキってキモい。臭そう。
自分からヒキなんだってネットで告白できるなんてスゲエな。
漏れだったらそんな情けないこと言うくらいなら自殺するがw
だって自分で自分は社会不適合で臭くてブサイクでイジメられてて学校から逃げて家にひきこもった
頭もさしてよくない親に寄生しているへたれのキモヲタのクズですって宣言するようなもんじゃんw
しかもHNつきで・・・
どういう神経してんだか。
そんなゴ身分でオナニー掲示板で偉そうな能書きたれるんだから笑わせるよな。
まさに恥知らずの極みw

244 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:04:04 ID:vfxc/i7t
805 :名無しさん@ピンキー:2006/05/23(火) 06:04:47 ID:PrHUDMaS
臭のしけたん必死になってかわいそう・・・
臭のしけたんがヒキコモリのキモヲタから脱出するために何かできないでしょうか?
たとえ彼がどんなどうしようもないクズでも諦めず面倒を見てやりたいんですが。

806 :臭のしけLOVE:2006/05/23(火) 06:08:48 ID:PrHUDMaS
>ヒキってキモい。臭そう。
>自分からヒキなんだってネットで告白できるなんてスゲエな。
>漏れだったらそんな情けないこと言うくらいなら自殺するがw
>だって自分で自分は社会不適合で臭くてブサイクでイジメられてて学校から逃げて家にひきこもった
>頭もさしてよくない親に寄生しているへたれのキモヲタのクズですって宣言するようなもんじゃんw
>しかもHNつきで・・・
>どういう神経してんだか。
>そんなゴ身分でオナニー掲示板で偉そうな能書きたれるんだから笑わせるよな。
>まさに恥知らずの極みw

どうしてそんな酷いことを言うんですか!
臭のしけちゃんがかわいそうでしょう!
たとえ素人童貞で臭くてキモいヒキヲタのブタのしけちゃんでも人から認められたいし、優位に立ちたいんです。
現実でみんなからバカにされている臭のしけちゃんはネットでくらい「勝た」ないと壊れてしまうんです。
だから臭のしけちゃんに謝ってください!



245 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:04:35 ID:vfxc/i7t
前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2006/07/19(水) 21:13:52 ID:P3Yi6leh
819 :名無しさん@ピンキー:2006/05/25(木) 01:45:21 ID:yyPXBLD2
>どうしてそんな酷いことを言うんですか!
>臭のしけちゃんがかわいそうでしょう!
>たとえ素人童貞で臭くてキモいヒキヲタのブタのしけちゃんでも人から認められたいし、優位に立ちたいんです。
>現実でみんなからバカにされている臭のしけちゃんはネットでくらい「勝た」ないと壊れてしまうんです。
>だから臭のしけちゃんに謝ってください!

そうだよなあ。確かにこれ以上ツツカれたら臭のしけちゃんマジで変になっちゃいそうだ。
佐賀県佐賀市の十七歳や小○薫の実例もあるし、止めといた方が本人の更生と社会の安全のためではある。
ま、手遅れかもしれんけど。


820 :名無しさん@ピンキー:2006/05/25(木) 08:02:20 ID:5aQy2iM1
ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-29,GGLD:ja&q=%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%80%80%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92
付近の住人で小さい子供がいる家庭は気をつけたほうが良いかもね。
小さな女の子とか、マジで心配だ。



246 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:05:06 ID:vfxc/i7t
<ヽ`∀´><手段を選ばないかなりの危険人物なんで注意してください
とにかく妙な動きは全スルーでお願いします

659 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 10:00:35 ID:4L9YOMbu
>>649
<ヽ`∀´><何で話題が変わろうとしているのを無視して自ら「スルーする」とか言っときながら
そこまで感情的になって過剰に擁護するかなぁ…。
お前みたいなのが>644以上にタチが悪いって事を自覚した方がいいよ。

660 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 11:57:23 ID:hSvwjh9O ←注目
全くだ…。コイツこそ中立を装った荒らしだろってヤツ。

<ヽ`∀´><まあ何だ
策士ぶってるわりには本当にやることの底が浅いよなぁこの人は……

どうか皆様もお気をつけて (←荒らしの自覚無し)

247 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/07/20(木) 15:05:36 ID:vfxc/i7t
\__________________________/
              V
   
       彡クソのしけミ
       川川 ::::::⌒ ⌒ヽ  
      川川::::::::ー◎-◎-)
      川(6|::::::::  ( 。。)) 
    ._川川;;;::∴ ノ  3  ノ    <反撃しやがって〜ちくしょ〜
  /;;;:::::::::::::::\_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       
 /::::  /::::::::::::    |::::|
(:::::::: (ξ::  ・ ノ::・/:::|
 \::::: \:::::::   (::: |
 /:::\::::: \:::    ヽ|
/::::   \::::: \::: ヽ )  〜
|::::::::::::::::  \::   ̄ ̄⊇)__  〜
|:::::::::::::::::::  \;;;;;;;;;;;(__(;;;・)  〜
\::::::::::   ξ(;;; );; )      〜
  \::::::::::::    ) )  〜
    ):::::   //

終了wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


248 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/21(金) 01:09:45 ID:eBPnSi5P
>>229
気が向いてくれよー

249 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/21(金) 23:29:06 ID:Vm0lGOke
>>229
わざわざ自分が戯曲書いてるってアピるのが痛々しいんだよな。
職人のつもりなら黙って投下すれば良いのに。
自分はモノホンの脚本家様デスって自慢したいのだろうか?

250 名前:( ´,_ゝ`)[]:2006/07/21(金) 23:38:27 ID:S51qruvY
198 名前: 名無しさん [sage] 投稿日: 2006/07/20(木) 22:50:19 HOST:p001053.ppp.asahi-net.or.jp
>>194追加分です。

http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1143480925/425
428,431,443-449,453,455,464,485-496,502,517-518,523-525

削除理由
4.投稿目的による削除対象(第三者を不快にするAA・発言)
5.掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿(故意にスレッドの運営・成長を妨害)
6.連続投稿・重複(コピー&ペースト)

相変わらず、ウイルス荒らしが頻発しています。
このままですと荒らしによってスレ容量が満たされかねない為、再発予防措置も
考慮に入れた上で削除をお願いします。

199 名前: Ralph_Sg 投稿日: 06/07/21 00:42 HOST:gate217.bunbun.ne.jp<8080><3128><8000><1080>
削除対象アドレス:
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1149219489/227
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1149219489/231-247

削除理由・詳細・その他:
 以下のガイドラインに抵触すると思われる為。

>4. 投稿目的による削除対象
>第三者を不快にする暴言
>5. 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿
>レス・発言
>故意にスレッドの運営・成長を妨害していると判断した場合
>6. 連続投稿・重複
>連続投稿・コピー&ペースト
>連続投稿で利用者の会話を害しているもの
>アスキーアート
>不快感を与えるのが目的なもの
>荒らしを目的としていると判断したもの
200 名前: Ralph_Sg 投稿日: 06/07/21 00:51 HOST:gate217.bunbun.ne.jp<8080><3128><8000><1080>
削除対象アドレス:
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1111236114/830-831
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1111236114/833-843

削除理由・詳細・その他:
 以下のガイドラインに抵触すると思われる為。

>4. 投稿目的による削除対象
>第三者を不快にする暴言
>5. 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿
>レス・発言
>故意にスレッドの運営・成長を妨害していると判断した場合
>6. 連続投稿・重複
>連続投稿・コピー&ペースト
>連続投稿で利用者の会話を害しているもの
>アスキーアート
>不快感を与えるのが目的なもの
>荒らしを目的としていると判断したもの

251 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 00:24:14 ID:wXld2deu
>>249
誘い受けみえみえのカマってちゃんだから放置しる。
どうせこういうのに限ってクズSSしか書けないんだから。

252 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 00:27:43 ID:LkQDu7VX
IDが変わるまで1時間もよく我慢できたね

253 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 01:33:08 ID:dE6p/yDA
>>251
249は明らかな荒らしなんだから放置しときなさい。
それが彼にとっても一番いいことです。
もう少しキツイことをいうと、同じレベルになってますよ。

254 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 02:16:34 ID:4k+v6t6j
いや、実際こーいう>>229モッタイブッタ香具師はいらんよ。
空気変えるためのつもりか知らんが、ウザすぎる。

255 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 03:42:49 ID:wTApnYoY
>>254
同意

256 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 06:40:11 ID:EGzwsIgo
>>229
自分の事をアピールするのが痛い

257 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 20:57:39 ID:9Bb1CASr
すっかりさびしくなったから
今までで一番の作品でも語りあわない?

俺はともともともかくともだち、てかタイトルからセンスがある

258 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 21:48:47 ID:VC5tcGgD
たぶんみんなよみともを言いそうだな……さかぐらが飽和しちゃった感が強いから。

私は「ばるばろ」。これがなかったら榊さん自体がこのスレに出てこなかったと思う。
まあ百合の方が好きだけど、例外的に。

259 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/22(土) 22:00:10 ID:XA8PRQIY
ばるばろってどういう意味だっけと一瞬思っちゃった
本当は作者のハンドルであってタイトルだったわけではないんだよね

260 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/25(火) 15:53:10 ID:/mc2WfjI
何か、これまで色々にぎわっていた事を思い出すのは
学生時代を思い出すような感じだな

このスレがいつか終わるのも本編が卒業式で最終回になったような感じなのかな…

261 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/26(水) 18:59:46 ID:CKkbG4T4
                  ___    ____
            ─=ニ二__   ̄ ̄ ̄
                      ̄ ̄ ̄"""'''''''''──
__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-  いつかのスレで出会ったあいつ
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-    元気にしてるかな・・・


                         ∧∧   _,,-''"
                       _  ,(ュ゚ /^),-''";  ;, '
                      / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;, ''
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,  '
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'


262 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/26(水) 19:30:41 ID:RF6XOn8g
「ばるばろ」って、その後音沙汰ないけど、ROMってたりしてたのかな?
もともとエロバロ板住人じゃないからなぁ・・・
まぁ漏れ的には「ちよぼく」とダブルで好き。



263 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/27(木) 12:43:15 ID:aE/VyRnA
阿部と榊はともかく印象に残ったな

264 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/30(日) 00:35:10 ID:bChv8kPm
なんていうか忘れたけど、智がよみと榊に「仲悪いの?」って聞くやつよかったな。
島崎くん、も好きなんだけ作者が作者だから……
それにしても保管庫更新されねーかな、まだ保管されてないやつもあるから評価しがたい。
一番好きだったのが、榊さんの誕生日を内緒で祝うやつなんだがまだ保管庫はいってない……

265 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/30(日) 02:39:28 ID:+4faqQXL
正直、補完庫の中の人よみとも重視してたろ。
表のSSも榊・神楽(百合に限らず)入れてないし、
さかぐらが始まってから途端に更新が鈍くなったし。

前々スレ辺りのさかぐらが読めない俺の愚痴でした。

266 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/30(日) 06:47:05 ID:lCRFr7Ms
>>264-265
まとめになってないけど
スレ読むだけならできるよ
http://pnoko.hp.infoseek.co.jp/azumap/zoneb/2006_07_01_archive.html

267 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/30(日) 07:17:54 ID:YgoM4ZV5
>>265
そりゃそうだとして、中の人だって人間だもの

268 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/07/30(日) 17:21:41 ID:TwQBCaqy
265がさかぐら専門にまとめればいいんだ!
オレ頭いいな

269 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/03(木) 23:51:31 ID:ke+e3pNg
みんなでwikiに残すなんてどうかな?

270 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/04(金) 00:34:02 ID:Rcy+zBwq
>>269
それ考えた
で、@wikiにアカウントとってみた。
スレが長いと保存出来ない致命的な問題がw
他にwikiのサービス試したことある人いる?

271 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/04(金) 21:58:00 ID:mfjO/OcV
>>270
そうなのか、俺はwiki詳しくないけど、保管庫からコピペしてあと残りの3、4スレは手分けしてやりゃ大丈夫じゃないかな?
涼宮ハルヒの憂鬱ネタの保管庫はかなりスレ多いけどやってるみたいだ。

272 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/04(金) 23:53:00 ID:Rcy+zBwq
保管庫の管理人さんって結局ボランティアじゃない?
その一人が飽きちゃうと保管庫停止しちゃうんだよね…
wikiだったら、複数人(のボランティア)で更新出来るから
保管庫停止状態にはなりにくい気がする、と思った

ハルヒの保管庫はwiki使ってるの?

273 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/04(金) 23:56:41 ID:Rcy+zBwq
ちなみに@wikiは、1ページ100KB制限ができた
一つのスレをまるっと保存(保管)はできなさそう

いまこのスレは272までで、173KB

274 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/08/05(土) 10:29:00 ID:1F1bfJfd
age

275 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/06(日) 00:43:14 ID:IUHEJ0+I
ttp://pnoko.hp.infoseek.co.jp/azumanga/tomotosuika.html

バカスwwwwwwww

276 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/06(日) 14:52:44 ID:pKM0P4wd
>>275
バカ過ぎwwwwwwww西瓜割り=破瓜ってwwwwwwww

>>272
エロパロのハルヒスレは使ってないが、VIPのプリンスレは使ってる

277 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/06(日) 21:25:25 ID:InyjQZm0
>>275
このスレでバカなこと言い合ってるレベルならともかく
何を真剣に言ってるんだコイツはw

278 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/06(日) 22:09:15 ID:IUHEJ0+I
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153914929/l50

榊さんにはこのバイトを紹介してさしあげたい

279 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/08/08(火) 16:50:48 ID:tiQmPsMy
榊には愛を

280 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/08(火) 19:45:20 ID:hjXE01yu
榊さん=可哀想萌え

281 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/08(火) 20:43:56 ID:nx6iO03o
マグネにて。

智「ねここねこセットをおまちー」
ちよ「ちがいますよー」
榊「……ありがとう」
ちよ「こちらでお召し上がりですねー」
榊「うん。……もぐもぐもぐ」
智「ところでさー、ネコって意外と美味しいよねー」
榊「……ぇ」
智「ネコ入ってんだ、それ」
ちよ「だから、ねここねこセットなんですよー」
榊「ウソだっっ!!!」



282 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/08(火) 22:37:52 ID:geAc3V8M
猫よりアメリカ産牛肉の方がずっと
ひく

283 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/09(水) 00:49:13 ID:l64/9mYo
ぺちぺちぺちぺち…
こねこねこねこね…
ぺちぺちぺちぺち…
こねねここねこね…

284 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/09(水) 18:06:25 ID:1BjCa9cs
絶 望 ハ ン バ ー グ 工 場

285 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/09(水) 20:35:00 ID:l64/9mYo
神楽「ともー」
智「ん、なんだいおっぱい(絶妙に韻をふみつつ)」

286 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/10(木) 15:46:09 ID:PgXX3lv1
ぺちぺちぺちぺち
こねこねこねこね

神楽「……あっ」

287 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/10(木) 23:57:59 ID:aitqaitK
智「……♪」

ぺちぺちぺちぺち
こねこねこねこね

神楽「あっ、やめっ、あっ」


288 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/14(月) 00:37:03 ID:Rxojdrkv
皆さん、好きなカップリングは?

289 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/14(月) 01:02:10 ID:q3w6vzor
にゃもXゆかりとか榊Xちよとか好きだな

290 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/14(月) 03:52:25 ID:qNu4Hbe+
さかぐらかおおかぐツツ

291 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/14(月) 06:42:48 ID:Rxojdrkv
>>289-290
伯●氏の出番ですな

292 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/15(火) 03:52:27 ID:0DWJbaWC
伯林

293 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/16(水) 20:55:10 ID:3Ba/iW7J
智×暦 大×ちよ 神×榊 俺の中ではボンクラーズは攻

294 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/20(日) 21:56:27 ID:9Imm+Uu5
攻め          受け    

大阪>ちよ>榊>暦>神楽


※智はジョーカーみたいなもので、大阪以上の攻めにも
 神楽以上の受けにもなれる。両極端。




295 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/22(火) 00:13:33 ID:GS5Gct9/
「ちよちゃーん。あんたお父さんと風呂入ってるクチ?」
「いえ、もう一人で入ってますよ」
「あはははーっ!! こいつお父さんと風呂入ってないのかよ」
「えっ!!」
「は?」
「父親と風呂に入るのはせいぜい小学生までじゃないか……?」
「うっそでー!! そんな親不孝な娘なんていねーよー!!
 だまそうたってそうはいかねー」
「うわマジだこいつ……」
「親孝行とお風呂に一緒に入るかどうかは別だ……」
「マジ? 一緒に入ってないの?」
「うん」
「な、なんだよ!! ファザコンじゃない!! ファザコンじゃないぞーっ!!」

296 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/22(火) 00:14:49 ID:GS5Gct9/
「よいではないかゴッコとかやらない?」
「やらねーよ」
「肩たたきとか、マッサージとかしてあげない?」
「そのマッサージって、どこをやるんだよ」
「そりゃ全身くまなく……」
「…………」
「あれ?」
「あ、あのさ、あんたのところの父娘関係ちょっとやばくない?」
「おや、よみさんたら、何を想像してますかー?」
「え、いや……」
「ふーん。さすが想像力豊かですねー」
「いや、違……ま、まあ、別にそんなおかしいことは無いんだろ……?」
「あたりめーじゃん」
「そうだよな、いくら何でも、そーゆーんじゃねーよなあ」
「せや。そもそも父娘仲がええのはええことやもんなあ」
「そーゆーことだよよみくん。まったく失礼しちゃうよなー。
 せいぜい素股止まりに決まってんじゃん」
「えっ……!!」
「は?」

297 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/22(火) 07:06:45 ID:dt/ifvCK
最悪な父親だ。

298 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/08/25(金) 13:07:17 ID:U7OIYmUR
E~ne

299 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/26(土) 00:58:12 ID:8wWh69aU
こんなところに
http://www.geocities.jp/judge13th/o18/eroge.html

300 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/26(土) 01:02:45 ID:8wWh69aU
ttp://www.geocities.jp/judge13th/o18/cb/cb18.html
失敬。こっちだった。

301 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/28(月) 03:05:07 ID:puDXDJQB
ちよ「あの…」
榊「ん…?」
ちよ「ちょっと聞きたいことが…」
榊「うん」
ちよ「このまえテレビを見ていたらこういうCMがあったんです」

ttp://www.tenga.co.jp/column/bw_cm.html

榊「
ちよ「あの、これって……」




302 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/28(月) 03:26:08 ID:puDXDJQB
ちよ「榊さんって獣医さん目指してるんですよね、忠吉さんも同じことするんですか?
   あれって一体何をやってるんですか?」

303 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/30(水) 20:08:49 ID:K7qCvLU+
榊「あれは、好きな人同士がするんだ。いつかわかる・・・」
ちよ「じゃあ、私も榊さんが好きですからしてください!」
榊「!!」

304 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/31(木) 00:18:09 ID:YxWaNQ8Q
色を知る年齢(とし)か!! !

305 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/08/31(木) 22:20:39 ID:Tqph+GnH
榊「いや…女同しではダメだ…」 ち「え?!そうなんですか!?」 智「なに?なに?何話てんの!?」

306 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/01(金) 01:41:57 ID:xro++4d2
>>304
それなんて初期では散々息子を救えぬガキ扱いしておきながら
何だかんだで現在は結構親馬鹿な海原と微妙に被るツンデレお父さん?

307 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/01(金) 13:48:34 ID:ScwYKbCn
おいおい

308 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/01(金) 13:53:31 ID:ScwYKbCn
おいおいみんな見てみろw
萌えBBSのコテハンスレからバカのレス転載w

>669 :さかちー :2004/04/12(月) 03:07 ID:???
>ここで宣言しておきます。
はいはいなんですか?完璧な外野でくろまんがと同盟のテメーのレスなんざぁ
どうでもいいがね?
>俺はNが嫌いだ。
ハァ(゜Д゜)?
いきなり感情論宣言でつか?チラシの裏にでも書いてろ。

>わざわざ自分がNであるとわかる形でレスするのは、
>なぜ自分がコテハンの封印としばらくの断筆を
>言い渡されたのかわかっていないとしか思えない。
別に、私は「SS」を休むと逝っただけ。
コテハンを封印するなんて言った覚えないね。
一体何を聞いてた?ねぇ、君本当に人の話聞く気ある?(523のマネw

>「他人の設定を使うN」に聞きます。
はいはいなんですか?
それと私の名はMAD WRITER様だよ。
日本語分かる?キャンユウアンダースタンド?
>あなたは、自粛という行為の意味をわかっていますか?
つ辞書
>それと、まずは>>667に従うことをおすすめします
やだね。何で偏って偏ってメビウスの輪状態になったキサマの脳みそに
この私様が何故従わなきゃいかん。
今見ているなら出てこいよ、答えろよヴァカちー。
答えられなきゃ私様の勝利とみなすぜ♪

309 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/06(水) 14:55:20 ID:KjpCu4W9
       _,,-'' ̄ ̄`-.、         /        \
       /        \      ,/           \
      ,/           \    /   ―  ―     ヽ
     /   ―  ―     ヽ   lヽ  - 、 ! , _     |
    lヽ  - 、 ! , _     |   |r――-、_⊥ ,――'-、 |,-,
    |r――-、_⊥ ,――'-、 |,-,  |::::::::::::::::/ |ヽ:::::::::::::::|-|'イ!|
    |::::::::::::::::/ |ヽ:::::::::::::::|-|'イ!|  ト、__,,/:  |: `、__,,/ ,|ソ/
     ト、__,,/:  |: `、__,,/ ,|ソ/  .|    、_ j| _,、     ,|-'
     .|    、_ j| _,、     ,|-'   |   /lll||||||||||l`、   ,|
     |   /lll||||||||||l`、   ,|     `i ,|||' ̄= ̄`|||、 / ト、
     `i ,|||' ̄= ̄`|||、 / ト、   「|ヽ|ll||||||||||||||||| /i |::::\
     「|ヽ|ll||||||||||||||||| /i |::::\ ::::::\`!!||||||||||||!!'   |::::::::\
    /:::::\`!!||||||||||||!!'   |::::::::::::::::::::::`ー-、.._ i     |::::::::::::::\
   /::::::::::::::`ー-、.._ i     |::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::`ー-、. |::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、. |::::::::::

                ロムッテロ兄弟
   ハントシー・ロムッテロ       ハンツキー・ロムッテロ
    1952〜  アメリカ          1955〜 アメリカ


310 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/11(月) 06:51:13 ID:JJ/GpsWp
>>305
ちよ「女同士だとできないらしんですよー」
とも「へー、何が・・・

(しばらくおまちください)

榊「いけないことだ」
とも「・・・女同士でやっちゃうのはダメですか・・・?」

311 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/14(木) 21:39:39 ID:E1eDsRFG
オリコンシングルチャートで初登場第2位を獲得し、
大進撃を続けるなまこシーサーのCMソング「なまこ・なまこ・なまこ」が、
今回のCD満足度ランキングで、なんと最下位となった。
この曲は小学生・ミルチーとユカの女の子ユニットが、
3番まである歌詞を、頭にビッグサイズのなまこを被りダンスにあわせて歌う。
一度聴いたら忘れられないメロディと、
シーサーちゃんを黒いなまこが包み込んだ、なまこシーサーが“キモかわいい”と評判になり、
昨年CMが話題となった。
当初、なまこシーサーの携帯ストラップがついた初回限定盤は、
2万枚を予定していたが、8万枚に追加。
当のレコード会社もこの大反響に獅子舞ならぬてんてこ舞いのようだ。

312 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/18(月) 07:50:28 ID:3nAQ4NNT
おおさかのへーちょ!

こうかはばつぐんだ

かぐらはわらいころげている!

313 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/19(火) 05:11:10 ID:AYRY4MZw
かぐら  うしちちポケモン

かぐらの ちちを しぼるときは
うえから したへ リズミカルに
おしながら しぼるのが コツだ

314 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/23(土) 00:46:16 ID:v3nAO4ER
どうやらくろまんが大王は完璧にアク禁にあったみたいだね
テメーが悪いくせに逆恨みして開き直って荒らすからこうなるんだよバカ

315 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/09/26(火) 11:57:49 ID:QIPjCkVv
まぁまた火病ってコピペ百裂拳かましたらいつでも荒らし報告するだけだ。もうあのチョンをイジめてやるな

316 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/26(火) 19:48:05 ID:yHQIzSy7
あれ(IT)のキチガイコピペはある意味このスレの名物だったからな。
消滅すると寂しい…

わけが無い

317 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/27(水) 17:33:14 ID:J57MZdE9
バカヤロウ!くろまんが大王にだっていい所はある!
たとえば…えっと…その…


ゴメン、やっぱキモいわwwww

318 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/09/27(水) 22:21:45 ID:W15brqBO
\      ∩___∩
  \    | ノ      ヽ  ちょっ! ちょっと待つクマ!
   \  /  ●   ● |
     \|    ( _●_)  ミ   釣り方間違ってるクマ!!
      彡、   |∪| ,/
       ヽ   ヽ丿/  /⌒| この吊り方は、やばすぎるクマー!!!
       / \__ノ゙_/  /  =====
      〈          _ノ  ====
       \ \_    \
        \___)     \   ======   (´⌒
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ


319 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/05(木) 04:11:07 ID:zru7jeob
神無月なので、神楽と榊は出入り禁止。

320 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/05(木) 04:34:13 ID:q6J9wicS
うまいこと言ったなあんた。

321 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/10/05(木) 22:15:54 ID:rKd9YhO3
       ,. ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ー 、
.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.\
    /:./:./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.',
.   /:./:/:./:./:.i:.:.:.:i:.:.:.|:.:,::i "' 、:.:.〈_i',
   i:./:.i:.:.i:.:i:.:イ:.:.:.:i:.:.:.:!:.|i:|   'くハ〉
   |:i_,イ:.:!:.:i:.i |:.:.:.:i:.:.:/:.| i|    V/|:i
   |:.:./`T''二_ー-i__/i_|i リ  _ レ::|:|
   |:.:.|´ミ  ,ィtテミ-   _,ィテチ、 !ヽ|:.!
   |:.:.| 、'( ` 辷ソ`    .辷ソ` /ノノ|:|  頼んだよ!
   |:.:.|ゝ、_,      ,     ,'ノ:::|:|
   |:.i:|:,.-‐,ゝ、    _    .∠::::::::|:.!
   ';i:.|  i  ', 、. __ ,.  ´, ヽー;|:.|
   /`'!.  |  ヽ   /  }  i i  ', !;|
  ノ    .|   \_  ,ノ   | i.  i
 く´    .|   ,ィ´'∨´`ゝ  レ'  .ト 、
.  }     /`- ´く`ー-‐ヘ,シ'`ー!    }
 .〈`ヽ,,._ノ    ` '' ゛   .i    /
.  /`ー--/           ./ー-‐.´ノ
  i    i|           .ハ`ー ´',

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n46372984

322 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/09(月) 22:51:04 ID:vzBKCaFq
榊さんはやっぱり生えてると思うんだ

323 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/14(土) 19:30:19 ID:oUe7QBqr
胸毛が?

324 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/10/15(日) 02:37:30 ID:8awI3avg
翼か?

325 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/10/15(日) 11:18:45 ID:ra3Og0LD
きのこか?!

326 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/15(日) 11:52:53 ID:z0rM1EAR
梅雨明けに路地裏あたりで榊さんはよく生えている

327 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/10/15(日) 22:08:15 ID:geuF+3XH
>>325そのネタ笑えない(’*’)


328 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/22(日) 22:36:54 ID:OC/cv4Xc
>>327
アナタ、口がアナルですよ。アタタ。

329 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/28(土) 13:20:00 ID:XPN6fNOf
あーあ、くろまんががでてきたせいですっかり寂れたなァ〜。
本当にあずまんがというジャンルを憎んでるとしか思えんな、あの馬鹿


330 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 09:52:40 ID:q1Brr6ge
榊さんは根暗なの?クールなの?

331 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 11:27:09 ID:E0DIhtZQ
むっつり妄想番長

332 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 23:16:53 ID:f6domA/q
ちよ榊ハァハァ…作品見たいなぁ。
スタンダードらしいが作品自体はあまり見ない。
まぁ原作で妄想分摂取できてるからいいんだが…

333 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/07(火) 21:57:34 ID:IU5P5nRX
>>332
お前さんはどういう妄想をしとるんだい?

334 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/09(木) 00:21:06 ID:QQ42CaBi
>>333
例えばアレだよ、四巻のvsかみねこのあたり、
榊さんがちよちゃんをかばってるだろ?で、マヤー出現。
そこの榊さんの腰に抱き…しがみついてるちよちゃんの手を、十秒ばかしじぃっと見つめると
不思議とその手が榊さんのたわわな胸に…移動する幻覚が見えるんだよ
まぁ幻覚が見えないヤツでも下乳辺りはガチで触れてると思う。

あと榊さんはきぐるみ系にも弱いから、ちよちゃんはうさぎとかねことか
毛先まで再現してるようなきぐるみで榊さんを篭絡してほしい。
顔を覆って悶えてる榊さんのあんなとこやこんなとこをふわふわけむくじゃらな手であれこれしたり…
あーもう何でこんな時期外れにはまっちまったんだー!!ちよさかー!よみともー!あゆかぐー!!カームバーック!

335 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/09(木) 08:18:28 ID:u2IuK539
保守

336 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/09(木) 08:19:17 ID:u2IuK539
&sage

337 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/11(土) 22:19:06 ID:vcVrZoUZ
>>334
久しぶりに読み直してみた。再読性がやっぱりあるなあ。


「榊さん。家でクッキー作ってたんですけど、いかがですかあ」
「ありがと」
 微笑んで手を伸ばしかけるが、物憂げな表情を浮かべて首を横に振る。
(食べられない…… )
「美味しいですよお。くまさんクッキー」


「よみー おいも食べる? 」
 紙袋から白い湯気とともに美味しそうな匂いが漂ってくる。
「いや。いい」
「もしかしてダイエット中ですかあ? 」
「悪いか 」
「はぐっ、はぐっ。んー うめえっ」
「やっぱくれ」
「はやっ! 」


 お昼休みに弁当箱を勢い良くかきこむ少女を眺めながら。
「神楽ちゃん、よお食べるなあ」
「秋だからな」
「背の高さは私とかわらへんよなあ」
「大阪は少食だな」
「ちゃうねん」
「ん? 」
「食欲と胸って関係あるんやろか」








338 名前:Wrath&Greed ◆uS1Hx4I012 []:2006/11/15(水) 03:00:03 ID:2oF06TFm
(前口上)

 一身上の都合で長らくSSを書けない状態が続いていましたが、ようやく一本書き上げたので、公開します。
 久しぶりなので出来ぐあいには不安を感じておりますが、お楽しみ頂ければ幸いです。


339 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:01:37 ID:2oF06TFm
(1/7)

 その日、俺の目の前には、どんな大事故に遭ったのだろうといぶかしみたくなる程、ボロボロになったセフィーロがあった。

「……これはまた随分酷い。お怪我はなかったんですか?」
「信じられんかもしれんが、この車が死人や怪我人を出した事は一度も無い。うちのバカ娘がしばしば乗り回しているにも関わらずな」
「はあ」
「いい加減、見苦しくなってきたんでな。君にレストアをお願いしようと思ったわけだ。私もうちのバカ娘も、ボーナスが出たばかりだし」

 買い替えたほうが安くつかないか? と疑問を口にしたが、娘さんを懲らしめる意味合いもあって、敢えてレストアするのだという。代金の半分は娘さんに出させるのだそうだ。
 ともあれ、俺はレストアを引き受けた。
 谷崎さんとはしばらく前から付き合いがあったが、その娘さん−−ゆかり−−と付き合い出すきっかけになったのは、思い返してみるとどうもこのレストアの件のようだ。


340 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:02:28 ID:2oF06TFm
(2/7)

 俺とゆかりとは、妙にウマが合い、今に至っている。
 俺の親友は「蓼食う虫も好き好き」などとほざいてくれるが。
 で、結婚を考え始めたある日、俺は自分の車に彼女を乗せ、人里離れたとある河川敷へと向かった。彼女に運転の練習をさせるためだ。
 今後、夫婦のよしみで車を貸す事もあるだろう。その時に我が愛車をボコボコにされては堪らない。


 俺はできるだけ親切に教えるよう、努めた。
 だが、彼女の運転はなかなか上手くならない。
 とりわけ、一度教えたはずの事を何度も訊いてくるのには閉口させられた。
 俺がいささかうんざりした口調で教えるのに対し、彼女は笑ってごまかす。
 ……ったく、ちゃんと覚える気があるのか、このアマ。

 俺は彼女のごまかし笑いを横目で見ていたが、その時、悪戯心からある事を思いつき、さっそく実行へ移した。

 俺はわざとむっつりした表情で自分のシートベルトを外す。その意図を量りかねて当惑している彼女に、俺はドスを効かせた声で、言った。


341 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:03:40 ID:2oF06TFm
(3/7)

「どうやら、君には荒療治が必要らしいな」

「え……!」

 俺の突然の豹変を感じ、ゆかりは脅えた目でこちらを見つめる。
 彼女がその体をドアの方に寄せるよりも早く、俺は彼女に抱きついた。

「ちょ、ちょっと、やめてよ……」

 彼女はもがき、俺の腕から逃れようとする。だが、無駄な抵抗だ。弱点は知り尽くしている。
 俺は彼女の首筋を甘噛みした。

「あっ……」

 彼女は小さな喘ぎ声を上げる。彼女の体から力が抜けた。
 その隙を逃さず、俺はシートベルトをもぎ取り、彼女を抱き上げ、我が身を強引に運転席へ割り込ませた。
 結果、運転席に座った俺の膝の上に、彼女が俺に背中を向けて座る形になる。
 俺は自らの左腕をシートベルトのごとく彼女の体に巻きつけ、彼女の右乳房を鷲掴みにした。俺の右腕は彼女の秘部をまさぐる。

「あうぅ……」

 彼女がうめくのにも構わず、俺は彼女のパンティーをずり下ろした。かすかに湿っている。
 次いで、俺は彼女の体を少し浮かせ、自分のジーパンのボタンを外し、ジッパーを下ろした。
トランクスを下にずらすと、怒張した俺の陰茎が露わになる。
 俺はそれを、前戯もそこそこに、彼女の膣内へ突き入れた。


342 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:04:54 ID:2oF06TFm
(4/7)

「あうっ!」

 充分に濡れさせなかったせいか、ゆかりは少しばかり痛がった。
 身をよじって再び逃れようとするが、逃がしはしない。
 俺は左手で再びシートベルトをつかみ、一体化したままの俺と彼女とをシートに縫いとめてしまった。

「ひどいよ……こんなの……」

 俺は彼女が半泣きでつぶやくのを耳にしつつ、シートをいくらか後方へ動かした。
そして彼女の両腕をつかみ、ハンドルへと導く。

「さ、練習を再開するぞ」
「ええっ……! こんな格好で……?!」
「周りに人はいない。見られやしないよ」

 そもそも、この河川敷は普段からほとんど人がいない。
 それにこの車は、前面・運転席・助手席以外の窓ガラスを、全てミラーシェイドにしてある。
 誰かが近づいてきたとしても、車体をほんの少し動かせば視線を遮る事はできるし、取り繕う時間は稼げるだろう。
 俺は一呼吸置いて、言葉を続けた。

「なかなか上達しないから、文字通り手取り足取り教えてやるよ」

 俺は彼女の耳にそっと息を吹きかけた。それで少し安心したのか、彼女はうなずいた。

「……うん」


343 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:06:13 ID:2oF06TFm
(5/7)

「じゃあ、まず直すべきはクラッチの踏み方だな」

 俺はゆかりの手を取ってエンジンをかけさせる。……が、いきなりエンストしてしまった。

「はーい、クラッチペダルの上げ方が急過ぎー」
 俺は、おしおきとばかりに、彼女の右乳房をちょっと強めに掴みあげた。
「きゃうっ」
 彼女はかわいらしい悲鳴を上げる。
 俺は改めてエンジンをかけ直させ、彼女の左足に俺の左足を重ね、クラッチの踏み加減を教えてやる。車はそろそろと動き始めた。
「……こんな感じだ。覚えたか?」
「……うん」

 俺達の車は、長くて真っ直ぐな砂利道に入った。その途端、ゆかりはいきなりアクセルをいっぱいに踏み込もうとしたので、俺はアクセルペダルの下に右足を入れて、それを阻んだ。

「はーい、いきなりアクセル全開にしなーい」
 今度のおしおきでは、左乳房を鷲掴みにした上、人差し指と中指の間に乳首を挟んで、引っ張った。
「はぁうっ!」
 俺は右足を彼女の右足に重ねて踏み加減を教えつつ、言った。
「高速道路とかレーシングコースじゃないんだからさ、普通はエンジンの回転数が2000rpmぐらいになるようなアクセルの踏み方が無難だと思うぞ」
「……うん」

 その後、彼女がギアチェンジで失敗した時には耳たぶを甘噛みしたり、ブレーキの踏み方が急過ぎた時には陰核をつまみ上げたり、と要所要所でおしおきをしつつ、「特別講習」を続けた。


344 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:07:47 ID:2oF06TFm
(6/7)

 ゆかりの運転がだいぶ落ち着いてきたので、俺は坂道発進の練習をさせる事にした。近くに見える、土手の上に上る坂まで車を走らせ、その中程で車を止めさせようとした。
 ……が、彼女はブレーキペダルを放す前にサイドブレーキをかけるのを忘れたため、車は坂道を後ろ向きに下りていってしまった。
 がくんがくんがくん。
 車が揺れるたびに、俺の陰茎が彼女の子宮口を突き上げる。
「あうあううっ!!」
 突き上げられるたびに、彼女は呻いた。……今のは丁度良いおしおきになったようだ。「だめだろー、サイドブレーキ忘れちゃ。後ろに車がいたら大事故だぞ」
「……ごめんなさい」

 俺は彼女に、車をさっきの位置に戻させた。俺は例によって彼女の手に自らの手を重ね、彼女の足に自らの足を添えた。
「いいか、坂道発進ってのはこうやるんだ。体で覚えるんだぞ」
 俺は彼女の体を通して、アクセルを踏みつつクラッチをつなぎ、サイドブレーキを解除した。車は、危なげ無く、土手の上まで上がりきった。
 俺はそこで車を止める。

「どうだ? いつも俺が後ろにいる、と思えば、少しは落ち着いて運転できるだろ?」
「……うん」
「要するにさ、君は運転する時の落ち着きが足りないんだよ。それさえ直れば、他人を乗せても大丈夫さ」
「うん」
「分かってくれたようだね。じゃあ、ご褒美だ」

 俺はそのままの体勢で車を河川敷の橋の下まで走らせ、人目が無い事を再度確かめ……彼女を存分に犯しまくった。


345 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:08:55 ID:2oF06TFm
(7/7)

 それからというもの、ゆかりが危なっかしい運転をする事はなくなった。……但し、膣内にバイブが入った状態ならば、だが。
 困った事にあの「特別講習」以来、俺に抱かれている状態に少しでも近い感覚を維持しないと、落ち着いて運転できないのだという。
 普通の女性ならバイブを入れた状態で運転する方が危険な気がするが、彼女の場合は
「普通の」状態で運転する方が却って危ないのだから、仕方が無い。
 かくて彼女は、運転する前にバイブを膣内に挿入し、愛液でシートを濡らすのを防ぐために生理用ナプキンとショーツを着用するのが、習慣となってしまった。
 ……なんか間違っているような気がしないでもないが、その習慣のおかげで交通事故の確率は確実に下がっているのだから、まあ、良しとしよう。


[完]


346 名前:[特別講習] ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 03:10:30 ID:2oF06TFm
(あとがき、あるいは「わるあがき」)

 今回の作品は、『実験人形ダミー・オスカー』(小池一夫原作、叶精作作画)というエロマンガをちょっとだけ参考にしました。
(最初のエピソード−−ヘルガのお話を)

(参考までにWikipediaの記事(↓)を。少々ネタバレ有)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E9%A8%93%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E3%83%80%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC

 ここだけの話、私が最初に書いたあずまんがエロパロでは、「キャンディ」という女性陸上選手のエピソード中のセリフだけを、ちょっとだけ拝借していたり(陸上と水泳では大違いですが)。

 オスカーや、今回のSSに出てきた「俺」あるいはゆかりの真似をして怪我をしても、筆者は責任を負えませんので、あしからず(←いやしねえって、そんな奴)。


347 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/15(水) 03:49:12 ID:/lZo6Yx+
死にかけのスレでよく投下したね

348 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/15(水) 19:41:30 ID:0WNpyuBO
ゆかりは智と同じく常人のラインを躊躇なく越えてしまう性格と考えているので、
キャラクター小説としてみた場合、素直なゆかりにやや違和感を覚えた。
そこが萌えとも言えるかもしれないし、萌えたが。

多くの人に見てもらうという自己顕示欲求は誰にもあるだろうが、
書き手として大事なのは何より「書きたい」という気持ち。
どこであろうと書き続けていることそれ自体は正しい。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/tao26.htm
常著文章自娯,頗示己志,


349 名前:Wrath&Greed ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/15(水) 22:27:44 ID:2oF06TFm
>347

 死にかけなればこそ、と思いまして。
 私がまだエロ描写をしてない、主だったキャラ
(ちよちゃん、よみ様)もいますし。
 ……ちよちゃんでエロを書くのはすんごい難しそーだな。
大人バージョンでしか書けそうにない……
(↑「それ ちよちゃんちゃう。ちよや!」)

>348

 貴重なご意見、ありがとうございます。

 そうか、違和感か……。
 もう少し、「手に余る」様子を出せれば良かったのかな。

350 名前:ちょこっとしたSS(1/2)[sage]:2006/11/19(日) 19:45:15 ID:TvQ1ROOQ
 初の木枯らしが吹いた晩秋の夜。
 大阪の家に遊びに行った智は、出されたばっかりのこたつに
くるまりながら、テレビをつけっぱなしにして、みかんを食べている。
しばらくは他愛のない雑談に興じた後 ――

「へへー」
 とても嬉しそうな顔で、大阪はきちんと割れた割り箸をみせびらかした。
「ともちゃーん。どや? 」
「あのなー 」
 少女はあきれたように、食べ終わったみかんの皮をつまみながら両肩を
すくめてみせる。
「おまえ。ほんとに子供だなー 」
「ちゃうねん」
 もともとふっくらした頬を、もう少しだけ膨らませて反論する。
「私はこどもちゃうよ」
「いーや。こどもだね」
 からかうような表情を浮かべて、くりくりした瞳を数度瞬かせる。
「ふーじこちゃんのような大人の智ちゃんからみたら、大阪なんて
ほんとお子様」
「ともちゃんの方が幼いと思うけどな〜 」
 のんびりした普段の表情とは少しだけ違う表情を見せながら、
ゆっくりと近づいていく。

351 名前:ちょこっとしたSS(2/2)[sage]:2006/11/19(日) 19:46:03 ID:TvQ1ROOQ
「へへー 」
「なに? なに? 」
 いきなり、睫のふれあうような距離に近づかれて、智は瞬きを
しながら半歩後ずさる。
「お、おおさか? 」
 しかし驚きながらずり下がる少女の両肩を掴んで、再び距離を
零に近づける。
「私がどんなに大人なんか、ともちゃんだけに見せてあげるで」
 黒々とした髪の先でクラスメイトの頬をなでながら、小さめの
唇を近づけて、躊躇なく重ね合わせた。

「なっ…… 」
 親友のいきなりの行為に身体を動かすことすらできない。
「んんっ…… 」
 テレビから流れるやや無機質な笑い声と、時折行き交う
車の音の他に、二人の少女の小さな息遣いと、華奢な身体が
触れ合うことによって生ずる衣擦れの音が聞こえるだけである。

 時計の秒針が一周した時、ようやく大阪は、ショートカットの
同級生の唇からゆっくりと身体を離した。そして、驚きで何も言う
ことができない、いつもはかしましい少女に向かって悪戯そうな
笑みを浮かべて囁いてみせる。

「どや。おとなのおんなになってるねんで」


352 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/19(日) 20:01:54 ID:TvQ1ROOQ
>>349
乙です。
こういう状態でも、きちんと書けるってすごいなあと正直おもた。
また機会があったらあげてくだされ。


353 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/19(日) 20:15:14 ID:KwMj9fNg
やはりともは受けか。

354 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/19(日) 22:40:33 ID:Apxq01a8
続き読みたい!

355 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/19(日) 23:04:05 ID:TvQ1ROOQ
>>353
とも攻めは、性格的にちょっと難しそう。

>>354
すまない。これで一応完結なんだ。
ごく短いのならちょくちょく書きたいが。


356 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/20(月) 00:16:36 ID:WA44Nbch
>>355
ショートでよいので思いついたら書いてくださいな!

357 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/20(月) 01:23:25 ID:TREsCjtD
>>351
大阪をえろえろな「おとなのおんな」にしたのはいったいどこの誰だ!?

358 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/20(月) 03:23:34 ID:C+oGSnTw
>357
たぶん河島英五

359 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/20(月) 13:42:16 ID:NOW05M14
<ヽT∀T>アイーゴー!ウリが必死に荒らしたのにSS職人は評価されてるニダ!
 ↑くろまんが大王(チョン)

360 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/20(月) 17:01:52 ID:LYLjgBlb
ちょwwwwwwwwwwおまっwwwwwwwww

361 名前:Wrath&Greed ◆uS1Hx4I012 [sage]:2006/11/20(月) 17:26:50 ID:tlcWV1n2
>>352
 ありがとうございます。
(返事が遅れて、申し訳ないです)

>>356
 激しく同意。

362 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/20(月) 22:29:04 ID:C/vFuHwU

          , ´  ......... . .   ,   ~  ̄" ー _       〜♪
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、 〜♯   
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ      
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::_,,..,,,,し :::::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \./ ,' 3  `ヽーっ::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~"l   ⊃ ⌒_つ
               `'ー---‐'''''"




363 名前:ねこっねこっ協奏曲(1/2)[sage]:2006/11/21(火) 00:17:53 ID:oC9wgDnH

 秋から冬へと橋渡しが行われつつある季節の、ある晴れた昼下がり。
「ええ天気やなあ」
「ああ 」
 セミロングの少女はうーんと大きく伸びをしながら、腰まで届く
流れるような黒髪が印象的な、長身のクラスメイトを見上げた。
「こーゆーのをこはるびよりっていうねんな」
「小春日和か」
 澄んだ青空から目線を落とすと、黄から山吹に色づき始めた銀杏の
木陰から茶色い子猫がちらちらと二人を覗いている。

「あーねこ? おいでー 」
 のんびりとした口調で手招きすると、まだまだ親離れしていな
さそうな子猫が、しっぽを振りながらちょこちょこと近づいてくる。
 そして、囁くような鳴き声をあげながら大阪の膝の上で寝転んだ。
「かわええなあ」
 思いもよらない小さな来訪者に嬉しそうな声をあげている少女の、
隣に座っている榊がおそるおそる手をのばしてみると……

 ぴゅっ!
 瞬く間に、子猫は駆け去ってしまった。


364 名前:ねこっねこっ協奏曲(2/2)[sage]:2006/11/21(火) 00:18:33 ID:oC9wgDnH
「あっ 」
 指先を伸ばしたまま数瞬固まり、なんともやるせない表情で深いため息をつく。
「ねこが 」
「あー にげてしもたなあ」
「なんで…… 」
 大好きなのに、好いてくれないことはいつものことではあるけれど、
今回はとみにショックが大きかった。
(どうして私にだけ懐いてくれないんだろう)

「なあなあ榊ちゃん」
「えっ」
 いつの間にか、膝の上に大阪がちょこんと頭をのせている。
「あっ…… それは」
 榊は、恥ずかしさで顔を真っ赤にしながらあたりを見渡すが、幸いなことに
周囲に人影はいなかった。

「わたしが榊ちゃんのねこになってあげるで」 
 しばらく、やや鋭い目を瞬かせていたが、やがてとても優しい表情になって
黒髪をゆっくりと撫ではじめる。
「猫にしては、ちょっと大きいな」
 彼女にしては珍しい冗談に、笑いながら大阪は囁いた。

「ねこはねこでも、ちょっとちゃうねんよ」

365 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/21(火) 00:47:34 ID:oC9wgDnH
いないようで、意外とひといるなあ。

>>358
えっと誰w



366 名前:名無しさん@ピンキー[age]:2006/11/21(火) 01:01:41 ID:XSOD4BIm
>>364-365

支援age

367 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/21(火) 01:23:46 ID:PNaUuBhh
>>363
原作らしいほのぼのさが出てて好き

368 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/21(火) 01:54:17 ID:qsZankv4
>>365
河島あみるの親父

369 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/21(火) 22:46:16 ID:I9xflyue
以前ちよさかハァハァ言ってた奴だけど、最近作品が多くてうれしいなあ。
>>363-364
大阪と榊さんとは珍しい組み合わせ!しかしいいなぁ。
実際原作では結構仲良さげだよな、あの二人。
そして遅れたけど>>337、ありがとう!願いがかなうとは思わなかったよ…

370 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/22(水) 20:26:33 ID:gRV2ip4m
                               /       |               /
                              /      /              /
                 ,. -::'::´: ̄ ̄::`:'::ー..、     /     /   i  ドクッ      /      /
            , ‐'´:::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 ./ _, -''''' ー- 、   |  ドクッ   /      /
              /:::::::::::;:ク1::::::::::l゙ヽ;:::::::::::::::::::::ヽ        `ヽ、 |__  _/         /
             /;::::::::::;:::/-‐l::r.::::::ト、_';:::ト;::::::::::::::::ヽ              ̄    フ'´        /
            ,r'゙7:;ィ::/,レ'   l:!ヽ::::l  `i::l' !:::::::::::::::::|            /        /
          l/ l/! '""''' ` V''''"""'''' l!'l:::::::::::::|               /      /   /
          i. リ ///////    l;:r 、:::::|              /   ,r   /  /
               /    ____       f''´ l::::::| お願い     {   f!     / l
.       ___ l,    i/     l      '゙ ,ノ:::::::|          |  :||   /  /  |
-ーーー'''''' ̄       ト、   i,    ,l    ,、..- '゙  ̄ ̄` `丶 、       j_ノ   / :f/   |,
             `ヽ、 `ー-- '゙   ,/               ``丶 、_ /  / ノ     l,
゙、              ` ー----ー '´                      ``丶く /      l
 ゙、- 、             \     _ _, -                   ` `丶 、   |,
  ゙、  ` ー 、_,r'´         ‐' ´                            \, |
   ゙、      {                        ̄`''ー - 、_             }|
    ゙、     ゙、       /                , ‐'´    | ̄`'''/       /|
ヽ    ゙、    ヽ,     /             f , ‐'´       | /       / |
 \    \_ _ ` 'ー、,___{             ノ'´         ,!'´       /   |
   ヽ      `ヽ`つ   `''-、,_         /- 、_      /       /    |
   i         ヽ       `''‐-、__,ノ     `''ー-、,-'´      , ‐'´      |
    ` ‐ァ、 | |  |_ |                 __, -''"      , ‐'´        |
      ヽ__⊥亠'               r¨ ⌒ ̄        , ‐'´`' - 、        j

371 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/23(木) 01:42:47 ID:RphOfvi+
>370

 大っきな命の宝珠みたいな美尻をかかえながら、
思いっきり中出ししたひ……。

372 名前:曇り空の放課後 (1/3)[sage]:2006/11/23(木) 13:39:08 ID:V7tNDRSO
 鉛色の雲が低くたれ込めている11月の下旬。
「おおさかさーん。帰りましょう」
 終業を告げるベルが鳴り終わってすぐに、二つの涙滴型のお下げが特徴である
小柄な女の子が楽しそうに声をかけてくる。
 小学生から飛び級してきた天才少女と、関西から転校してきた大阪は精神的な
波長がとても合うのか、よく一緒に帰ることが多い。しかし今日は――
「あっ、あかんわ」
「どうしたんですか?」
 誰もが保護欲をそそられる愛くるしい瞳で、不思議そうに尋ねてくるクラス
メイトに、どこか含みのある表情を浮かべながら答えた。
「ごめんなあ。今日はちょっと約束があってな。いかなあかんねん」
「そうなんですか…… 残念です」
 寂しそうな顔になったが、すぐにこの上もない美点である曇りのない笑顔を
取り戻して手を振った。
「それじゃあ。また明日ですね」
「ほんならなー 」

 ぴょんぴょん跳ねながら駆け去る後姿を見送った後、大阪はゆっくりと
立ち上がった。帰宅する生徒で混み合う廊下を歩き、階段を下りる。幾度かの
角を曲がると人気はすっかりとなくなる。
 そして、一階の突き当たりの一つ手前にある保健室のドアを開いた。

「待ってたわよ。」
 部屋の奥に大人びた女性が椅子に腰掛けている。大阪にとってはよく見知った顔だ。
「ごめんなあ」
 ややざっくばらんな口調で言うと、内側から鍵を閉める。白いシーツと各種の
医薬品の香りが漂う部屋で佇んでいるのは、保険医でも養護教諭でもなくて
体育教師だった。

373 名前:曇り空の放課後 (2/3)[sage]:2006/11/23(木) 13:39:54 ID:V7tNDRSO
「にゃも先生。いつきてたん? 」
「10分くらい前かな」
 生徒からとても人気のある彼女は、人当たりの良い笑みを浮かべながら、
大阪が羽織っているコートに手をかけて、慣れた手つきで脱がしていく。

「ゆかり先生に捕まってるとおもってたで」
「あいつったら、しつこいってなんの。誰に会うの? 彼氏んとこ? とかね」
「あはは」
 笑う大阪の声を後ろにして、学校指定のコートをハンガーにかけた。
それから、白いベッドに腰掛けて手招きする。大阪は嬉しそうに教師の隣に腰掛ける。

「ほんでも、彼氏じゃなくって彼女やなあ」
 ワンテンポ遅れて言うと、みなもは苦笑する。
「なんで、私たちこんな関係になったのかな」
「えっと思い出せへん。ほんでも…… 」
 少し首をかしげながら、体育教師の肩に手をかける。
「木村先生のこと、全然いわれへんなあ」
「こらっ」
 頬を膨らましたみなもは、幼い顔立ちに似合わない毒舌を吐く少女の額を、
人差し指で軽く弾いた。

「いたいいたい」
 頭をかかえてうずくまる恋人に慌てて額を寄せる。しかし――
「へへー、そんなにいたくないで」
 と、ぺろっと舌を出されてしまう。
「ばかっ」
 みなもは苦笑しながら、慣れた動作で少女の唇にあっさりと触れる。
「ん…… 」
 唇に伝わる柔らかで心地よい感触を楽しむかのように、大阪と呼ばれる少女は
くぐもった嬌声をあげた。


374 名前:曇り空の放課後 (3/3)[sage]:2006/11/23(木) 13:41:10 ID:V7tNDRSO
「んあっ」
 お互いの背中に手をまわしながら、息遣いが少しずつ荒くなっていく。二種類の
あえぎ声が、さして広くない保健室に響き渡る。
 白いカーテンの端からは、曇り空の切れ目から覗いた晩秋の日差しがガラス越しに
漏れ、グラウンドからは部活動に熱を入れる健全な生徒の歓声が、時折思い出した
ように教師と生徒の耳朶を叩く。
「んん…… 」
 やがて我慢できなくなったみなもは、ゆっくりと大阪の小ぶりの唇をこじ開ける。
「んあっ」
 体育教師の求めに懸命に応じようと、背中に回した手をぎゅっと握りしめながら、
口内に入ったみなもの舌端に自らのそれを絡めていく。

 しかし、二人が唇をむさぼり合っている時に、唐突にみなもの携帯が震えだした。

「あ…… 」
 申し訳なさそうな、それでいて寂しそうな表情を閃かした彼女に微笑んでみせる。
「電話でてええよ」
「ごめんね」
 ゆっくりと身体を離した少女を名残惜しいそうに一瞬だけ眺めると、恨めしそうに
携帯を手をとった。そして、慌しくて不機嫌そうな会話を十数秒続けた後、彼女に
してはやや乱暴に電話機を切った。

「ごめん。ゆかりからなの」
 両手を合わせて深々と頭をさげる。
「今日はゆかりの母親に迎えてきてもらうっていってたのに…… 」
「都合が悪くなったんやな」
「そうなの。ほんとにごめんなさい」
「そんなに気にすることあらへんで」
 大阪は穏やかな表情を崩さないまま、申し訳なさそうにしている恋人の頬に
軽くキスをする。
「にゃもせんせいは、私のとりこやねんで」
「ばかっ」
 顔を赤らめた体育教師に向かって、少女は短い舌を軽くだした。

375 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/23(木) 13:55:55 ID:V7tNDRSO
大阪×みなもは、究極にまいのりてぃな組み合わせだが、よければどぞ。

>>368
さんくす。自分が知らないだけでかなり有名なひとだったんか。

376 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/23(木) 15:30:21 ID:n1/wazOF
>>375

長さも読みやすくて良いです。

377 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/24(金) 22:13:30 ID:7PCJcMh5
あっちが落ちてしまった・・・

378 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/25(土) 06:50:13 ID:dEGMNTYu
>>375
やはり大阪は最強の攻めか。

379 名前:夏の少女たち(1/5)[sage]:2006/11/25(土) 22:00:21 ID:l7Ts41ib
 地上へ照りつける激しい日差しも、プールで水しぶきをあげて歓声をあげる
少女達にとっては、最高の天国に変わる。
 ごくスタンダードな濃紺色をしたスクール水着を身に纏った、平坦な体つきを
した少女と、シャープなラインが特徴的な競泳用水着に、小柄ながら豊満な肢体を
包んだ少女は、休憩をとるためにプールからあがった。
 大阪が売店へジュースを買い求め、神楽はパラソルの下に、持参したビニール
シートを拡げる。
「神楽ちゃん。もってきたで」
「おっ、さんきゅー」
 小さな掌から差し出された紙コップに注がれたコーラを、嬉しそうに受け取ると
一気に飲み干す。
「ぷはっ、うめえ」
 真っ黒に日焼けした神楽は、喉を大きく鳴らして歓声をあげた。一方、ほんのりと
赤くなっている程度の大阪は、短い舌を浸すような様子でちびちびとオレンジ
ジュースを飲んでいる。

「神楽ちゃん。今日はありがとうなあ」
「ん? 」
 お礼を言葉を口にした少女に、神楽は少しだけ怪訝そうな顔を浮かべた。
「今日、いろいろ泳ぎ方を教えてくれたやん」
「まあ、水泳部だからな。何てことないぞ」
 からからと笑いながら、空になった紙コップを掴むと手首を素早く翻した。
綺麗な放物線を描いて、見事にダストボックスに吸い込まれる。
「おまえはもう少し脚の蹴りを強くするといいぞ」
「けり?」
「ああ。バタ足で蹴り出す力が弱いからな。下半身が沈まないようにしないと」
「なるほどお」
 うんうんと頷きながら、ふと気づいたように言った。

380 名前:夏の少女たち(2/5)[sage]:2006/11/25(土) 22:01:06 ID:l7Ts41ib
「そういえば、神楽ちゃんと二人っきりってのは珍しいなあ」
「いつもは榊や、ちよちゃん。水原、それに…… 馬鹿うるさい智もいるもんな」
 濡れたシャギーが入った髪にバスタオルを当てながら神楽は笑った。数滴の
雫が凹凸のはっきりした胸部と腹部をつたう。
「ほんでもなあ。私はもっとなかよーなりたいと思ってるねん」
「えっ」
 そっと耳元に顔をよせて言葉を続ける。
「なあなあ、神楽ちゃん」
「な、なんだ」
 次第に高まる動悸が、神楽の声を裏返らせた。

「あんなあ、耳にほこりがついてんで? 」
「おいっ 」
 ため息をついながら、あきれたように肩を竦めた。
「お前ってころころ話題が変わるんだな」
「ごめんなあ」
 早春の野原に咲いたたんぽぽのような微笑みを浮かべながら、ごそごそと
バックをあさって、白い綿棒を数本取り出した。そして、正座した膝の上に
タオルを敷く。

「神楽ちゃんの耳掃除をするで」
 とんとんと膝を叩いて招きよせる。
 抗えない何かを感じて、吸い寄せられるように、神楽は大阪の膝に頭を載せた。
タオル越しにひんやりとした太腿の体温が伝わってくる。
「なんか、はずかしいな」
 幾分と頬を赤くして視線を伏せる。
「そろそろ、はじめるで」
 大阪は、穏やかな顔つきのままで言うと、しっとりと濡れた同級生の髪を
かき分けて形の良い耳朶を探し出し、綿棒の先端を耳たぶにあてた。


381 名前:夏の少女たち(3/5)[sage]:2006/11/25(土) 22:01:49 ID:l7Ts41ib
「ひゃんっ」
 突然の刺激に悲鳴交じりの声をあげた。同時に身体がぞわりと震える。
「動いたらあかへんで」
「ごめん」
「少し、水が中にはいっているねん」
 大阪は小さく呟きながら耳の奥を覗きこむと、綿棒の先端を少しずつ奥へと
侵入させていく。
「んあっ、ばかっ」
「ほやから動いたらあかんてゆーたやん」
 整った眉をしかめながら、身体を捩りながら喘ぎ声をあげつづける少女を
たしなめる。
「神楽ちゃん。ひとの話はきかなあかんで」
「そんなこといったって、やめっ…… んはっ 」
 絶え間なく襲い掛かる強い刺激に、上半身 ―― 特に、張りのある胸が揺れて、
太腿に小さな振動を伝える。
 しかし、大阪はほとんど表情をかえないまま、丹念かつ執拗に外耳の掃除を
続けていく。
 神楽にとって刹那とも永遠ともいえる時間が過ぎ去った後。

「神楽ちゃん。終わったで」
 いつもと同じ口調の声によって、救われたように身体を起こした。しかし。
「次は左耳やねん」
「まだ、やるのか?」
「あかんのん? 」
「いや、それは 」
 自分でやるのは段違いに刺激的な耳掃除に、かなり倦怠感を覚えていたが、
それでも、目の前に座っている、幾分ぼんやりとした少女がもたらしてくれる
無上の快楽の誘惑に抗しきることができず、結局は、言われるままに逆向きに寝転んだ。
 目の前に平らな胸、そして、目線を少しあげると見慣れたあどけない顔がある。
 大阪は、神楽の顔の向きを少しだけずらすと、綿棒を持つ指先をゆっくりと
動かし始めた。

382 名前:夏の少女たち(4/5)[sage]:2006/11/25(土) 22:02:33 ID:l7Ts41ib
「神楽ちゃんって、結構美人さんなんやな」
 大阪は、意外と的確な手つきで、細かい耳垢を探り当てながら呟いた。
「何言い出すんだ? 」
 顔を少し紅潮させて、上から見つめてくる視線から思わず目を逸らす。
「神楽ちゃんは、榊ちゃんがすきやのん? 」
 矢継ぎ早に繰り出される質問に、意表を突かれながらも何とか否定する。
「そんなんじゃねーよ。榊はな。えっとそうだ。私のライバルだ」
「そうなのん? 」
「ああ」
 幾分と落ち着いた声で断言する。運動部に入っていないのにも関わらず、
ずば抜けた運動神経を遺憾なく発揮する榊は、神楽にとって永遠の目標で
ありライバルである。

「ほんならやー 神楽ちゃんはいまフリーなんや」
「おまえなあ。私に彼氏がいるとか思わないのか? 」
「いるのん? 」
「いないけどさ」
 幾分、膨れくされ気味になって神楽は首を振った。クラスにも、水泳部にも
男子はいるが、今のところ彼女が気になるような者はいない。

「なんでそんな事聞くんだ? 」
「そやな…… 」
 言いかけてやめて、耳掻きをシートにおいた。
 そして、膝の上に頭をのせている神楽の首の後ろに手を回して少し持ち上げる。
「おおさか? 」
 きょとんとしているショートカットの少女が驚く暇もなく、神楽の唇を
あっさりと奪い去ってしまう。
「な、な、なっ」
 いきなりのことに呆然とする神楽を尻目に、巧みな手管で唇を舐め
取っていく。

383 名前:夏の少女たち(5/5)[sage]:2006/11/25(土) 22:03:35 ID:l7Ts41ib
「んっ」
 可愛らしい悲鳴が、自分の口から漏れだした事に驚きながら、神楽は抗う
こともできずに、大阪の口技に身を委ねきってしまう。
「んん…… おおさかっ…… 」
 ゆっくりと抉じ開けられた唇の間から、短い舌が侵入してくる。
 信じられないような展開に思考停止状態に陥りながら、それでも反射的に
入り込んできた舌端を受け入れ、絡みつかせる。
「ふあっ…… んくぅ」
 真夏の太陽が照りつけるもと、プールサイドの奥で卑猥な情事を続ける
美少女二人を偶然見かけてしまった、通りがかりのカップルは、呆然として
半ば逃げるように去っていったが、当然ふたりは気がつかない。
「あふ…… かぐらちゃん…… すきやで 」
 水に濡れた豊満な双丘を、掌で幾度もまさぐりながら、大阪はとろんとした
瞳で呟いた。一方、神楽は最初はどうしていいか良く分からなかったが、
次第に慣れてきて、大阪のわき腹や平らな胸の先端を摘みあげたりする。
「かぐらちゃんの、えっち…… へんたい 」
「お前だって、人の事いえな、んあっ」
 大阪が乾き始めた競泳用水着の中に手を突っ込んで、下腹部をまさぐろうと
したところで、困り果てた表情の、人のよさそうなアルバイトの監視員に肩を
叩かれる。

「あのー 他のお客様のご迷惑になりますので 」

「大阪の、大馬鹿者! 」
 火の出るような恥ずかしさに懸命に耐えつつ、平謝りに謝って早々にプールから
脱出した神楽は、後ろからちょこちょこついてくる確信犯に対して怒りの声をあげた。
「ごめんなあ」
 表向きは申し訳なさそうに謝っている大阪だったが、何を思ったかプールの近くに
ある売店でカキ氷を買い付ける。
「メロンシロップを、頼むねんで」
「おまえ。何をしてんの? 」
 意味が分からずきょとんとしている神楽の口元に、シロップをたっぷりと含ませた
甘い甘いカキ氷が差し入れられた。
「こんなことで買収される程、お安くないぞ」
 厳しい口調で言いながらも、神楽は渡されたカキ氷を全部食べてしまい、大阪は
悪戯っぽい微笑を浮かべてみせた。

384 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/25(土) 22:10:15 ID:l7Ts41ib
ちょっと長いかも。大阪×神楽ものを書くのが夢だった。

>>377
故郷がなくなったようで寂しいねえ。

385 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/26(日) 00:19:03 ID:5G1PGq4z
大阪×神楽キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!!

386 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/26(日) 01:21:02 ID:Sv2cHAI1
キタキター!!!!GJGJGJ、やっぱ神楽は感じやすいんだな!

大阪×神楽の場合、大阪はテンポずれてて、常識人の神楽は苦労しそうだなー
でも神楽は少し無神経(ガサツ?)なところが玉に瑕、おおらかな大阪とは実際合うのかも。
やり過ぎか言い過ぎかに後で気付いて反省する神楽に
いつでも笑顔で「ええよ〜海のように広い心〜」とかなんとかのほほんと許す大阪と
そんなタコとかもすんでる瀬戸内海で泳ぐ神楽

387 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/26(日) 07:43:52 ID:5zPYnHjO
>夏の少女たち

 うん、すっげー良い感じ。

 かなり以前、コタツの中で大阪さんと神楽ちゃんが絡む話が投下されたけど、
あれと同じくらい萌えた。

 GJ!

388 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/26(日) 21:21:36 ID:Eg438PpP
ずって停滞してたと思ってた
これを期に昔のように賑わえばいいな

389 名前:384[sage]:2006/11/26(日) 23:48:45 ID:MFoH58f5
結構、好評でびっくりしております。また、暇があったらちょこちょこ書きたいな。
大阪ものが中心となると思うけど。

>>388
潜在的な需要はあると思うんだけどね。


390 名前:ともかぐ[sage]:2006/11/28(火) 22:35:13 ID:HB6MFaS6
今朝、珍しく早起きしたんだよ。早起き。
そしたらなんか目の前がでっかいモンで視界ゼロなんだ。
で、よく見たらなんかTシャツの襟元垂れ下がってて、谷間とか出来てるんです。
もうね、胸かと。乳かと。
お前な、90台如きでちょーしこいてグランドキャニオン創造してんじゃねーよ、ボケが。
90台だよ、90台。
なんかポッチとかも浮いてるし。Tシャツ一枚でノーブラか。おめでてーな。
よーし牛魔王の一人娘チチの特盛だぞー、とかなってんの。もう見てらんない。
お前な、腹肉やるから胸肉よこせと。
競泳選手ってのはな、もっと平坦としてるべきなんだよ。
胸部に実装された無駄にデカい浮き袋が選手生命を脅かしてもおかしくない、
削ぐか削がれるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。そんな乳房は、ひっこんでろ。

で、やっと起きたかと思ったら、こいつが横で歯を磨くんだ。
磨くたびに季節はずれのスイカがぷるぷる揺れてんの。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、黒部西瓜なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
日焼けた顔して何が、黒部だ。
お前は本当に水泳を極めたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、希望で胸いっぱいおっぱいって言いたいだけちゃうんかと。

んで、それから。
おっぱい通の私から言わせてもらえば今、私ん中での最新流行はやっぱり、
一体化、というか、おっぱい化。これだね。
神楽の胸に挟まれて第三のミルクタンクだと言い張る。これが通の堪能法。
おっぱい化ってのは接触面が多めになってる。そん代わり視界が少なめ。これ。
で、それに首振り頬ずり運動。これ最強。
しかしこれをやると次の瞬間、神楽に唐竹割されるという危険も伴う、諸刃の剣。
私にしかお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、大阪の谷間でも追い求めなさいってこった。

391 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/29(水) 14:22:17 ID:PPXGmGIG
ワラタw

392 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/01(金) 00:25:46 ID:Hrk7qwX3
>390

 これって、2年生の夏頃の話?

393 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/02(土) 18:18:38 ID:kq9gb0/n
ともは実にバカだな。

394 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/02(土) 20:10:32 ID:T6Jfg4th
うるせー巨乳!

395 名前:漫画キャラでぷよぷよ連鎖ボイス作ろうぜ [sage]:2006/12/03(日) 12:36:52 ID:IcRcRfF4
28 マロン名無しさん 投稿日:2006/11/29(水) 01:16:18 ID:???

春日歩/あずまんが大王

開始ボイス…ま まけられへん!
一連鎖…ちゃうねん
二連鎖…へーちょ
三連鎖…しっかりせな…
四連鎖…そりゃ そーやんなぁ
五連鎖…オーエスってなんやろう?
六連鎖…オーエス オーエス
七以降…オーエスってなんやー!?
勝利ボイス…犯人は私!

ついでに
敗北ボイス…やっぱし天才には かなわへんねやろかぁー


30 マロン名無しさん 投稿日:2006/11/29(水) 03:11:02 ID:???

>>28
へーちょは七以上がいいな
大連鎖すると「へーちょ、へーちょ、へーちょ」ってww

396 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/03(日) 13:09:06 ID:qzq5ALqJ
愛があるな。

397 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/05(火) 22:45:01 ID:jukvhkGh
榊さんにはネコの着ぐるみをしたともちゃんを差し上げたい。

398 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/05(火) 23:28:10 ID:nwOiyfVp
……


これは…


ねこじゃないっ           Σ(゚д゚)ええっ!?

399 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/06(水) 12:07:58 ID:I5iAbXFQ
ネコミミ付けた、ちよちゃんか神楽を榊さんに差し上げたい。

400 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/06(水) 14:16:18 ID:Wzh4hqm0
……


これは…


ああ、ねこだ 間違いない、これはねこだ     Σト(´゚д゚`)モ えええええっ!?

401 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/06(水) 19:01:22 ID:a7NTAAAz
なるほど榊と智はタチか。メモメモ

402 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/07(木) 15:20:34 ID:XhnC3yDY
神楽は女豹

403 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/07(木) 20:55:46 ID:s42l1vCr
榊はジャガー

404 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/07(木) 21:34:23 ID:p9rJmS+R
ヨミはバビルの末裔

405 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/07(木) 21:38:24 ID:mF93Hkne
よみはシュークリーム

406 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/12/08(金) 08:14:34 ID:SPBEgzc5
「あこがれ」

大阪:なぁなぁよみちゃんは、男の子みたいなおちんちん付いてたらええなって思ったことあるん?

よみ:なんだよ、突然

大阪:おちんちん股に挟んでおんなのこー ってやつ一度やってみたぁない?

よみ:いや、べつに

407 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/08(金) 10:59:29 ID:4D7TvJNU
ワロタww
gj

408 名前:うふ〜ん[うふ〜ん]:うふ〜ん ID:DELETED
うふ〜ん

409 名前:うふ〜ん[うふ〜ん]:うふ〜ん ID:DELETED
うふ〜ん

410 名前:うふ〜ん[うふ〜ん]:うふ〜ん ID:DELETED
うふ〜ん

411 名前:うふ〜ん[うふ〜ん]:うふ〜ん ID:DELETED
うふ〜ん

412 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/08(金) 22:20:17 ID:DMmGzttk
大阪の身長が30cm伸びたらしずちゃんっぽくなりそう

413 名前:名無し[]:2006/12/08(金) 22:23:35 ID:sQfyX6Ci
イロイロ見れましたw
http://www.youtube-bbs.com/62091.wmv



414 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/09(土) 00:56:27 ID:i7/biCrh
406じゃないけど考えてみた続き

「ともとも」

よみ:そういうのはともに聞けよー

大阪:ともちゃんかー。…ともちゃんが男の子やったら、逆転ホームランな発想になりそやなぁ

よみ:またホームランかよ …

大阪:おちんちん股に挟むのはもちろんのこと、その上
    「おれが女だったら股にバット挟んで巨チン!とかできるのに〜」とかいいそうやんな?

よみ:ともはともか …

415 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/12/09(土) 01:09:20 ID:hIs6Tg9q
「実は」

ちよ:でもおちんちん付いてたら立っておしっこできるから便利そうですよね
大阪:あーおちんちんついてへんのに立ってすると大惨事やー
よみ:そんなことするやついるのか?
榊 :「・・・・・・・・」


416 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/09(土) 13:07:49 ID:0EtjEdTJ
(*゚∀゚)=3 ムッハー
ってなるかい!
大阪はそんなことは言わ・・・言うかも。

417 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/12/09(土) 15:54:04 ID:hIs6Tg9q
大阪:まめちしきー! クリトリスっとおちんちんっておんなしやったんやでー
とも:へー
大阪:あかんわーともちゃんそれは豆知識やのーてM
よみ:そのネタはどうかと思うぞ
著者:ごめん、反省してる


418 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/09(土) 16:02:41 ID:5tUg93C9
内輪ネタはやめようよ…

419 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/10(日) 17:30:14 ID:fGnDOSeo
あずキャラでサルカニ合戦やると、かなり簡単に配役が決まる。
猿・蟹・栗・馬糞・臼……
あれ、榊さんがあぶれた。じゃあ蜂でいいか。「あぶ」れただけに。
お後がよろしいようで。

420 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/10(日) 21:52:47 ID:ttvYlgwf
ちよちゃんはカニか?あの髪形がなんとなく
猿は智だろ絶対w
臼は重キャラでよみだなw
馬糞と栗が微妙だけど
大阪はスカトロもいけそうなので馬糞
神楽はクリも大きそうなので栗

あれ?棒いなかった?臼を持ち上げる棒がさ
かおりんは股間に棒つけたがってる?

421 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/11(月) 01:05:56 ID:VXrqjB+q
あずまんが猿蟹合戦…
エロに即座に結び付けられない俺はだめなのか?

422 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/11(月) 05:46:34 ID:ogzzxiO0
いやしかしさすがに

>大阪はスカトロもいけそうなので馬糞
>神楽はクリも大きそうなので栗

これはないと思うぜ。

423 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/12(火) 07:43:48 ID:k4UpTU/m
赤ずきんならエロに結びつけられそう

424 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/12(火) 08:42:31 ID:P+XOoDqa
ずっきゅーん

425 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/12(火) 18:18:41 ID:9edG0H90
いばら「ごめんなさいーねてましたー」

426 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/12(火) 21:15:00 ID:k4UpTU/m
かぐや「だいたい結婚したいんだったら贈り物ぐらいしろってーの」
男A「じゃあかぐやちゃんは宝物もらえれば結婚してくれるのー?」
かぐや「はっ、そんなわけねー」

427 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/13(水) 15:04:16 ID:oLUh9xDx
というか馬糞でなくて牛糞ではなかったか。

428 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/13(水) 20:17:28 ID:74OMTorx
>>426
まさに外道

>>427
よりのっぺりとしとるわけか

429 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/14(木) 23:26:57 ID:E01DAZFV
牛肉・・・神楽

豚肉・・・暦

鶏肉・・・大阪

430 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/15(金) 22:01:28 ID:DADP+te2
     __        、
   r'´:: .:::`ヽ ゙_,,..ノ''"゙、
 f´`i:: ..:;f´`i   ゙_,,..ノ''"
 レ'ゝ;;;;;;;;;ゝノ'
   /~~~~ i_]つ  やるきでろ〜
  、'_______」      やるきでろ〜
  / l l l l i


431 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/17(日) 21:44:10 ID:LSzjIQWt
やる気なんて出んわ

432 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/18(月) 09:06:34 ID:rB/jARxQ
この人、私でネクタイ結ぶ練習したですよ!

433 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/18(月) 21:37:11 ID:T69be3xh
その時はわからなかった。
なんで私がやめようと言ったとき、にゃもが小さく舌打ちをしたのか。
なんでにゃもが受取人になっている保険金が私に掛けられていたのか。
今もわかるつもりはない。

434 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/19(火) 10:03:42 ID:ePCrx4hX
ちょっと待て
それはエロなのか?

435 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/19(火) 23:54:43 ID:2uszoIj3
まあそんでもって、よみがにゃもちゃんの話し聞いてネクタイを私に結ぶってのはわかるんだよ。でもさ、何で首じゃなくて手首が縛り付けられてんだ?

436 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/21(木) 19:07:49 ID:htr863pL
あずまんがは古典

437 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/22(金) 01:29:26 ID:OuzRkBWp
             ,. ‐''"""`'::. 、
       、___,/::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ、__::::::::::::::::;;;;/::::::::::;::::::::::::',    どんなもんじゃい!
       '‐=ニ__::::::::::i゙ .,|:/i;::///i:::::::l. \ \
        ,.'=='-、-‐ヽ!.' '"‐、 ,/::::::/ \ \ ,ォ彡}_
     ,. ‐''",.. -‐‐‐ヽ__i  ,、 ( ソ'ノ  \\/ i: ''/.:.:.:.:`ヽ、
   / ,./  r''   }. ,ゝ ,'-`‐''    ,r-tぃ゙ /i|ヽl.i、:.:.:.:.ヽ
   >''"   {  、 `{/  '!ヽ、   ,./   ヾ>'-l''l´┴ iリl.:.:.:.ヽ
  /      `、  `' {-‐''   `''''"    _,. ‐i─'、 `ー‐' lr-、.:丶
. /           ,i   i``''-、,,_   ,,.. ‐''"  〈  ‐-、  ,.i_ノ.:.:.:.丶
〈_ヽ、     r'" |   l    `''''''´      ヽ、,_,.-'" 〉`''-、.:.:.:ヽ
' L_`'ー-、,__/   l   i              |r'ii  |_/  /ヽ:.:.:.ヽ
./ /`i''‐r-;:{    i   ',                 /ヽ,L_ |‐/_/  / ヽ..:.:.:',
' / l  | | ',    l.   ヽ           i  ' ヽ |//  ヽ,  i.:.:.:.:.i
./   !  | | ',     }    〉          |  i  `l゚l     li  |.:.:.:.::l
   |  | |  ',  └:r==i           |  |  | |     !|  |.:.:.:iリ
   !  | |  '、   └r''"`'''''==、       |  |        |.|  |.:./
、_l___l,,,..L-' {二二二二二二二二二二二二二二二}ニニニニニニニニ)


438 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/23(土) 01:52:21 ID:M3PsJ47L
>436

 まあ、源氏物語みたく、千年以上の時を超えて読み継がれる
恋愛小説(エロ小説?)もあるし。

439 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/23(土) 14:18:55 ID:aE83qWMJ
エロ無しの投下は是なの?否なの?

440 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/23(土) 14:48:26 ID:ryuuSjll
是。

441 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/23(土) 18:52:58 ID:vBANg55h
是だろう。

442 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/23(土) 23:13:09 ID:M3PsJ47L
>439

他の職人さんがエロシーンを描く触媒となれば、是である!

443 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/24(日) 11:17:57 ID:rELlrgcd
「自分を信じてー!!

444 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/26(火) 17:59:24 ID:4fxE9dGs
信じるなよ

445 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/26(火) 19:23:03 ID:C1cobauk
「だからあんたはダメなのよ!

446 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/27(水) 06:58:04 ID:b0YjocJP
何だとコノヤロウ

447 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/27(水) 08:26:10 ID:C0a226mv
「前から思ってたんですが、谷崎先生の箸の持ち方はおかしいですよ。

448 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/28(木) 17:42:24 ID:RSZhuIyv
先生は何で先生になったんですか〜?

449 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/29(金) 13:21:39 ID:uHTuVEZ0
……?

450 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/12/30(土) 05:44:09 ID:LPgakyTE
不思議そうな顔すんなよ!

451 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/03(水) 15:51:52 ID:wgahgQ3F
あけおめ

452 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/03(水) 18:16:01 ID:GIsC6u0W
グッドモーニング娘!

453 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/03(水) 22:43:20 ID:d0LBkkeg
よみと智が姫始めをする初夢を

見たかった('A`)

454 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/04(木) 23:14:18 ID:OS3fk1x7
SSが来るのを末永く待ちましょう。

455 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/01/06(土) 22:37:41 ID:5VWTS08+
保守、と

456 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/06(土) 23:26:32 ID:gjOXi36v
よつばとスレ落ちたが……どうする?
統合するか?

457 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 00:16:24 ID:ZJbIg8EI
別に構わんが。
コラボのSSが出てきてもオモろそうだし。

458 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 00:17:43 ID:kMmFi5e/
統合賛成 )ノシ
というか作者一人当たり板一枚が基本じゃなかったっけ?

459 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 19:50:56 ID:BXJJZEkD
さてさてのんびり良作を待ちますかね。

460 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 19:08:17 ID:bNc/aZLS
時が経つのは早いモノだな。保守。

461 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/14(日) 17:41:15 ID:lbzIZYKU
このまま落ちてしまうのか・・・?

462 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/14(日) 20:55:44 ID:ENv8Sb5n
落ちる以前に2ちゃんが無くなるんじゃ… 歩ちよって萌えませんか?

463 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/14(日) 21:16:33 ID:63zdGZ3R
あゆちよともで…

464 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 00:53:15 ID:UyB2Tnem
自分はとも暦or暦ともで燃えるであります

465 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 01:17:09 ID:nTquRMFa
それは素晴らしい信念ですね
では私はかおりん→榊Xちよで

466 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 11:52:34 ID:0RMP0o5Z
ちよ榊マンセー
おおさかぐらバンザイ

467 名前:くろまんが大王 ◆jHCuM/6C1s []:2007/01/15(月) 13:51:29 ID:VbognklH
全面降伏状

個人の私怨のため、このスレに粘着した事、いまさらながら謝罪します。
すべての利用者の皆さん済みませんでした。
萌えBBSのみなさん、臭ヲタBBSと侮辱して済みませんでした。
特におたのしけ氏、あなたが「ヒキコモリ」であるという事実を突っついて
あなたの心に癒されようのない傷をつけたこと、心から陳謝いたします。
この際公開しますが、私のトリップは#1596です。好きなよーに悪用してください。
今後は私に対するいかなる罵倒侮辱雑言も甘受する所存にあります、
最悪板に新スレをたててもかまいません。
代わりに関係のない場所、特に猟奇スレッドを荒らすのをやめてください。
攻撃するなら俺を叩けばいい。

以上、まことに済みませんでした。







※但し「他人の設定を使うN」なるバカに関してはこの限りではない。

468 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 17:13:08 ID:ToQKlUim
じゃあ千尋かおりんでいいよ俺は

469 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 18:43:07 ID:C6wxnDDZ
じゃあよみちひろとも

470 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 21:49:28 ID:I46j+XUc
大「ちよちゃんって犯されへんのん?」 皆「…………?」 ち「わ…私は犯されるんですか?」 大「犯されるかもしれへん…」 暦「何に言い出すんだコイツは…」

471 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/15(月) 22:50:19 ID:KERmSISM
大阪「逆転ホームラン!
   ちよちゃんが犯すんや!」
ちよ「!」
暦「おいおい、誰が相手なんだ。
  ・・・なんでこっち見るんだよ」

472 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 00:20:38 ID:U1WCwQGJ
大阪「逆転ホームラン!」
よみ「うわっまたか」
大阪「全部ひとまとめにしてー
    ちよちゃんが犯しながら犯される」

473 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 01:15:32 ID:UIJbSbQ+
大阪×ちよとか大阪×ともとかよみ×ともとか読みたい

とも×大阪とかもアリだな

474 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 06:12:52 ID:/wY3it29
471 智「わかって無いな〜ヨミ君。 一 番 受 け く さ い か ら だ よ ! 」

475 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 10:45:38 ID:HYhR5OGd
>>467ハッキリ言って反省が全く感じられない。 薄っペラな自己罵倒で卑屈になって誤魔化してるだけだね。それこそお前が嫌っている N み た い に

476 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 12:30:58 ID:wAPONJit
「ともちゃんもわかってへんな〜」
「な、なんで今度は私を見るんだよ?」

477 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/01/16(火) 14:27:12 ID:kZsOXXM2
智×大阪こそ至高

478 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/16(火) 18:08:23 ID:/wY3it29
大阪「最近は智ちゃん見たいなんも犯されやすい気がするねん…」

479 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/17(水) 19:15:41 ID:bnxFygVM
>>467
>全面降伏状
>猟奇スレッドを荒らすのをやめてください。
>※但し「他人の設定を使うN」に関してはこの限りではない。

まで読んだ。 なるほど、

480 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/17(水) 21:57:26 ID:acQXkl45
暇なんでfreenetみたいだけど2chネラー向きのあずまんがSSつーのを
作ってみるわ。もちろんWindowsネイティブな。少しまちなー。

481 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/17(水) 22:05:10 ID:ZoIYOXSe
何の用語かはわからんが、とりあえず待ってる

482 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/18(木) 21:50:40 ID:cjcY1KXy
「○ZUMANGA」と書くとOZMAを連想してしまう。

483 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/19(金) 18:03:22 ID:V5HxEwPJ
>>482
w

484 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/19(金) 22:12:40 ID:Zo2xvHZy
フジヤのシュークリーム食えへんかったら
よみちゃんは何で太ったらええんやろう・・・

485 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/20(土) 11:49:54 ID:7dOlI0jK
カニで

486 名前:とも[sage]:2007/01/20(土) 13:10:32 ID:LtP71GqH
キャー!(バシンっ)

487 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:26:18 ID:zBavzIpE
「そんなことより、よみ。とりあえずコレを見てくれ、こいつをどう思う?」
「本当に……大きいな。お前のその態度は」
 人ん家を勝手にあさってスポーツ新聞引っ張り出して、テーブルのど真ん中におっ広げて
何がどう思うかだ。本当におめでたいな。
 それ以前「そんなことより」の「そんな」が意味不明なんだが。まあ、ともの行動に
意味を求める方が間違ってるだろうけどな。
「いいから見てみろって。ほらこれだよこれ」
 そう言って人差し指を紙面の中央にビシビシ立てる。やれやれ、一体何だってんだ。
仕方なくそちらに目を向け凝らしてみると、

 某紅白の全裸スーツ&股間キノコ事件が載ってました。

「な、このエンジョイ&エキサイティング」
「あっそ死ねよ」
さっさとその場から立ち去ろうとする私を、しがみつくように引き留めるとも。
「待てって、聞いてくれって! こっから真面目な話が始まるんだから、な、聞いてくださいよ、
お客さん〜」
「いいからわかったからとりあえず腰から手を放せ。いやむしろ放してください」
 体重を掛けて引っ張るものだから、ストレートパンツがずり落ちそうだ。こんなところで
昼下がりの情事とはいきたくない。

488 名前:えずまんが大王[supersage]:2007/01/21(日) 11:28:19 ID:zBavzIpE
そんなわけでとりあえずチョップをかましておいて、私はともの話を聞くことにした。
本人曰く、未成年の主張2007。どんなオチがつくかやらだが、最後はやはり私の
ダブルで締めだろう。マックにならってダブル二段のメガチョップでもいいか。
「で、どんなふざけた話だ? 早く突っ込んでやるから手短に話せ」
「いやいやよみ君、これから話すのは私の信念についてだよ」
「はあ?」
 信念ときたか。信念という言葉がこいつの口から? 右のインド人が口から火を吐きだしても、
ともの口からそんな言葉が吐かれることはありえない。信念というか説得力を感じない。
まさか、新年にちなんで信念とかいうギャグでもないだろうが。
「ほらこの事件さ、どう思った?」
「どう思ったって……バカなのは記事の通り、DJ某だろ」
 記事には彼のしたことと、彼へのインタビューが載っている。冒頭で謝りつつ、無理解と
無責任に対し憤慨しているようだ。
 無責任というのは、番組制作者側が自分がすることを全く知らなかったわけじゃないのに、
その点を無かったことにしている発言を指しているのだろう。
 確かにそう言えなくもないが、やっぱりバカだ。そう思う。リハの内容がプロデューサーの
耳に入ろうが入るまいが、事前に報告してなかったのは本人も認めてることだ。それなら
放送局側が知らぬ存ぜぬで通そうとするのをご無体とは言えない。

489 名前:えずまんが大王[]:2007/01/21(日) 11:30:00 ID:zBavzIpE
 無理解というのに至っては、説明するまでもない。
「公共放送でアレはないだろ、素直に謝っとけよ」
 この記事に書いてある彼の台詞はどっちつかずだ。謝罪なのか抗議なのかわからない
言葉の羅列に見える。その上思いついたまま口から出てきた音声を丸々書き殴ったような
印象で、紙面に載せるものとしては不適に過ぎる。読者からの反発は必至だろう。
「ちっちっち。甘いね」
 指を振って不敵に微笑むとも。何気にムカつく。
「何がだよ、お前こいつにシンパシー感じてんのか?」
「チンパンジーなんか感じてねーよ。そもそも全部が全部オールオッケーなはずねえじゃん、
全裸は許すとしてもさ」
 許すのかよ! しかも全裸って実際よりレベルアップ(品性はダウン)してるし。
「あ? じゃあお前はどこに問題を感じたって言うんだ」
「そりゃあ、あれだよ、信念? ていうか生き様?」
 そこで信念が出てくるのか。どういうことだ? いや、待て。全裸で信念? ……全裸
信念……謹賀新年?
「何震えてるんだよ。笑ってるのか?」
 唐突に浮いて出たフレーズに自分で吹き出しそうになってしまった。オヤジ化してしま
ったことに自己嫌悪。せめて内面は若くありたい。こう考える時点で老けてるかもしれな
いという考えは、そっと心の片隅に蹴飛ばして放置。
「い、いや続けてくれ」
「? ああ。んでな、別に紅白はこういうの全面的にダメ出しされてるわけでもないよな、
少なくとも視聴者はさ」
「そうか? 相当叩かれてるけどな」
 新聞やテレビやネットでちょっと見たくらいだが、肯定意見は端に追いやられてた感がある。
「今年だけじゃなくてさ、昔だってパンツ一丁とか近藤くんとかあったじゃん」
「近藤くん? ……ああ、ゴムか」
「お、わかった? やっぱよみはエロいな」
 バシッ。
 振り下ろしたチョップをともは両手で挟む。真剣白刃取り。流石に読んでいたようだ。
やってくれる喃。

490 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:31:24 ID:zBavzIpE
「確かにあったが、だから何だ?」
 ギリギリと手刀を押し込みながら聞く。ともはそれをバッと斜めに振り流して答えた。
「それとさ、今回の、何が違うと思う?」
「何がって、批判の数か?」
「違うって。察しがいいのはエロだけかよ」
「うるせーな。じゃあ何だよ」
「批判されるのは当たり前なんだよ。されないわけないじゃん」
「けど今年は非難囂々じゃないか、前の時はそんなでもなかったのに。なら知名度の差だろ、
身も蓋もない言い方をすれば。大物じゃなけりゃテレビ側も叩きやすいしな」
「多かろうが少なかろうが関係ないの。むしろ非難されなきゃしょうがないの。そういう
ネタなんだから、どっちもさ」
「その後で許容されるかどうかってのは関係するんじゃないか?」
「それもおんなじ。いいんだって、一生毛嫌いしたり、見下したりする奴が出てきたって」
「いや、開き直ってどうすんだよ」
 どういう思考パターンだ。嫌われても好きなことすればいいってことか? 私には理解
できない。いや、普通の人間なら周りの気持ちを一切無視して行動するなんてできない。
気違い沙汰だ。
 それともこいつなら理解できるっていうのか? ……うん、できるかもしれない。
 気の赴くままに突発的行動を繰り返す、自他共に認める暴走女子高生のこいつになら。
「要はそれで面白がってくれるんが一人でもいれば成功なわけなんだよ」
「その面白がってる一人が自分だけだったとしてもか?」
 はっ、とともは鼻で笑った。その上、外人が映画でやるみたいに手のひらを上に返しつつ
肩をすくませやがった。
「絶対ない」
「何?」

491 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:32:43 ID:zBavzIpE
確かに仮定の話だ。誰一人支持者がいないなんてことはほとんどない。しかし、そうなる
可能性はないわけじゃないのだ。なのに。
 対してともは「絶対」と言った。それは100%面白いと思う奴がいるという断言。
 自信の根拠は何だ?
「伝わんないはずがない。『自分にはこれしかない、こうでしか全力出せない』って
腹くくってる奴の気持ちが伝わらないはずがないじゃん」
「これしかないって……あんなのだぞ? 最低だろ」
「最低も最高もそいつだけのもんだ。んで、それは誰も彼もに押しつけていいもんじゃないよな」
「そりゃそうだが、同じ事は芸する方にだって言えるんじゃないのか」
「だから非難GOGOも関係ないっての。出てきて当然だし、出てきたからって別にその
ことをどーこー言おうって気はないってさっきから言ってるじゃん」
「でも今年芸やったこいつは文句言ってるぞ」
「それがダメなんだよ。前にやった奴との違いはそこ。言い訳しちゃてるからカッコワルイんだ。
『オレは面白いと思ってやった。それだけだ』とか言って、真ん前見てりゃ良かったのにさ」
「にしたって芸の幅が狭すぎるだろ。下ネタしかできないんじゃ三流じゃないか。他に
やりようもあったと思うけどな」
「『他のやりよう』はそれをもっと上手くやるタレントに任せておけばいいんさ。他の
分野に手を出す必要ナッシング。自分は自分にできる最高のことをやるしかないだろ、
それだけしかないんだ」

492 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:34:46 ID:zBavzIpE
 ともはソファから立ち上がった。右手に握り拳まで作って。
「くだらない、意味がない、最低。そんな評価がどうしたっての。大リーグやJリーグだ
って、ただの球遊びじゃん。意味は押しつけられるもんじゃねぇ。自分で決めるモンだ。
自分の決めた最高のものを全力全開でやれば、それが誰にもちっとも伝わらねーってこと
はありえねえんだ。そんでもバカにするヤツはいるだろうけど、わかりきってたことなん
だからほっときゃいいんだ」
 新聞を指さす。
「こんなのはダメだ。絶対に自分のしたことは否定しちゃいけない、言い訳しちゃいけない。
それはてめーとてめーの芸を受け取ったヤツを馬鹿にすることだからな。絶対にいけねーんだ」
私は熱弁を振るうともをポカンと見つめていた。空白というより塗りつぶされた平面に
近い頭に、ある思考が横切っていった。
そうか。
 何となくわかってしまった。
 こいつは今まで傍若無人の限りを尽くしてきた。けれどそれは決して考えなしにやって
いたことじゃない。いや、大部分は何も考えてないだろう。一般的に「バカ」と評される
所行だ。けれどその根底には「自分」を発することがあって、さらにそれは誰かを楽しま
せようとすることに繋がっている。
 つまりは「生きる」ということだ。自分を発揮し、相手と関わって。ともは全力で
生きているのだ。
 口に出してしまうと陳腐だが、何となく事なかれで日々を過ごしている自分は、果たして
ともほどに生きていると言えるのか。
 ともと接したことのある者なら、その強力なイメージがいつまでも残っているはずだ。
私にとっても、今までの思い出からとも関連の項目を取り去ってしまうと、かなり物寂しい
ものになり果てるだろう。
確かに迷惑だ。迷惑には違いない。それでもそれはともにとっての最高だし、周りにとっても
最高の一つになるかもしれない。少なくとも私にとっては、そうだ。と思う。恐らく。多分。

493 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:36:33 ID:zBavzIpE
「奇人変人扱いされても、命かけてやってる芸人だっているんだ。『いつ死ぬかわからない。
だからオレはいつも死んでもいいくらいの力を掛けてる』。そう言ったね、私の尊敬する人は」
「尊敬する人?」
「エガちゃんだ」
「マジかっ!?」
「履歴書とかにも書いてる」
「書くなよ!」
「バカか、エガちゃんのすごさを知らねーのかよ。衆人環視の中、躊躇なく下半身丸出し
になり、そのまま集団に突入していった偉人だぞ」
「ただの変態だ!」
「イスラム圏でそれやって国際問題になったのは伝説だね。もはや神、いわゆるゴッド」
 その神は向こうの神を冒涜したわけだが。嫌なハルマゲドンだ。
 ……うぅ、確かに、ともの言ったことの第一線に彼はいる。見た目こそブルース・リー
のできそこないのような男だが、その存在感は決して引けをとらない。むしろ別次元で
別格だ。右に並ぶ者がいないというか、誰も並びたくないものすごいキャラクターなのだ。
「そんなわけで今年の私の抱負。如何に神に近づくか、これだね!」
「ちょ、おま」
「胸が焼け付くほどの生き様、見せてやるぜ!」
「ぃや、待」
 やばい。オチが来る。
「まずは手始めに全裸になって、町内を練り歩いてくるか!」
「うわぁあああっ! 待てぇええええぇえええっっ!!」
 すぽぽぽーん、とルパン並の脱衣で一糸まとわぬ姿になったともに慌てて手を伸ばすが、
無情にも空を切ってしまう。玄関へ小さい尻を振りながら嬉々として走っていく痴女。

494 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:37:47 ID:zBavzIpE
 まずいまずいまずいまずいまずい!
 もたつきながらも必死で追う。このまま逃がしたら不名誉すぎる称号が我が家に授与さ
れてしまう! 是が非でも止めなくては! むしろ息の根を!
 運動不足の私の足よ、無茶を承知で頼む。ほんの数秒でいい、今までで最速のレコードを!
 その願いに呼応するかのように生体ターボエンジンが発動。人間が無意識にセーブして
いるという筋力の限界を突破した。脳内で。
 ぐおおおっ、と裸の姿がズームアップするかのように、みるみる目標との間を縮めていった。
よし、捕捉!
「もぉらぁっったぁあああーっ!!」
気合一閃。玄関の手前で腰に飛びつき押し倒す。
 トラーイ! と声が聞こえた気がした。それくらい思い切りのいいタックルだった。
 や、やった。よくやった、私の足。後で甘いものやるからな。
「うー放せー」
 ジタバタ。自らの目論見を阻止されてもなお、ともは私の下で無駄な足掻きをしていた。
「往生際が悪い。もうお前は何もでき」
 ガチャ。
「ガチャ?」

495 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:38:29 ID:zBavzIpE
 視線を上げると、未だ正月ボケ風味の顔。それが玄関の扉を開けてこちらを覗き込んで
いた。何で大阪がここに? いやそれより。
「………………………………」
「………………………………」
「……ともちゃんに呼ばれてよみちゃんちに来たら、裸のともちゃんをよみちゃんが押し
倒しとる……」
「なっ」
 違、違うんだ、これは。そう言おうとしたが、言葉が出てこない。一体どういう説明を
すればいいんだ? しかも私らの息、めっちゃ荒いし!
「大阪ー、よみが、よみが変だー、誰でもいいから片っ端から呼んできてくれー」
「こっこいつ」
 ぬけぬけとほざきやがる! だがともの明らかに危機感のない台詞に、大阪は「わかっ
たー」と走り去ってしまった。私は再び、「うわぁああああああっ!」
このままでは私というか私自身にあらぬ疑いが! しかし大阪を追いかければ、ともを
解放してしまうことになる。そうなると素っ裸の好色一代女が町内行脚を敢行してしまう。
 ようやくこの時点で完全にはめられたことを知った私は、あうあうとただ狼狽えることしかできなかった。にやにやと笑う裸の少女を抱きかかえたまま。

496 名前:えずまんが大王[sage]:2007/01/21(日) 11:39:09 ID:zBavzIpE





ふと。
これもいつか遠い未来、いい思い出になるのかな、と片隅で思った。

〔江頭漫画大王:了〕

497 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/21(日) 12:30:28 ID:kjRrO4/+
バカだ、間違いなくバカだw

498 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/21(日) 21:45:10 ID:5hDae23x
下らん自己主張に作品使うなよ
文章もハルヒっぽくてうんざり

499 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/21(日) 22:30:21 ID:5F9bmjTL
暦と智が出ているだけで萌えられる

500 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/22(月) 03:39:53 ID:rwegPVny
ちゃーっす。
昔書いた書きかけのSS出てきたんで近々投下してよかですか?

一応、さかぐらですが、書いてたらよみともも思いついたんでどっちも投下してみようと思ってますが。
(よみともの方はまだ手をつけてないんで時間かかるかもだが。)

501 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/22(月) 03:44:32 ID:qZk0pyyT
どうぞどうぞ

502 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/22(月) 18:34:03 ID:OnroBgS6
どうぞどうぞ

503 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/22(月) 19:27:24 ID:3xlpD2Qz
どうぞどうぞ

504 名前:500 ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:46:19 ID:CHN4WWaf
出来た!!
ツー訳で駄文で申し訳無いが投下するっす。

一応、注意点としては
・一部ふたなりを表現した物があります。(全部じゃネエッス。一部っす。)
程度か…他に嫌悪感を表す表現があるとしたら御免なさい。

505 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:47:26 ID:CHN4WWaf
「神楽…」
そっと、手を肩に回す榊。
「えっ…おぃ…い…いきなり何だ?」
戸惑う神楽。
ここは下校途中の道、しかもいきなりそんな状況である。
戸惑うのも仕方が無い。
人通りがいつあるかも解らない。
「な、何だ?何かの冗談か?」
神楽は動揺を隠し切れない。
その神楽にいきなり榊が唇を押し付け強引なキスをする。
「ん!?むーっ!!」
少し引き剥がそうとするが、榊の力も強い。
神楽が力の強い方だと言っても、簡単に引き剥がせる物でもない。
舌が絡み、官能的とも言える1シーンがそこに展開されていた。
榊は神楽を更にグッと力を入れて、抱きしめる。
「んっ!?んうーーーーーー!!!!」

506 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:48:51 ID:CHN4WWaf
「わあっ!!!」
神楽は咄嗟に飛び起きる。
心臓はフル回転したエンジンの様に動く。
(何て夢見るんだ…。私はそんな願望無ーぞ…!?)
そう思いつつも夢の1シーンを思い浮かべる。
動悸が止まらない。
(私はノーマル!ノーマルだ!!)
そう頭で思っても心臓は止まってくれない。
舌の感触が頭の中で反芻される。
夢の中で自分は半ば強引にキスされたが、心のどこかで認めているのを薄々感づいていた。
(大体…私何かに……あいつが振り向いてくれる訳が無いじゃんか…。)
時計は早朝の四時十七分を表示している。
布団を被り、横になる。…結局その日はよく眠れなかった。
結局朝が白み始めた頃、少しだけ寝る事が出来た。

507 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:49:32 ID:CHN4WWaf
朝、眠い中登校する。
(さて…どーしたもんかな…。)
自分の夢の中で起こった事と言えど、少し気まずい感じがする。
ましてや、ライバル視してた相手。
昨日の今日で心の整理がつかないと言った状況での登校であった。
「おはよーございます」
「! お、おはよう!」
一瞬ドッキリとしたが、それがちよちゃんの声だと解る。
「どーかしましたか?」
「ん、い、いやーまぁ、考え事してたからな。」
「そうですかー。何かあったら聞きますよー。」
少し考えつつ、話して良いかどうか考える。
「…ちよちゃんはさ…好きな人が出来たらどーすんだ?」
「好きな人…ですか?」
「だってさ、考えてもみろよ、もしかしたら相手が自分の事を嫌ってるかもしれないんだぜ?」
ちよちゃんはそれをジッと聞いている。
「そうすると、告白なんかしちゃったらもっと嫌われるかもしれないし、友達だったとしても、仲良く出来なくなっちゃうかもしれない…、とそんな事を考えた。」
少し押し黙って考えた後、ちよちゃんが口を開く。
「私は、まだ解らないんですけど……多分告白すると思います。」
「え…?だって、何ていうか…友好な関係が壊れるかもしれないんだぜ?」
「でも、もっと仲良くなれる可能性がありますよね?その気持ちが本当なら言った方が良いと思いますよ。」
少し神楽は考えた。
夢で見ただけで、自分の気持ちが本当かどうか気付いていない。
自分の気持ちは本当なのか?
「もしかして、好きな人がいるんですか?」
唐突な質問に、動悸がまた始まる。
「え、いやまあ友達に相談されててよ、まあそれで色々と考えてたんだ。」
「ははぁ。その友達の恋が実るといいですねー。みんな幸せが一番です!」
「そうだなー。」
珍しくちよちゃんと話しながら登校した。

508 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:51:08 ID:CHN4WWaf
「よっしゃー昼飯だー!!」
ともがいつも通り騒ぐ。
「うるさい、騒ぐな馬鹿。」
いつも通り、よみの突っ込みが入る。
「何だとー!?じゃあ購買まで競争で勝負だ!!」
「なんでだよ。」
いつも通りに全てが時間が進む。
朝、ちよちゃんに言われた事が頭に残る。
(自分の気持ちは本当なのか?)
そんな事を考えながら、食堂へ向かう。
いつもは榊に向かってあれこれ話すのだが、今日は色々考えてて結局話し掛けていないのに今気付いた。
どこか元気は無い物の、いつも通りのカツ丼セットを頼む。
考え事をしてるせいか、中々箸が進まない。
「あれー。めずらしいなぁ」
目の前には気づけば大阪がいた。
「いつもは、もっとはやく食べるのになぁ。」
そう言いながら、大阪は箸でちまちまと食べる。
「あ、いや考え事しててよ。」
「へー。神楽さんでも悩む事あるんやなあ。」
「……何かそれは聞き捨てならねーぞ……。」
「で、何でなやんどるん?」
「いや、友達が恋の相談してきてさー。」
まあ、大体『友達が〜』と言う奴は6割程の確率で自分の事であるのは承知の通りではあるが、
大阪はそれに気付かずうんうんと頷きつつ、箸を進めている。
恐らく、よみ辺りなら気付いただろうが。
「せやなあ…私なら…黙ってしまうかもなあ。」
「うーん…。」
「その人が幸せなのを見てれば幸せになれると思てるからなぁ…。」
その後は、何の無い話をして御飯を平らげた。
「…何でカツ丼はカツを卵でとじるんやろ?トンカツを卵でとじてたらおかしいんとちゃうかなあ?」
「さぁなぁ…てか話飛びすぎだ…。」
「カツ丼のカロリーが高くなってまうやんか…低カロリーで食べるには……揚げなければええんちゃう?」
「相変わらず意味不明な事を言うなよ…それだと…」
変な禅問答が始まってしまった。
結局、全部食べはしたが、いつもより15分も遅かった。

509 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:52:07 ID:CHN4WWaf
部活は土曜なので休みだったので良かったが、結局何も解決していない。
一日中悩みっぱなしである。

公園のベンチで座って色々と考え込む。
果たしてどうなのか。
(榊は私の事どう思ってるんだ?)
(そもそも、私は本当に榊に恋を…?)
(たかが夢を本気にするのか?)
(でも、榊の事を考えると心臓が…。)
心臓がフル回転を始める。
「でも…どうすりゃ良いんだ……。」
まるで泣きそうな顔をしながら俯く。
たった一回の夢でこんなに悩まなければならないのか?
何故、苦しまねばならないのだろうか?
(気の迷いを…本気に…?でも…でもよ…私は…榊が……。)

510 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:53:32 ID:CHN4WWaf
空を見上げる。気付けば曇り始めて、怪しい雲行きとなっていた。
「こ、こんな事してる場合じゃねえ!帰らねえと!!」
天気予報は雨だった。濡れる前に帰らないと風邪をひく。
その時、神楽は致命的な忘れ物に珍しく気付いた。
「やば、降り出す前に取りに戻らねえと!」
神楽は急いで学校へ行く羽目になったのだった。

だが、天候とは得てして無情である。
そう、容赦無く雨は降り出した。
それも、どしゃ降りで。
濡れながら神楽は学校へと走る。
悩んでいた思いも今は胸の奥底で大人しくしていた。

511 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:54:22 ID:CHN4WWaf
学校はほぼ全員が帰宅したのだろう。
誰もいない静かな空間が広がる。
鍵のいつもかかっていない窓から学校へと入り、教室へと上がる。
「えーと…どこだっけ…。」
自分の机の中を漁る。
誰もいない空間。実に静まり返っていて不気味だったが、この際気にしてる暇は無かった。
「あった!」
それは、宿題のプリント。
これをやらねば、留年に一歩近づいてしまう神楽にとっては必死であった。
「しっかし…びしょ濡れだなあ……。」
少し考慮して、他に余地が無い事を結論する。
「着るしかねえか…。」
それは、体操着であった。
不気味な教師、木村がいつも騒ぎ立てるブルマタイプの体操着である。
しかも、下着もびしょ濡れ。下着も外した上でこれを着なければならない。
「よっと…」
びしょ濡れの服を脱ぐと、一瞬ひんやりとした空気が肌を撫でる。
そして、体操服を着ると僅かながらの温もりが体を包む。
脱いだ制服と下着は廊下の洗面所で絞り、机の上に広げる。
椅子に座り、だらりと力を抜いて座る。
「あー…疲れた…。」
すると、ちょっとづつ眠気が襲ってくる。
「うー…眠…でも寝たら…寝た…ら……」
意思の抵抗は虚しく、神楽は睡魔の手に落ちたのだった。

512 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:56:01 ID:CHN4WWaf
いきなり神楽の肩が掴まれた。
目の前には榊が居た。
「さ、榊…か?」
すると今度は神楽の服を脱がしにかかる。
「えっ!?お、おい…な…何すんだよ!!」
だが、抵抗しない神楽。
「………」
「え?」
僅かに口を動かす榊。
だが、声は小さくて聞き取れなかった。

513 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:57:01 ID:CHN4WWaf
そこで目が覚める。
「夢…か……。」
ぼーっとしながら夢の余韻を楽しんでいた。
ふと、教室正面にある時計を見る。
時計は七時十七分を指している。
「やべ!」
寝ている場合では無かったのを思い出し、まだ乾き切らない制服を掻き集め簡単にたたみ、外に出ようとする。
だが、神楽はそこに一人の影が立っているのに気が付いた。

背は高く、恐らく同じクラスの男子でもそこまでの背はそうそういない。
その影は一歩一歩近づいてくる。
「あ……。」
心臓が高鳴る。
それは夢に見た偶像。
気になって今日一日を壊した人。
榊だった。
「さ…かき…。」
まるで待ち望んでいたかの様に榊を見る神楽。
何故榊がここに居るのか、もしかして自分はまだ夢を見ているのか…
そんな事を考えていると、榊はいきなり神楽に飛びかかり、唇を奪う。
「んう!?」

514 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:58:02 ID:CHN4WWaf

どさっ

押し倒される形で床に寝かされる。
舌が入り、複雑な動きで神楽の口内を犯す。
(…これ…も…夢……か?)
やっと口を離す榊。
「な……何でこんな……」
すると、榊は真剣な、真直ぐな瞳を神楽に向ける。
「……渡さない……」
ぼそりと呟く。
「ちょ……それ…どう言う意……」
もう一度口を開く前に、榊はもう一度唇を奪う。
「う…むうー!」
神楽は押さえつけられた腕を解こうとするが、榊の体重と力で押さえつけられ動かすのも困難だ。
その間にも、神楽の口内は榊の舌の感触に支配されていく。
どの位続いたろうか。
もう一度やっと口を離す頃には、神楽の顔は赤くなり興奮気味に肩を揺らしていた。
神楽の腕に力が入らないのを解ると、榊は神楽の体操服の胸の辺りを手で引っ張る。
「ま…待ってくれ!」
言うが早いか行うが早いか
ビリッ!!
神楽の体操服は左右に割け、その豊満な胸は勢い良く飛び出した。
「いやあっ!!な…何でこんな事すんだよ!!」
神楽は既に涙目になっていた。
「…渡さない…誰にも…!」
その時、神楽は榊の瞳の中に欲望の炎を見た。

515 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 00:59:01 ID:CHN4WWaf
神楽の胸に手を当て、強く握る榊。
「痛!」
形が変わりながらも揉みしだかれる胸。
まるで感触を楽しむ様にずっと触り続ける。
「や…めてぇ…くれぇ……。」
息を途切れ途切れにしながらも、泣きながら訴える。
だが、榊は許さなかった。
「私の物なんだ…!」
静かだが、凄みのある迫力に榊は少し怯える。
だが、その怯えが榊の中にある炎に火をつける。
少し冷える神楽の体を抱きしめる様に圧し掛かり、首筋を丹念に愛撫する。
「や…やめ…あぅっ!」
首筋を舐められれ、神楽は少し体に火が入る。
「神楽…!」
神楽の言う事に聞く耳を持たず、本能でがっつく様に貪りつく榊。
そして、右手を神楽の胸に当て、再び揉みしだく。
「やぁあ…。何で…何で……」
神楽の目からぽろぽろと涙が零れ落ちた。
その涙を舌で舐め取る榊。
「……好き…だから…。」
驚いた様に榊を見る神楽。
(まさか…榊は私の事が…好き……だったのか…?)
「あ、私…あぅっ!!」
だが、それに続く言葉を告げさせぬ様に愛撫は続く。
「誰にも…渡さない…渡したくない…!」
静かだが凄みのある声で呟き続ける。
榊の右腕が、神楽の胸から腹部へと徐々に向かう。
その進行を止める術は神楽には無かった。

516 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:00:29 ID:CHN4WWaf
首筋にキスをされ、今はまた口内を舌で犯されている。
何度目のキスだろうか、初めてだったのに。
そんな事を思っていると、既に榊の右手は下腹部だった。
「んっ!むーっむーっ!!」
騒ぎたいが榊に口を塞がれ、それもままならない。
ブルマにジワリと右手の指が浸食する。
やっと口を離す榊。
「パンツ…はいて無いんだ……。」
「そ、それは…あっ…だめぇ……」
榊の右手が神楽の秘所へと近づいていく。
最早、弱弱しい声しか出せぬ神楽。
「や…め…あうっ!!!や…め……あっあああああああ!!!」
神楽の体がビクンと震え、荒く息をする。
「湿ってる…。」
くちゅっ…とブルマの中から音がする。
更にそこを指で丹念に弄る。
くちゅっ…くちゅっ…。
「やっああ…おね…が…うあっ!」
一度イっても榊は神楽を攻め立てる。
「これ…邪魔…。」
そう言うとブルマを足から引き抜き、一気に神楽の濡れた秘所があらわにされる。
「み…見る…なあっ…!」
足を閉じようとするが、既に体に力は入らず左右に開かれてしまう。
「もう…良いか…な…」
そう言うと、榊もスカートを脱ぎ、パンツを脱ぐ。
「え…あ……な……。」
それは普通、あってはならない物だった。

517 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:01:37 ID:CHN4WWaf
股間にそそり立つ物が見えた。
神楽も小さい時、父親の物を見た事があるが、あれより大きい様に見えた。
恍惚感が引いていくのが解る。
頭が突然ハッキリした。自分が何されるかを理解した。
「い…いやあああああああああああああああああ!!」
四つん這いになって、逃げる。
立とうとしても、足に力が入らない。
足が掴まれ、思い切り引っ張られた。
ズルズルズルと元の位置に戻される。
チラッと後ろを見れば、正気には見えない榊の目が見えた。
「やだ…こんなのやだあああああああ!」
泣きじゃくりながら、抵抗するが、全て無駄だった。
神楽のヴァギナに榊の『モノ』があてがわれる。
腰を横に振り、抵抗をする神楽。
だが、そんな行為は最早榊の劣情を掻き立てる行動でしかなかった。
「やだ、お願い…やだやだやだやだやだやだあああああ!!!」
我武者羅に喚き続ける神楽。
だが、その願いは聞き届けられる事は無かった。

ズッ…クチュ……

神楽の膣内に榊のモノが侵入する。
だが、それは榊に取って巨大すぎるモノだった。
「うっ…ぐううっ…やだぁ…やだぁ……やだぁぁぁ…。」
うわ言の様に懇願する神楽。
当然榊はその要望を聞く事は無かった。

518 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:02:31 ID:CHN4WWaf
「くっ…きつい……。」
神楽の膣は榊の陰茎をギュッと締め上げ、榊は快楽の階段を確実に登っていく。

ブツッ

「うぎいいいぃぃぃぃ…」
歯を食いしばって耐えようとした矢先、何かが切れた音がする。
神楽の神楽の股間から、血が滲み出すのが榊には解った。
「酷い……酷いよ…ひぐっ!何で……あうっ!」
泣きじゃくる神楽。
だが、榊が陰茎を一突きする毎に悲鳴と嬌声とも上がらぬ声が響く。
「ふっ…ああんくっあ…っ…!」
「大好きだ…渡さない…うっ…くぅっ…!!」
腰がだんだんと速くなってくる。
「くっあう…さかき…さかきぃっ……!」
神楽もだんだんと気分が良くなり、うわ言の様に榊の名を叫ぶ。

519 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:03:55 ID:CHN4WWaf
ズブ…クチュ…ズッ…

淫猥な音が教室に響く。
神聖とは言えないが、いつもは笑って歓談し、明るい教室でこんな行為をしてる背徳感が二人を押し包む。
それが更に性欲を加速させる。
「うっ…あっ……」
急に榊が腰のストロークを速める。
「あん…あっあっあっ…」
神楽はどうなるか、直感しながらも勝手に動きだした腰を止める事は出来ない。
「やだぁっ…ひやだっ…ひゃん!お願…いあっ!…お願い…ぃぃ…」
泣きながら、懇願をする。
だが、その嬌声と涙が榊の被虐心を更に加速させた。
2、3度榊が大きく腰をグラインドさせた。
榊がぶるっと小さく震え、腰を神楽に押し付ける。
瞬間、熱い物が自分の体内に入ってくるのが解った。
「あうっ…うっあっあっ…ひゃらぁ…こど…も…で…き…うぁっ…」
ゆっくりと榊が陰茎を引き抜く。
榊のヴァギナからはゆっくりと…だが、大量に精液が出てくる。

沈黙…雨の音が場を支配した。
神楽は事後の疲労感と絶望感に満たされ、体をぐったりと床に横たえる。
榊は興奮覚めやらぬ表情で未だに息が荒かった。
(こんなの…こんなの嫌だ…お願い…夢なんだろう…?)
恐怖感と不安に押し潰されながら、目の前が暗くなっていく…。

520 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:06:11 ID:CHN4WWaf

「うあっ!!」
びくっと体を震わせ目を開ける。
頭には柔らかい感触を感じる。
目の前には榊がいた。
「……大丈夫…?」
心配そうな目で神楽を見つめる榊。
神楽の頬をそっと指で撫でる。
そこには涙が流れていた。
窓の外には雨。
神楽の服は体操服のまま。
さっきのは夢だったらしい。
いや、夢だったと信じたい。
「教室に神楽が入るのが見えて…それで…暫く出てこなかったから…」
「…忘れ物…しちまって…さ…」
「うなされてたみたいだが…大丈夫なのか?」
優しい榊の瞳を見ていると心臓が高鳴ってくる。
(ああ…やっぱり私は…夢であんな事されても……榊が好きなんだ…)
榊が好きで悩んでいた事が全て吹き飛んだ気がする。
ゆっくりと起き上がる。
ふと時計を見る。
時計の針は五時十七分だった。
榊が膝枕をしてくれていた事がその時はっきり解った。
「ああ…少し疲れて寝ちまってたんだ。ちょっと…怖い夢を見ただけさ…。」
そして…
ゆっくりと、神楽は榊の肩に手を回し抱きつく。
「神楽…?」
不思議そうに榊は神楽を見つめる。
「私が変なのはわかってる…。迷惑かもしれないし……でも…もう決めたんだ…。自分にウソをつくのは凄く辛いんだ…。
勝手な話だけど…。」
「………」
じっと黙ったまま榊は神楽を見守る。
今の神楽はとても小さくて、幸福感を渇望している子供の様に見えた。
その姿に榊の心臓が少し熱くなる。

521 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:07:24 ID:CHN4WWaf
「私は…榊が好きだ…。」
頬を真っ赤に染め、告白。
少しの沈黙の後、榊は神楽を少し自分の体から離し、神楽の目をじっと見た。
神楽の瞳は潤んでいてまるで宝石の様に輝いている。
黒真珠よりもずっとずっと綺麗に見えた。
榊は少しの間、目をつぶるとその唇をそっと神楽の唇に重ね合わせる。
「んっ…ふぅ…」
漏れ出る息が混ざり、舌が絡み合う。
初めてのキス。
とても官能的で、初々しく、美しかった。
唇を離す。
口と口を銀の糸が結ぶ。
「これが…答え…?」
頬を朱に染めた顔で神楽が口を開く。
榊はただ、自分の首を縦に振る。
そして、もう一度キス。
さっきより深く…おぼれてしまいそうなキス。
そっと、神楽が榊の制服の中に手を入れる。
榊の肌、きめ細かで、ちょっと引っかくとすぐに傷がつきそうな程繊細な手触り。
「はっ…あ…あ…」
喘ぎながらもキスを続ける榊。
神楽は榊の肌を撫で回し、手で楽しんでいる。
榊の手がそっと神楽のブルマの中へ入る。
お尻を撫で回し、そっと指を小さい蕾の中に入れる。
「あうっ!やだぁ…そんな…くぅっ…所……。」
少し抵抗がある物の、ゆっくりと…確実に神楽の尻穴に指が入る。
慣れない感覚が神楽を襲う。
お返しとばかりに、腕を前の方へ回し榊の胸を揉みしだきはじめる。
「ふっ…ぅ…」
榊の胸はとても大きく神楽の掌からはみ出していた。
「凄…い大きい……」

522 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:08:36 ID:CHN4WWaf
長いキスを終え、尚も行為を続ける。
最早二人は止まらなかった。
止める事など誰が出来様か。
体格差から徐々に神楽が覆い被さってくる。
愛撫も神楽が徐々にリードし始める。
神楽はもう、榊の体に夢中だった。
榊が触ったらその部位に走る様な快感が走る。
(もう…私は…榊しか愛せない…。)
既に神楽のヴァギナは愛液でドロドロになっていた。
「ふぁう…榊…お願いだ……。」
「何…?」
「私を…榊だけの…ひゃん!物にして…何したって…良いふぅっ!…何で…もするからぁ!!お願い…。だから…私…を…愛して……。」
瞳を潤ませ、扇情的に誘ってくるその姿。
榊の心も完全に神楽の虜になっていた。
神楽以外の誰が愛せるだろう?
とても愛しく、愛し尽くせねばならないと榊は思った。
こんな感情を抱くのは初めてだった。
強く、神楽を抱きしめる。
そして、右手をブルマの中にいれ、神楽のクリトリスを指で弄る。
「ひゃう!!」
嬌声と共に体がびくっと跳ね上がる。
程よく引き締まった肉感的なボディが震え、身悶えすればするほど美しさを増す。
そして、ゆっくりとヴァギナに指を入れる…。
「あぁん…榊ぃ…榊…ぃ…」
愛する人の名前を何度も呼ぶ。

523 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:09:32 ID:CHN4WWaf
榊の指は神楽の中でうねり、Gスポットを刺激する。
体の反応で神楽の気持ち良い所が段々と解ってくる。
段々と上り詰めて行く神楽。
その時、榊の手が止まる。
「何…で…榊ぃ……?」
そっと、惜しそうに神楽から手を離すとスカートを外し、パンツを脱ぎだす。
榊の股間も既に濡れぼそって、パンツからは糸を引いていた。
「神楽……私も…気持ちよくなりたい……。お願いだ……私を愛してくれ…私を神楽だけの物にして……。」
すると、足をおずおずと開き、神楽を挑発する。
その姿に神楽はまるで、芸術に感動した人の様に榊にしばし見惚れる。
そして、ゆっくりと榊の制服をたくし上げ、胸にしゃぶりついた。
榊の胸は気持ちよく神楽を迎えた。
まるで甘露とでも言うように榊の胸を舐め上げ、しゃぶり、揉みしだく。
「神楽…そこ…気持ちい…い…」
榊の息が徐々に荒くなってくる。
股間へ手が伸びる。
「くぅっ…ふうっ…」
快楽を与えて貰おうと神楽は必死で榊を愛撫する。
榊にして貰ったように必死で愛撫する。
指で撫でるたび、下で舐るたびに榊がいつもの冷静な表情を崩し、快楽に喘ぐ。
その表情を見ているだけでも神楽の体に快楽がほとばしる。
神楽のヴァギナからは愛液が止まる事無く流れ出て止まりそうも無い。
気がつけば床には愛液の水溜りが出来ていた。
執拗かつ必死な愛撫に榊が上り詰めていく。
ヴァギナの中の指が動く度に一歩一歩絶頂へと向かっていく。
「くぅ…ふぁっ!!くっ…はぁうっ!!」
少し体を震わせると、勢い良く愛液が榊のヴァギナから噴出し、神楽の顔にかかる。
「ひゃん!」
勢い良くかかる愛液に少し驚きながらも自分の指で榊が達してくれた事に喜びを隠せない。

524 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:10:18 ID:CHN4WWaf
力の抜けた体を榊は無理矢理動かす。
期待をしながら、神楽は榊になすがままにされる。
また触れられるだけで快感が走った。
「じゃあ…次は神楽の番だ…」
倒れ込むように神楽に被さる。
指をヴァギナに入れ、激しく動かす
舌で耳を舐める。
「やっ!ひぁん…!」
激しく体を身悶えさせる。
「神楽のここ……凄い…」
榊の手は神楽の愛液で酷く濡れていた。
「ほら……。」
右手を神楽の目の前に持ってきて見せる。
テラテラと光る榊の指。
榊は左手で愛撫を続ける。
神楽は榊の指を軽く銜える様にして舐める。
「ちゅぴ……ちゃぷ…私の…じゅるっ…が…こんなに…ちゅる…ちゅぷ…」
自分が榊の指を汚した事に喜びを感じながら舐める。
「神楽……カワイイ…」
榊が左手で愛撫を重ねながらもポーッとした瞳で神楽が必死に自分の右手を舐める姿を眺めている。
神楽は自分がしている事とされている事の両方で快楽を得、徐々に頭が白くなっていく。
(凄い……何だろう…これ…。)
榊の首に手を回し、神楽は全てを榊に委ね本能のまま動き…

そして、達した。
「うああああ!!ふぅっ……ひぃぅ…!!ふあああああああぁ!!」
頭が真っ白になって、神楽はその場に体を横たえた。
幸福感と快楽で満たされた神楽は体を榊に委ねたまま気を失った。

525 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:11:11 ID:CHN4WWaf

ある部屋の一室。
ぬいぐるみだらけの部屋で丸まって眠る影がある。
黒いボンテージに黒いネコミミ。
黒い尻尾が見える。
ガチャリと扉が開いた。
その光に反応して黒い影は身を起こす。
「ただいま……神楽…」
のそりと四つんばいになりながら影は榊に近づく。
榊が光をつけるとそこには猫の様な格好をした神楽がはっきりと見える。
口にはギャグボールを銜え、涎が流れっぱなしになっている。
目はトロンとしてて何かを期待している目をしている。
榊は鞄から一つのリモコンを出すとスイッチを躊躇い無く入れる。

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ…

「ひゅぅ!!」
低いモーターの駆動音と共に踊る様に身悶える。
「ひゅー…ふ…ひゃふー…ふっ…ふっ…」
激しい呼吸音が聞こえる。
アナルとヴァギナに挿入されたバイブがうねる。
それと同時にアナルから生える尻尾も連動して動く。
ガクガク震えながら潮を噴き、体を横たえる。
榊は神楽に近づくと、神楽は体を起こし榊のスカートからパンツをゆっくりと下ろす。
そうすると、榊は神楽のギャグボールを外してやる。

「にゃーん…」
そう鳴くと神楽は榊の陰茎をしゃぶり、ヴァギナを愛撫し始める。

それはもう日課だった。
休みの日は1日中。
平日、授業が終われば神楽は一足先に榊の家に行き、自分でギャグボールを嵌め、着替え、榊の到着を待つ…。
神楽は言い知れようの無い幸福感の中にいた。
幸福感に満たされ、快楽に流される。
今は榊に恋心を抱いた事で悩んでいた事全てが些細な事だった。
そして今日もゆっくりと真っ白になって行く……。

526 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:12:05 ID:CHN4WWaf

「ひゃあっ!!」
ガバッと布団を跳ね除け神楽が起きる。
「また…夢……。」
状況を確認する。
(えーっと……榊と…キスして……色々……やって…)
だんだんと顔が赤くなっていく。
しかし、その後の記憶がハッキリしない。
(何だ…全部夢か……。)
がっかりした様な、安堵したような気がする。
榊と愛し合った夢が現実だったらどれだけ幸せか…。
その時、布団の一部が濡れているのに気付いた。
(夢で……濡れちまったのか……。どうしようかな……これ…。)
部屋の時計を見る。
早朝4時17分。
日曜日。
(あれ…?日曜?昨日…登校したのは……?)
その時、自分の手に何かが触れる。
触れた先には大きい女性の胸。
長い髪。
目を閉じ、安らかな寝息を立てている。
「さっ…榊!?」
「ん…んぅ…ん…」
もぞりと動く。
良く見れば、下着すらつけていない裸身のままだ。
(!!)
そして神楽は気付いた。
自分も何も着ていないままだと言う事に。
この状態で二人とも寄り添って寝てたのを思い浮かべ、更に真っ赤になって行く。

527 名前:Euphoria ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:13:50 ID:CHN4WWaf
「んっふぅ……神楽…?」
榊がゆっくりと体を起こした。
顔を真っ赤のまま顔を少し背ける神楽。
「な……何で裸何だよ!?」
普段通りのポーカーフェイスで榊は口を開く。
「あの後…神楽が倒れて熱が出始めて……。家に運んだけど……家に誰もいなくて…」
(??)
「それで…勝手に色々いじれないから……体だけ温めようと……」
周りを良く見る。
ここは自分の部屋では無かった。
所々にぬいぐるみが点在している。
何故時計を見た時気付かなかったのか?
「………」
自分の間抜け加減に呆れたのか、それとも榊がした事への照れか、神楽は全く言葉を発しない。
意識が無い間とは言え、自分の体と榊の体が密着してた事に興奮を隠し切れない。
それに気付いたのか、榊が太ももを撫でながら股間の方へと手を伸ばす。
「ひゃ!!榊…ま…待っ…!」
「……待たない…もっと…神楽を私の物に…したい…。神楽は……私とするのが……嫌いか?」
余りに卑怯で嬉しい問いかけ。
「……ずるいぞ…榊……。断れないじゃないか……。」
そして、また始まる快楽の世界。
また真っ白になった時、どうなるのか神楽は待ち遠しかった。


どうなっても、榊は自分を愛してくれている。
これだけが解れば十分だった。
神楽は榊とキスをする。

それは幸福感に溺れる様な快感で二度と忘れられない程
甘くて、痺れる味がした。

[Euphoria] End…?

528 名前: ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/23(火) 01:15:26 ID:CHN4WWaf
しゅーりょー。駄文しゅーりょー。
エロ度が足りなかったら御免なさい(゜Д゜)

よみともはしばしお待ちを。


今から書き始めますんで…。

529 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/23(火) 05:18:08 ID:e5eVH6uv
いやいや良かった
色んなエロが夢を重ねて現れるのが面白い
ちと心の流れに無理が見えるかな?
よみともに期待大

530 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/23(火) 18:44:31 ID:ld0FaHD8
夢と現実両方の榊に振り回されてる神楽ってのが良かった
さり気に夢の方でも話が進んでるっぽいね
神楽が榊に告白するシーンはすごく萌えたわ
さかぐらってこういう初々しさがよく似合うなぁ
GJ!!です

531 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/24(水) 19:48:42 ID:Gexb7Osc
そのまんま東(あずま)

532 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/24(水) 21:16:50 ID:a3YOmylQ
おんなのこたちが




みんなハゲとる

533 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/24(水) 22:30:38 ID:YceVcpjE
やめてくれ。

534 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/24(水) 23:55:58 ID:dEABVOPo
東んが談合

535 名前: ◆Y/DoYXGA12 [sage]:2007/01/25(木) 00:23:30 ID:59I9lEnq
よみとも製作中〜
風呂に入るとさかぐらがまた浮かぶ。
最近、あずまんが大王熱が再発しててヤバイっす。
どこまで続くねんやろ…(゜д゜)

>>529
感想サンクス!
実はもっと長くなる予定だったが、スレ投下の為短くぶった切ってしまったのだ。
(心の流れはもっとジックリ書く予定だった。)
添削も30分で済ませてしまったし…。手を抜いたらやっぱりいかんね(´・ω・`)
その内じっくり書いたのをどっかにアップしようかしらん。

>>530
感想サンクス!!
夢と現実は紙一重であると言う荘子に影響を受けこんな感じに。
こんな事言ったら荘子に殴り殺されるな、俺w
(周の夢に胡蝶となれるか、胡蝶の夢に周となれるかを知れず…と言うちょっと有名な部分。)
実際はどちらが夢でどちらが現実かは解らないのディス。
どちらが夢か…それは読み手次第です(σ゜∀゜)σ

536 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/25(木) 01:59:12 ID:LPgakyTE
そうか頑張ってくれ
何もできんが応援している
書きながら力がついてきたらお互い満足だ

537 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/25(木) 07:42:56 ID:VV/bkqyJ
わたしは何も出来ませんが、割り箸を割っています。

538 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/26(金) 02:33:08 ID:7DIrqQ0f
>>537おまもりパワーを入れてくれ!

539 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/26(金) 09:06:13 ID:fYmtsFmc
ねー、見てきたら>>538の番号なかったよー

540 名前:漫画のキャラが言いたくても言えなかったこと。 [sage]:2007/01/26(金) 22:14:09 ID:o4VnuHPS
>7 マロン名無しさん 投稿日:2007/01/17(水) 21:55:33 ID:???

>ちよ「凡人どもが気安く話しかけんな殺すぞ」




これにちなんで考えてみた

暦「私はぽっちゃり系なんだよ!」

大阪「ぶっちゃけみんなの低いレベルに合わせるのしんどいねん」

榊「動物なんてウザイだけだ…人間も含めて…」

智「すみませんやりすぎました。素直に謝ります」

神楽「おっぱい!おっぱい!」

541 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/27(土) 18:40:18 ID:MddEnO70
メロン板のあずスレって断絶しちゃったんですかね?
SS盛んだったんで昔はよく覗いてたんですが・・・
ttp://azuhinanjo.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/bbsnote/data/IMG_000751.png

542 名前:漫画のキャラが言いたくても言えなかったこと。 [sage]:2007/01/27(土) 19:22:48 ID:jdgHI2KE
>>541
おや、初めてみるイラスト。
向こうのスレは断絶というか何か落ちてしまったので、
新しくスレ立てされてもいないだろうと思って、
仕方なく(´・ω・`)してましたが。

いやあ結局書きかけSS放置しっぱなしでした。


orz

543 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/27(土) 19:23:50 ID:jdgHI2KE
うわハンドル残ってた

544 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/28(日) 19:13:36 ID:pxQaTras
コミックもアニメも既に終了しながら、スレだけ続いている方が奇跡

545 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/28(日) 21:43:40 ID:RmzlwPwH
このスレって奇跡でできてるんですね〜

546 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/29(月) 20:33:49 ID:k+Z8AB72
ミラクルだぜ。

547 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/30(火) 21:52:13 ID:mAyxQNXX
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utyAspLEty1TI

訃報 滝野 智

548 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/31(水) 03:06:32 ID:o3kKyNCa
 久しぶりに覗いてみた。亀レスで申し訳ないが、感想。

>>487-496

 智のセリフが「作者本人の価値観」を反映しているっぽいのがあからさま
なのにはちょっとひいたが、
(価値観を反映させるのが悪いとは言わん。ただ、もう少しさりげなく、ね)
 それを除けば、面白かった。

>>505-527

 ふたなりは苦手だが、それ以外の部分は、萌えた。

549 名前:他人の設定を使うN[sage]:2007/02/01(木) 18:49:51 ID:gtknxUBE
>全面降伏状
今更おせーんだよクズ!
>個人の私怨のため、このスレに粘着した事、いまさらながら謝罪します。
>すべての利用者の皆さん済みませんでした。
ハァ?あやまりゃあ済むとでも思ってんのかカス野郎w
謝るんだったら最初からやんなボケ、ましてくだらん逆恨みでスレ粘着…
情けねぇクズだなお前は
>萌えBBSのみなさん、臭ヲタBBSと侮辱して済みませんでした。
>特におたのしけ氏、あなたが「ヒキコモリ」であるという事実を突っついて
>あなたの心に癒されようのない傷をつけたこと、心から陳謝いたします。
だから一々「引篭もりと言う事実」なんて言っている時点でお前は反省0だって事がバレバレなんだよ
>この際公開しますが、私のトリップは#1596です。好きなよーに悪用してください。
バカ? 何処がどう反省してるってんだ? ようするに「俺のトリップ使って他のスレ荒らして
いーよw」じゃねぇか。 どうどうと荒し宣言か? 死ねや!
>今後は私に対するいかなる罵倒侮辱雑言も甘受する所存にあります、
>最悪板に新スレをたててもかまいません。
今度は開き直って誤魔化すだけ。お願いだから死んでくれ。
>代わりに関係のない場所、特に猟奇スレッドを荒らすのをやめてください。
>攻撃するなら俺を叩けばいい。
「僕はクズでボケでチョンだからしょうがないよ、叩いてくれ」と開き直る…
お願いだから死んでくれ。
>※但し「他人の設定を使うN」なるバカに関してはこの限りではない。
バカが、今更お前にそんな事を言う資格があると思うか?
そもそも俺の名はもうMAD WRITREだと何度言ったら分かるんだこのバカ
こういうのを他人の迷惑を顧みず歪んだプライドだけは高い真性キティテロもどき
って言うんですよ?

いいか、お前が猿ほどの知恵があると仮定して一言だけ言っておく。
 消 え ろ 。

さもなきゃ回線切って首くくって氏ね

550 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/01(木) 23:17:18 ID:dBwPhUSB
>>549

>>全面降伏状
>今更おせーんだよクズ!

端から見ればどっちもどっちや

551 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/01(木) 23:41:52 ID:Zw6MEKlj
触っちゃ駄目

552 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/02(金) 01:51:58 ID:Mscl9qyU
マッチポンプ。あんたも同一人物かもしらんが。

553 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/02/02(金) 15:46:13 ID:SxritcNg
またくろまんがの自演か

554 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/02(金) 17:20:51 ID:DY4Tf9c9
                                      _,. -----..、
                                    ,.-'"´::::::::::::::::::::::::::`:..、
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                /:::::::::::::::/ーi::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     ,. -‐'" ̄ ̄::`::ヽ /イ::::::::::/::// |::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::i
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/ムヽ  |:::ハ:L_ト::::::::::::::::::::::::::!
                  /:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ,イ⌒ヽ  !i!ハムト!、::::::::::::::::::::::
                 /:::::::::::ハ::::::::::::ト、:ト、:::::::::::::::::::ヽヽi!リ u `イfィヽ:ハ::::::::::::::::::,'
                  /::::::::::ハレヾ、:::::Y≧ニヽ、:::::::::::::ハ⌒ ,    r、イ リ /::::,. -、:,.'
                /:::::::::::::ヒムヽ \イ´!トメト、:::::::::::::ヘ `    //// /:::/う }Y
               ,'/!ハ::::Kゞィリ ) 冫7テf´/::::::::::::::ハ `こ ‐-' u /:::::じ_/
                 |/ヽ::::弋  ヽ    イZ,イ::::::::::::::ト、ヽ    _,./::::::/´
                 ! /::::ト-` ヽ⌒ソ u  ハ:::::::::// ` `T フ7'::::::::;イ
                 /::/::\   こ    イ::/::/!ハ! ̄ ̄/ /::::::::::ノ |
                  レ' /イ/ レト-- イ   !ハ/   ヽ / イ/:::,.-‐'´  ヽ
                f`,Yゃ、_f´Y⌒ ー!: : :/: : : ム _    りイ--     ヽ
                .!  ヽ= ! ヽ`ヽ- 、: : :  . : : : : : ヽ' ´      /     ',
         .r-(` ー'⌒ヽ>、 `ヽ!_  ヽ   ヽ-  : : : : : : : ',      /        !
       (⌒ヽィ`ー--イ冫 \     ',   ヽヽ: : : : : : : : :'.,    !      ,'
        ゝ-こY_ノ   { ヽ _ `     ヽ     \: : : : : : : :ヽ  ノ      /
        ゝ__r_)、   ` ト        `- 、    \: : : : : : : V       /
         ヽ_ノ、     ヽ_        `-' 、  ハ: : : : : : :ヽ    /
          ヽ-'ヽ      ノヽ`ー―- 、      ` <ヽ: : : : : : :'.,  /
              ` ー't"´   `  ̄   ヽ        ヽ,.-: : : ハ /
                /        \   \     /: : : : : : : : :',
                !  ,'        / ̄ヽヽ _/: : : : : : : : : : ノ
               /|  !       /: : : :/:`:.Y: : : : : : : : : : イ
                 /:/  〉    rー(_/マ: : : /:ヽ: : : _,. - / ハ
            /: : /  !j    ヽ _,.ィ f: : /: : /Y´   '    ',
           /: : : :/          / `ーヽ(_,. イ /         ヽ
           /: : : :/!         /     `ヌ、_j            '.,
            / : : : /              . . . . .ヽ    ,.ィ         '.,
         /: : : : / ヽ          . : : : : : : : ヽ   /         ',
        /: : : :/! : : . ', ヾ、、   /. : : : : : : : : : : : :ヽ'´           ',
       /: : : :/ ,': : : : .ヽ彳ミ 、/. : : : : : : : : : : : : : : : :',              !
      /: /: : :リ !: : : : : : ヽソヾ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : i            !
     /: : : !: : :/  |: : : : : : : :`'ーテ!: : : : : : : : : : : : : : : : : : !           !
      |: :/,.イ: : !  |: : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : !           ,'
      |: |:(:kヽ_j   !: : : : :


555 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/03(土) 22:19:27 ID:vmC8mMyU
       555GET GO!GO!GO!
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ,.-─-.、 .,.-─-.、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /ノリ ハ ヽ/ リハ ヽ  | まだまだ行くで〜
          〃|イ) ノヽ .| |(0 0) | ∠
        ヽ.⊂ヽフ ヾ_ヾ| | ヮ ノリ     ___
        ())ヽ⊂|_|_ノゝ⊂|_|_ノ)     /.._()            ガハァ ∩
       / /||(=く/_|ヽ=くハ_lヽ=ヽ/ /            ⊂(。Д。)>>*)⊃
    Y ⌒ /|V||彡J//ニ=<<<= / /    ブロロロロロロ ドカッ∴ ∨∨∪ 
   l| (◎).|l |((||(((゚ )||  (゚ (゚ ))__/|  (´⌒(´     ∴∴∴
__ ゝ__ノ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ__ノ≡≡≡(´⌒;;;≡   ∴
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒


556 名前:550[sage]:2007/02/05(月) 00:05:59 ID:a/3vVX9D
>>551-552

そんなに触っちゃまずかったのか。
新参者なもので、空気読めなくてスマソ

557 名前:[sage]:2007/02/05(月) 05:57:14 ID:LPgakyTE
「かわいいなぁ」
「そ、そか?」
 普段はその落ち着いた態度から女子高生というよりは大人びた女性として見られる水原
暦だったが、やはり彼女も一介の乙女である。当然容姿に関する誉め言葉には敏感なわけで。
(私もちょっとはイケてるってこと、か? ハハ…)
 ちょっと照れてしまう。柄にもなく気分が高揚した。
 確かに今の格好は普段のイメージとはだいぶ違っている。いつもはニーソに包まれた脚
が白くむき出しになっているし、普段は暖色系や黒色系の落ち着いたのを好んで着ている
のが、今はパステルカラーなノースリーブのチアガールスタイルだ。スカートも動く度に
ひらひらと無闇に揺れる、やたら軽い生地のもの。素の自分なら決してできないイメチェ
ンだ。でも体育祭の応援という役割を担って、「しょうがなく」着ることになったのだ。
そう、あくまでしょうがなく。
 にしても。OLや女子大生に間違えられることもある自分が。
(『かわいい』……)
 脳裏に反芻されるワード。
 高校生になってから一度でも言われただろうか? いや、もしかしたら中学生の時にだって?
『あらー暦ちゃん、大きくなったわね。あ、もうちゃん付けで呼んじゃ駄目かしら』
『あの失礼ですがお年は? 本当に中学生ですか? 学生証を拝見してもよろしいですか』
『私もよみみてー女子大生やOLに間違われてー』
 ……心に冷たい秋風が吹く。考えるのはやめておこう。
 でも今、自分に向けられたの言葉は何だ。そう、「かわいい」だ。まごうことなき
「かわいい」なのだ。
 確かに衣装の力によるところは多分にあるだろう。だが「かわいい」と言われるのは、
自分にそういう要素が多分に含有されているからこそなのだ。

558 名前:[sage]:2007/02/05(月) 05:58:43 ID:LPgakyTE
 かわいい。誰が。私がだ。「よみはかわいい」「よみ、かわいい」「ヨミ・イズ・ザ・
プリチー!」「プリチー!」
 自然と緩む口元。今日ぐらいは眼鏡を外して、コンタクトにするべきだったか?とさえ
思い始めた。が、かおりんは続けて、
「ホント、かわいいなぁ、ちよちゃん」
 暦のすぐ後方には、ポンポンを振っている真・「かわいい」がいた。
「えへへー、そうですかー?」
 暦の胸元くらいの背丈しかない少女は、ツインテールを横に傾げて頬を赤く染めた。
文句なくかわいらしく。
「…………」
 高揚した分、落とされたダメージは大きかった。


559 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:00:36 ID:LPgakyTE


「よみちゃん」
少なからず落ち込んで、ポンポンと一緒に頭を垂れてたところに、声がかけられた。
 のほほんとしたトーン。いつでも春うららか風味なこの声は。
「何だよ、大阪……」
 本名・春日歩。通称・大阪。
 体操着にブルマの同級生が、上げた顔の前にいた。
 さっきの競技で手に入れたメロンパンを片手に持っている。端が欠けているのは、
パン食い競争後の整列の時点でパクついていたからだ。何やってんだ、と誰もが思ったが、
「まあ大阪だし」で速攻片づけられてしまった。つまりそれが大阪である。
クラスのハチマキが彼女の丸い頭に巻かれると、りりしさUPに全く貢献しなくなる
から不思議だ。黒いセミロングの中央にはニコニコとした顔が収まっている。まったく
何がそんなに嬉しいのか、本当にニコニコとニコニコしている。まあ理由なんて本人にも
わかっていないだろう。理由の存在自体ないかもしれない。
「ちょっと来て」
 何の前振りもなく、くい、と手首を引かれた。
「は? 何だよ?」
「来てほしいねん」
「どこに? 何なんだ?」
「ん〜、ええから」
 ポンポンがついたままの手を引き続けて、どこかに連れて行こうとする。
「意味がわからん。説明くらいしてくれ」
 と言いながらも、暦は半ば理解をあきらめていた。
 これに限ったことではなく、大阪の言動を理解するのは難しい。つきあいが長くなろう
と深くなろうと、完全に理解するのは一生無理なのだろう。その難解さは宇宙の神秘を解明
することに等しい。解明した暁には神の横に並べる。
 これで連れションというオチであっても、なんら驚くことはないだろう。だって大阪だし。
『夜中に怖い話し聞いた子供か、お前は』
ツッコミの仕方まで想定して、引かれるがままついていくことにする。大阪は何ら気に
した風もなく、右手にメロンパン、左手に暦を持って歩き続ける。全校生徒の競技と応援、
そのにぎわいから二人は人知れず離れていった。


560 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:01:54 ID:LPgakyTE


 そうして着いた場所は、トイレではなかった。
「う……」
 軽く嫌な気配が走って、口ごもる。
「どないしたん?」
 相変わらずの笑顔で、大阪は体育館倉庫の扉に手を掛けた。



鉄の扉は重かったので、結局暦が開け閉めすることになった。ちなみに大阪の腕力は
腕立て一回未満の実力である。
 ガシャァン、と重低音が密室に響く。鼻をつく独特のすえた臭い。相変わらず狭い部屋
だった。臭いもこもりやすいだろう。臭いの発生元であるマットやボールは、ひしめき合
うように収蔵されている。小さな磨りガラスから入る日差しはやや黄色い。それがかすか
に舞い上がったホコリを浮かび上がらせていた。
やや潔癖の気がある暦が眉をひそめていると、ふっ、と鼻先に何かが触れた。
 大阪の前髪、と理解する間もなく、唇を重ねられていた。
目を見開く、が、すぐに暦はまぶたを落として応じた。
 二人はいとおしむように唇だけで互いの熱を交換すると、一度唇を離し、角度を変えて
もう一度合わせた。今度は軽く舌先で触れあった。
 再び離れた後に大阪の顔を見ると、全く無邪気を絵に描いたような笑顔だった。それで
暦の方が顔を赤らめることになってしまった。
ふと、その大阪の後ろ手がさりげなくターンキーを掛けているの目の端がとらえて、
(あぁやっぱりそのつもりだったんだな)
 と、暦は思った。


561 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:03:00 ID:LPgakyTE


 学校ですることは最近始めた。と言っても、これが三度目。
 初めは教室でだった。放課後、誰もいないのをいいことに、制服を着たまま。
 二度目は生物室で。雨の日、掃除の後に、カーテンと鍵を閉めて。
どんどんエスカレートしているのは明らかだった。一度目こそキスからつい雰囲気的に
やってしまった感があるのだが、二度目は確信犯だった。大阪の計画的犯行。どうにも校
内というシチュエーションに味を占めてしまったらしい。
 確かに教室での行為は、妙な背徳感からいつになくお互い燃えてしまったのだが、それ
以来大阪はあちこちで手頃な場所を物色しているようなのだ。みんなと屋上でお昼を食べ
ていたとき、大阪が校舎のより高い箇所を見つめていたときは青ざめた。
きっぱりと断ればいいのだが、どうやら自分は押しに弱いことが最近判明した。状況に
流されてしまうのだ。大阪のあのにこやかな顔で身体をすりよせられると、気づけば自分
の手も大阪に触れていて、やがては口を重ねている。
 結局二人とも弱いのだろう。大阪はいつ何時どんな場所でも寝るオオサカイズムを確立
するほど睡眠欲に弱く、自分は隔週ダイエット大王とからかわれるほど食欲に弱い。そし
て三大欲求の残りの一つに対しては……認めたくはないが……二人ともが弱いのだろう。
大阪は惰眠をむさぼるかのごとく自分の身体を強く求め、自分はついシュークリーム分が
足りなくなってしまうかのように大阪の求めに抗えない。
 そして今、大阪に言われるがまま、マットに丸くなるようにうつ伏せにされてしまって
いる。いつものツッコミ魂はもう遠くどこまでも飛んでいってしまったようだ。

562 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:04:39 ID:LPgakyTE
「よみちゃんのお尻、おっきいなぁ」
大阪にそう言われながら、小さな手のひらを二つの丸みに沿わされて、暦は羞恥で熱く
なった。正座を開いた格好になった暦の臀部は、やや上向きに大きさを強調するようにな
っている。安産型といえば聞こえはいいが、暦は幾分そのことを気にしていた。
「ほんま、よみちゃん、ええな」
 逆に大阪は暦の大きめなヒップをお気に入りのようで、たいてい行為はそこへの接触
から始まることが多い。暦のコンプレックスなど知った風もなく、頬をスコートの上から
擦り寄せて、その大きさを楽しんでいる。ぺちぺちとスイカのように叩くことさえした。
「ばっ、ばかなこと言ってねーで、するんならさっさとしろよ!」
「するって、何を?」
「ばっ!」
抗議しようと顔を振り向けると、小首を傾げた大阪がいる。計算でやっている感じは全
くない。純粋に質問しているのだ。
「くっ」
 なぜか自分の方がいやらしいように感じられて、言葉に詰まる。目を反らした、その時、
何かが滑り落ちる感覚がお尻のあたりに起こった。
「!」
 見れば大阪の熊手状になった両の指が、スコートの端にそれぞれ掛かっている。そのまま
大きな丸みに合わせるように、するりと下ろしたのだ。
「お、お前、人の話は最後まで聞……」
「うわぁ、ヒモみたいやぁ」
「ぁう」
暦の履いている下着は白いTバックだった。スコートからはみ出ないようにと配慮して
きたのだが、もちろんこんな事態までは想定していない。

563 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:06:04 ID:LPgakyTE
ボリューム感のある二つの丸み、その中央を白く細い布地が縦に走っている。それだけ
だ。他には何もない。
「よみちゃん、これ、どこで買ったん? 何かあやとりできそうや」
「〜〜〜〜〜っ」
 ぱっちりした瞳がまじまじと自分を見つめているのを感じ、羞恥の火がさらに燃える。
 開かれた両膝をつないでいる、引き延ばされたスコート。暦はそれを今すぐにでも引き
戻したい衝動に駆られた。だが、当然大阪が許すはずもない。されるがままだ。
「っ、おまえっ」
「えぃ」
「あぁッ」
何か言い返そうとするが、ヒモの上部を引っ張られ、言葉に詰まる。
 敏感な部分に下着が食い込んでいる。そこを保護すべき布地がスリットを割り、圧迫し
ているのだ。
上に引かれることで臀部は半ば剥き出しになっていたが、そこに気を取られる以上に、
自身の蕾から送られる感覚に暦は囚われていた。痺れるような刺激は背筋を通って全身に
広がった。
(何で、こんなに私……っ?)
 背中をそらし、身じろぎしながら暦は戸惑う。
 今日はいつも以上に感じやすくなっているようだった。学内という場所での行為が、
ある種の慣れによって不安感を快感に転換させているのだろうか。あるいは大阪の無邪気
な行動が、精神的な前戯になっていたのか。どちらにしても暦にとっては認めたくない事実だ。
なぜならそれは、つまり自分が、「そうなってしまった」ということだから。

564 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:07:32 ID:LPgakyTE
 違う。自分は、そんな……なんかじゃない。
 暦の葛藤など知るふうもなく、大阪はさらなる行動に出た。
くいっ、くいっ。
「! っあ」
暦の声が大阪の動きに合わせて断続的に漏れる。
 大阪はヒモの上部を片手でつかんだまま、上下に揺らし始めたのだ。
「はっ、あっ、あっ」
上に、下に。暦の臀部が縦に往復する。大阪の手のされるがままに。
 端から見れば滑稽な光景だったろう。自分の大きな尻がまるで水風船のように扱われて
いるのだ。
だが、そんな状況で暦の感じているのは快感だった。
 大阪の引く力と自分の尻の重み、その力の頂点である布地に掛かる圧力はそのまま、
きつく敏感な部分を割ってくるのだ。反動をつけて引けば引くほど、上に行った分、運動
エネルギーは増してより強い刺激を与えてくる。
 腰から背筋までをとろかすような感覚だった。その感覚が上下に動く度に、まるで火が
酸素を送り込まれていくように、大きく強く溜まっていく。さらに動きの過程で一番敏感
なアノ部分が剥きかかってきていた。擦れるたびに鋭い刺激が走り、さらに先端は外に
さらされ、より強い刺激を受ける。火は確実に大きな炎に成長させられていった。
もはや盛大にはみ出してしまっている恥毛が猛烈に恥ずかしかった。吐息は熱く、切な
げな音が混じってきている。それでも口を精一杯結んで耐えようとするものの、小さな手
が無邪気に残酷なリズムを刻むたびにあっさりと決壊して甘い息を拡散させてしまう。
とうとう快楽を示す声が喉までせり上がってきたとき、

565 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:08:22 ID:LPgakyTE
カクン、と腰が落ちた。
大阪の指が前触れなく下着から外されたのだ。
突然止められたために暦の燃えていた感覚は行き場を失い、宙に放り出されたようにな
る。それを表すように、丸い臀部が一きり大きく震えた。揺り返しのようなものだ。
「なっ、何だよ」
頬が熱くなるのを隠すように、声は抗議の形を取る。
「えー、でもこのままじゃあかんやん」
 意に解するふうもなく、のほほんと大阪は答えた。膝にあったスコートを取り払い、
そうして指は布地の両端に掛かる。
「びしょびしょになったら困るやろ?」
「なっ、あっ」
真っ赤になって言葉が出てこなかった。自分が快感を享受していることをあっさりと
指摘されたのだ。
 ぐるぐる回って乱れる思考。大阪は続いてTバックをずりおろした。覆うものが何も
なくなり、さらに露わになったそこに両の親指があてがわれて割り開かれる。
直接の視線を痛いほど感じ、そこがじんじんと疼いてくる。その後の行為がないことを
いぶかしむも、じっくりと観察されているのだと思い至り、真っ赤になった。
「あ、今、ヒクンってなったで」
 正直な感想に恥ずかしさを感じる暇もあればこそ、新たな蜜が湧き出してくるのに羞恥
が上塗りされる。
「ええなぁ、ほんま、よみちゃんかわいいなぁ。ここもきれいやし、ほんと好きや」
恥ずかしい台詞を紡ぐ口が、自分との間を縮めていく気配を背後に感じた。

566 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:09:42 ID:LPgakyTE
 ヌチュ。
 粘膜同士が触れあい、熱い刺激が暦を襲う。
「あぁああっ!」
 とうとう一際高い声を挙上げてしまった。快楽を示すものであることは明らかだった。
 大阪の唇は暦の陰唇にぴったりと密着し、舌は内部に挿し込まれる。
 ピチャピチャと淫猥な音を響かせながら、短い舌は敏感な襞の一枚一枚を確かめるよう
に踊っていった。
「あっ、はっ、お、大さ、かっ、あぁっ」
一度出てしまった声は止めることは叶わず、大阪に翻弄されるままに奏で続けてしまう。
 普段の自分を知る者がこの姿を見たらどう思うだろうか。真面目で勉強もスポーツもできて、
個性だらけの面々をまとめる委員長タイプ。一般の評はそんなところだろう。それが今、
大阪に、脳の代わりにわたがしが入っているとまで言われた彼女に、思いのままいいよう
にされてしまっている。
 だがそんな倒錯的な思考も、ただただ快楽の炎の燃料に他ならなく、四つん這いの暦の
背筋を官能的にそらせた。
「大阪っ、もう…っ」
 ついに切迫した声で懇願する。これ以上は耐えきれないほどに、気持ちは高みに追いつ
められていた。
「うん、わかった」
 じらすような技を塵ほども感じさせないふうな素直さで、大阪はにこやかに微笑んだ。
そして太股の内側に手を掛け、仰向けになるように促す。

567 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:11:39 ID:LPgakyTE
身体を転がして、マットの上に背中を預ける。
「う……」
 思わずうめいてしまう。大阪と正面から向き合い、改めて顔に血が上ったのだ。
 自分の今の格好はチアリーダーの服を上に着て、しかし下半身は全くの裸だ。両膝は
曲げられ大きく割り広げられている。まるでセミがするような恥ずかしい体勢。完全に見
られてしまう羞恥に足を閉じようとしても、添えられた両手が許してくれない。自由にな
っている自分の手にいまさらに気づき、秘部に伸ばして隠そうとしたが、
「んしょ」
 という大阪の声と共に、両膝の内側の手に新たな力がこもり、腰が浮き上がる。頭が下になる。
「え…? なぁ…?!」
 足の先が頭の横に、腰が一番高い位置にこさせられた。
「な、ま、待てっ」
自分のとんでもない格好に気は動転する。無理もない。乙女として一番隠しておきたい
場所をあられもなくさらけ出しているだけでなく、柔軟体操でもやりはしないすごい体勢
なのだから。
「これでちゃんと見えるな〜、よみちゃん」
「ばっ」
馬鹿と叫ぶ声が詰まる。何てことを言うのだ、こいつは!
 恥部が丸見えだと言いたいのか。改めて意識させようという意図はないのだろうが、
羞恥心を爆発させることには変わりない。あるいはこれから大阪がすることが、される
自分にも全て目の当たりになることを指しているのだろうか。
「そ、そんな変態、みたいなっ」
「あー、そうやなくてな」
意図することを察したのか、大阪はそれに軽く首を振った。
「ちゃんとよみちゃんの顔、見えへんと嫌なんや」
いつもと変わらないのんびりした顔でこんなことを言う。別の羞恥で顔面を真っ赤に
なってしまうのを感じた。

568 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:13:11 ID:LPgakyTE
「じゃあ、イくで」
口に含んだ二本の指を揃えて、暦のそこにあてがう。直前まで追い込まれた秘口からは
蜜が肌を伝うほどに溢れてきており、大阪の指を待ちかねていることを如実に表していた。
「お、大阪っ」
 暦は下から大阪の目を見る。そうしたかった。考えてみれば自分がされているのは
とてつもなく酷い行為だ。しかし、大阪だったら許容してしまう自分がいるのも確かで。
それが流されているだけではないと思いたかった。
「うん」
 大阪は心なしか目に優しさを濃くしてうなずき、そして、一気に奥まで差し入れた。
「んぅううううぅうッ!」
 逆さまの全身が大きく痙攣する。間違いなく歓喜による震えだった。きつく喰い締めて
いることも、その侵入を待ちわびていたことを明示している。
「よみちゃんの中はいつもあったかいな」
「はっ、あっ……ッ」
 抗議も何もなく、快楽が巡って喘ぐ以外の声が出なかった。むしろ膣が収縮して先を促す。
 応えるように大阪の指はゆっくり入り口付近まで引かれ、また差し込まれる。新たな
快楽が白い発光となって胎内から脳髄までを貫いた。
 指は次第にストロークを速くしていき、加速度的に快楽も高みに追いつめられていく。
「ふぁッ!」
さらに親指が陰核に添えられた。新たに強烈な快感が襲う。
もう十二分に勃起したそこが、指の前後するたびに擦りあげられるのだ。しかも中指と
人差し指も内側から押し上げてきており、外側からの親指とで挟み込んで責めてくる形だ。

569 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:14:11 ID:LPgakyTE
「はっ…、あくぅ、あぁッ!」
 白光が弾けて思考も何もない。全身に跳ね上がる喜悦。ただ目には、自分の恥部の上方
にある大阪の顔が逆さまに映っていた。場にそぐわないにこやかな笑みが、不道徳な行為
の不安を払拭し快楽に全てを委ねることを許してくれるようで。穏やかだが大きな多幸感
が波動となって全身に広がる。
終わりが近づいていた。精神が頂点へ追いつめられている。マットに押しつけられて
自由にならない頭を振り、目尻から涙を上に流し、短い喘ぎを熱く繰り返して、大阪を
きつく締め付けた。
「よみちゃん」
 大阪は顔を下げ、快感に跳ね上がる腰を押さえるように添えられた左手、その横の臀部
に軽くキスをした。
そして強く手首に回転を付けて、激しく中をグリュグリュとかき混ぜる。
「……………………!!!」
声にならない声が口から吐き出され、酸欠になった魚のように開閉した。膨大な快楽の
奔流に脳の回線はショートし、意識は真っ白になって、飛んだ。


570 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:15:37 ID:LPgakyTE


「ん……」
なまぬるい空気の中、けだるく浮上してくる意識。懐に温かな何かが寄り添っているの
を感じて、ぼんやりした視覚の焦点を合わせてみると、大阪がしがみついて添い寝していた。
穏やかな寝顔。小動物を連想してつい微笑んでしまう。
 スコートを確認すると下着も含めて履き直されていた。内股などを触ってみると、ちゃんと
拭き取ってくれてもいたことが伺えた。
(抜けてるくせにこういう気遣いはできるんだな)
 苦笑混じりに、そっと大阪の指を自分の上着から外してゆく。そろそろ戻った方がいい
だろう。大阪の挙動不審は普段のことだが、自分が長いこと役割を放棄しているのは不審
がられてしまう。似合わないチアリーダーを再開しなくては。
 起こさないように静かに身を離すと、半開きの大阪の口からつぶやきが漏れた。
「……よみちゃん」
目を覚ましたのかと思ったがそうではなかった。依然目は閉じられたまま。寝言だ。
「よみちゃんはかわいいで……」
不意打ちだ。顔が熱くなる。
 素で言っているのだろう。だからこそ余計にだ。参ったな。
頬をかきながら今度こそ倉庫から出ようとすると、ふとある思考が頭をかすめた。
 ……もしかして。いや、まさか。
 しかし、ひょっとするとそうかもしれなかった。
(慰めてくれたのか?)
 かわいいと言われることを望み、だがあっさり裏切られて落ち込んでいた自分。それを
目にした大阪が、恋人の可愛さを証明するため一肌脱いだ、いや脱がせたのだろうか。
 マットの上に眠る少女を見る。
 未だにこの万年春模様な彼女の思考は理解し切れてないが、一つはっきり言えることがあった。
 こいつは私がどうであれ受け入れてくれる。
 それだけは信じることができる。こうして肌を合わせて改めてわかった。始めから終わりまで
大阪は自分の全部を丸ごと抱きしめてくれたからだ。
 我ながらこっぱずかしいフレーズだとは思う。けれど、他に形容する言葉がないのだか
ら仕方がない。誰にも言えないけどな、こんなこと。
 代わりに、穏やかな寝顔にそっと顔を寄せる。触れるように唇を頬に付けてから、暦は
体育館倉庫を後にした。


571 名前:[sage]:2007/02/05(月) 06:17:04 ID:LPgakyTE


 自分のクラスを応援するチアリーダーの一団。ポンポンを振りながら、息を合わせて声
を張る。各自は微妙にずれながらも、微笑ましさというアクセントになっている。
 その中でも一際目を引くのは、当然のことながら年相応に小学生程度の背丈の少女である。
 しかしながら、
「なあ、あいつだけど」
「あいつ?」
 チアリーディングから少し離れた場所、別のクラスの男子達が言葉を交わす。
「あそこで応援やってるじゃん、あの眼鏡のやつ」
「ん? ああ、水原か」
「水原だな、水原…何とかよみ。それがどうかしたか」
「や、別に、ちょっとさ」
「何だぁ? 気があんのか、お前〜」
「ち、ちげーよ、そうゆーんじゃなくてよぉ」
「んじゃ何よ」
「ん、いやさぁ、あいつ何か」
「ああ」
「かわいくね?」
「あー?」
「かわいい?」
確かに他の女子とは違い、その応援姿には目を引くものがあった。
 白い足を大きく挙げしなやかな腰を振る度に、上着の下にあるであろう豊かな膨らみが
揺れる。眼鏡越しの瞳はきれいに輝いて前に向けられていた。
「ああ、まぁ確かに」
「あいつあんなにかわいかったか?」
「んー?」
 彼らにはわからないことであったが、暦が先ほどまで持っていたどことない陰りは一切
取り払われているのだった。彼女は何の引け目もなく自分自身を爽快に発揮している。
そのことが他の女子にはない魅力を出しているのだろう。もちろんその理由は誰も知らない。
「いや、と言うより」
「と言うより?」
「エロいな」
 よくよく見ると上気した顔に、潤んだ目。大人びた雰囲気を持ちながら、恋を知った
ばかりのような初々しさも帯びている。動きも妙に色っぽい。そのままお立ち台に乗せて
も通用するのではないか。全くもって、注目すればするほど青い情動を刺激せずにはいら
れない。もちろんそうなった理由も、知る者はいるはずもないのだった。
「確かに」
「フェロモン出しまくりってやつだな」
「ああ、エロいな」
「エロい」

結論、

【やっぱりよみはエロいな:完】

572 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/05(月) 08:46:11 ID:dFE+/7y+
(;´Д`) ……エエナァ

573 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/05(月) 16:03:03 ID:q36XpFnK
珍しいおうよみ(;´Д`)ハァハァ

574 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/05(月) 17:37:46 ID:Rg6RP2nX
>>556
全く、気をつけろよ。
くろまんが大王ってのはバカで阿呆でチンカスほどの価値も無い上に
Nが煽っても分かりようが無いのに「Nは煽るな!」なんて面の皮が厚い図々しい事言ってくる
童貞オナニー在日野郎なんだ。
そのバカでカスでゴキブリな在日オナニーが「ボクはカスだから仕方無いよ、
叩いてくれ」なんてボケこいておきながら舌の根もかわかねー内に
ファビョって「おのれNめ!僕ちゃんのSSを批判しやがったな!」なんて
ただでさえ存在自体が2chの恥さらしなのに恥の上塗りにやってきたらどうするんだ、
このクズ野郎、お前は自分の糞以下のSSでも生産しながら他人の迷惑にならないように
死にやがれ、程度で許してやれ

575 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/05(月) 20:25:57 ID:BY9npK4v
>>557-571
大阪の意外なテクニシャンぶりに感動した!乙!
(*´д`*)'`ァ'`ァ

576 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/06(火) 22:48:31 ID:ssieyhKQ
おおさかよみ・・・・・・ええなっ!

次回はやっぱりかわいい智を・・・

577 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/07(水) 03:32:26 ID:Dj58slcd
>>557-571

 うむぅ〜、私には書けそうもないカップリングで、ここまで萌えさせるとは……

 GJ!

578 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/09(金) 06:47:29 ID:20n8VYC9
笑っていい智

579 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/09(金) 16:46:24 ID:rl1Lf6A7
このスレの百合度の高さにいつも感動しきりです

580 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/10(土) 07:20:45 ID:mxkO5yef
http://www.nicovideo.jp/watch/utcSef63M4EAU
ホラー大阪

581 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/11(日) 23:06:33 ID:TcsVorP7
ちゃうねん

582 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/12(月) 01:33:41 ID:TidchV0w
ccccvvvvvvvvvvvvvvvv/vvvvvvvvv////v/-vcboobeebbbbobocvv/vvcoobeeeebocc//v/////vv/vvvvv
cccccvvvvvvvvvvvvvvvv/vvvvvvvv///v//v-/vobeebeeeebooccccooobbbeeeeeeebbbcv/vvvv/vvvvvv
ccccccvccvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv/v//vcbbeeeabeeboeeebocv//vvccobbbbeeeeeeeeov/vvvvvvvvv
ccccccccvcvvvvvvvvvvvvvvv/vvvvvv/vbeboovcocbbbeebeebebovv/vcobeeeeeeeeeeeebaav/vvvvvvv
ccccccccccvvvvvvvvvvvvvvvvvv/v/cocv/-coobbbbboebbbeeoobbeebcccobeeeeeeeeeeebeae/vvvvvv
ccccccccccccvvvvvvvvvvvvvvvvvvv/vv/cov/bbbbbeaeeebbbeaebbooeaebeeeeeeeeeeeeeebea//vvvv
cccccccccccccvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv/c//cebeoeab/oeeeoov///////caeaabeoeebeeeeeeeebev/vvv
cccccccccccccccvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv/obeebaa/caac-//---------/ccceevcavbeoeeeeeeeeb/vvv
ccccccccccccccccccvvvvvvvvvvvvvvvv/obebeaa/oovvoc/-----------/-/cvcoo/eoveeoeebebbe/vv
cccccccccccccccccccccccvcvvvvvvvv/cbebaaaocev/aac/------------/-ocvcevcovevcacbboebo/v
ccccccocccccccccccccccccccvvvvvv/obbaabccvaaeaaec--------------ocbcbbvobcvcoovecveba-v
ccccccccccccccccccccccccccccc/vcbbaab/-/-aeaao//-------v-----/coev-acbevcavoococveca/c
cocccccccccccccccccccvvccoobbebeaaa/--/vvcv/--------------c--vec/-ebbebceevoavcavcva/c
ccccccccccccccccvocv/---------vbaav--------------------////boe/--obbbabbeooeooeevcaa-v
ebbbbbooovvcoocv-----------------//------cv//-----------obeeobb/vbbcabboaoebeeeooeaa-v
eaaaaaabccv/----------------------v------c-/------------bb--ac/eac-abbvbbbeaabebeaacvv
abov------------------------------b-------------------/aaaaaaebv-oaocc/ebaaabeebaaa-vv
----------------------------------v----ve/------------aeaaaaeab-vbvcvvbbaaaeeeaaaavvvv
----------------------------------c----bccbc---------cabbocv/e-v//vvcbaaaaeeaaaaavvvvv
---------------------------------/b----vccccb/--------vv/--vee/-///veaaaaaaaaaae/vvvvv
--------------------------------/vc/-----/ccco--------/v//--/--/-ceaaaaaaaaaaac/vvvvvv
------------------/-------/-/-//-cvcv-----------------/vccoc--/vbeaaaaaaaaaaavvvvvvvvv
------------/vvvvv-----//---/----cvccccvv/---------///////--/vvv/v--aaaaaaac/vcvvvvvvv
---//vccvvcccvv//----/--//-------cvvcccovccccvvv//--v-/////vcvov/c/-aaaebc/cvvvcvvvcvv
aaaaaaecvvc////vv/v--/v----------o/vvvcvcccccccvccooocvc--cocvccv/caabocvcccccccvvvvcc
aaaaa////vvc/cv//o/--------------v-//////vvvvvvvvv/v/vbaaeocoocoeaebbcvccccccccccccccc
aaeo/vvvv/vvc//vv/c--------------//-/---//////////-v/aaaaaaaaaaaebbcvccccccccccccccccc
v//vv-vvvvv--vv-v--v--------------v-/----------/-vv-vaaaaaaaaaabbcvcc
vv/cvcv--v/--v-v----/-------------v//-----//-////-/-/vbaaaaaaebovccc
//ov/v/c-//----/----v--------------/--//-----/--/--/-o/vaaaabbcvccccccccc
c/c///v-----/-/---------------------//vv/v/-/-----/-o/---aabbovcccc
/b//-/-v/---/-v------v---------------------//v/-//-c/-----abbvcccccccc
/o-c-/cv------/------/--------------------------/vc/------bbcccccccccc
/v/v//-v/------------/--------------------------vcv-------oevccccccccccc
/-cv/------/-/-------v-------------------------ccv--------bbvcccccccccccc
-vvv/--///-/-/------/-----v-------------------cvv--------oeccccccccccc
--/cvv/-/v/-//------/----/------------------vv//-------/oacocccccccc
----vvo-/v--c-vv-v/v---/-------------------ovv-//-/--vccovcooocccccc
-------vv//v-c/vocovvv-------------------vc/c/v--cobeebvvocbooooccccc
--------/vcvcovvvcvv/-------------------c/v/vcbeeeeeebceaabcooocc
----------c/vcvv/ccc//v/---------------v/eaaaaeeeeeaaaaeboccccc
----------/c-o-/--cvv/----------------vbaaaaaeaaaaebbococcccc
----------//cbvocv/--vv----/-------/-vaaaaaeebboocccc
-----//-////vv/-//---//-------/-----caeboccocc
ooccvvcv/v//vvvvv/cv/-v---/--------obbbbbbooc
vvv///////-caaaaec/v/vc--------/vcebbbbbbboc
--------/oaaaaaaaebc/---//-/c-cbbbbbbbbbbbb

583 名前:名無しさん@ピンキー[age]:2007/02/12(月) 22:05:08 ID:7ZwxTCzS
「よーし、今日はこれまで!」
「お疲れ様でしたー!!」
作業服姿の男たちの声が、夜の道路に響いた。
作業員たちの輪から外れた木村は、道路脇の縁石に腰を下ろす。
教員免許の試験に落ち、今はアルバイトをしながら、来年に向けて勉強している。
しかし、彼女のことは……。
初めて自分のことを好きと言ってくれた彼女のことは……。
スッパリあきらめる決意をした。
……僕は教職に生きるんだ。彼女のことは忘れよう。きっと僕なんかよりずっといい人が……
そう思いながら、何気なく視線を前に向けてみた。
……!
車のライトに照らされた白い幻が、こちらに向けて走ってくる。
……
次第に幻は大きくなる。
……
幻は息を切らせながら、木村の前で止まった。
「木村さん…」
幻の呼びかけに、木村は立ち上がった。
…幻じゃ…ない…
目の前には、純白のウェディングドレスに身を包んだ、今も忘れられない彼女が立っていた。
「ど…どうして?」
「私を…もらって下さい…」
「僕にはもう、何もありませんよ」
木村は自嘲するような、それでいて寂しそうな笑顔で言う。
「貯金はありませんし、教員試験にも落ちて、今は就職浪人中のしょぼくれた男です。
あなたの期待にも応えられなかった、だめな男なんですよ…」
それでも彼女は言う。
「私をもらって下さい」
「指輪なんて買えませんよ。あなたの分も買えませんよ」
「指輪ならあります」
彼女が差し出した指輪は、プラスチックのおもちゃだった。
それがプラチナより、ダイヤよりも輝いて見えるのは、気のせいとは思えなかった。
「……」
指輪を受け取った木村は、静かに彼女の薬指にはめた。
「木村さん…」
「もう…君を…離さない…」
堅く抱き合う二人を、渋滞で止まっている車のヘッドライトが照らしていた。

584 名前:583[sage]:2007/02/12(月) 22:07:33 ID:7ZwxTCzS
新ネタがストップしているので、保守代わりに書きました。
続きはもう少しお待ち下さい。
ほんとはここで終わらせてもいいんですが、エロパロ板なので。

585 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/13(火) 19:52:25 ID:7cKvYiim
まあ無理せんでもいいからゆっくりやってくれ
保守は適当にやっとくんで
SSはじっくり取り組んで完成させてから上げるんでも遅くない

586 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/14(水) 06:23:46 ID:vk50WhfB

-----------------------------------------############----------------------------
---------------------------------###########################---------------------
---------------------------#####################################-----------------
------------------------###########################################--------------
---------------------#################################################-----------
------------------######################################################---------
----------------##########################################################-------
--------------##############################################################-----
-------------################################################################----
-----------####################################################################--
----------######################################################################-
---------########################################################################
--------#########################################################################
-------##########################################################################
------###########################################################################
-----############################################################################
-----##########################################-######-##########################
----###########################################--#####--#########################
----##########################################-#--#####--#################-######
----#########################-#####--#########-########---###-#########------####
---################################---###########---###########-####-##--#----###
---######-###########--####--#--###---########---###########-#----##---##-----###
---#####---####################-###----#######--##--##-#####-------##--#-#-----##
---####-----###########--##--######-----###----------#######------------#-----###
---###------########------#######-#------##----------#######------------#----####
---##-------#########------######------------------------------------------######
---##--------###-#####---##----------------------------------------------########
---#---------###-######------------------------------------------------##########
-------------###-######-----------------#------------------------------##########
--------------#--######-----------------#------------------------------##########
------------------######----------------#--------------------------#---##########
------------------######------------------------------------------#----##########
------------------########--------------------------------------##-----##########
------------------###########----------------#-------#---------##------##########
---------------- -################--------------------------####-------##########
------------------#####################-------------------#####--------##########
------------------##########################-----------######----------##########
------------------##########################################------------#########
------------------#######################################-------------###########
------------------#################################------------------############
------------------###############################------------------##############
------------------##############################-----------------################
--------------- --#############################----------------##################

587 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/15(木) 23:12:51 ID:hQM2ilNU
「行ってきます」


http://editorschoice.jp.msn.com/070212A/
2月22日(にゃんにゃんにゃん)はネコの日!

588 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/16(金) 03:41:41 ID:ZXrk19Hm
逃げてー、さかき、逃げてー

589 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/17(土) 02:40:56 ID:LxkwthO7
+7777777++7++77772777777777777777++++72233888$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
+77777777777773$83322388327+++77238$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
777+77+7+77772$$$37=-+28838338$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$832++723337+$$$$$$$$$$$
7777777777777$2++733827==738$$$$$$$$$$$$$$$$$$82773$83+--+38837+$$$$$$$$$$$$$$$
7222777777++337=-+38837+=723838$$$$$$$$$$$$822723227+723327==738$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
722222222++22723327+=+28832=-+28$$38838$$$2--=3$$8+--=38837==+28$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
777722222737-=28$37+=+2383333888832272$32338$8833222327++723837=7$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
272772273$223327=+73837+-+28$8223=28$$$=--78$82=-=28$37=-+28832=2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
777272772$73882+-+23337+=7233338$38$$8$82277+7233327=+72832+=+28$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
777777777837==73883+-=+3$8838$$$$$$$$$$$$$8+--78882+-=73832+=2833223$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
++++77773$8+-=728837+738$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$837=+73883+==73$$3+-=78$88$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
++++++73$$$28833238$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$32238837=+23$$$3772332273$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
+++++7$$$$$$$$$822$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$888$$88$$$$$$$$2778$88$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
++++7$$$$$$$$$38$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8323$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
=++2$$$$$$$$$88$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
==2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
=2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
7$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8$$$$$$$$$$$$8$$$$$38$$$$$$$$8

590 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/17(土) 02:42:33 ID:LxkwthO7
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$88$$$82$$$$$$$$$$$$78$$$$233$$$$$$$$2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$$$$$8$$$$$$$$$$$$$$878$$$22$$$$$$$$$$$$77$$$$37328$$$$$$22$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$$$$73$$$$$$$$$$$$$$7+8$$8+7$$$$$$$$$$$$7+2$$$8773=3$$$$$8+2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$$8==$$$$$$$$$$$$$$8773$$2+7$8$$$$$$$$$$7++3$$$7++7-2$$$$$772$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
$2--2$$$$$$$$$$$$$87738$$327838$$$$$$$$$2+++3$$2+=+278$$$$82223$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8822728$$$$$$$$$$$$$$
+---$$$$$$$$$$$$$$88$$8$8883887$$$$$$$$$7++==$$888323773$$8322238$$$$$$$$$$$$$$$$$7322=--7$$$$$$$$$$$$$
---7$$$$$$$$$$$$$3733+788$$$3$78$3$$$$$$7+72+7$83338888$$$$8883$$3$$$$$$$8$$$22$$$87+++=--$$$$$$$$$$$$$
---3$$$$$38$$$$$$$++3==$$$$8$8==$32$$$$$7++---3$82888$$$$887-=7$77+8$$$$$28$$773$$83+++=--$$$$$$$$$$$$$
--=$$$$$37$$$$$$232=-==288$8$8=-28+2$$$$7++---=3=-7$8$$882-+--2+--7=7$$$$878$2782$8737==--$$$$$$$$$$$$$
--7$$$$3=28$$$$3+23-+832283837=--8++7$$$7++------++388$88=--+2+----+==3$$$77$8+73787++=--=$$$$$$$$$$$$$
--3$$$3==28$$$$7=+2--------------3+=-7$87+=--------==+72722333+--------7$$2+7$=23+737=---7$$$$$$$$$$$$$
--8$$3==778$$$8++72--------------3----73--------------------------------=88=-33+723+---=3$$$$$$$$$$$$$$
==$$8+==2+8$$$7=+72-------------77----------------------------------------7--=27+=---73$$$$$$$$$$$$$$$$
=+$8+=++2+8$$3++=72------------=3-------------------------------------------------=28$$$$$$$$$$$$$$$$$$
=28+===+7=8$8+===73-----------+3=--------------------------------------------+$838$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
-7+====++=3$7+====$=---------78=-------------------------------------------==3$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
-=---=====78===-=-78-----------+27=---------------------------------------+378$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
----=======+==--=--737------------+--------------------------------------22+7$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
-------========-=====387=----------------------------------------------+37++7$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
-----==========--====3$$$37=-----------------------------------------+33++++2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$83$$$$$
----------=====---===8$$$$$$3+----------=777777--------------------7387+++++2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$=8$88$
--------========--=-=8$$$$$$$$$3+-------------------------------=28$3+++++++3$$$$$$$$$$$$$$723$$$2+$8--
----------==========+$$$$$$$$$$$$82=--------------------------+2$$87++++++++3$$$$$$$$$$$$$$2--+$$2-73=-
---------===========+$$$$$$$$$$$$$$$87=--------------------=28$$$3++++++++++8$$$$$$$$$$$$$$$3$3+32-77==
-----------=======++7$$$$$$$$$$$$$$$$$$87=--------------+28$88$87+++++++++++3$$$$$$$$$$$$$$$$$$8=++$$$3
-----------=========2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$87+=-----=+23$83$$$82+++++++++++++3$$$$$$$$$$$$$$$$$$$38$$$$$
-------------======+3$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8$$$$$888888$$2+++++++7+++++++3$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
--------------=====+8$8$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8338888$88882+++++++++++++++++232338$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
---------------=====8$2$$$$$$$$$$$$$$$$$$$8328888888888837++++++++++++++++++23++7+78$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
----------------===+$87$$$$$$$$$$$$$$$$$87+73$238888327+++++++++++++++++++++78738+++28$$$$$$$$$$$$$$$$$
--------------=====7$3+$$$$$$$$$$$$$8837+73888+++7+++++++++++++++++++++++++++7887++++=-78$$$$$$$$$$$$$$

591 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/18(日) 21:32:27 ID:ZqiDTkFV
嫌なオズの魔法使い
http://www.nicovideo.jp/watch/utXvE6I544X2I

592 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:05:30 ID:SJF7FnKo
 よぉ、何やってんだ。
 ! 何だよ、そんなにびっくりすんなって。
 そりゃ確かに少しは脅かす気でいたけどさ、そのうろたえようはないだろ。
 こっそり入ってきたのは悪かったって。ちょっとドア半開きになってたのを覗いたら、
お前ら起きてたからさ、つい出来心でな。
 でもホントに何やってんだ? 子供は寝る時間だぞ。教師としちゃあ生徒の規則正しい
生活を促進していかないとな、ははは。
 いや冗談冗談。別荘でお泊まりした時くらいハメ外したいよな。いいぜ、別に。こっち
も連れてきてもらってる立場だもんな。堅っ苦しい神楽先生なんて言われるのもアレだし。
 まー、懐中電灯中心に集まっているとこ見ると、大方妖しい話しでもしてたんだろ。
隠すな隠すな、私ん時もそうだったしな。話したのは先生の方だったけど。
 で、何を話してたんだ? 言ってみ? ほらほら恥ずかしがるなよ。な、滝野先生には
秘密にしといてやるから。あ、どうした? ん?
 何だよ、ノリが悪いな、私には話せないことか? ふーん、まあ別にいいけどな。や、
気にしてないって。そうだよな、誰でも人には秘密にしておきたいことぐらい……あっ!
 お前らッ! 何だよ、これは! 何でウイスキーのボトルなんか……こっちにはビール
の缶も、こんなにたくさん……!
 どういうことだっ! ハメを外すのも限度があるぞ! いいか、お前らの年でこんなの
飲んだら身体の成長がなぁ……へ? 違う? 飲んだのは滝野先生?
 な、何だ、そうか。悪い、早とちりしちまった。……って、あいつ、ここにいたのか?
目ぇ覚ましたらどこにもいねえの。こんなとこにいやがったのか。……あれ?
 ……! まさか!
 お前らがやってた話しって、あいつの話した……そうか?! そうなんだな! っ、お
い、どこまでだ! とものヤツは何をどこまで話した! 言えっ!

593 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:07:06 ID:SJF7FnKo
…………。
 ……………………。
 …………………………………あぁあぁあああ。
 い、いや違うぞ、そんなことはない、ないんだ。ないぞ。ない。まさか信じたのか。
あはははそんなわけないだろ、ばかばかしいったらねえなぁ、私とともがそんなこと、
あはははははははは、はぁああぁあ〜…… 
わかったよ……わかったから、そんな生暖かい目で見ないでくれ。
いやお前らは悪くない、悪いのはあの馬鹿野郎だ。後でケツバット、それから卍固め
だな、くそぉ。
え? ああ、高校卒業してからだな。たまたま大学が近くて、その後も色々つるんで、
まあその、……うん、告られてさ、うん、一緒に住むことになったわけ。いや、成り行き
だよ、成り行き! 高校からの恋が実ったとかそういうロマンチックなもんじゃないって!
キャーキャー言うな!
 だから運命とかそういう小っ恥ずかしいこと言うな! 二人とも教師なったんだって、
同じ学校に来たんだって、たまたま! たまたまなんだよ! やめろよ、やめろって!
 べっ、別に私はあんなヤツ好きでもないぜ。そうだよ、向こうから付き合ってくれって
言われたから付き合ってるだけでさ、お前らもわかるだろ、あいつのボージャクブジンさ
に振り回されるのはうんざりだっての。まぁ、アレだ、アレ。友達の延長?
 ……っう。そ、それはその、あいつが言ったのは……だから、その、昔、昔の話だよ…
…かっ、身体の関係ってのはっ、今は違っ
 ……昨日?
きっ、聞こえてたのか? いや、そんなわけない、嘘だ。あんときゃちゃんと手で口押
さえてたし……あ。

594 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:08:24 ID:SJF7FnKo
 …………はい、してました。ゴメンナサイ。
 そ、そりゃあ止めたよ。私は嫌だったんだ。生徒が寝てる隣でするなんて。で、でも
ともが……。
 ……うん、ともが言ったから。
 …………うん。
 ………………す、好き、です、ハイ。
 ずるぃな……そんなこと言われたら、そう答えるしかないだろ。
 「好きでもない相手とそんなことできるわけない」か、一本取られたな、ちぇっ。
 女同士だよ、確かに。いろいろあるよ、そりゃあ、お前らが思ってる以上にいろいろさ。
まあでも、しょうがねえよ、その、好きなんだからさ。コラそこっ、手を合わせるな! ごちそうさまって言うな! ……もっ、もういいだろ、この話は終わりっ。
 ……! 何気ない顔でそんなこと聞くな! 言えるわけないだろ! 絶対に言わないからな!
 …………っ! あいつはそんなことまで……っ。
 だからって言えるか! 言わないぞ! ……な、何っ、何だよそれっ。「言わないと、
ここだけの話じゃすまなくなるかも」? そんな卑怯な取引き教えた覚えはねえぞ!
担任誰だっ?って、あいつだー!
 ぐぅうう……ちょっとそれ貸せ!
 ゴクゴクゴクゴクゴク。
 プファー!

595 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:09:38 ID:SJF7FnKo
 ふぃー、ちったぁ落ち着いたぜ。あー、何だぁ、私が飲んじゃ悪いのかぁ? は? とも
のヤツが、神楽には飲ませるなって言ってた? そりゃ私は弱いさ。飲んだら記憶無く
なるさ。けど普段飲まねぇからって、こんな時くらい飲まねぇでいられるかっての。
 さぁて、何だっけ。私とともがどんな風にしてたかってのを話せばいいのか? そうだ
なあ、何から話せばいいかなぁ、ふふふふふ。
 ん? おぅ、ともじゃねえか。ちょうどいい時に来たな。
 ああ、飲んだよ。飲んじゃ悪ぃかよ。誰のせいで飲んだと思ってんだぁ?
 まあいいからこっち来いよ。ほら、逃げんな! 何慌ててるんだよ、おかしなヤツだなぁ。
 こいつらがさ、私とともがヤッてた様子ってのを聞きたいらしいんだ。たっぷり教えてやろうぜ。
だから逃げんなよ。じたばたしたって始まらねえぞ。別に取って喰ったりしねえよ? 
身ぐるみはぎ取って、骨の髄まで食らいつくしたりしねえよ? ふふふふふ。
 どうした、身体が堅いなぁ。緊張してるんなら、リラックスしようぜ。ほら、ほぐしてやるよ。
 おお、いい反応するな。な、見てみろよ、こいつ意外と感じやすいんだぜ。ビクビク
しちゃってさ。
 ……とも、うるさいぜ。折角生徒の要望に応えようと実演してやろうってのに。そんな
うるさい口は塞がねえと、な。

596 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:11:09 ID:SJF7FnKo
 ……ん、ぅ……んちゅ…っ……ん、ふぅ…
 んはっ。
 どうだ? あはは、しおらしくなっちゃって。なぁ、お前ら、こんな滝野先生見たこと
あるか? キスの一つでこんなんなっちゃうんだぜ。
 お、まだ抵抗するか。うりうり。んー、小さい胸ほど感じやすいっていうけど、その通
りだな。それとも、ともが特別エッチなだけかぁ?
 へへ、汗ばんできてるぜ。暑いのなら脱いだ方がいいな。
 はいバンザーイ。よっと。
 何か胸に似合わない色っぽいの付けてんな。新しいブラか。昨日の夜はもっと派手なの
だったけどな。水着と同じでどうしてお前は、そう背伸びしたがるかね。
 ま、わかって言ってるんだが。
 なぁお前ら、こいつはなぁー、始めっからやる気まんまんでこっち来たんだぜ? 一夏
の経験っての? 「違う環境で刺激的な一夜を過ごそうプラン」とか銘打ってさ。この年
になってまで子供っぽい好奇心おうせいなんだ。つーか、単にスケベなだけだけどな!
 私にフロントホックのブラをくれたのもそのためなんだろ? 外したときに揺れる胸を
みたいからとか、そんな理由でさあ。毎度ニヤつく顔見て流石に気づいたぜ。告られた
記念日にもらった時の、私のあの感動を返せってんだ。
 あー何か腹立ってきた! てめーの勝手なわがままに付き合わされるこっちの身にも
なりやがれ! フツーにやりゃあいいものを、事あるごとにやれ「今日はこんな体位が
したい」とか、やれ「ちょっと縛らせてくれない?」とか、恥ずかしいこと臆面もなく
言いやがって。
 そんなに刺激的な経験求めてるんならな、こんなのはどうだ? 『自分の教え子の前で
恥ずかしい姿を大公開しちまう』、っての。んー? 今までにしたことない経験だろ? 

597 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:12:31 ID:SJF7FnKo
はいはい、抵抗は無駄。はむっ……ん。……ふふ。
 あっさり大人しくなったな。ああ、こいつ、耳も弱いんだ。
 もうブラの上からでもわかるくらいに乳首ビンビンにしといて、今更往生際が悪いんだよ。
はい、パラリと。ほーら、やっぱりな。痛そうなくらい勃起してやがる。
 ピン、と弾いてやると、はは、すごい反応。魚みてー。
 下の方はどうかなぁ。んー……うわぁ、こいつ、こんなになってる。おーい、みんなー、
滝野先生は生徒に見られてすっごく興奮してらっしゃいますよー。ははは。
 嘘じゃねえぜ、とも? じゃあ見てもらうか? それで判断つけてもらおうぜ。
 拒否権ねーの、お前にゃさ。ほい、ジーンズとパンツ、一気脱がし〜。
 さぁともちゃん、あんよ開きまちょうねー。おいたはダメでしゅよー。合わせた膝、
横に広げてくれないかな〜?
 このすべすべの脚、少しゆるめてくれればいいんだよ。ん〜? まだ素直になんねえかぁ?
 ふふ……それにしてもホントすべすべ……手触りいいよな……うらやましいぜ。ずーっと
触ってても飽きないくらい。冗談抜きでさ、私、お前の脚すげぇ好きなんだぜ……?
 脚だけじゃなく、他んとこも女っぽくてさ、私と違って色っぽいんだ。ここの腰の
ラインなんかさ、余計な肉も付いてなくて細いし、こうやって抱きしめると本当に華奢だしな。
 この胸もいいよな。小さいこと気にしてたけど、こう手にすっぽり収まるくらいが
ちょうどいいんだ。形も綺麗だし、もみ心地もすげー気色いいし。私のたるんだ胸をバカ
にするだけあって、最高だよ、これ。
 だから、な? 何も気にする必要なんかないんだよ。コンプレックスなんか欠片も
感じる必要はねぇんだ。ともの綺麗なところ、みんなにもっとわかってもらいたいし。
だから脚、開いてくれるよな……?

598 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:13:47 ID:SJF7FnKo
 ん……。まだダメか……。少し緩んだみてぇだけど、そうそう開けゴマとはいかないか。
 無理もないか。感づかれちまってるかもだしな。だって本当のところ、私がこいつらに
見てもらいてーのは綺麗なところっつーより……ともの淫乱っぷりだしな!
 あはは、流石にさっきより力が入っちまったな。でもなぁ、何度も言ってるように抵抗
するだけ無駄も無駄なんだよ。わかるだろ、だって……こーんなに感じやすいんだからな
ぁ、お前は。
 首筋に唇這わせただけで可愛く喘ぎやがって。私の手に重ねてる手だって、胸もまれっ
ぱなしで全然止めねぇじゃんよ。
 あぁー、それともあれか。もっと逆らうフリをして、もっと気持ちよくしてもらおうっ
て魂胆か。なるほどな。
 嘘? 嘘かどうかはお前の反応でわかるさ。す・ぐ・に・な。
 よぉーし、誰か有志二名! 滝野先生をいぢめてみたいヤツ!
 誰かいないか〜? 遠慮するこたねーんだよ。今日は無礼講だ。ってか、オトナを知る
ための課外授業ってやつかぁ? なはは、いいから来いっての、ほら、お前とお前っ!
 こいつの胸、思う存分いじってやってくれ。片方ずつな。一人一乳首。恥ずかしがるな
って。お前らもこいつの可愛いとこ、もっと見てみたいだろ? わかってるって、さっき
からもじもじ内股すりあわせてるじゃねぇか。
 うむ、素直でよろしい。両サイドから責めてくれ。揉むなり、摘むなり好き放題にな。
ああ、耳とか噛むとかしても面白いぞ。ネコっぽい鳴き声出すんだ。

599 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:15:45 ID:SJF7FnKo
 ……あぁ、本当に可愛い声出すなぁ。すっげぇ気持ちよさそう。眉をハの字にして、
ヨダレまで流して。ちぇっ、なーんか複雑だけどな。私の時より良くなっちゃってんじゃ
ねえの? おお、お前すごいな、耳の穴に舌突っ込むか。胸は鷲掴みで激しくもみしだい
てるし。でもそこは敢えて乳首には直接触れないで、その周りを指で引っ掻くように焦ら
すとかがいいぜ。まあ、もっとも? 何やっても淫乱な滝野先生は感じまくっちまいます
けどね? な? 太股、ヒクついてきたぜ?
 もう頃合いかな。ふふ……いい脱力具合。もう我慢できなくなってるってのが正直な
とこだろ。でも最後までするには、ここを解放してくんないとな。いいぜ、思いっきり
イかしてやるよ、ともが素直になったらな。いいか、開くぜ。
 ……はぁい御開帳。どうだ、これが滝野先生の秘密の花園summer.verだ。処理以前に
もともと毛ぇ薄いからな。はみ出した花びらまでよく見えるだろ。
 にしても、すげーなぁ、湯気立ちそうなくらい濡れ濡れじゃねぇか。これ、卵白じゃな
くて、智さんの分泌したイヤラシイ液体なんですよ? くっくっく。
 OK、OK。皆さんの熱っぽい視線にお応えして、もーっと滝野先生の奥の奥まで大公開
しちゃいましょう。しっかりくっぱりとな。
 じゃ、いくぜ……よっ。
 うわぁ、溜まってた蜜がこんなに……どうだ見えるか? 綺麗な色だろ。見られてヒク
ヒク収縮してるの、わかるよな。みんなに見られて興奮してるって、早くかき回してイか
してくださいって、そう言ってるんだ、この下のお口は。

600 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:17:07 ID:SJF7FnKo
ん? こらこら。お前ら、何しようとしてんだ。乗り気なのは結構だけどな、そこまで
しろって言った覚えはねぇぞ。
 胸とか耳とかは許すが、ここに触っていいのは私だけ。そう決めたんだ。くくく、そう、
「上も下も」唇は私だけのもんだ。所有権は一生譲らねぇぜ。
 ともだって、こうして指を……な、こんなに美味しそうにくわえ込んでくれるのは私だ
からだよな? すっげぇ締め付けてくるぜ。
 そう腐るなって、代わりに他は好きにし放題だから。そうだな、こんなのはどうだ? 乳首を甘噛みしながら、お腹の辺りを下からツツツ…と指を滑らすと、なかなかイイ反応
するんだぜ。背中舐めながら尻たぶを揉みまくるのもお気に入りだったりするんだ。
 ほら見てるヤツらも見てるだけじゃなくて、いろいろ試してみろよ。私の知らない性癖
見つけたら教えてくれよな。
 おー、一斉に……したくてたまらなかったんだな。よかったじゃねえか、とも。お前、
教え子にこんなに愛されてるぜ? あはは。
 さぁて、そろそろとどめを刺してほしいんじゃないか? 鞘から飛び出たピンクの芽も
そう言ってるぜ。イキたいだろ?
 でもタダじゃダメだなぁ。ああ、大したことじゃねぇよ。一言言ってくれればいいんだ。
 「イカしてください」って。
 「ぃゃ」じゃないだろ。そんなに「いや」ならこのまんま放置してやろうか? そうだ
よな、それこそ「いや」だよな。
 ……じゃあどうすればいいかわかるだろ? 言えるはずだよ、たとえ大勢の前でだって
……「神楽のこと大好きだから、思いっきりイカしてください」って……ほら、な?

601 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:17:59 ID:SJF7FnKo
 …………ん、よくできました。
 じゃあ思いっっっきりイカしまくってやるからなっ!!
 わははっはははははははっははっははっっっは!! こことか、こことか弱いんだよ
な! わかってるって、外と中からクリトリス揉み潰すのも好きなんだよな! うわぉ、
すげぇ! こんなに奥まで指飲み込んどいて、根本から指先までうねりながら締め付けて
くるなんてな! ははははははっ! 任せろ! ヒダの一枚一枚から、子宮の真ん前まで
私の愛で蹂躙してやるぜ!
おぉっ、イったか? ん、あははははっ! 見ろよ、みんな! これが潮吹きってぇや
つだ! 淫乱な教師がすっげー気持ちよくなると噴き出してくるんだよ、ははっ! 見る
の初めてか? んじゃあもう二度三度見てみるかっ。んー? 何て顔してんだぁ、とも。
まさか一回で終わると思ってたのか? んなわけねーだろ。だって一回こっきりじゃあ「一
夏の思い出」には役不足だろ? お前の少ない脳味噌の皺に刻み込むくれぇやってやるよ、
嬉しいよなぁ? それに、私のことが好きだから思いっきりイカしてほしいって、さっき
頼まれたしな! ははははははははっははっははははははははははっっ!!!
 よぉーし! 今日は徹夜で×××、略して徹マンだぁ――――ッ!!



602 名前:アダルT[sage]:2007/02/19(月) 22:19:15 ID:SJF7FnKo



………………あー……頭いてぇ……。昨日酒飲んじまったみてーだな。いつ飲んだんだ? 記憶ねぇや。ってか、昨日何あったかすらわかんねぇや。鏡ん中の目、すげぇ死んでた
な……肌は妙にツヤツヤしてたけど。ホントに昨日何があったんだよ。全くこれだから酒
なんて嫌なんだ。
お。おはよう、お前ら。あのさ、昨日のことだけど何か知らな……
 っ! な、何だ?
 一糸乱れぬ最敬礼なんてして?! 何が始まったんだ?!
 はぁ? 何、何だそれ、私何か教えた覚えなんて……???
 お、と、とも、何とかしてくれ、こいつら……うわぁっ! ど、どうしたんだ何も着な
いで! しかも体中、紅い斑点……それまさか全部キスマーク?!
 お、おいどうして逃げるんだよ! とも、待てって、ともっ!

fin.

603 名前:名無しさん@ピンキー[???]:2007/02/19(月) 23:28:16 ID:s1xveVXE
                ,,r‐''"~~´:::::::::::::゙~''''‐-、,
              ,,r''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙丶、
            /:::::::::::::::::::::::::::::,r、::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / ......::::::::::::ィ::::::::// ヽ:::::ト、::::::::::::::::........ヽ
           /:::::::::::,r::::::/ |:::::/ /  ゙、::l ヽ:::::::::、::::::::::::::゙、
           /:::::::::::/i::::/,,,,l:::/ /   ヽト‐-、:::::|',::::::::::::::::i
          i::::::i:::::/'|::/  |/  /     !  ヽ::|ヽ:::::i:::::::::l   
         l:::::::|:::/ .i/              ヽ:| ゙、::::i:::::::::|   
           |:::::::|/                 ゙'! ヽ,!:::::::::|  
         |::::::;;;;i -‐''''''"""~~     ~~"""゙'''''''''‐ |;;;;::::::::|
          |::::::;;;;;|                        |;;;;:::::::::|    エロいな〜
        |::::::::;;;;l                    l;;;;:::::::::|
         |:::::::;;;;;|                       |;;;;::::::::|
     _,,,r-┴、::;;;;ヽ、                   ノ;;;:::::-‐-、
    / 、  、 ヽヽ-,;;;゙ヽ、      ヽフ       ,,,イr/´/ ,r  ゙'ヽ、
 ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ゙゙̄'''‐- ...,,,,,,,,,,,,,,,,,,.... -‐'''~  ̄(,,しL,/,,,r'~,,,-‐' ̄ ̄

604 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/20(火) 01:29:47 ID:9OyHpUNY
神楽酒癖悪っww

605 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/21(水) 21:35:02 ID:S/n/H/LD
http://www.nicovideo.jp/watch/uth1bRkHO6ha0
借金大王

606 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/21(水) 23:53:04 ID:TZe2B42d
>>592-602

 私の中の神楽のイメージとはちょっと違うけど、
それでも思わずおっきした。

 GJ!

607 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/21(水) 23:57:19 ID:TZe2B42d
>>583

 あ、そうそう、木村先生と奥さんの馴れ初め、気長に待ってます。


608 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/23(金) 07:53:31 ID:ZjUw5g0h
>>605

見られないよ〜。



609 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/23(金) 19:19:46 ID:2KFRlFDq
>>608
何か攻撃を受けてるとのこと。
あっちはお父さんじゃないので跳ね返せなかった。
復旧をのんびり待とう。

610 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/24(土) 23:08:21 ID:3TGcxoOk
風邪引いた。頭イタイ。
実況中継希望。

611 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/25(日) 12:37:31 ID:xQ31vjzN
嬉しいからって裸で踊っちゃダメですよ メッ!

612 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/25(日) 18:56:30 ID:FC5L5L2Q

   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(;´Д`)ノ  ランタ タン
         (へ  )    ランタ タンタ
           ω >    タン


613 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 17:08:13 ID:UbACE35V
. _∧∧__
 |(o・-・) |悪化しますた
 |\⌒⌒\
 \|⌒⌒⌒|
     ̄ ̄ ̄


614 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 17:56:08 ID:yi7/UKVN
▲▲ よつばと!でエロパロ! ▲▲
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1172317358/

615 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 18:11:40 ID:cPdZDxI8
ここってやっぱりエロくないとだめだよね?
初めて書いてみたけどエロくできねぇ!
なおかつ稚拙で面白くないし

職人さんたちはホント凄いです
ちょっと勉強しなおしてくる

616 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 21:38:42 ID:UbACE35V
>>615
上の方でも言われているわけだが、別にエロくなくてもいいんでない?
どんなSSであれ、場がにぎわってくれれば嬉しいのだけど。

617 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 22:07:37 ID:26ngeKu3
エロくないのを書くスレが落ちちゃってるのよ

618 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 22:09:46 ID:UbACE35V
じゃあなおさらここで書きなよ、と。

619 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/26(月) 22:24:37 ID:26ngeKu3
ああ、いや俺は>>615に言いたかったんだ
まあもうどうでもいいや

620 名前:583 ◆C6FhMothKE [sage]:2007/02/26(月) 23:38:59 ID:VaIPtYnj
古ぼけたアパートの一室。
電気の消えた部屋で、下着姿になった彼女を月明かりが照らす。
「あ…は…恥ずかしいです…」
わずかな灯りなのに、顔が真っ赤に染まっているのがわかる。
透き通るように白い肌、大きすぎず、かつ、小さすぎない胸、細く華奢な手足。
木村はたまらず、唇を奪った。
「ん…んん…ん…」
ピチャピチャと音を立てて、舌を絡め、吸い合った。
名残惜しそうに離れた唇と唇の間を、糸が引く。
木村の手が、彼女の胸に延びた。
「んああっ…」
胸を愛撫され、彼女の体を電撃にも似た刺激が走った。

621 名前:615[sage]:2007/02/27(火) 09:13:53 ID:LeUFADaR
お言葉に甘えて投下します。
はっきり言って、下手です。ありきたりだし、最後は何か変。
能力の無さに涙が・・・
心の広い方は、どうぞ読んでやってください。

622 名前:615[sage]:2007/02/27(火) 09:14:38 ID:LeUFADaR
「みなも」
耳元で甘くそう囁かれ、真剣な顔をして見つめられたら…
抵抗出来なくなってしまう。

動けないでいる私の唇に軽くキスをする。
これが始まりの合図。

良いのか悪いのか判断することさえもどうでもよくなって、
気がついたら身体を許している。

ずるいよなぁ。
いつもは「にゃも」って呼ぶくせに、普段はそんな顔しないのに…

まるで魔法の言葉みたい。
自分の名前なのにね。
あなたが呼ぶから魔法になるのかな。

「みなも」

今日もまた魔法の言葉がかけられる。


623 名前:615[sage]:2007/02/27(火) 09:17:44 ID:LeUFADaR
以上です。お目汚し申し訳ない。

にゃも不足を自分で補おうとしたのが間違いだった
今は反省している

624 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/27(火) 18:54:49 ID:Xi3pmt/N
>>622
イイ!まるでラブソングの歌詞のようで、赤面フリーズするにゃも先生が目に浮かぶ
ようですなあ。
>あなたが呼ぶから魔法になるのかな。
これ気に入った。このクラスのフレーズを生み出せるなら短編はすぐ書けるでしょう。
いっぱい書いてください。

ただ一つだけ苦言を呈せば、>>621の2〜3行目のような自己卑下は慎まれますよう。
稚拙は誰もが通る道、イイワケは無意味だしなにより本文を読むとき邪魔になる。

かつて俺もそう教わったんすよ。
通りすがりに偉そうですまんが、あなたにこれを伝えることができて俺的には満足w

625 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/27(火) 22:43:37 ID:A3LUVByF
>>622
詩的に素敵

626 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/02/28(水) 01:41:30 ID:DtBJfQjI
>>620

 あせらずに少しずつ、話を進めてくださいな。

>>622

 ポエムとしては申し分ない。SSをものするまであと一歩!

627 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/28(水) 01:42:59 ID:DtBJfQjI
 しまった、sage忘れた……。
 しばらくROMっとく。

628 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/28(水) 20:51:36 ID:hJIdCevs
口口滝智智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口滝智智智暦暦智智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦智智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
原智智智智暦智暦智暦暦暦暦暦暦暦智智暦暦暦暦暦智暦暦智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智智智智暦暦暦暦暦暦暦暦暦智智野水エ野智暦暦智智暦暦滝暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智智智暦暦暦暦暦智智暦智智口口エ口口口エ暦暦暦暦暦暦原智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智智智暦暦暦智智智暦暦暦水口口口口口口口智暦智智智暦水滝暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
暦智暦暦智暦暦暦智暦暦智口口口口エエ口口智智暦暦智暦水原暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智暦智智智暦暦暦暦暦暦原口口口口水野口口滝智暦智智暦エ口智智暦智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智智原暦智暦暦暦暦暦暦エ口口口口口口口口野智暦暦智暦口口原智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
智エ野暦暦暦暦暦智智智口口口口口口口口口原智暦智智智口口水滝暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
エ口智智智暦智暦野暦野口口口口口口口口口水暦智暦智智口口口野智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口エ暦智智智暦智野暦水口口口口口口口口口口智智智智智口口エ水野智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口水暦暦智智智野野智エエエ口口口口口口口口智暦智智滝口水原口水智智暦暦暦暦暦滝暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口原智智智智暦水滝野口原エ口口口口口口口口原暦智智滝口水原口口水暦暦暦暦暦暦智野智智暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口野暦智智智暦水滝エ口水水口口口口口口口口エ智智暦滝口口口口口口原智智暦暦暦暦水智野暦暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口野智智智智暦水滝口口口口口口口口エ野水口口滝智暦智滝野原水水水水智暦暦暦暦暦野エ野滝智暦暦暦暦暦暦暦暦
口野智智智暦智水滝口口口口口エ原滝暦智口口口原智暦滝エ滝暦暦暦暦滝野智暦暦暦暦智エエエ暦暦暦暦暦暦暦暦暦
口原智智智暦智原原エ水原原原原野野滝原口口口エ智智滝口エ野エエ水水水原智智智暦暦原口口原暦暦暦暦暦暦暦智
口原智智智暦智野エ口エ水水水水エ口口水口口口口滝智滝口エ水水エ口口口口エ智水野智智原水口野暦暦暦暦暦智暦

629 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/28(水) 20:52:58 ID:hJIdCevs
口原智智暦智智智水水エ口口口口エ野野エ口口口口水智滝口水エ水原水エ口口口エ野口水滝エエ水口滝智暦暦暦智暦
口原智智暦智暦暦エ口口エ口口口口水エ原口口口エ口智滝水口口水エ口エエ水エ口口エ口口口口エエ口滝暦暦暦暦暦
口水智智暦智暦暦エ口エ口口口エ水エ口水エ口エ水口原智水口水エ口野智暦暦暦滝野エ口口口口口原エエ滝暦智暦暦
口水智暦暦暦暦暦原水エ口原暦暦智野野エ野水口原口口智原水口エ野暦智原滝智暦暦暦野エ口口口野エ水水野暦暦暦
エエ智暦暦暦暦智野水エエ滝暦野原滝智智滝口水原口エ野原口エ水原野エ水エ水エ滝暦暦暦野水滝滝滝野原原暦暦智
野エ智暦智暦智智滝原滝滝暦滝エ水エ原原野野原野原野原口水原水水エ水エ水口エ口エ野暦暦智野滝智滝滝智暦智暦
エ野暦智智智滝滝滝エ野智暦水水水原エエ滝滝野原滝野滝原エ原水原エ水エ口エ口エエ口原水エ水滝エ原原智智暦暦
口野暦智暦暦暦智智原滝滝野水原原エエ水智滝原野エ口野野水エ水エ水エエ水口エエ口水エ原野原原原原原暦智智智
口エ暦智智暦暦智智水エ原水原原口水エ原野原原口エ水エ滝口原エ原口エエ口水エ口水エ野野水エ野原口智智智暦智
野原暦智智暦暦智智エ水エ原水口水口エ滝野水口エエエ水水原エ水口水エ口水口エ水水原原エエ野原口野暦智暦智暦
滝野智智智智暦智暦原水原エ口水口エ原野水口エエエエエ水原水口水口口原口エエ水原原口水原野口水滝智暦暦暦智
野野水智智智暦暦暦原水エエ水口水水原水口エ口エ口エエエエ原原口エ水口エエ水水原口エ原野エエ原智智暦暦原エ
野野原水暦智暦暦暦野口エエ口原原原エ口口口エエ水エ口口エ水エ原野エエエ水水水エ原原水口エ水智滝野智滝水智
水滝滝口野暦暦智智野原原原原原口口口口エ水エエエ水水水エ口エエ口エ水原原原水水水口口口エ水エ水原暦原エ口
口口野水口智野智智野口原水口口口口口水水口口口口口エエ水水口口口口エエ口口口口口口口口エ口エ水エ智口口水
水口口原水原智口野滝口水口口口口口口野水滝智暦暦暦暦暦暦暦原口口口口口口口口口口口口口口エエ口エ原口口原
口エ水エ水原暦エ口水原口口口口口口口原エエ暦暦暦暦暦暦暦暦暦水口口口口口口口口口口口口口口口口エ口口口エ
原エ口水水エ智原口口口原水口口口口口原原口水暦暦暦暦暦暦暦暦智口口口口口口口口口口口口口水野口口口口口エ
口口口口口エエ野口口口口水水口口口口水暦水口水暦暦暦暦暦暦暦暦原口口口口口口口口口口口口口口口口口水滝暦
口口口口口口口水エ口口口口水エ口口口エ暦暦原口原暦暦暦暦暦暦暦智口口口口口口口口口口口口口口口口水智智智
口口口口口口口口原口口口口口原口口口口暦暦暦野智暦暦滝滝滝野滝滝エ口口口口口口口口口口口口口口口滝智智暦
口口口口口口口口口原口口口口水エ口口口滝暦暦暦暦智野野野滝野滝滝水口口口口口口水口口口口口口口エ智智暦暦
口口口口口口口口口水エ口口口口原口口口原暦暦滝水滝野野野滝野滝野原エ口口口口口水口口口口口口口野智暦暦暦
口口口口口口口口口口原口口口口水口口口エ暦暦水野野野野野野野野野原水口口口口口水口口口口口口口智智暦暦暦
口口口口口口口口口口水エ口口口口原口口口滝暦エ滝野野野野野野野滝水エエ口口口口水水口口口口口野暦暦暦暦暦
口口口口口口口口口口口原口口口口水エ口口水智水野野野野野野水滝滝口口原口口口エ水エ口口口口原暦暦智暦暦暦
口口口口口口口口口口口水エ口口口口原口口口滝水滝野野野野水口原原口水水原口口口エ口口口エ原滝暦暦暦智暦暦
口口口口口口口口口口口口原口口口口エ水口口原水智野野野野エ水エ水口口原野口口口口口口水水エ暦暦暦暦暦暦暦
口口口口口口口口口口口口水口口口口口原口口口原水滝野野水エ口口水口口口エ口口口口エ水口口滝暦暦暦智野野野
口口口口口口口口口口口口エエ口口口口口原口口原エ野智滝原エ水水水口口口口口口口水エ口口水暦暦暦暦野暦野暦
口口口口口口口口口原口口口滝野原水エ口水水口エ水エエ口口口口エ水口口口口口水水口口口口原智暦暦暦野暦滝暦

630 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/02/28(水) 23:50:37 ID:4wdgUKDi
どのシーン?

631 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/01(木) 00:43:55 ID:tU2rJoCw
同人だな

632 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/02(金) 19:22:12 ID:oQ7RBPe6
ttp://www.moonlight.vci.vc/misc/azumanga.html

>大阪、ぺったんこな胸、甲高い声、のろま。― いいなあ
>よみ、ガーター・ストッキング、スカートのすぐ下にそっとのぞくぎりぎりの肌。― いいなあ
>ゆかり先生、いかれた身勝手なアル中。― いいなあ
>榊さん、猫フェチ。― いいなあ
>ちよちゃん、10歳、ほんとにほんとにほんとにいいなあ。このシリーズで好きになれないものってある?


ひどい紹介だが共感せざるをえない部分は否めないw

633 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/03(土) 21:22:19 ID:IBIlgHKA
今はあずまんがに類する作品ってないよなあ。

634 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/03(土) 21:29:15 ID:g53DffCN
まなびストレート見てるときに何かあずまんがと似たような気持ちになってる
内容が似てるかどうかはともかく

635 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/04(日) 00:35:31 ID:HZkkiF3D
なつみstepってフラッシュもあずまんがっぽいぞ。
一見の価値あり。感想を聞かせてくれ。

636 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/04(日) 01:18:40 ID:hfNpbSRW
>>635
あれは……その
実は怖い話ですから……

637 名前:635 [sage]:2007/03/04(日) 11:12:22 ID:HZkkiF3D
……ちっ。

638 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/05(月) 21:22:41 ID:FfOhaP4T
まあ「今日登校日ー?」とか言ってるお前らど素人は「終わらない夏休み」でも読んでなさいってこった。

639 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/06(火) 20:31:41 ID:3yWRyovr
終わらない夏休みって何なん〜?

640 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/06(火) 20:50:06 ID:4/tjCIAx
鬱小説

641 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/06(火) 21:24:13 ID:VmqzGTS0
よみともに期待しまくり。

642 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/07(水) 20:37:24 ID:tt16qLO4
         >>641
        何かネタはあるかい
          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
        |i | 从 ●    ● l小N
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )




643 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/07(水) 21:59:04 ID:eviwZePX
智とよみなら「終わらない夏休み(の宿題)」だろうか?

644 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/07(水) 22:41:39 ID:sp0jDpzB
え?今日は登校日だよ

645 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/08(木) 02:46:36 ID:Bkl5KWA7
うっそでー、登校日なんか信じてるやつなんかいねーよー

646 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/08(木) 03:50:32 ID:rfi++dqR
>>642
上に出ていた職人さんのよみともに期待さ!


智よみなら、攻めは智なんだろうか。

647 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/08(木) 20:43:33 ID:IOuNGZFH
一言で言うと難しいですな

648 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/08(木) 21:06:31 ID:fea89s/x
ふむ。

649 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/09(金) 00:48:08 ID:FL7BV9rR
二言で言うと?

650 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/10(土) 03:35:21 ID:m42BcXtG
智は 受けでしょうな

651 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/10(土) 06:06:15 ID:L6XwW260
一言>難しい
二言>智は受けでしょうな


全然違ってるー?!(がびーん)

652 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 14:17:45 ID:uyMsuknH
ともちゃん総受け

653 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 15:05:54 ID:q1JDQo1G
よみ総受けだろ

654 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 17:16:25 ID:JdyZrOcY
よみはその時になったら素直になる

655 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 18:48:30 ID:L+so3QgK
>>652
お前とは気が合いそうだ

656 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 23:27:44 ID:LwWK3GU3
ついでに神楽総受け

657 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/11(日) 23:40:44 ID:2Gz338Ls
>>656
まさにそのとおり。


ちよ&大阪のもどかしいエロを読みたい。

658 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 00:08:10 ID:ztUYRCG5
ちよと大阪は攻め側かな

659 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 00:55:05 ID:Wv8QhGrO
「攻めとか受けとか ようわからへん」
「はい 何のお話ですか?」
「ちよちゃんちよちゃん ネコとタチっていうやんかー」
「えっ 何のことですかー?」
「いうねん」
「は、はい…」
「ネコがおってー、タチがおってー、どうしてイヌがおらんのやろー」
「さぁ…?」
「そもそもタチってなんやねん」
「んー… そうだ!ひょっとして太刀魚のことじゃないでしょうか?」
「たちうおー?」

カッカッカッカッ…

「こーんなお魚でー、太刀みたいに細長いから太刀魚って呼ばれてるんですよー」
「ほーぅ ようわからへんけど タチウオなんやー」
「ぜんっぜん違うからな」
「ヨミちゃんは細長くないからそう呼ばれたことないだけやー」
「ちょっと待て」

660 名前:Neutral Sexuality 注意[sage]:2007/03/12(月) 02:24:20 ID:2gLC0Yx0
>>656 神楽総受けはガチ。


※極度の両性具有(ふたなり)ものです。やはり餌食は榊さんです。
  専ブラ持ちで苦手な方は、タイトルの「Neutral Sexuality」を透明あぼーんして頂けると幸いです。

※エロ分はそんなに多くありません。

カップリングは 榊×ちよ、榊×神楽です。


661 名前:Neutral Sexuality 1[sage]:2007/03/12(月) 02:28:59 ID:2gLC0Yx0


卒業式が終わった……。
それだけじゃない、マジカルランドや暦の発表も過ぎてしまった。
ちよちゃんは留学してしまうし、私も獣医学を専攻すれば忙しくなるだろう。
今までのみんなとも会えなくなるんだ。

どんなに体が成熟していても、心は少女である。
自分を含んだ六人がほとんどを占めるアルバムを見て、彼女は涙を流していた。
部屋の蛍光は灯されていない。点ける気力すら起きないようである。
本当ならもう少し喜んでいてもいいのに、と自分を不思議がりながら、カーテンの開いた窓を覗き込む。
親は久々の旅行に行き、一人部屋に取り残された休日。
ひざ下まで伸びかけている髪は、そんな時でもよく手入れされていた。
周りに置かれた猫の写真や愛らしい動物を模した縫いぐるみのようなものも、今は慰めにならなかった。

最も親しい人々と別れてしまうことへの不安は、彼女を再び三年前へと引き戻すほどに増大していた。
誰よりも、そう、きっと親よりも自分を変えてくれた友人と離れ離れになることは、今の彼女に耐えられるものではなかった。

それなのに、手は自らの秘所に伸びている。
しかも、ほとんどの女性が持つ花弁ではなく、その少し上、核があるべきところからそそり立っている突起物に。
可憐な姿におよそ似つかぬ剛棒、それこそが彼女を内向的に、寡黙にさせたと言っても間違いではなかった。

遺伝子上女性だと分かっていても、家族はそれを切除させようとしなかった。
幼いときには何ら疑問を感じなかったが、一緒に入浴しているときに、母にはそれがないことに気づいたのである。
さらに、二次性徴を迎えた後にはより疑いが深まった。
自分自身の運動能力が極端に高いことや、女子の生理だけでなく、周りの男子が話しているような現象の発生、
他の人を抜いて伸びつづける身長、少しばかり低くなった声。
学校の教育で、既に男性と女性がそれぞれ何を持つか、それぞれどう変化するを知っていた彼女は、自分の「根本」が
他人との相違の原因だと薄々気づいていた。

だからこそ、力が発揮できるはずの運動部には行かなかった。
着替えのときに気づかれてはいけないという単純な理由だけではない。
他の女子から「男性のように」憧れを持たれることを厭っていたのである。
事実、中学だけでなく、高校に入ってしばらくは、その体躯の良さから男女問わず部活に勧誘された。
体育の授業でも、バレーボールでアタックを決めたり、陸上で男子以上の記録を立てようものなら、
周りから黄色い声をあげられ、放課後にラブレターを渡されたりした。

そのようなこともあり、中学からの彼女は常に「かわいい物」と同化しようとしていた。
猫の写真、『ねここねこ』のぬいぐるみや絵本、そして西表島で出会ったマヤー。獣医を目指したのもこの頃からだ。
よくよく考えるとたわいもない理由だったなと、自分で反省もした。当然それだけではないのだが。
だが、自分に欠けているかわいさを補填するために、彼女が様々なものを買いあさったのは事実である。




662 名前:Neutral Sexuality 2[sage]:2007/03/12(月) 02:30:19 ID:2gLC0Yx0


そんな中、彼女は5人と出会った。
一人の「友達」として、憧れではなく親愛の対象として、自分を見てくれる存在は救いとなった。
5人のおかげで、閉ざされがちだった心をやわらかく開くことができた。
特に交わりが深かったのは、弱冠十歳と幾ばくの秀才少女である美浜ちよ、そして自分と同じくらい運動ができる神楽。
彼女を母親のように思い慕ってくれる幼い子供と、ライバルとして強く触れ合えた少年のような女性。

……しかし、彼女にとって、この二人はもう「友達」ではなくなりかけていた。
どちらも、今まで隠し通してきた性的衝動の矛先ともなってしまっていたのである。
女性としては男性的な匂いのする神楽を、男性としてはあまりにもうら若いちよを求めていた。
あるいはその逆かもしれない。

暗く、窓から街灯の光だけが入り込む部屋の中で、今まさに彼女は自分自身を弄んでいる。
二人を罪悪感と欲情の対象にしながら。
「あっ、だめ、だ……こんなの」
常々はしっかりと揃えられている寝巻きも、いつしか夜具の下に散らかされていた。
今晩は親も帰ってこない。少しの乱れくらい、許されたっていいだろう。
右手は常に扱きを加え、アルバムを手にしていた左手は時々花から蜜を掬いだす。
どちらも誰にも汚されていないし、このような体を汚す人間もいないだろう、
それで私は幸せなんだ、と彼女は思っていた。

ヤマネコのマヤーは、望みどおり彼女のもとにやってきた。
その時は、彼女だけでなく、ちよや他の4人も喜んでいた。
しかし、卒業して大事な人々を失ったとき、「天然記念物を飼う」という行為に
強い空しさと自己嫌悪を覚えた。

ごめんなさい。
君は島に帰って、仲間たちと元の環境で暮らさないといけなかったんだ。
私は罪人だ。ただの悪い人だったんだよ。
ここに居つづけても、絶対に君に幸せはやってこない。
「かわいいから」なんて考えがある人間のもとに居つづけても。
私が悪かったんだ、ひとりひとり貴重な動物を自分の手にしようと少しでも考えていた私が・・・・・・
ごめんなさい、マヤー。獣医志望失格だね。

ごめんなさい、ちよちゃん。あの子を預けてあなたにも罪を被せただけでなく、今あなたの体を想って卑劣なことをしています。
こんな姿をあなたが見たら、一生会ってくれないことでしょう。アメリカに行って私から離れることは賢明な選択でした。
もう私はあなたの友達ではないのです。ごめんなさい。




663 名前:Neutral Sexuality 3[sage]:2007/03/12(月) 02:33:28 ID:2gLC0Yx0


頭の良さと努力に報われず、不合格続きだった暦の合格発表。
桜咲く結果に、仲間として心から喜んだ日。
その数日後、裕福な家の財力でなんとかマヤーを島に戻すよう頼んで以来、ちよには会っていなかった。
彼女はほぼ黙りこんでいた。ちよはうすらと目に涙を浮かべていた。
「ほんとに、だめなんですか?」
「だめだ。もう隠していられないよ、マヤーはここにいるべきじゃないんだ」
「榊さんが!榊さんが飼おうって言ったんじゃないですか!」
「ごめん……ごめんね、だけど」
「動物のおいちゃ、お、お医者さんになるんですよね?
 自分で自分がやろうとしたことの責任を取ってください!」
「私が……悪かった……」
少女の涙は大粒のものに変わっていた。

ごめんなさい。
他のみんなみたいに、あのまま笑ってさよならできていればよかったのに。
あなたとは泣き別れになってしまいました。本当に……

「ごめん、はぁ、ん……な、さい」
目に浮かぶ涙は複合された暗い感情のためだろうか。それとも、快楽のためだろうか。
彼女自身は、後者の存在を認めないだろう。
だがしかし、謝罪だけではない声が漏れるのに、そして絶頂が刻一刻と迫ってくるのに、抗うことはできなかった。
「ん、んぅ、ちよ、ちゃん……か、ぐら」

ごめん。神楽。
大学のことを気にかけていたけど、無事に合格できたね。おめでとう。
やろうと決心したときには、君は絶対できるまで努力するって信じていたよ。
私のことを常にライバルと思ってくれたみたいだけど。
私にいつもおもしろい勝負を仕掛けてきてくれたけれど。
私に一番積極的に話しかけてきてくれたけれど。
そういえば、一緒にぬいぐるみを作って失敗しちゃったこともあったよね。
あの時も、ずっと大声で笑ってくれたけれど。
ごめん。私なんて、いつも一生懸命努力している君のライバルになれる存在じゃないよ。ごめんね。

このまま達してしまったら、ただでさえ愛液や先走りに塗れたベッドが思い切り汚れる。
それでも一向に止められない。むしろ、彼女たちに対する感情が両方の秘部にますます熱を持たせていた。

さらに、彼女は胸元に、今まで女性の秘所にあった手を這わせた。
身長や運動能力のたくましい成長に反し豊かになっていた乳房の先端が、敏感に指の刺激を感じ取る。
他の女子から羨望の目で見られ、男子からは性的に覗き込まれる張りのある双丘も、本人にとっては劣等感の元でさえあった。
どちらの性にもなりきれない不安定さは、彼女にとって大きな負担だったであろう。




664 名前:Neutral Sexuality 4[sage]:2007/03/12(月) 02:34:42 ID:2gLC0Yx0



なおも彼女は動きを止めない。それどころか、抑圧すべきものがより行為を加速させていた。
髪はシーツの上で乱れ、猫を柄に模したショーツは完全に脱ぎ捨てられている。
体躯の隅々に透明な液体が流れ、とめどなく流れる涙と混じりあう。
「ごめん……なさ、ん、ぁ」
絶頂が静かに近づく。手のひらに包まれた大枝は、極限まで反り返っていた。

「だめ、もう、だめ……だっ」
その瞬間、歯を食いしばって声を最小限に抑えつつ、彼女は大きく身震いして達した。
せめて床には出さないように、握っているのと反対の手で掬い取ろうとしたが、冷めぬ興奮の余り周りに白濁液が飛び散る。

手に放たれた性欲の水たまりを見つめてはいられなかったし、見つめないでもいられなかった。
快楽が終わったあとは、この液体の存在で増大された自分自身への嫌悪感だけが残る。
親が来る心配はない。ゆっくりと、落ち着いて片付けよう。
もう涙を流す力も残っていない。私はやるべきことをやらなければ。

「いい?ちよちゃんも、ちゃんと謝るんだぞ」
「わかりました。榊さん、大丈夫かな」
「大丈夫だよ。でも、深夜にこんなことをしていいのか、って考えちゃダメか」
どうしてだろうか、聞き慣れた声が耳に入る。
「……幻聴か?考えすぎかな」
思考能力が低下している現在の状態では、それ以上考えを深めるのは不可能だった。
ぼんやりと声のするほうに顔を向けたとたん、扉が開いた。

まずい。
出て行くときに鍵を開けたままにしておいたのか?
泥棒じゃなくてよかった、でも……

状況がそれぞれ理解できないまま、場の空気が凍る。

「あの、すみません、こんな時間……っ!」
「ちよ、ちゃん?」
「榊?なんだよそれ!?」
「か……」
「いや、なんでも、榊、でも、それは」

二人の目に入ったのは、生まれたままの彼女の姿と、女性にはないはずのなんらか、いや、陽物だった。
未だにしおれず、直立しているそれは、しっかりと裸体に根付いていた。
ベッドには見覚えのあるアルバム。写真には半透明の、うぶな娘たちにはよく理解できない液体。

その二人とは、先ほどまで彼女が欲望と罪悪感の対象としていた……ちよと神楽であった。


(続?)



665 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 02:36:16 ID:2gLC0Yx0


最初に書くのを忘れていました。
絡みはたぶん次回からです。



666 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 05:22:44 ID:xpQ0mKVd
イヤッッホー!!
続きが楽しみー

667 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 20:55:58 ID:NMhv8d52
神楽とちよちゃんと榊さんの組み合わせは読んだことがないのので楽しみです

668 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/12(月) 22:02:34 ID:lMIyyBZf
かぐちよのタッグは珍しいな
大昔にあったあずまんがルパン三世の頭脳担当と実技担当お絵描き絵くらいかな

669 名前:Neutral Sexuality 5[sage]:2007/03/13(火) 02:25:03 ID:HSU2MliU


    ※ふたなり嫌いな方はご覧にならないよう願います。
      ちよが本格的に絡むのはもう少し先になりそうです。



「きあー!」
凍った空気は、混乱したちよの絶叫によって引き裂かれた。
「た、大変ですっ!さかき、さ、榊さんが、びょうきですよぉ」
「あれ?確か、ここは榊の部屋のはず、だよな」
神楽は焦っていた。
不法な手段でこの時間帯に入室したからには何かが起きるだろうと多少は思っていたが、
いくら大学受験を無事に終えたとはいえ、もともと少ない頭の容量で目の前に広がる光景を飲み込めるはずがなかった。
「とりあえず、電気つけるぜ、いいな?」
扉の外は、二人によって既に点灯されていた。

―― まず、状況を整理しよう。
一つ。寝る子はよく育つって聞いたことあるな。それじゃ、背の高い榊がこんな時間に起きてるのはどうしてだ。
二つ。裸、だよな?これって?あ、よく見たら猫柄のパンツだ、意外とかわいい趣味だな。
   部屋の周りにもたくさん、そういえば前も二人でぬいぐるみ作ったんだっけ。
三つ。あの写真って、私たちのだよな。何か白いものが見えるんだけど。
四つ。それより、なんで私たちはわざわざこの部屋に来たんだっけ。
五つ。あれは、あのたってるモノって、男の、いや、違うよな ――

「深夜に起きてるの、ちよちゃんもつらいだろ?」
「はい、まだちょっと眠いです」
「きっと、これは夢なんだ。多分、ほおをつねっても」

「痛い」
真っ先に言葉をつないだのは、誰でもない彼女、そう、榊だった。
「君たちは……誰、かな?」
「え、えっと、美浜ちよ、こーこーせい、じゅう」
「ちよちゃん、そんなにかしましらなくても」
「……『かしこまる』……だ、神楽」
「『かしましい』、あれって女が三つって書きますよね」
「え?あ、『強姦』って言葉をニュースで聞いたことあるな。そういやあ」

「神楽と……そこの、ちよちゃん……に見えるけど、合ってるかな」
部屋が明るくなっても混乱はおさまらず、三者三様の反応が飛び交った。
「合ってますよ。えーと、大丈夫ですか?」





670 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/13(火) 02:26:22 ID:HSU2MliU



ほとんど落ち着いていることしかない榊が、ここまで戸惑っているのも珍しかった。
「どうして、ここに」
「いやーさ、ちよちゃんからあのヤマネコの話を聞いたんだよ。
 それでここ数日間連絡が取れないっていうからさ、ちょっと来ちゃったってわけ」
現時点での家の主は神楽の単純さにただただ驚くのみであったが、
鍵を確認しなかった自分の抜け目もこれに十分匹敵すると思い、責めようとはしなかった。
「どうせなら久々に大阪とか智とかも連れてこうかと思ったけどさ」
「……やめて」
これはさすがに我慢ならなかったようだ。
智ちゃんはいい子だ。時たま変なことはするけれど、明るくて面白い子だ。
でも、この状況が知られたら。
何の悪意もなく「榊ちゃんにアレが生えてる」とでも言いふらしかねない。

この状況。
この、じょうきょう?

「あ」
ついに榊が正気に返った。目を大きく見開き、雪の肌が初めて濃い桜色に染まる。
「こ、これは、その」
先ほどまで股間にあった手は行き場を失い、じたばたと動いている。
「いや、ごめんな。何も言わずに入った私たちが悪かったぜ」
「違う、鍵を閉めておかずに、こんなことを、っ!」
いつもは寡黙な少女がより長い言葉を発しようとしたが、何らかの力に抑えられてしまった。
はっきりと取り戻したはずの視界も、つややかな肌色に覆われている。

息ができない。
私の口に生温かいものが入り込んでいる。
「ん、む……」
あれ?どうしてかな。
さっきまで、二人が来るまで自分がどうしようもなく嫌だったのに。
マヤーを抱いたときと同じくらい、幸せな気分……

光に映える素の体に回された神楽の両腕。それに応じて、榊も自ら背中に手を回す。
唾液が絡み合う音が今にも聞こえてきそうなほどに、二人は口内を犯しあっていた。

互いの顔が離れ、熱を帯びた息が漏れ出す。
日ごろ誰よりも聡明なはずのちよは、しかし大人を知らなかったため、彼女らの行動にうろたえを隠せなかった。
「さかきさん、かぐらさんも、それって、おとこのひととおんなのひとが」
真っ先に返答したのは神楽だった。
「いいか、ちよちゃん。やっぱりこれは夢なんだ。
 夢の中だったら、私は自分のしたいことを一番先にしたい。それで良いだろ?」





671 名前:Neutral Sexuality 7[sage]:2007/03/13(火) 02:30:54 ID:HSU2MliU


「か、ぐら……」
戻ってきた正気が、一瞬にして幻想のかなたへ遠ざかった。
「それとさ。榊、別にお前が悪いんじゃない。鍵は閉まってた」
「……え、それ、じゃ……」
「窓は開いてたけどな。ちよちゃんがいて助かったぜ」
未だに釈然としない榊は、頭を下げて少女に視線を送った。
あまりの混乱に、先ほどからずっと床にへたり込んでいる。
「ごめんなさいです」
「こんな時こそ、ちっちゃい体が役に立つんだ。ありがとう」
「どういたしまして、です」


やっと全部分かった。向こう側の窓から入り込んできたんだ。
あの狭い窓からちよちゃんを入れて、中から鍵を……きっとそうだ。
今度から用心しないと。


「本当はこんなことをしに来たんじゃないけどな」
「そうですね。私が謝りにきたんです」
怪訝な顔で二人を見つめる裸の少女。
「あやまる……わたし、に?」
「はい。あの、返してあげなきゃいけないってことは分かっていたんです。
 でも、なんだか寂しくって」
「……マヤー、の?」
「ごめんなさい」
「ちよちゃんの……せいじゃ」
「ごめんなさい」
ちよは恥ずかしがりながらも、しっかりと謝意を示した。
年齢にふさわしい素直な仕草に、榊は笑顔を取り戻した。
「いいよ。大丈夫、ちよちゃんは悪くない」
小さな体を寄せ、先に口付けた相手と同じように抱き寄せた。
「ここまで来てくれて、本当にありがとう」


二人にとびきりの笑顔が戻ってきた。




672 名前:Neutral Sexuality 8[sage]:2007/03/13(火) 02:32:39 ID:HSU2MliU



彼女はちよに気をとられ、何も着けていない自分の無防備さを全く忘れていた。
先ほどの接吻で再び昂ぶりを見せた男根に、夢から覚めきらない神楽の口が近づく。
「……ん、あっ」
「どうかしたんですか?」
「なに、を」
首を、ベッドに横たえた肢体に向ける。
そこにあったのはまぎれもなく、自分と同じくらいの胸をたたえた少女の頭。
「あれ、神楽さんは?」
「あ、見ちゃ、んく、だめっ」
あえぎ混じりの言葉とともに、ちよの両目をとっさに手で覆う。
粘膜に蹂躙される先端はいよいよ血気を増し、全身に脱力感を伴う甘い痺れが走る。
少し前まで続けていた自慰とは、比べ物にならない快感に襲われる。
「ぐら、かぐら……いやぁ、そこ」
懇願しても、目の前のそれを嘗め回すことに耽る相手には何一つ聞こえていないようだ。
「ちょっと、がまん、あう、してね」
幼い子供にはこの痴態を見せるまいと、ちよを剥がれていた布団で隠す。
それと同時に、俯いていた神楽が顔を離した。
「気持ち良いか?」
「ああっ、こんあ、こと」
「夢じゃないよな。榊にこんなことができるのって、本当のことだよな」
そう言うと、彼女の顔がまた先刻のように榊に近づく。



「さかき。大好きだよ」
二人の間に少しだけ、やすらかな時が流れるように思えた。





673 名前:Neutral Sexuality 9[sage]:2007/03/13(火) 02:33:37 ID:HSU2MliU


軽く口を寄せ合ったのち、神楽はさらに攻勢を加えた。
「今度は下も、な」
花弁に指が埋められ、前後運動を始める。
「ひゃっ!かぐら、やぁっ」
さらに、限界まで熱を帯びた陽根がくわえ込まれる。
「むぅ、いいだろお、さかひ」
「あ、ふ……もう、で……」
紅潮しきった顔に浮かぶ涙は、今やただ喜びのものとなっていた。
「全部、飲んでやるから」
ここぞとばかりに指の運動を速め、奥まで茎を飲み込む。
「んあぁ、だめ、でちゃう!」


神楽の喉にほとばしる液体が注ぎ込まれた。
熱い欲望を、自らの言ったとおりに嚥下する彼女。
双方の刺激で達した榊は、息も絶え絶えに官能の渦から抜け出せないでいた。



布団の下から、ぽっこりとちよが顔を出していた。
「神楽さん、それって、好きな人にしてあげるんですか?」
「えっ?いや、これはな」
「……見て、た……か」
「あの、私も」


「榊さんに、同じことをしていいですか?」


「ええっ!?」
「……ちよちゃん?」
前戯を一つ終えた榊と神楽。
二人の声はそれぞれ、異様な驚きに満ちていた。

(続)



674 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/13(火) 07:22:03 ID:EwcTmB6n
前半の妙な雰囲気に笑った。
この辺り、あずまんがぽかった。

675 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/14(水) 05:38:35 ID:8CzkJ8Ui
頑張って続けてください

676 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/15(木) 19:36:04 ID:9a7AthlZ
展開早いな

677 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/15(木) 23:57:47 ID:3U2+z9EJ
このタイミングですいませんがエロくないの投下です。

678 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:01:10 ID:3U2+z9EJ
 こんなとき、ちよちゃんならどうしたのだろう? よくそんなことを考えている。
 たとえばこの卒業式。五年前のこの日、ちよちゃんは高校を卒業した。ちよちゃんに
とっては初めての卒業式、やっぱりちよちゃんのことだから泣いていたんだろうか。
 退屈な式は考え事にはちょうどいい。私がいろいろと夢想している間にも式は
進行してゆき、『仰げば尊し』の斉唱になった。
「あーおーげばーとおーとしー わがーしのーおんー」
 我が師。私の担任の先生はゆかり先生。谷崎ゆかり先生。変わり種の先生だと
思う。平気で遅刻してくるし、同僚の先生にたかったりする。生徒をからかって
遊んだりもするし、学校の行事を賭けに使ったりもする。子供みたいな人だけど、
今年でもうさんじゅ……いや、やめておこう。
 でもゆかり先生には恩があって、すごく尊いものだとも思う。意外にも授業は
わかりやすいし、意外にも生徒のことをちゃんと見ているし、意外にも生徒の話を
聞いてくれる。そして何より、私のお願いを聞き続けてくれた。
 そのゆかり先生の方を見た。予想どおり、さっぱりしたものだった。というか、
退屈そうだった。
「いざーさらーばー」
 さらば。もうこれで終わりなんだ。そう思うと急に胸がきゅんとなってきた。
いつか終わって、別れの時がくる。当たり前のことなんだけど……。
「卒業生、退場」
 式が終わって、窮屈な席を立った。クラシックのゆったりした音楽に送られて
体育館を出ると、みんなのざわめき声が私を迎えた。
「やっと終わったね、みるちー」
 私のことをこんな子供っぽいあだ名で呼ぶ人は少ない。そのあだ名で私に真っ先に
声をかけてくれたのは、小学校以来の親友、ゆかちゃんだ。
 ゆかちゃんの一言が私に事実を突きつけてきた。今日は卒業式であり、間違いなく
私の高校生活は今日で終わるのだと。

679 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:02:31 ID:3U2+z9EJ
 教室でゆかちゃんや友達とおしゃべりしてたけど、すぐにゆかり先生がやってきた。
「えー、みんなおめでとう」
 なんて適当な挨拶なんだろう。生徒一同、この先生の性格をわかっていても心中で
つっこんでいるに違いない。
「卒業証書じゅよー」
 生徒一人一人に手渡してゆく。それはいいんだけど、爽やかに、というならともかく、
つまらなさそうにやっている。もう少し情緒ってものを考えてくれないかな。
「みるちー」
 私の番が来た。先生が私のことをあだ名で呼んでくれるのはなんとなく嬉しいけど、
こんな場面でくらいちゃんと呼んでほしい。でもそれが先生のいいところ……かな?
「それでは終了! みんな元気にやれよー」
 ゆかり先生が泣き崩れるんじゃないかと少しだけ期待してたけど、無駄に終わった。
 この場は解散になったけど、真っ先に帰る人なんているわけない。みんな思い思いに
友達とおしゃべりしたり写真をとったりしてる。入試の結果が気になる人もいるみたい。
私は、ゆかちゃんと一緒にゆかり先生のところに行った。
「おー、あんたらか」
「あの……ありがとうございます」
 何から言っていいかわからず、こんな言葉になってしまった。でも、ゆかり先生には
お礼を言いたいことが山ほどある。
「まあ、あんたらもよく頑張ったよな」
「あ、はい」
 ゆかり先生の口からこんな言葉を聞けるとは思えなかった。
 確かに私たちは頑張った。この高校は私たちにはレベルが高すぎると言われていたし、
自分でもそう思っていた。ここに来るためにはちょっとやそっとの努力じゃ足りなかった。
大変だったけど、ゆかちゃんと一緒だから頑張れたと思う。

680 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:03:37 ID:3U2+z9EJ
「それで……」
「ちよすけは泣いてたね。まあ13歳のガキなんてあんなもんよ」
 ゆかり先生の言い回しに、思わず笑ってしまった。ちよすけって……。
 これだけのやりとりでゆかり先生は私がちよちゃんのことを聞いているのだと理解して
くれる。入学以来、いつも私がちよちゃんのことを聞いていたからだ。先生は時には
めんどくさそうにしながらも、ちよちゃんのことを教えてくれた。いつも意地悪な同級生に
からかわれていたこと、夏休みに別荘に行ったこと、体育祭のリレーで大勢に追い抜かれて
泣いてたこと。そのリレーの結果は、なぜか教えてくれない。
 ゆかり先生の話から窺えるちよちゃんの高校生活はすごく楽しそうだった。ゆかり先生
だけじゃなくて、にゃも先生……じゃなくて黒沢先生がゆかり先生をフォローしてくれた
みたいだし、友達も個性的な人たちが揃っていた。ちよちゃんは楽しくやっていた。
同級生のお姉さん達と出会えて幸せだった。小学生がいきなり高校に行ってうまくやって
いけるかなんて、そんな心配は無用だったんだ。ちよちゃんは私たちがいなくても
うまくやっていけるんだ。
「ちよちゃんは大丈夫だった、あんたらも大丈夫だろ」
 ゆかり先生のその一言に、なぜか私の心を見透かされているような気がした。

681 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:06:08 ID:3U2+z9EJ
 それぞれに友達と最後のおしゃべりや写真撮影をした後、私はゆかちゃんと屋上に出た。
グラウンドを見下ろすと、帰りはじめる人たちもいた。
 ちよちゃんはよく屋上でお弁当を食べていたらしい。この景色を、ちよちゃんも見ていたんだ。
「ごめんね、つきあわせちゃって」
 私がゆかちゃんに最初に言ったのは、それだった。
「ごめんねって何のこと?」
「一緒にここの受験をさせたこと。ゆかちゃんにつきあわせる必要なんかなかったのに」
 一緒にここに入ろうって言ったら、ゆかちゃんはすぐにOKしてくれた。ここに――
ちよちゃんと同じ高校に入りたいっていうのは単なる私のわがままだったのに。
「ちよちゃんが飛び級するって知ったとき、嬉しかった。私の友達がそんな天才で、すごく
誇らしかった。……でも嬉しいのは最初だけだった。ちよちゃんがいくら頭がよくても
いきなり高校に行って大丈夫なのかって心配で……」
 私は手すりにつかまってグラウンドを見下ろしていた。だからゆかちゃんがどんな顔をして
私を見ているのかわからないし、ゆかちゃんも私の表情はわからない。
「口ではおめでとうって言ってたけど、ちよちゃんにいなくなってほしくなかった。
ちよちゃんが飛び級して嬉しいのは本当だけど、心のどこかで思ってた。私は置いて
いかれたんだって、ちよちゃんは友達を、私たちを置いて行っちゃったんだって……」
 飛び級が嬉しかったのは本当。でも、嫌な気持ちになったのも本当。ちよちゃんの薄情者
って。ちよちゃんのことが好きなのに、ちよちゃんは喜んでたのに、そんなふうに考えちゃう
自分が嫌になる。
「たぶん、私もそうよ。多かれ少なかれみんなそういう気持ちがあったんじゃないかしら」
 短い沈黙のあと、ゆかちゃんはそう言った。
「ここに入ろうって誘ったのはみるちーの意志だけど、それに乗ったのは私の意志。
だから、謝ることなんてないの」
「うん……ありがと」
「みるちーはちよちゃんの後をおいかけたかったんでしょ」
「それももう無理だよ。さすがに留学なんてできっこない」
 もう進学先は決まっている。留学が無理だということは成績が示していた。私が追いかけて
いけるのはそこまでなんだって、思い知らされた。

682 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:09:56 ID:076NocXs
「私はどうかしてた。ここに来るだけでちよちゃんに追いつけるつもりでいたんだ」
 五年前にここを卒業したちよちゃんは、いまでは大学院生になっている。
「追いつけっこないって、簡単にわかることだった。そんなことにゆかちゃんを巻き込んで
三年間を……受験勉強のときから含めれば六年かな」
「みるちーは、ちよちゃんが飛び級したときに無くなっちゃったものを、取り戻したかった
のよね。でも、過ぎた時間を戻せないように、無くしたものは取り戻せないよ」
「な、なにをそんな」
 ゆかちゃんは穏やかな口調だったけど、何かを責められているような気がして、
思わずうろたえた。
「でもね、仮に飛び級しなかったとしても、どこかの名門中学に進学していたかもしれない。
普通に高校に通っていても、やっぱり留学したかもしれない。結局、いつかは別れなくちゃ
いけないのよ」
 何の反論もできなかった。ゆかちゃんの言うとおりだ。遅かれ早かれ、いつか別れは来る。
それを受け入れられなかったから、私は今ここにいる。
「でもね、だからみるちーはここに来てよかったと思うよ」
 ゆかちゃんを振り返ってみると、私をしっかりと見据えていた。その表情からは何も
読み取れない。なにせ、自分の心さえ整理しきれていないのだから。
「どういうこと……?」
「ゆかり先生に会えたから。ちよちゃんが高校で楽しくやってたって知って、安心したの。
みるちーもそうだったんでしょ? もしゆかり先生に会えなかったら、みるちーはずっと
ちよちゃんの心配をしてたはずよ。高校生活は大丈夫だったのか、もしダメだったら
大学生活なんてうまくいきっこないって……」
「そんなことっ……!」
 そんなことないって言い切れなかった。これまでずっとちよちゃんのことを考えていた。
そんなときに私が抱く感情は、心配と不満だった。
 飛び級なんて無謀じゃないか。
 なんで私が側にいてあげられないんだろう。
「本当は認めたくなかったんでしょ。ちよちゃんが高校生になって幸せだったって」
「そんなこと、ないっ!」
 怒鳴り声をあげて、ゆかちゃんの肩を思いっきり掴んだ。言葉では否定したけど、
声と感情はゆかちゃんの言うことを肯定していた。

683 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:12:22 ID:076NocXs
 ゆかちゃんが痛がったのを見て、はっと我に帰る。私は何がしたかったんだろう。
「……ごめん」
 私は馬鹿だ。せっかくの卒業の日にこんなことを……。
「ゆかちゃんの言うとおりだよ。私はちよちゃんの友達でいたかった。それなのに……」
「今でも友達よ」
 ゆかちゃんはもう痛がる素振りを見せていない。それどころか、さっき乱暴に肩を掴んだ
手をとって、優しく撫ではじめた。痛かったでしょ、というように。ゆかちゃんの手は
柔らかくて気持ちよくてちょっとドキドキしたけど、今はそれどころじゃない。
「でも、もうちよちゃんとは離れ離れで……」
 ちよちゃんとは何年も会っていない。やっぱり日本とアメリカじゃ遠すぎる。ゆかちゃんの
言うとおり、ちよちゃんが天才であるからには、いつか別れが来るんだろう。それでも
新しい出会いがある、と人は言うのだろうけど、ちよちゃんの代わりなんかどこにもいない。
「ちよちゃんとはずっと一緒にはいられないって、最初からそう決まってるんだ!」
 私は泣きそうになった。結局はそれが結論なんだ。
「ちよちゃんのことだから大学でも友達を作ってる。勉強もうまくいってる。だから、
昔の友達なんて、もう……」
「でも、ゆかり先生は大丈夫だって言ってたよ」
「何が大丈夫なの」
 そのとき、携帯電話の着信音が鳴った。ゆかちゃんも一緒だ。受信したメールを見ると、
それはちよちゃんからのメッセージだった。
『高校卒業おめでとうございます。今度の休みに日本に帰ることになりました。みんなに
会えたら高校の話を聞きたいです。ゆかり先生は相変わらずですか?』
 私はゆかちゃんと顔を見合わせた。最後の一文に思わず頬がゆるんでしまう。
「ほら言ったでしょ、大丈夫だって」
 ゆかちゃんの笑顔に、私は言い知れない安心感を覚えた。

684 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:13:31 ID:076NocXs
 もう生徒の大半は帰ってしまっている。でも帰ったから終わりなんてことはなく、
みんなどこかで遊んでいるんだろう。
「ほらー、あんたらも早く帰りなー」
 ゆかり先生と黒沢先生だ。私たちみたいに名残惜しそうな人たちが最後の別れを言っている。
ゆかり先生の場合、親心から別れを告げているのか、さっさと帰って仕事を終わらせたいだけ
なのかどうかよくわからない。
「先生……これまでいろいろとありがとうございました」
 深く頭を下げる。ゆかちゃんも私の隣で頭を下げている。こうしながら振り返ってみると、
本当にお世話になった。ちよちゃんのこともそうだけど、ゆかり先生がいたから高校生活は
楽しかったと思う。そう思うと目頭が熱くなってきた。今日は感傷的だな、私。
「あの、先生とまた会えますか?」
「さあね。会おうと思えば会えるんじゃないの」
「……はい」
「ほんじゃまたねー」
 背中を向けた先生たちに、この場にいた生徒たちがお辞儀をした。やっぱり、先生って
慕われてるんだな。ゆかり先生は相変わらずだと返信しておこう。

685 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:19:18 ID:076NocXs
 学校を去る前に、一度だけ校舎を振り返る。これがちよちゃんが通った高校、そして
私たちの母校。ただそれだけのことが、すごく嬉しかった。もちろんちよちゃんのこと
ばかりじゃなくて、いい思い出もたくさんあった。ゆかちゃんの言う通り、私はここに
来れてよかったと思う。
 そして、ここに来させてくれたのはちよちゃんなんだ。私の思い出は、ちよちゃんが
くれた思い出なんだ。
 ちよちゃんの友達でよかった。今、心からそう思えた。
「ねえ、なんでみるちーは私を一緒に来させようとしたの?」
 校門を出たとき、ゆかちゃんがそんなことを聞いてきた。その質問は、ちょっと
答えに困る。少し考えてから私は言った。
「誰かが一緒じゃないとくじけそうだったからかな。やっぱりごめんね、こんな無茶に
つきあわせちゃって」
 自分で決めておきながら人が一緒じゃないと嫌。まるっきり子供じゃないか、私は。
「謝ることないってば。さっきも言ったけど、誘いに乗ったのは私自身の意志。それに、
私も似たようなものだから」
「似たようなものって?」
「なんでその無茶に私がつきあったと思う?」
「そんなこと聞かれても……」
 ゆかちゃんははにかんでこっちを見ている。何かを期待されてるような感じだけど、
それに答えられそうにはない。
「みるちーがちよちゃんのことを気になってしょうがなかったように、私にも気になって
しょうがない人がいたの」
 さっきまでの笑顔とは一転、すねたような感じ言うゆかちゃんがなんだか可愛い。
 ……ああそうか、そうだったんだ。
 ここに至って、やっと気づいた。こんなに近くに私とずっと一緒にいたいと思って
くれる人がいる。ちよちゃんのことばかり考えていた私にはわからなくて当然だった。
なんだか今までゆかちゃんに悪いことをしていた気持ちになる。
 ふと見上げるとまだ日は高く、晴れやかでとても爽やかな空だった。
「ねえ、どっか遊びにいこっか」
「うん」
 手を差し出すと、ゆかちゃんはすぐに手をつないでくれた。さっきと同じ、温かくて
柔らかい手。この手を握っているとすごく安心できて、ずっとつないでいたいって思う。
 私たちは大丈夫。ゆかり先生はそう言ってくれた。それでも離れるのはちょっと辛いから、
ゆかちゃんとはずっと一緒にいよう。
 空からは春の日差しの温もり、右手にはゆかちゃんの手の温もり、心にはちよちゃんが
くれた思い出の温もり。今、とても幸せな気分だ。

−終わり−

686 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 00:21:12 ID:076NocXs
順調に行けば、今年2007年はこの二人の卒業式のはずです。
少し時期を遅れてしまいましたが、読んでいただけると幸いです。

687 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 18:57:42 ID:IjgoBz+3
この時期にこれを投下するとは憎い演出。
ゆかり先生がゆかり先生らしすぎて笑った。
本編の最終回が自然と思い出されたSSだった。

688 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 23:44:06 ID:MFxLB1qO
ちよちゃんからしたら二人は変わらない友達だっただろうけど
二人から見ればずっと遠くに行ってしまったように感じてたんだろうな


689 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/16(金) 23:49:04 ID:b0rAsvgY
これはよろしいな!

690 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/17(土) 00:46:36 ID:Gc+HHff9
あの子達はもうそんな歳なんだね〜。
第一巻が発売された時、俺もまだ高校生だったもんな。
未だにとも×よみにハァハァしてるけど。



思わず微笑んでしまう、優しいSSでした。
ごちそうさまでした。

691 名前:Neutral Sexuality 10[sage]:2007/03/17(土) 01:11:04 ID:FQMc6pcT

遅れて申しわけございませんでした。

>>ID:076NocXs様
非常に優れた視点をお持ちでいらっしゃいますね。楽しみながら拝読させていただきました。
ほとんど登場しないみるちーとゆかの心情が、これだけで満足に読み取れそうです。

>>676様 今後の反省材料として活かしてまいります。




 ――決して覚めない夢ならば、それは最高の現実に違いない。
 真に苦悩のない世界が、今まさに目の前に広がっている――
こんなにも飾られた言葉が頭の中をよぎるほど、榊は自室の非現実的な様相に陶酔を覚えていた。
ただでさえあまり広くない仕切られた空間に、現時点で三人が詰め込まれていた。
先刻の絡み合いで高められた体温が、ますます夜を熱くさせる。

「さかきさん」
十分なあどけなさを伺わせるお下げの少女が、裸体を寝台に横たえた黒髪の美人に呼びかける。
「いいですか?」
「……ま、だ」
発した言葉には二つの意味が込められていた。
――まだ、子供が知っちゃいけないんだよ。
  それに、まだ、私自身の準備が――

「このままじゃダメだろ。だって」
問われた方向に榊がはたと顔を向けると、もう一人の澄んだ眼に見つめられた。
彼女の口から、行為による淫猥な液体が滴っている。
「ちよちゃん、アメリカに行っちゃうんだぜ?」
動かしがたい事実を思い出して心が揺らぐ。
「でも、こんなこと……させちゃ」
「こんなこと?」
少し考えをめぐらせ、神楽は答えを出した。
「ちげーって。
 ちよちゃんがお前を好きなら、それくらい言わせてやれってことだよ」
彼女の純粋さが戻ってきたことが分かり、榊に安堵の表情が浮かぶ。
「さっき私が言ったみたいに、さ」
微笑みとともに交わされた三度目の口付け。
「榊は、私のこと、好きか?」
尋ねられ、少し間を置いた返答。
「好き」
触れた唇を舐めると、ほのかに自分自身の濃厚な苦味が感じられた。




692 名前:Neutral Sexuality 11[sage]:2007/03/17(土) 01:12:26 ID:FQMc6pcT


ちよが突然、雰囲気に割り込むような一言を口走る。
「それだけじゃ、いやです」
見ると、どうも少しばかりふくれた表情をしているようだ。
「私だって子供じゃないんですよ?どうすればいいか、ちゃんと教えてください」
二人が横たわるベッドに上り、次の行動を迫る。
自分の心情にあまりにも正直な言動こそが、ちよの幼さを表していた。

「榊さん」
より真剣な眼差しで相手を見つめながら、
「いいですよね?」
より強い口調で意を確かめようとする。
ぼんやりと眺めるしかない榊を尻目に、ちよは更に大胆な行動に出る。
「答えてくれなきゃ、脱いじゃいますよぉ?」
言っているそばから服が自らの手で剥がされていく。
まだ誰の手にも渡っていない、成長途中の体。
口に出そうとして出せなかった言葉が、とうとう榊から漏れ出した。
「う……かわいいなぁ」
あられもない幼女の姿が男性の部分をそそり立たせる。

私のために二人がこんなことまでしてくれるなんて。
たとえ夢でも、こんなに幸せだったら覚めないでほしいな。
いつまでもこのままだったら、現実と同じになるから。

やっと分かった。
どうして私を「ライバル」だと言っていたのか。
一緒に競い合うことで、もっと私たちは磨かれていくのかもしれない。
ごめんなさい。
ずっと想いに気づいてあげられなくて。

やっと分かった。
いくつかわいい物を集めても、絶対にちよちゃんには勝てないよ。
こんなに愛しく、私を好きでいてくれる君を手放したくない。
ごめんなさい。
もう、我慢できないかも……。




693 名前:Neutral Sexuality 12[sage]:2007/03/17(土) 01:13:15 ID:FQMc6pcT


双方への複雑な感情は、互いに榊の肉欲を高めんとしていた。
まずは目の前の子供を胸に抱き寄せ、眠りの姿勢をとる。
「温かい?」
「はい。とってもぬくぬくしてます」
谷間に顔を伏せながら、ちよが付け加える。
「私もいつか、榊さんみたいになってみたいです」
「……これでいい。ちよちゃんは、ちよちゃんだからいいんだ」
「ほ、本当ですか?」
「うん」
にこやかな表情で肯定する少女に再び問う。
「えへへ。たまには、甘えてもいいですよね」
ちよはふくよかな乳房の先端に口を添え、産まれたときを思い出すかのようにしゃぶり始めた。
「ん、ぁ、それ、いい」
喘ぎには既に罪悪感や嫌悪のかけらもなかった。
今は幸福で全てが満たされている。
精神と肉体それぞれを侵し続ける快楽を感じ、欲を解き放ったばかりの陽根がまた立ち上がっている。

「忘れるなよ」
神楽も、この状況を第三者として見てはいられなかった。
「私も一緒にさせてくれ」
「え、何を」
榊が要望の主に振り向くと、何にも飾られていない人間本来の姿があった。
「これでみんな同じだぞ」
「神楽?」
はだけた上半身には、榊のそれに匹敵する容量を持った乳房があり、
下半身にはうっすらと色づく細い恥毛が根付いていた。
ちよを胸に乗せて仰向けとなっている榊の下半身に、最後の裸体が跨る。
彼女から生える「それ」に手をかけ、自ら未開の秘所へあてがう。
「あ、そこ……は」
「まだか?こんなに硬くしてんのに」
「多分、出ちゃう、から」
「ああ、やっぱダメか。だったら」
多少不満げな面を見せながらも、めげずに新しい提案をする。
「場所、代わってくれ」
それに従い、ちよを抱いたまま榊が立ち上がる。
胸元をよくよく見ると、お下げの少女は既に眠りに落ちたようだった。
まだまだ愛くるしい子供だ、と思いつつ、もはや乳房から離れかけた頭をそっと撫でた。




694 名前:Neutral Sexuality 13[sage]:2007/03/17(土) 01:14:37 ID:FQMc6pcT


「いや、そうじゃなくって」
「えっ?」
「ちよちゃんと代わるんだ」
熱い雰囲気に反し、冷ややかな指摘をする神楽。
実のところ、胸元の少女を手放したくなかった榊だが、渋々言うことを聞いた。
ちよを起こさないように配慮し、静かにベッドに寝かせる。
「それで」
「だから、ちよちゃんと同じように、って。お前ならできるだろ」
神楽はそう言って榊の両肩を持つと、今度は立ちすくむ男性自身を両足の付け根で挟み込み、
彼女に自らの肢体を持ち上げるよう頼んだ。

二人の少女が裸で向き合う。
地面から浮いたひとりの全体重が、起立しているもう一人に抱え込まれた。
並大抵の女子をはるかに超えた、榊の体力と身長がなせる業である。
一通りの準備ができ、最後の指示が耳元でささやかれる。
「動いてよ。な」
榊がとまどいつつも腰に力を入れると、それぞれの器官が擦れ合いはじめた。
一度はおさまりかけた下半身の感覚が蘇る。
「あっ、なにか、変な……感じ」
「ん、やっぱ、気持ちいいんだな、これって」
「……こんなの、はぁ、だめ……だ」

行為のざわめきによって眠りから覚めたのは、他でもないちよであった。
「むにゃ……二人とも、何してるんですか?」
寝ぼけ眼で見つめる視線にはっとし、身体を硬直させる榊。
一方、彼女の体にしがみついたままの神楽は、さも平然な顔で問いかけた。
「にゃもに習わなかったか?」
「みなも先生、ですか?」
「ほら、『あの言葉』」
「……『すまた』?」
さすが天才と言うべきか、不必要なところにまで記憶が行き渡っていた。
「そう、正解。
 今日は榊と駅弁のカッコで素股、分かるかぁ?」
「え、えきべん? わかりません」
「そっかー、大天才のちよちゃんでも、分かんないことあるんだなぁ。
 あれ、腰が止まってるぞ? もっと激しくしてよ、ねえ」


 ――駅弁って何、ということじゃなくて。
   やっぱりどこかおかしい。
   現実にしては浮つきすぎてるし、夢にしては感覚がはっきりしている。
   神楽やちよちゃんも、こんな性格じゃないはずだ――




695 名前:Neutral Sexuality 14[sage]:2007/03/17(土) 01:16:09 ID:FQMc6pcT


「もう二時半だ」
「いいじゃんか、榊ってば真面目なやつだな」
「親は」
「遊んでいいわけねーじゃん、でも遊ぼうぜ」
全く的外れの答えが放たれる。
「いや、あの……ちよちゃんも」
「私はちゃんと、泊まりに行くってお父さんに言いましたよ。でも、もう眠いです」

 ――お父さん?
   そうか、これはみんなちよちゃんのお父さんの仕業だ。
   今まで何度も、あれを夢で見てきたな。
   ということは――

「さっきからずっと動いてないな、早く」
「これも夢なんだ。好きにさせてもらおう」
榊はそう呟き、前後の摩擦運動を再開した。
持ち上げていた神楽の腰を力強く把握し、同じ体勢のまま激しく突き上げる。
「そ、そうだ、榊、あ……いい」
陽物のふくらみと、誰をも受け入れていない外陰が密着する。
「これで入ってたらどんくらい良いんだろうな、あふ、そこ」
処女を守ったままでの行為だが、ようやく双方とも満たされるような感覚を覚えた。
「榊さん、ずっと神楽さんを持ち上げて、凄いです」
浅い睡眠と目覚めの間でか細い声で感嘆するちよの声は、どちらにも聞こえていなかった。

「本当に、いいのか」
「はぁ、は……うぁ、もっとぉ」
先ほどまで上手に出ていた神楽も、ついに男根の快楽に押さえ込まれた。
女陰の核が立ち上がる逸物のくびれに扱かれ、愛液が動作を補助する。
「濡れてる」
「やっ、そんなこと、いうなっ」
少しずつ素直になっていく神楽に煽情され、運動がなおいっそう速まる。
各々の吐息に自然と声が伴う。
「神楽の息、あ、甘い」
「何、言ってんだ、ぁ……お前、おかしい」
「もうっ……そろそろ、出して、いい?」
「まって、わたしが、いってから」

一人だった初めの時よりも、遥かに多くの液体が飛び交っている。
「なん……か、もう、く、い……く」
恍惚とした表情で告げる全身が、絶頂に震えだす。
「ん、私も……出る、よ」
「さかき、さか、き、うあぁっ」
「かぐら、う、くぅ」
同じ時をもって最高潮に達した瞬間、二人は床に倒れこんだ。



696 名前:Neutral Sexuality 15[sage]:2007/03/17(土) 01:18:11 ID:FQMc6pcT


かすかな街灯の光は朝焼けに変わっていた。
一夜の熱で深く眠りきれなかったのだろうか、長身の少女がまず目を覚ました。
 ――ここはベッドの上じゃない。
   まず、さっきまで立ちあがって神楽を持ち上げて、その後――
夢心地から一転、重苦しい空気が漂う。
体の上には晩の相手が、寝台には幼い子供が乗っている。

今までの状況が現実であると確認し、榊は冷静に自室を整理しだす。
それ以外にするべきことがないのである。
まずは自身にかかる荷重を除こうと、神楽を起こすことを試みるが、全く動じない。
顔同士を近づけると、吐息に特殊な匂いが含まれていた。
その上、体躯を退けて神楽に着せようとした服のポケットには銀色の缶があった。
手に取ると、どちらの香気も等しいものだった。
「……お酒?」

「榊さん、どーしたんですかー?」
常々に反して、冴えない音声がベッドから響き渡る。
振り向くと驚くべきことに、そこには白濁に満ちた女児の顔があった。
「ちよちゃん!え、それ、ごめんなさい、どうして」
どうも後味の非常に悪い目覚めのようだ。榊のそれがどこまで飛散したのかを、ちよの惚けた面が物語っている。
「にがい、です」
ただそう言われ、榊は何も返せなかった。
「とりあえず、服、着ようか」
散らかされた各々の衣装を探しそろえ合う。
「それ、なめちゃ……だめ、顔、洗って」
「神楽さんは?」
「起きない。もう少しで、全部着せられる」

電気が灯ったままの部屋を出て、洗面所までちよと行き着く。
鏡を二人で覗くが、やはり妙な感覚を覚えているようであり、
「ちよちゃんは、覚えてるか?」
「はい。起きてる間は、みんな」
「……やっぱり、本当のこと、かな」
「そうですね。神楽さんから教えられてやってみたんですけど」
と、ピントの合わない会話がなされた。
「神楽、か……ちよちゃん、」
「なんですかー?」
「まだ、君は大人にならなくていいんだ。むしろ、子供のままでいてほしいとも思う」
「え、でも、榊さんみたいになりたいです」
「そうか……私は、ちよちゃんみたいになりたい。そう、君みたいに……かわいく」
どうやら、榊はこの種の話題に限って饒舌になるようだ。



697 名前:Neutral Sexuality 16[sage]:2007/03/17(土) 01:21:54 ID:FQMc6pcT


「『かわいい』なんて、そんな事、言っちゃダメです」
「いや……『かわいいは正義』だ」
話が進むにつれ頬が緩むのを見て、ちよはこれ以上の反論をやめた。
「それと、本当に、ごめん」
微笑みを保ったまま語りだす榊。
「いいんです。マヤーは元気に暮らしているでしょう」
二度目とはいえ、さすがに素早い返答である。
「そうだね……もう、かわいさだけを求めなくていいんだ。君がいるから」
「そ、そうですか?」
あまりにも自分に正直な、そしていつもからすると過剰な相手の話し振りに、ちよの顔が赤くなる。
「もう少し後になったら、教えてあげる」
大人の唇が、子供のそれに重なった。


次の会話により、雰囲気は再び一変する。
「あ!窓、開けたままでした」
「……ま、ど?」
「あそこです」
推測の記憶が、緩やかながらも榊に戻ってくる。
 ――そういえば、二人はどうやって家に入ってきたのかな。
   しかも、深夜に来る明確な理由は見当たらない。
   何よりも、マヤーの話だけでこんな展開になるはずがない――
「神楽は……」


その瞬間、離れた自室から叫び声が聞こえた。
「うわっ、ここ、私んちじゃねぇ!なんだこのぬいぐるみの大群は!」
二人ともどもため息をつく。
「親が……帰る前に、片付けないと」
「私も手伝いますね。それと」
「ん?」

「続きは、私の家でお願いします」
話はまだまだ続きそうである。


(第一節・終)




※いったんここで区切ります。ありがとうございました。
このスレでは榊さんのふたなりネタが多いように見受けられますが、需要もあるのでしょうか。





698 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/18(日) 02:25:10 ID:Q+HdjQLm
乙!
ふたなりはふたなりで良いものだ。

699 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/18(日) 03:27:19 ID:i+gJj7HU
イイヨ!イイヨ!


700 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/19(月) 05:15:20 ID:tALCPR4a
>>686

 うん、エロがなくても、こういう話は他の職人さんがエロを書く時の
触媒になるやもしれん。良いね。
 連載当時のあずまんがキャラの時間を留めたいという欲望が有る一方、
あずまんがキャラの成長を見るのもまた楽しい。


>>697

 私の見立てでは、全需要を10として、
百合ものが5, 男女ものが2, ふたなりが2, その他1、といったところかな。
作品保管庫の作品全部をチェックして統計取ったわけではないので、
分類と数字はてきとーだけど。
 まあ、正確な数字は敢えてつきつめない。

701 名前:あぽときしん大王 1[sage]:2007/03/19(月) 11:26:22 ID:bYG2r5g6
>>698-700
誠にありがとうございました。
ここで閑話休題をば。

あずまんが大王があそこで終わってちょうどよかった一つの理由に、
マヤーが榊さんの元に渡る前で話が切れていることがあると思うのですが、皆様はいかがでしょうか。
あれなら「実はマヤーを飼わなかった」という選択肢もありですし。

まあ、ファンタジーについて真剣に考えてはいけませんね……
ついでに小話投下。前回と話し筋が似ていますが、大阪×榊です。




「コーヒー、飲みませんか?」
ここは美浜ちよ、卒業したばかりの天才幼高校生の家である。
遅くとも一週間前には、そこに一匹のイリオモテヤマネコがいた。
私たちが住む世界でも向こう側でも「特別天然記念物」であることには変わりがなく、
扱いにどのような違いがあるかはわからない。
ましてや、あちらの世界では小動物が一瞬で遠隔地へ移動できるのか、
それがどのような方法なのかも一切謎である。むしろ、それこそがかの世界らしさなのかもしれない。

今のは余談が過ぎた。
そう、美浜家には一匹のイリオモテヤマネコ、名をマヤーというものがいた。
だが今はいない、それ以上のことは言うまい。
「どうしました?寂しいですか?」
「ん……大丈夫」
返しつつも部屋の隅々を見渡していたのは、名付け親の榊という少女であった。
少女というには背丈が大きすぎるだろうか。いや、顔立ちや首筋から表れる肌の若さ、
また小動物を愛玩する趣味などを鑑みると適当な呼び方であろう。

春先にもかかわらず電気ごたつが未だにしまわれていないのは、使用する者がいるからである。
事実、テーブルの下にはまた一人女子が眠っている。関西弁を話すためか、周辺から「大阪」と呼ばれる。
「榊ちゃん、ネコからも卒業やなあ」
おもむろに口を開いた。目は開いていないが、眠っているわけではなかったようだ。
「みんな、これからどうなるんでしょうね」
「……ちよちゃんは、そのままで」
「そうや、大きくなってもうたらちよちゃんやないで。ちよや」
「ええっ!?もっと大きくなりたいです」
ふと振り向くと、榊はいつの間にか涙をあふれさせかけていた。
「だめ、大きくなったら……私は」
「しっかりしてください、榊さん!かみネコとも仲良くなれたじゃないですか」
ちよが強い声で慰めを送ろうとする。
「でも、そうじゃなくて」
そう言いかけた時、大阪が自発的に起き上がった。
「まーまー。とりあえず、な、コーヒーでも飲んどき?」
「そうです、そうですよ、冷めないうちに飲みましょう」
「……分かった」
カップを手に取ると、中身だけのものではないぬくもりが感じられた。
「ピカニャーもまた戻って幸せになっとると思うんよ」
「そうですねぇ。でも、お母さんはどうしたんでしょう」
会話を耳にして感傷にひたりつつ、榊は液体に口をつけ喉に通す。
――みんな、私が好きな人も物も、全部行っちゃうんだね――
そう思うと、ひとりでに涙も流れ、胸も熱くなってくるものだ。




702 名前:あぽときしん大王 2[sage]:2007/03/19(月) 11:27:23 ID:bYG2r5g6


違う。
胸だけじゃない、全身が熱い。
視点も定まらないでぼやけて見える。
とりあえず、頭を冷やさないと、いや、立つこともままならない。
うそだ……からだがやけて、あついよ、もう、うごけない……

「大丈夫ですか!」
「……気の、せい?」
もう一度立とうとした時、手のひらが小さくなっているのに気づいた。
服も寸が合わず、体躯がすっぽりと収まっている。
ちよと大阪が立ち尽くし、榊をじっと見る。
彼女よりかなり身長が低いはずの二人と並ぶが、ちよとはあまり変わらず、
大阪には背を追い抜かれてまでいる。
「頭……冷やしてくる」
洗面所に向かうが、着衣が邪魔になって歩みが遅くなる。
――鏡を覗き込むと、一回りも二回りも縮尺が小さくなった自分の姿を見つけた。
「それ、待ってください!」
居間からそう切り出したのはちよだった。
彼女も焦りながらも、別の部屋――おそらく自室だろう――に向かう。
「あれ、ない……ないです、どこですか、ないですよぉ」
ガラス瓶をかき分ける音が同時に聞こえた。

状況が判然とせず、緩い服のまま突っ立っていると、後ろやや上から声がした。
声の主が誰なのか、顔を確認するにも見上げなければならない。
「かわええなぁ」
大阪、本名春日歩、が小さくなった少女の頬に両手を添える。
「けど胸は大きいんな。ほんまうらやましいわぁ」
手が襟のよれた首の下に及び、榊はかすかに赤面する。
「えっ、ちょっと……春日さん」
成長が逆戻りしているせいか、声もちよほどではないにせよ高いことに気づいた。
「三年間も付きおうとるのに、そんな丁寧に言わんでもええで。『あゆむ』って呼びぃ。
 ちよちゃん、まだまだ探しとるな」
大阪は上着のポケットをまさぐると、液体入りの透明な小瓶を手に持った。
常々の行動からは考えられない不敵な笑みを浮かべて。
「これな。飲むと体がちっちゃくなるって言っててな、飲んでみたらうそやなかったん」
しかしそう言う大阪は、現に体の大きさは変わっていない。
「……戻るのか?」
「ちよちゃんの研究室に連れてかれて、また何か飲んでな、
 本当にぎょうさん食べさせてもろーたんよ。二日はかかるで?」
「そう、か」
「でも榊ちゃん、大きいからもっとかかるかもしれへん」




703 名前:あぽときしん大王 3[sage]:2007/03/19(月) 11:28:26 ID:bYG2r5g6


気がついたら、大阪の手がすべての被服を脱がしていた。
むしろ元の体が大きいために、下半身の下着は既に降りていた。
「あの、これって」
間もなく大阪は、少女の体を洗面所の鏡に全身が写るように持ち上げる。
「いつもは絶対こんなことできひんけど、榊ちゃん、かわええなあ」
まざまざと今の状況を、幼くなった素の肢体を見せ付けられて恥じらう。
「この耳のあたりとか。この首筋のきれいなとことか」
口に出される具体的な場所に、生暖かい吐息がかかるのを感じた。
「ひゃ、う、いきなり……なに」
「『見た目は子供、感度はオトナ』なんて、ええかもしれんな」
ずれた性格の奥底に眠る倒錯した感情を言動に出し、榊を攻め続ける。
「この乳は子供なのにやらしいなぁ。ぐりぐりってしたると気持ちええやろ」
「ひぁっ」
「揉んだらもっと大きくなりそうやな」
「ん、春日……さんって、こんな」
「『あゆむ』って呼びいやって」
「あ、あゆ、歩、そこ、いじらないで……」

ちよが大きな足音を立てて戻ってきた。
「あー!見つかりません、どこですか――――おおさか、さん」
目の前の二人が行っていることを、全く脳が受け付けない。
「ちよちゃんが探しとんのって、これやな?」例の小瓶を持って示す。
「な、何で持ってるんですか、まさか榊さんを小さくしたのって」
自分の研究結果が軽々と扱われ、実際に人を弄ぶために使われてしまったことを知る。
「混ぜても気づかんかったみたいやな。味、せえへんから」
当然ちよのショックは大きく、犯人が大阪ならなおさらである。
「勝手に使っちゃダメってあれほど言ったじゃないですか!返してください」
「まあ怒らんで、見てみ」

洗面台の上に、全身をほてらせ喘ぐあどけない少女の姿があった。
「……や、ちよちゃんっ」
呼びかける声は、いつも彼女が発するそれと比べて非常に幼い。
「私と、おんなじくらいですね。かわいい」と、ついつい感心してしまった。
「そうや、そう思うやろ?榊ちゃんはかわええんや」
注目の対象となっている少女は、不思議そうに二人を見つめた。

そこで賢明なちよは、ぱっと思いついたように問いかけをする。
「榊さん、今まで何を求めてきましたか」
「え……私が好きなのは、猫とか、ぬいぐるみとか」
「『かわいい物』は、好きですか?」
「うん、大好きだ」

「自分についてどう思いますか?」




704 名前:あぽときしん大王 4[sage]:2007/03/19(月) 11:29:18 ID:bYG2r5g6


――背や胸ばかり、要らないものが大きくなってしまった自分。
   無口なだけなのに、他の女子から慕われている自分。
   猫を追っても追っても嫌われてしまう自分。
   「男らしい」と言われ続け、本心を理解してもらえない――

「嫌……いやだよ」
「ちがいます」
ちよはいつになく強い口調で裸の少女に諭しだした。
「いいですか?榊さんの友達、大阪さんも私も、みんなあなたのことが好きなんです。
 『かわいい』か『かっこいい』か『お母さんみたい』かどれかは分かりませんが、みんな愛しているんです。
 だからこそ友達なんです。どんなことが理由でも、あなたを大切にしたいと思っていれば友達です」
「そうや、榊ちゃん、かっこええし、かわええで」
「だから、自分を嫌いにならないでください。榊さんが欲しいと思っているものは、もっと近くにあるはずです」
「ちよちゃん、よう言うた!」
「あ、ありがとう」
二人の励ましを聞き、少女は心が洗われるように思った。

「ピカニャーは、榊ちゃんのことをちゃんと覚えとると思うで」
「マヤー……そうだと、いいな」
「絶対覚えてます。一生懸命、ひとりでここまで来たんですから」
「けどな、ネコを卒業したことで、また新しくなれると思うんよ。ピカニャーもそう思っとるはずや」
「だから、マヤー……本当に、そう思う。二人とも、ありがとう……それ、で」

一通りの会話を終わらせ、榊は続けた。
「あの……からだ、が」
「なんや、早く言うてえな。ちょっとつらかったんやろ?ほら、ここ」
「い、あぁっ」
「濡れとるで」
人差し指に分泌液を取って舐めとる。
「あ、あの、おおさ」
「しっ!ちよちゃんは黙って見とき!大人になればわかる!」
「はい……」
さすがにまだ指をくわえて彼女らの様を眺めていることしかできないが、それで良いだろう。




705 名前:あぽときしん大王 5[sage]:2007/03/19(月) 11:30:14 ID:bYG2r5g6


「ここもたっぷりあるのに、毛は生えとらんな」
何度も何度も胸のことを口に出す大阪。
乳房の先端をまさぐる指の執拗さに、その真意が表れていた。
「そんなこと、いわ、ないで」
「指、欲しいのん?」
榊はうつ向きながら、黙ってただゆっくりと首を縦に振るほかなかった。
体格差が逆転したことにより、主導権を握る余地は全くなくなっている。
「同じ女の子やからな、気持ちええとこ、ちゃんとわかっとるで」
湿った秘所の小突起に手が絡み、入り口に徐々に二本の指先が入り込む。
「自分で入れたこと、あるんやろ?ちっちゃいのにすぐに入ってまうな」
「あ、ん」
「もっとよくしたる」
大阪の性格もここまで来ると、表裏が激しいと言わざるをえない。
もしくは、彼女独特の心的世界のうち、ほんの一部分なのかもしれない。
「動かすで?」
荒げられた呼吸と声、隆起した乳首や秘核、濡れた恥部、そのすべてが性的興奮を示していた。
榊の温度が伝わる内部で人差し指と中指を前後させ、残りは突起を弄ぶのに使う。
なかなかの技の持ち主である。どこで極めたのだろうか?
「うあっ、春日さん、少し、激し……」
「歩って呼び、ってなぁ。もっと親しくなりたいんやから」
「ひゃ、あゆむ、あゆ、む」
「良くできました。やっぱりかわええな」
「はぁ、ほ……んとう、か」
「ちっちゃいからやないで。榊ちゃんはいつでもかわええよ。心配せんといて」
大阪が普段見せる満面の笑みが戻ってきた。
だが、それとは裏腹に、各指の動きは格段と速くなる。
「とりあえずな、ピカニャーのことは今だけでも忘れておき」
一連の言葉には一切悪意がこもっていない、あるのは懸命な慰めと励ましだけである。
榊も強い快楽の下で言うことを受け入れていた。
「やん、わ、かった……あっ、ゆむ」
もう一度呼ばれる下の名前に、大阪の興奮も高まる。
「ああ!榊ちゃん、ほんまかわええ、かわええよ」
「あり……がとう、うれ……あふ、しい」
言葉とともに返された表情にまた、榊の求めていたものが現出していた。




706 名前:あぽときしん大王 6[sage]:2007/03/19(月) 11:31:24 ID:bYG2r5g6



「もうそろそろ、いきそうやろ」
問いにまた口を閉じた榊だが、顔と全身からあふれ出す体液がすべてを物語っていた。
「いちばん速くしたるからな、もっと声をあげてもええ。
 ついでに、こっちもサービスや」
言ったとおりに手を動かし、さらに小さな口を片胸の先につけて舐めまわす。
「ひゃう、ん!だめ、そこ、おかしくなる」
浅い呼吸に混じる懇願にも、攻めに夢中になった彼女から答えはもう返ってこない。
「だめだ……って、もう、あゆむ、あゆむ!」
その名を二度叫んだ途端、強い痙攣とともに幼くなった榊の体から力が抜ける。
大阪は慌てて、小さな背中を余った手で強く支える。
乳首から口を離し、「榊ちゃんのなか、びくびく震えとるよ」と耳元で囁く。
「そうや。忘れとった」
今度は、胸から相手の口に自分のそれを移して重ねあわせる。
静謐な一瞬が過ぎ去った。

ちよは今の際まで何も語らず、ただじっと情事を見つめていた。
――今日、私が学んだこと。
   榊さんだけじゃなくて、大阪さんもかわいいものが好きだということ。
   大人になると、もっと好きになれるのかな。私はまだ、かっこいいものの方が好きです――

「まだまだや。榊ちゃんの気が休まるまで、相手したる」
「えーと、別にいいんですけど、あれ、返してくれませんか?まだ途中なんです」
「ちょっと待ってえな。私もちっちゃくなって、また一緒にしたいんや」
「大阪さん、戻るのに時間かかりますからね?」
「春休みやしなあ。ちよちゃんの国にはまだ行かんのやろ?」

――そういえば、アメリカに行くんでしたね。ちょっと寂しいです。
   こうして「友達」と触れ合っている間はとっても大切です。
   二人とも、智ちゃんやよみさん、神楽さん、みるちーやゆかちゃん、みんな友達です。
   もうすぐお別れですけど、今はこのちょっとした幸せをかみしめていたいです――

「ちよちゃん、なにぼーっとしとんの?」
「あ、いえ、何でもありません……ちょっとだけ、いいです」
「ありがとな」

変哲のない日常に潜むふとした非日常が特別な思いを育み、互いに強めあう。
その繰り返しが、何よりも大切な絆を生むのだろう。

(終)



小話と言いつつも、かなり長くなってしまいました。




707 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/19(月) 23:52:24 ID:bYG2r5g6
超小ネタ:あずまっくすはーと


「一部地域の良い子と悪い子のみなさん、こんばんは!
 突然だけど、きょうは懐かしの『ふたりは○リ○。ア Ma‐H‐‐‐t』の三人を紹介しよう!」

「まずは――、水泳部の練習でできた日焼けのせいで遊び人に見える、
         ボンクラーズの中でも点数が低いのに保健体育だけはやたらにできる、
         ライバル視している相手からは大して同じように見られていない――
         キュア『夏の見た目はブラックなのに水着の下はホワイト』っ!」
 「よろしく。……紹介のしかた、ちょっと気にいらねえな。
  遊び人とかはどうでもいいとして、榊、お前は私のこと、ライバルだって思ってるだろ?」

「次に――、その体格や万能っぷりから男女問わず人気が出ているのに内気で寡黙、
        ペットや小動物、同じクラスで学ぶ幼女を三度の飯より愛し、
        ライバルがどうかなど関係なく自分なりに行動する――
        キュア『心は少女でホワイト、瞳と長い髪は純和風のブラック』!」
 「よろしく、お願いします」
 「おい、さっきのにちゃんと答えろよ」
 「え……?」

「最後に、天才高校生として人気の、あ、失礼しました……
 気を取り直して――突っ込み役として確固たる地位を得ながらも地味、
             ダイエット中なのに小倉焼きを我慢できない、
             シュークリーム分を取らないと頭の回転が遅くなる――
             『コスプレが似合わない、シャイニール○ナス代役(CV:田中り

ドゴォッ!!

「うわ、蹴りやがった!」
「今のは禁句だ。私が来た理由がバレる」
榊はただただ呆然と、司会を含めた三人を見ていた。

「や、やっぱり、プリ○ュアは強いですねえ……」
司会はそう言い残して、次のように思った。

――あれ、あたし、なんで標準語で、あんなベラベラとしゃべってたんやろ――

「起きろー」
「へ?ゆかり、せんせえ」
「全く、授業中に寝るのはやめろっての」

かのフロイトによると「夢は願望充足である」そうだ。

(オチなし)



708 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/19(月) 23:52:59 ID:k21Ma/de
しんみり話かと思ったらエロかいっ!!

でも卒業後考え直してにしひょー島にマヤーを返す旅に出る榊もいいかな

709 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/20(火) 00:21:34 ID:hETaNJhu
さらに小ネタ
             
榊さんって、もしかして『生えてる』?

生えてないよ派――┬――原作にそんな記述はないよ派(保守層穏健派)
               |
               ├――百合は生えてないほうが情事は映えるよ派(耽美主義)
               |
               ├――普通の男女カップリングでよいではないか派(性的多数派)
               |
               └――大きなものが生えてそうで俺の立場がないから否定するよ派(厭世主義)

生えてるよ派――┬――あのずば抜けた身長と運動能力は
            |      多量の男性ホルモンのしわざに違いないよ派(実証主義)
            ├――女性キャラばかりだから、一人は生えているのが望ましいよ派(空想的社会主義)
            |
            ├――男根は榊さんの本質に先立つよ派(サルトル)
            |
            └――ふたなりそのものが好きです派(急進派、特にアナキズム)


どちらでもないよ派―┬―生やせれば明瞭に生やし、
             |   生やせないならそのままでないといけないよ派(前期ヴィトゲンシュタイン)
             ├―その程度のことで榊さんへの愛情は変わらないよ派(保守層強硬派)
             |
             ├―生えているけど、それは夢に表れたファンタジーだよ派(フロイト学派)
             |
             └―えっちなことはいけないと思います派(福音主義右派)


ごめんなさいごめんなさいごめんなs



710 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/20(火) 01:55:52 ID:GzDlxSQf
>>709
許さん

よってバツとして榊さんにアナルを彫られて来い

711 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/20(火) 02:34:48 ID:sfkuum+b
>まあ、ファンタジーについて真剣に考えてはいけませんね……

お前は全俺を敵に回した。

さておき、話はなかなか面白かった。
荒唐無稽に突き抜けるか、真面目にしっかりまとめるか、どちらかにしてくれると読みやすかったかもだ。


712 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/20(火) 22:00:08 ID:hETaNJhu
>>710-711
ごめんなさい。言われたとおりにしてきます。

>荒唐無稽に突き抜けるか、真面目にしっかりまとめるか
誠に申し訳ないですし、読まれる方々にとってはどちらかの方が良いはずですが
ふたなりが好きなのと同じように、何かを書くときにも中途半端な物が好きなのです。

どちらかと問われればシリアスです。


713 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/21(水) 01:30:38 ID:dUmHHAyI
>>712
まあ待て。榊さんにアナルをほられる役は俺が代わtt

714 名前:にゃも×ちよ[sage]:2007/03/21(水) 11:13:30 ID:fFH+zYO2
にゃも×ちよ 「ちよちゃん結婚して」

「ちよちゃん結婚して」
 にゃも先生のいきなりの発言に、ちよちゃんはペンギンの首をかしげました。
「? 黒沢先生、それはどういう意味ですか」
「え、いや、その…」
 にゃも先生は、勢いで言ってしまった自分の言葉に、自分で戸惑ってしまいました。
(あ、あれ、ああ、そうだ、あんまり可愛いものだから、つい…)
 にゃも先生は我に返ると、ごまかすようにペンギンちよちゃんの頭を撫でまわすのでした。
「それくらい、かわいいってことよ」
「えへっ、ありがとうございます。では、またご注文があったらおよび下さい。黒沢せんせ」
「は、はい〜」
 ぺこっとおじぎすると、ペンギンちよちゃんはペタペタと歩いていきました。
 と、そこにゆかり先生がいじわるそうな表情をして、いじわるをしにきました。じつにいじわるです。
「おやおやー、にゃもったら、またちよちゃんにお熱をあげちゃって」
「そ、そんなんじゃないわよ! 」
「言っとくけどね、ちよちゃんに手を出すような真似はやめときなさいよ」
「す、するわけないじゃない! そんなこと! 」
「はっ! どーだかねぇ。まあ、大阪とか神楽とかは好きにしていいから、んじゃ」
 それだけ言い残すと、ゆかり先生はどっかに行ってしまいました。
 にゃも先生は一人、マグカップを片手にハァ…と切なげなため息をつきました。まるで恋わずらいのように。

715 名前:にゃも×ちよ[sage]:2007/03/21(水) 11:14:13 ID:fFH+zYO2
数ヶ月前のこと。
 最近はちょっとコーヒーに凝っている、そんなにゃも先生。
(こういうのは雰囲気が大事よね)
「はー、今日もいい天気ね」
 外の風景を眺めつつコーヒーを飲む、至福のときです。
「まぶし〜〜、カーテンしめれー」
「あ――もう!!」
 今日も今日とて、ゆかり先生はあるがまま。にゃも先生の家で勝手気ままにくつろいでいます。
 そんなこんなでいつもの一日を過ごしていると、ふとゆかり先生は情報誌を手にひらめくのでした。
「あ! 今晩は呑みに行こうぜー」
「ごめん、今日はパス、給料日前できついのよ。だから今日は帰って自炊にするわ」 (かなり…)
「じゃ私もそれ」
「え!? 食べに来るの!? 」
 かくて、にゃも先生はにゃもごはんを作るために夕飯の買出しに行くことになりました。

「今日はカレーにしようー」
 スーパーで食材を見定めているにゃも先生。と、そこにちよちゃんがやってきました。
「あ、黒沢先生、こんばんは」
「あらちよちゃん、おつかい? 」
「今日は私が家の給食当番なんです」
 にぱっと天真爛漫な笑みを浮かべるちよちゃん。なんて理想のお嫁さんだろう。思わず、にゃも先生はこう言いました。
「ちよちゃん結婚して」
「へ? 」
 不思議がるちよちゃん。思えば、この時にちょっとだけ意識し始めていたのかな、とにゃも先生は振り返りました。

 4時間目は体育。
 にゃも先生と生徒たちは、夏の青空の下で水泳の授業をやっています。
 プールサイドに立つちよちゃん。小さくて、ぺったんこで、なんだか危なげなんだけど、はればれとした表情で楽しそうです。
 そんなちよちゃんの姿に、ちょっとだけにゃも先生は見惚れました。
(ああ、ほんとかわいいなぁ、ちよちゃん…)
 ずあー!
 プールに飛び込んだちよちゃんは、クロール泳ぎのつもりでぺったんぺったん水面を叩きます。
(かわいいなぁ、ちよちゃん)
 ぷはっ! 10mくらい進んだところで、息継ぎのできないちよちゃんは顔を上げ――。
 ドゲ! ともちゃんのビート板がちよちゃんを撃沈させるのでした。
「お!? なんかぶつかったぞ!?」
 ! ハッしたにゃも先生は、すぐさまプールに飛び込みました。
(ちよちゃん! )
 高校の深いプールのなかでは、小さなちよちゃんではひとたまりもありません。死と隣り合わせです。
 水中でパニックに陥っているちよちゃんを、にゃも先生は急いで抱きかかえ、プールサイドに押し上げました。
 ――本当だったら、自分が先生として注意を払い、智のことに気づくべきだった。
 けほ、けほと咳き込むものの元気そうなちよちゃんの隣で、にゃも先生は落ち込んでいました。

716 名前:にゃも×ちよ[sage]:2007/03/21(水) 11:14:44 ID:fFH+zYO2
 夏休み、二回目の別荘。
 なぜかいつもいっしょに別荘で遊ぶ、にゃも先生とゆかり先生。今年は縁日に行く話しになっているのですが――。
「じゃあみんな浴衣に着替えましょう」
 もってきたー? きたー! みんなワクワク気分です。
「黒沢先生ー、これどないして着るのん? 」
「えーと…」
 大阪さんに言われて初めて、にゃも先生は着付けのできない自分に気づきました。なんだか恥ずかしい。
 助けを求めようとしても、ゆかり先生は知らんぷり。――どうしましょう。
 ――。
「背縫いを中心にするんです。友襟を合わせてくださいねー」
「こう? 」
 着つけができるのは榊さん、ちよちゃんだけ。ちっちゃな女の子にこんなことを教わって、にゃも先生は恥ずかしくてたまりません。
 けれど、それ以上に、なんだか照れくさいというか、嬉しいというか、ドキドキするというか――。
「はい、これでできあがりです」
 にぱっと笑い、浴衣姿の自分のことを見上げるちよちゃんに、にゃも先生はドキッとしました。
「だめだなぁ」
 横槍を刺すように、いじわるなゆかり先生はにゃも先生をからかいます。
「大人が子供に着つけ教えてもらっちゃあ」
「あんたもできないじゃない」
 と、ともちゃん。
「そうだなー。ゆかりちゃんはともかくにゃもちゃんは出来そーなのに」(にゃもちゃん…)
「ま、確かに、人のネクタイを結んであげられる黒沢先生らしくありませんな」
「え――っ!? なんでできるのー!? 」
 いつも悪乗りする二人組みは、どんどんとにゃも先生の弱いところをつっこんでいきます。
「昔にゃもがラブラブだった頃、この女、私を実験台にネクタイの練習したですよ! 」
 おーっ! という驚きの声。あまりの気恥ずかしさに赤面しつつ「い いいでしょ!!」とにゃも先生は声を荒げるのでした。
 そのオーディエンスの中には、当然ちよちゃんも。ネクタイ云々のことはよく分かってないみたいですが――。
「まぁ、その練習の成果は発揮する事なく終わったわけだが。彼女には次なる野望が――」
 追い討ちを掛けるゆかり先生に、にゃも先生は奇声をあげて対抗します。
 おお!! けんかだ!! けんかだ!! はやし立てる声の中、にゃも先生はずっと顔を赤くしていました。

「なんだよー男がよぉ!! 一人でもいいだろー!! 」
 にゃも、すっかりできあがる。ゆかり先生の酒乱を阻止するために飲んだ酒に溺れて、にゃも先生は酔っ払っていました。
「こちとらもう大人だぞー! 」
「はい先生!! 大人のつきあいってゆーとやっぱしエロエロっすか!? 」
 我を忘れたにゃも先生は、周囲にまで気がまわりません。心配そうにしているちよちゃんのことなど知らず、大声で叫んでしまいます。
『えろえろよー!! 』
 そして大人の世界について語り出す――。
 ――まさしく「えろえろ」な内容に、普段は恥ずかしがったりしないともちゃんや大阪さんまで顔を赤らめてしまうのでした。
 そんな中で、ちよちゃん一人は置いてきぼりでした。
「しっ! 黙って聞いとき!! 」
 「大人になれば分かる! 」という大阪さんの言葉に、ちよちゃんは呆然とします。ちょっと飲みすぎなにゃも先生が心配になってきました。

717 名前:にゃも×ちよ[sage]:2007/03/21(水) 11:15:24 ID:fFH+zYO2
 ―――――

「あれ…? なんで…」(頭イタイ…?)
 二日酔いの感覚、おぼろげな昨日の記憶に、にゃも先生はまだうまく働かない頭を抱えます。
 と、はみがきセットを両手に持ったちよちゃんがやってきます。
「おはようございますー、大丈夫ですか? 」
「おはよう…大丈夫って? 」
 いまいち状況の飲み込めないにゃも先生、と、これまた不思議そうな表情をしているちよちゃん。
「……。先生ー」
 ――――
「――って、どういう事ですか? 」
「は!? 」
 ちよちゃんの口から飛び出した、信じられない言葉ににゃも先生は目を白黒させました。
「ちよちゃん! どこでそんなの覚えたの!? 」
 冷や汗を流すにゃも先生と、やはりよく分かってないちよちゃん。
「あんただ、あんた」
「あ、黒沢先生、おはようございます」
 昨日のことを物語る証言に、にゃも先生は、それはそれは一言で表せない気持ちになりました。
 酒乱や暴露もさることながら、ちよちゃんに「えろえろ」な話しを聞かせるなんて。
 後の祭り、後悔先に立たず。

「ちよちゃん結婚して」
 にゃも先生、三度目のプロポーズは三年目の夏休み、別荘でのことでした。
 ゆかり先生に勉強のことでボッコボコにされてしまったにゃも先生は、部屋の片隅でしょんぼりしてました。
 「ちゃうねん」「全然わかんにゃい」「ほ、ほーら、リフティングだよー」
 ことごとく株価を下げたにゃも先生は、ちよちゃんになぐさめられまして。
 そんなとき、ほろりと「ちよちゃん結婚して」と、思わず言ってしまったのです。
「? 黒沢先生、またそれですか? 」
 当惑するちよちゃん本人をよそに、にゃも先生はふと思いました。
 ――いつか、本当にプロポーズしてみるのも悪くないかな、と。

 翌朝。
 ラジオ体操をするちよちゃんを眺める、にゃも先生。
 ラフ過ぎる、脇や胸元のみえるシャツの着て体操をするちよちゃんを、にゃも先生はじっとお熱をあげて眺めています。
(ちよちゃん、いいなぁ)
 にゃも先生の結婚は、まだまだまだまだ先のことになりそうです。

718 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/21(水) 11:22:01 ID:fFH+zYO2
おそらく超マイナーであろう、にゃも×ちよで百合
えろえろない上に、ほとんど原作の内容を文章に書き起こしたものだけどなー
この組み合わせ、さすがに萌える人は少ないだろうなぁ…

719 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/21(水) 20:03:48 ID:VpvYCPDE
グッジョブ グッジョブ

にゃも先生の想う姿、なかなかイイです。

720 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/21(水) 21:42:03 ID:ElWgb0ue
思い切って襲っちゃえばいいと思うんだ

721 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/21(水) 23:46:29 ID:fFH+zYO2
>>720
その手があったか! 

722 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 00:41:15 ID:4S+Ebbjg
>>718
いやいやいや。
十分に萌えましたとも。えろえろなにゃもは誰ともあうんじゃないかな。

723 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 01:54:54 ID:FFv37gQw
>>718
たいへん着眼点のよい投稿だと思います。

さかちよ人の自分にはこんな続きが思い浮かんできます。



(この子は……子供らしいのか、じじむさいのか)
そう思いつつも、にゃも先生ははだけた姿のちよちゃんを眺めずにはいられませんでした。
先生はちよちゃんのことが大好きになっていたのです。
ちよちゃんはラジオ体操に集中しているので、先生のにやけた顔は見えなかったことでしょう。
先生がスタンプ帳を作ってあげた理由を、あの子は分かってくれるのでしょうか。

これから何日間か、朝は同じことが続きます。
先生も同じように眺め、同じように幸せな気分になっていたかったはずです。
ところが、体操が始まって二日目には、そうともいかない状況になっていました。
原因は――榊さんです。
この日もちよちゃんの様子を追っていると、愛らしいあの子の隣には彼女がいるではありませんか。

先生は前日、ちよちゃんが体操を終えた直後のことを思い出しました。
三人の生徒が会話していましたが、中にはちよちゃんと、その姿を見つめている榊さんがいました。
あの子の手には先生が作ったスタンプ帳があって、そこにウサギの判を一つ押してあげたはずです。
よくよく考えると、榊さんはそれを見ているような気がしました。
先生にとっては、むしろそうだと、押されている判を気にしているんだと願いたいところでした。
自分が受け持っている水泳部の神楽さんからは、
「榊は猫やかわいい絵、ぬいぐるみとかが好きだ」と聞いたことがあったのです。
けれども、大人になりきったにゃも先生にとってすらかわいいちよちゃんですから、
純情真っ盛りなお年頃の榊さんにとってはなおさらたったのかもしれません。

そして、二日目の朝がやってきたのです。
先生の前には榊さんが、ずいぶんと黙ったままで立っていました。
あまりにも無表情なため、何を言いだすのかと先生は不安になりましたが、
少し経ってようやく口を開きました。
「先生。あの……スタンプ帳、ください」
――試練の時です。
渡さない理由もありませんし、先生もまだやきもちを焼くほどではなかったので、素直に渡しました。
そして、話はいくらか前の行に戻ります。



……他の方の作品を続けるのは失礼なので、ここでやめておきます。




724 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 14:34:41 ID:YI6EHeDD
>>722
にゃも×よみ、にゃも×とも、の二つは想像しにくいと思う
大阪×よみ、榊×とも、神楽×よみ、この三つも自分は見たことない

>>723
そういう続け方も面白いですね
でも榊さんも悶々として悩むキャラだから、その流れだと榊さん主役の方がいいかも
……あ! さかちよだったっけ

725 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 22:10:38 ID:fdh6zizX
>大阪×よみ、榊×とも、神楽×よみ

あるにはある。別の板だけどな。

726 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 23:49:23 ID:pRyBp+Mp
大阪よみは結構あると思う、まぁ偏ったSSばっか読んでるせいかもしれないが
さかとももエロくない話ならありえるかな、智からアプローチしそうだし
かぐよみは神楽が空回りしそうだ、榊さんはそれなりに真面目に相手してくれるけどよみは流す時は流しそうだし

727 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/22(木) 23:49:29 ID:FFv37gQw

めくるめく百合世界の一端


    にゃも←―(半同棲)―→ゆかり
     ↑                    よみ
 (部活のついでに                ↑
    肉体指導)           (切っても切れない縁)
     ↓                     ↓
     神楽 ←(類は友を呼ぶ・胸の争い)→ とも
     |↑                    |↑
     ||                    ||
(憧れのライバル/           (いじりたい/
   数少ない話し相手)          子供じゃないです!)
     ||                    ||
     ↓|                    ↓|
     榊 ←―――(保護者的存在)―――ちよ←―┐
     └―――――‐(かわいがる) ――→┘ (ほんわか仲良し) 
     ↑                           |
     ├―――(不思議世界を共有)――→大阪 ←┘
     |
(実らない公認の想い)
     |
    かおりん



728 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 06:40:14 ID:J1ONiLAL
にゃも大阪を思いついたけど、それっぽい描写あんまりなかった…
やっぱ単に好きなキャラ同士を絡ませるだけじゃーねー

にゃも×大阪でメジャーなやりとりなんて
「猫の死体なんてあらへんでー」以外にないじゃないかw でも書きたい気もしなくもない

729 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 09:32:29 ID:WsJfT5CV
ぱにぽにと世界観を交錯させたものも面白そうだとふと思った。

対応関係 玲×姫子→よみ×とも(そのまんま)
       鈴音×乙女→榊×神楽
       (榊さんと鈴音じゃ性格は180度違うが……)
       ベッキー→ちよ
       ネコ神様→ちよ父

榊さん=([鈴音:体格]+[南条:動物好き]+[一条さん:言動])÷2.8


大阪が見当たらない。立ち位置としては一条さんか。


730 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 09:45:11 ID:dlIuUvTO
>>728
いやいや、朝の目覚めを包丁で
「あちゃー、失敗や。
があるじゃないか。

731 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 19:25:27 ID:J1ONiLAL
>>730
それ、ゆかり先生
包丁を持たせたサイコ大阪による夜這いは、どのキャラとの時でも使えそうだ…
鬼畜攻めさせると、大阪は凄そう

732 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 22:34:10 ID:WsJfT5CV

漫画では「しっぱいやー」の次のページに
満面の笑みを浮かべる大阪がいる

怖さ倍増



(にゃもvs榊)×ちよ 支援します


――抜いちゃった。
   ああ、ちよちゃんが呆然としてたなあ。
   お祭り騒ぎになると体育会系の血がどうしても騒いじゃうのよ。
   しかも今日はちよちゃんもしっかりと私の走りを見てくれると思ったから、つい調子に乗って走っちゃったの。
   やっぱり私ってバカなのかなぁ……。
   そう、ちよちゃん、ゆかりのクラスだったのよね。
   私ってば、アイツを抜いてどうするの!まったく。
   これじゃあいい所を見せるどころか、恨まれるばっかりじゃない。
   まあ、進路妨害してきたゆかりもゆかりだけど、本気になりすぎた私も私よ。
   にしてもちよちゃん……あの榊さんと仲良くしてるわね。
   直接対決だったら負けてたかもしれないわ。
   まあゆかりには勝ったけどね、でも悔しい、組としては負けたのにあんないい雰囲気だなんて。
   それもアイツの指導力、なのかしらね。
   ああ、私のかわいいちよちゃんがこっちを少しも向いてくれない。
   まさか、嫌われてないわよね? ――

「……負けた」
「そんなことないです!すごいですよ」
「でも、負けちゃったよ。ちよちゃんが一生懸命……がんばってくれた……のに」
「がんばったのは榊さんです。みんな抜いたじゃないですか」
「いや」
「榊さんです」
「違うよ」
「榊さんですってば!」


「……本当に?ありがとう」
「やっぱり、笑ってる榊さんが一番好きです」


「くっそー!」
「何よいきなり」
「汗だくの運動会後だっていうのに、あのいちゃいちゃ具合!
 ゆかりは何とも思わないの!?」
「私のクラスだし、いつものことよ」
「い……いつも?」



本当の勝者はどちらだろうか。


        

733 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/23(金) 22:42:22 ID:x23WZb3F
本当の勝者は、その光景を見つつ萌え萌えしてる我々だろう。

734 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/24(土) 02:57:56 ID:sCtyz2Jd


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l……ごめん。       |
 |  負けちゃった…… |
 \_  _____/
    ∨
    _
  /´ ̄`ヽ
  l vYVハリ 
  | |l ゚‐ノ
  |γ`='ヽ
  | | l  ) )ニ⊃, − 、
  | i | ´l´   〃ハヽ <⌒>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | U===!   lヮ・ Lノ ̄   < みんな抜いたじゃないですか |
  V lヽ_ノl   ⊂i==' )      \____________/
    | l !    |_∪!
    ! / /    l二l
   (ニ>ニ>    U'J  



735 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/24(土) 13:31:41 ID:Rcw3e421
二年に上がる時、教師間(会場は居酒屋)で「ちよかぐトレード談合」が行われたのかもしれない
結果は谷崎クラスが一方的に優位であったが、飲み代とか身体能力とか可愛さとか全ての面で・・・

736 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/24(土) 17:49:14 ID:EER/daID
>みんな抜いたじゃないですか

手コキかフェラかkwsk

737 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/25(日) 10:40:26 ID:tAABWv9x
aaの胸のデカさを見れば一目瞭然。

738 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/25(日) 19:06:07 ID:v30w+Guw

榊は木村を超えたロリコンだと思うんだ

悪い意味ではもちろんない

739 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/25(日) 22:37:09 ID:v30w+Guw

                 「アスキーアートになってみたぜ」
                  「あすき……?」
  /´ ̄`ヽ           「文字だけで絵が描けるんだってさ。
  l vYVハリ  , ― 、      ほんとは私もよく知らねぇけど」
  | |l、゚‐゚ノ  vwv、 i     「……」
  |γ'<Yゝ  !∀゚4W     「で、帰りどうする?」
  | | l _)_)  <Y>`ヽ     「帰り……ところでここは」
  | |_|_」|   (_(_ i |     「2ちゃんねるってとこだって、向こうの人に聞いてきた」
  | U l l |j  |L_|_|     ※正しくはPINKちゃんねるです。
  V/_l_!_ゝ  `|l l U      「え」
    | ! !   /_!_l_ゝ     「ここ、夢の世界なんだってさ」
    l_//    |_|_|       「夢?――お父さん」
    ヒ>>   <<,=)      「まあいいや。もうちょっとここで遊んでくか」
                  「あ、うん」


                  「(夢だから榊にいろいろできるし)」
                  「今、何か……きこえ」
                  「いや、なんでもねえよ?」




神楽、難しいな。
髪が前に飛び出る部分の表現が。

740 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/26(月) 07:11:12 ID:InujILjn
>>789
性的な意味なんだな!

741 名前:740[sage]:2007/03/26(月) 18:13:22 ID:InujILjn
すまん、>>738と間違えたんだ。

>>739
アヒャ化した神楽に期待……いや何でもないですよ?

742 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/27(火) 06:18:26 ID:fPvddgEM
AAと合わせるとラノベの挿絵みたいで面白いですね

743 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/27(火) 06:39:46 ID:dCGhc1Um
なんか等身が大きい気がしてならん
AAの場合、なんか八頭身に近くなると微妙になるっていうか…

744 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/27(火) 09:02:28 ID:ndkZqk6T
レゴっぽいよな

745 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/27(火) 12:32:21 ID:fPvddgEM
>>743

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1164974738/169-174

>>739はここの8mLURvHgだとしか思えません。


746 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/27(火) 22:13:38 ID:d/UuZVhN
>>745
八頭身ってレベルじゃねーぞ!

747 名前:名無しさん@ピンキー[age]:2007/03/28(水) 21:32:52 ID:By3qSx3E
hho

748 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/28(水) 23:17:45 ID:BM3J9Elh
H hosyuの略?

749 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/29(木) 00:24:02 ID:WbIwUAPI
飛行機乗ったこと無い人必見!飛行機の現実
http://www.nicovideo.jp/watch/sm76854

智と神楽は必見だ

750 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 22:06:52 ID:bBM+JS70
回転防御!
http://www.youtube.com/watch?v=QSvshIv3XuI

751 名前:名無しさん@ピンキー[時々あげ]:2007/04/01(日) 01:30:09 ID:+uVleboi
学校中でかわいがられているけれど、早く大人になりたいちよと
学校中で(少なくとも女子には)かっこいいと思われているけれど、かわいいものが好きな榊。

この需給一致に、「少しはかっこよくなりたいけどかわいいものも充分に好き」な大阪を加えると……

SSかきたい!ふしぎ!

752 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 13:09:46 ID:LCms+rY2
大阪が二人を喰う展開しか浮かびません・・・

753 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 13:59:58 ID:+uVleboi
>>752 大阪が総攻・神楽が総受ってのはけっこう浸透してるのか

754 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 19:46:20 ID:rBnxsI2n
神楽は同意だが
大阪は受攻どちらもいけると思う

755 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 22:08:07 ID:+uVleboi
>>754 そうだよな。
神楽攻めは対榊であるかないかって感じだな。

756 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 00:13:38 ID:Bqm3prUB
つまり、>751-752をまとめると

ちよ「やめて! 止めてください大阪さん!」
大阪「ちよちゃんの初めてもろた〜。これでおとなのおんなの出来上がりや〜」

榊 「ぁん、んっ… ちよちゃん、あまり動かないで」
大阪「ほんでな? 榊ちゃんの上にちよちゃんを乗っけてな? ねここねこみたいでかわえぇな!」

大阪「双頭バイブで繋げとるからこれが本当のちょくれつつなぎっちゅうやつや!」

大阪「…ちょくれつつなぎ?
   真っ直ぐなんがちょくれつやねん。ならんどるのがへいれつ。
   ?
   これどっちなんやろ?
   ちょく…へいれ…
   ちょ……へい…へー…へー………へー、ちょ…?」
榊 「…どうでも良いから早く抜いて」

大阪「逆転ほーむらーん! こういう時はよみちゃ〜ん! 教えてくれへん?」
よみ「なんで私が呼ばれるんだ?」
智 「これはアレよ! 69!」
大阪「しっくすないんなん?」
よみ「直列も並列も関係ないんじゃないか?」
智 「良いじゃん、よみといつもやってるから好きだし」
よみ「秘密にしろ馬鹿者!!」(拳骨)
大阪「えー突っ込みやなぁ、よみちゃん」

大阪「ほんでな? しっくすないんって何つなぎなん?」
よみ「知るか!」
智 「あ! あれだ! 永久機関だよ!」
大阪「え〜きゅ〜?」
智 「アレって呑むじゃん! んでその分だすんだよ! 更に相手も呑んで出すから
   グルグル回ってるんだ! エコマークも真っ青のクリーンエネルギーだ!」
大阪「しっくすないんって凄いんやな〜」
よみ「…もう突っ込まないからな」
智 「突っ込むだなんて、よみは本当にえろいなぁ〜」
よみ「っく!!」(拳骨)
大阪「え〜突っ込みやなぁ、よみちゃん」

榊 「…誰か、抜いて…」

757 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 01:49:23 ID:3rcmNqXC
神楽は?

758 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 01:54:15 ID:Bqm3prUB
>757
すまん、忘れてた

759 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 02:05:40 ID:jbQ+q4IJ
気にするな

760 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 02:17:14 ID:IdmdEdpj
勝手に追加


神楽「よう!水泳部から……って、な」

よみ「あ、やあ。ははは」
とも「面白いだろ!」
大阪「神楽ちゃん、大丈夫ー?」
よみ(絶句してるぞ)

ちよ「神楽さん、痛いです!助けてください」
神楽「ちょっと待て。
    『私の』榊に何をしている」
ちよ「ご、誤解ですっ!」
榊「今……なんて」
神楽「いえ、なんでもないですよ?」
とも「お前、類は友を呼ぶって聞いたけどさ。お前は胸で仲間になるのか?」
大阪「類はともちゃんを呼ぶんやな。たまにはええこと言うなあ」
よみ「ともでも、そんな語句が使えるんだな」
ちよ「びっくりです、びっくりしたいですけど……大きすぎます」
大阪「改めてせつめーするとな。
    全部ひとまとめにして――かわいいちよちゃんとかっこええ榊ちゃんをしっくすないん、や」
よみ「直列だろ」
とも「あっれー?こういうネタには突っ込まないんじゃなかった?」
よみ「し、しまっ」
榊「話、聞いて」
神楽「やったのは誰だ」
大阪「あたしが願いをかなえてあげたんよ?」
神楽「そうか」

(しばらくへーちょでお待ちください)

神楽「みぞおちはここだったよな」
大阪「ひ、ひどい」
とも「でも、榊さんとお前だったらさ。
   どっちも胸が大きすぎて、69できないだろ?」

(しばらく――)

神楽「それで、横隔膜はここ」
ちよ「そこもみぞおちです、やっ、中が……いた」
よみ(ヤバい、今のあいつはヤバい)
榊「お願い、抜いて……」

かおりん「榊さんが素晴らしい行為に及んでいると聞いてやってきましたぁー!」

神楽「どいつもこいつも」
よみ「さ、三人目」
かおりん「あ、あそこに榊さんの星座が見えます……」
榊「助けて」




761 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 02:34:30 ID:Bqm3prUB
神楽暴走モード
いや、榊防衛モード?
なんにせよGJ

というか榊ほったらかしか、それも良し

762 名前:どんたこすの1[sage]:2007/04/02(月) 03:38:29 ID:Bqm3prUB
神楽「ん〜と、あーこれなんつったかなぁ〜」
榊 「どうしたんだ神楽? …クロスワード?」
神楽「うーん、榊ーこれ判るか?」
榊 「ふむ… 男性器の各部名称、か…………………………………」
神楽「榊? なに固まってんだ?」
榊 「………いや、何でもない。いや何でもなくないが何だこれ何?」
神楽「混乱してるじゃねーか。ってこれじゃなぁ」

智 「あぁ、それ私があげたんだよ榊ちゃん。にゃもちゃんの家に遊びに
   行った時にパクってきたんだよー」
榊 「パクっ……よりによってこんな……」
神楽「私も最初は小っ恥ずかしかったんだけどさー、何か気になって」
榊 「だからって、こんな物を学校に持ってきちゃいけない…」

ちよ「皆さんどうしたんですか?」
榊 「ちよちゃん…!? いや何でもないこれはちよちゃんがみてはいけn
智 「ねぇ、ちよちゃんこれの名前わかる?」
ちよ「はい?
   …あぁ、これは『会陰』ですね。俗に蟻の門渡りとも呼ばれてます。
   普通は女の子のアナルから膣の間の皮膚が盛り上がってる箇所のことを言うん
   ですけど、男の子でも同じ呼び方をしてますね。
   これって、見た感じが鬼無里の蟻の門渡りに似てるからそう呼ばれてるんじゃ
   ないでしょうか?
   そういえば、昔話じゃ神様が女の子のアソコを縫い付けて、男の子を作った
   時の名残が、蟻の門渡りって言われてたりしますね。
   聖書じゃアダムの方が先でしたっけ、榊さん?」
榊 「…え? うん、確かアバラ骨とか使ってイヴを作ったとか何とか……」
神楽「おぉ! やるな、榊!」
榊 「褒められても、あまり…嬉しくない…」

763 名前:どんたこすの2[sage]:2007/04/02(月) 03:40:11 ID:Bqm3prUB
ゆかり「ほーら! 何だかんだ言って何となくナニに興味のあるお年頃共ー!」
榊 「いや、私は違…」

ゆかり「そんな猥談したけりゃにゃもにでも聞きなさい。それより授業始めるわよー!」
にゃも「私に振るんじゃないわよ」
ゆかり「うおぅ! 何で居るのよ?」
にゃも「…隣り、誰が担任だと思ってるの? それより猥談の後始末押し付けないように」

ゆかり「にゃにおう、若かりし時はその腹筋と背筋で数多の男共を搾り取ったスイマーならぬバキューマーの
   お言葉とは思えませんなぁ!」
にゃも「………(黒板に『自習』と書き出す)
   さぁ、予習と復習を開始しましょう。後悔と覚悟は良いかしらね、ゆかり?」
ゆかり「いや! ちょっと待てぇ!」

にゃも「懐かしいわねぇ〜、『門渡りの上手い感じさせ方教えて』って言われた時を思い出すわぁ♪」
ゆかり「やめて! 次の日立てなかったんだから! やめっいやあんた達助けなさい!」
神楽「先生、一体ナニを…」
にゃも「ん? ただのおしおk…じゃなかった、SMよ」
大阪「言い直した方が酷いやん…」

にゃも「さてゆかり、貴女に足りないもの、それは情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ。
   そしてなによりも、シマリが足りないわ」
ゆかり「いやぁああぁあぁあぁぁ…………(フェードアウト)」

764 名前:どんたこすの3[sage]:2007/04/02(月) 03:41:17 ID:Bqm3prUB
智 「さて! という訳でいきなり暇になったわけだが!」
よみ「勉強しろよ」
智 「おー、流石は眼鏡っ娘のよみさんは勤勉ですなぁ!」
よみ「眼鏡は関係ねーだろ」
神楽「んー、まぁ勉強はしないとして」
よみ「その前提が間違ってるんだよ!」
大阪「でもよみちゃんもせぇへんやろ〜?」
よみ「………」

智 「という訳でクロスワードを解いて見ようと思うんだが」
榊 「本気か?」
神楽「まぁ、榊の心配も判る。でもやってみようぜ!」
榊 「やめて…」

大阪「え〜と次はこれや〜。『○道オナニーのし過ぎでオムツのお世話』〜?」
(ゴンッ)
大阪「榊ちゃん、何で机にパチキかましとるん?」
榊 「いや、なんでもない…」

よみ「あ、これ知ってる。尿道オナニーじゃないか?」
智 「尿道? そんなとこ気持ち良いの?」
よみ「さぁ? 大体んなとこに何か入れて弄繰り回す趣味ないし」
ちよ「そうですね。
   でももしやるなら場所が場所ですから、入れる物も良く消毒しておかないといけない
   ですし、尿道を傷つけるような物は使わないようにしないといけません。
   特に気をつけて欲しいのが壊れ易い物は絶対に使わないことですね。
   ローソクを入れて中で砕けたり、女の子だったら膀胱に細い乾電池が入ったって
   話しも聞いたことがあります。
   元々女の子の尿道は短いですから、それにあった道具を使わないとです」
よみ「拡張しすぎてお漏らしするようになったって話もあるな」
智 「あっ! それで『オムツのお世話』なんだ!」
神楽「なるほど、そういう事か」
榊 「いや、そこ感心するところじゃ…」

765 名前:どんたこすの4[sage]:2007/04/02(月) 03:42:38 ID:Bqm3prUB
榊 「………」
大阪「榊ちゃん? 顔色わるいで〜?」
神楽「大丈夫か、榊?」

 どうやら、今までの猥談もどきのクロスワードに当てられたらしい。
 自分では判らないが、思った以上に精神的にキテいるようだ。

智 「んー、榊ちゃんには刺激が強かったかなぁ?」
よみ「誰のせいだ誰の。とにかく無理しないで保健室で寝たほうが良いんじゃないか?」

 その責任の一端は水原にもあるのだが…、言っても詮無い事だ。
 ここは素直に保健室に行くとしよう。

ちよ「大丈夫ですか?」
榊 「うん…少し寝れば大丈夫だと思う」
大阪「ほんなら私が付き添ったる〜。大船に乗ったつもりでまかしとき〜」

 …何故だろう。ただ保健室に行くのに、こんな不安を感じるのは。

大阪「さぁ着いたで榊ちゃん」
榊 「うん、ありがとう…」

 そして春日の手を借りてベッドに横になる。
 そのまま呼吸が楽になるように、なのだろう。制服のリボン、というかタイといか、胸元の
紐を外して私の左手をベッドのパイプに縛り付けた。
 そして自分の分を使って右手も同じように縛

榊 「いや、ちょっと待て」
大阪「あ〜、榊ちゃんが声出すからちょうちょむすびが固結びになってもうた〜。失敗や〜」
榊 「ご、ごめん」

 いや、そうではなくて

榊 「何故こんなことを?」
大阪「ん〜とな〜? 榊ちゃん、さっき『尿道オナニー』の話あったやろ〜?」

 そう、あれは凄かった。
 思わず想像してしまい「自分のおくそこに感じた熱に当てられ〜、身体がうずきだしたんや〜」…待て。

榊 「…そんな事は思っていない」
大阪「え〜?」

 え〜?じゃない。

大阪「という訳でやな? やってみたいと思う〜」
榊 「…いや、自分でやってくれないか?」
大阪「ほんなら二人で〜」

 …マジか。

766 名前:どんたこすの5[sage]:2007/04/02(月) 03:44:03 ID:Bqm3prUB
大阪「そ〜れごかいちょーや〜」
榊 「やめ、きゃ!」
大阪「お〜、流石ねこ好きやなぁ、ねここねこ〜」

 そう、余りの可愛さに買ってしまったねここねこ柄の下着。
 …正直、子供用ばかりだったので私の体型では微妙に小さいのがネックだ。
 健康面で考えれば血行を阻害するので、本当ならば穿いてはいけない。
 しかし、それでも穿かねばいけない時がある。そう、そして落ち着け。今は他に考えることがあるはずだ。

大阪「榊ちゃんむっちむちやね〜、えろえろや〜」
榊 「…年頃の女の子がえろえろとか言ってはいけない」

 しかし、この理論でいけばみなも先生は年頃を通り過ぎている…?
 …いや、この場合はしかたがない。きっとそういう事なんだろう。
 だって下着が脱がされているから。いやだから私も落ち着かないと

大阪「豆知識〜。榊ちゃんはお豆なめられたら何て鳴くのん?」
榊 「いやそれ豆についての質も、ひゃん!あん!」
大阪「『ひゃん』と『あん』のどっちやろ〜?」
榊 「んっ、んあぁあ!」

 そのまま春日にクリトリスを嬲られていると、彼女がお尻をこちらに向けて跨ってきた。
 シックスナインという体勢だ。

大阪「榊ちゃんだけやの〜て、私のもやらんと〜」

 既にクロスアウ(脱衣)された小ぶりのお尻の中心で、自分で弄っていたのだろう
蜜でテラテラと濡れる花弁が咲き誇っていた。
 …うん、言い方を変えても現実逃避、失敗。

大阪「榊ちゃんも、豆知識身に付けんとあかんで?」
榊 「まめ、ちしき…」

 目の前に、真っ赤に充血した春日のクリトリスがあった。
 クリトリス… 陰核とも呼ばれ男性で言えば陰茎にあたる。さっきのクロスワードに
書いてあった。
 …こんな知識、いらない。

767 名前:どんたこすの6[sage]:2007/04/02(月) 03:45:09 ID:Bqm3prUB
??『赤いものをぉ〜 食べるんだぁ〜』

 あ、貴方は?

父 『どうも、ちよの父です』

 いえ、知ってます。
 …どうしても食べなければいけないんですか?
 できれば助けてくれませんか。マッハ100で。

父 『話の流れとかはどうでも良い。 赤いものを、食べるんだ〜』

 なんとかなりませんか?

父 『俺に言われてもなぁ〜〜………』

 …判ってた。
 判ってたはずだ、このオチは。

大阪「榊ちゃ〜ん?」
榊 「いや、何でもない。そうだな、好き嫌いはいけないな。
   赤いものを、食べる。そう、食べるんだ…」

 そして、私は春日の赤豆をそっと口に含み…

768 名前:どんたこすの終わり[sage]:2007/04/02(月) 03:46:13 ID:Bqm3prUB
 …その後、混乱の極みから思わずパックンチョしてしまった私は

大阪『わが耳掻きに貫けぬ尿道なし〜やで〜』
榊 『鉄壁!』
大阪『なんの熱血必中やで〜』

 キャラ性能的にリアル系の私が閃き忘れた時点でなす術など無く、限界まで開発された。
 …そしてボーナスは射程距離+1
 あまり嬉しくない。

 その後も、

大阪『榊ちゃ〜ん、今日はえいきゅーきかんやで〜』
榊 『…何を呑ませる気だ?』
大阪『私も飲むから大丈夫や〜』
榊 『お家に帰らせて下さ、あっちょ待…』

 食べるのはゆっくりなのに、呑むのは早いんだなとか、

神楽『私の右手が真っ赤に燃える! 潮を噴かせと轟き叫ぶ!』
榊 『女の子がそんな事を轟いて叫んじゃいけnあっ!ひぁぁぁああ!!』

 何か人数が増えたりした。

 …とにかく、何でこんな事になったんだろう。
 私は普通に生活していたはずなのに…


父 『大阪のアソコを舐めたそうだね! ここから下をべろぉりとぉ!!』

 貴様が原因か!?

769 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 03:47:48 ID:Bqm3prUB
既に書いているのにこんな事聞くのもあれなんですが。
あまりエロくないのって投下しても大丈夫?
というか、6,7年ぶりに書いて思った。
俺、エロいの苦手だと。
おやすみなさい。

770 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 03:52:53 ID:IdmdEdpj
地の文の榊さんの口調にワロタwwwwww

GJだお( ^ω^)

771 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 04:42:00 ID:IdmdEdpj


「榊ちゃん、まだ成長しとるん?ええな」
いや、別に良いことのような気がしないけれど、確かに伸びてる。
「そうですね、もうすぐ180cmくらいにはなりますよね」
「胸がっ!?」
「ちがいますよぉ」
「あー、良かったわ。そんなに成長されたらわたしでも追いつけへん」
「今の榊さんでも追いつけませんね」
「そうやなあ」
……追いつかなくていいよ。ちよちゃんも春日さんも、かわいいだけで充分だ。
私の前で純真な笑顔を見せてくれるから。
「早く一人前になりたいです」
「せやな。榊ちゃんみたいに、一人前のカラダになれへんかな」
分からないか?
私は、君たちが持っている子供らしい素直な愛しさを求めているんだ。
それだけはいくら猫や忠吉さんと触れ合っても得られない。
「もっと成長するにはどうすればいいですか?」
「え……ちよちゃんの方が、いろいろ……勉強してるから」
「論より証拠ですよ。ここは榊さん本人に聞かないといけないんです」
そう言われても、自分から伸びようとは思ってなかったから答えられない。
「じゃあ、ちよちゃん……ちよちゃんみたいに、かわいくなるには」
だから、問い返す以外に方法はなかった。
「へ?榊ちゃんって、かわいくなりたいん?」
……知らなかったか。
あまり隠すつもりはないし、今までの行動で少しはわかるだろうけど。
「そうや、逆転ホームラン!
 ちよちゃんが早く大人になりたくて、榊ちゃんが子供になりたいんやろ?
 いっしょになってまえばええ」
「い、一緒ですか?」
「いっしょや。二人あわせてやんまーに」
に、ってなんだろう。まあいい。
いっしょになる、ってなんだろう。
「ついでやけど。
 『三人寄ればもんじゅのナトリウム漏れ』って言うやん、わたしも参加させてえな」
春日さんはかわいい上に面白い。
慣用句を使いこなせないのに、どうして時事的なことを覚えていられたりするのかな。
実は頭を効率的に活用していないだけなのかもしれない。
ショウナンハピネスとかマチカネフクキタルとか……あれは違うか。
あまりにも衝撃的だったからどちらも覚えてしまった。
さて、いっしょになる、の意味は今ひとつつかめないけれど、
「……いいよ」
こんなにもかわいい二人と一緒でいられるのなら本望だ。




772 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 05:00:42 ID:IdmdEdpj


「ありがとな。ほんなら、脱がしたる」
「え」
「大丈夫や。傷一つ付けはせんよ」
「脱ぐ?」
「ちよちゃんもいこか」
あれ、ちょっと待って。
二人とも本当に今言ったとおりのことをしているように見えるのだけれど。
ちよちゃん、その素直さは大好きだけど、もう少し考えた方がいいかもしれないよ。
「できましたー!」
「えらいべっぴんさんやな」
表情が満更でもなさそうだ。心の底から純粋なのだな。
そこで、私といえばまだ躊躇している。
下着のねここねこ柄が気になるわけではない。
そもそも、かわいい物云々の発言はもう口にしてしまっている。
単に、どうしてここで脱がなければいけないのかが整理できなかったから。
いっしょになる、の意味が喉元まで出かかっている。
もしかして……
「なあ、榊ちゃん。いっしょになろうな」
「一緒、に」
「いっしょに、やってみような」
……答えは一つしかない。
夢かもしれない。ちよちゃんも春日さんもよく出てくるから。
「うん」
夢でもいい。三人で幸せを共有できるのなら。
「これで私も大きくなれるんですか?」
「身長も胸も分け合えるかもしれへんで」
「わーい、ありがとうございます!」
君の清さに涙が出そうだ。ありがとうを言うのは私だよ。
「ちよちゃん、喜んどるな」
一方で、春日さんの顔はさっきより少し歪んで……

……歪んで?

まさか、私は重大な事を見落としているのではないか。
確かここはちよちゃんの家だ。
今までは、他の皆を呼ぶ時間帯があったはず。
もう十一時を過ぎている。今呼んだら都の条例に引っかかりはしないだろうか。
いや、条例の規制があるかどうかの問題ではなく、
この三人でこれほど遅くまで、しかもちよちゃんの個室にいること自体、おかしい気がする。
「いくでー」
春日さんが手に持っているものをよく見てみよう。
片手にパステルカラーの棒、もう一方には携帯電話みたいなもの。
「なまこー」
あ、ちょっと似てるかも。この不思議な振動が。
多分、リモコンなのだろう……指が触れるたびに動作が変わる。
「大丈夫や。ちよちゃんにはまだ早いから、その前に榊ちゃんでじっくりと試したる」

私を強く縛っていた理性は、目の前に浮かぶ表情と物体、二人の裸体に対する興味に持ち去られていった。





眠いのでここでいったんCMです。



773 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 18:05:48 ID:Ghu8nd22
怒涛の攻め大阪連発だなGJ!

774 名前:762[sage]:2007/04/02(月) 21:24:17 ID:1Sg6+Iil
>770
感想、どうもありがとうございます。
というか、榊受けというか大阪鮫がトレンディー?

775 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/04(水) 23:29:23 ID:AyBsiuIs
エロい。実にエロい。最強の嫁ならぬ最強の攻めだな、大阪。

776 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/06(金) 23:19:40 ID:XO9R/6LL
榊と大阪のかみ合わなさがそれっぽいw

777 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/08(日) 20:31:02 ID:lsNIO7KI
眠気から覚めたんで続きを書いてるんだけど、みんなに質問

大阪の二人称って「あんた」でいいかな?

778 名前:つづき[sage]:2007/04/08(日) 21:05:24 ID:lsNIO7KI


はたから見れば満面の笑み、私から見れば明らかに変化した顔。
「ひみつどうぐー、ふるえるなまこちゃんや」
それと裏腹に純朴そうな発言には、いつも飛びぬけたセンスが感じられる。
やっぱり、本当は頭が良いのではないか? でなければ、この高校には入っていないはず。
少なくとも博識であるのには間違いない。
「あの、私はどうすれば」
「まあまあ、じっくり見て感じとき。にゃも先生の言うことより勉強になるで」
被験体という言葉が浮かぶ。
こんなにかわいい二人の研究対象になるのは構わない、むしろ進んで希望するけれど、
私が持っている心からの愛情には応えてくれるだろうか。
「榊ちゃん、安心せえな。 わたしが責任持って、思いっきり気持ちよくしたる」
言い方が悪いかもしれないけど、こんな時に限って頼りになりそうな春日さんも不思議だ。
「それにしてもなー。はるうららのすいかっぷ、これは週刊誌でも見られへんなぁ」
きっと、ある程度その方面について知っている人ならば、セクハラだと言えるのだろう。
でも私は知らない。
せめて人の話に付いていきたかったから、先生達の体験談を近くで聞こうとしたときもあった。
けれど、男性との行為は自分にはとうてい理解できるものではなかった。 後悔も反省もしている。
私は愛玩すべき動物に惹かれる感情などと同様に、やはり心底、むしろ肉体の底から
あどけなさを残す女の子を欲していたことに気づいたのだ。
「榊さん、大阪さん、楽しみですね」
ふたりの
「榊ちゃん、外したる!」
かわいい声。
はっきりと言ってしまうと、耳にするだけで全身が疼く。
いつも触れ合っている声なのに。
いつも近づき合っている体なのに。
いつも通じ合っている感情なのに。
……私は他人と全く違う、と改めて自覚できた。



779 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/08(日) 21:06:47 ID:lsNIO7KI


「あともう少しや」
思考を巡らせているうちに、春日さんの手が私の背中に回ってきていた。
肩や首筋、腰周りはとっくにはだけている。
手つきが慣れているのは女の子同士だからなのかどうか。
「ちよちゃんの家ならなんでもできるやろ」
「えー?そんなことないですよ」
確かにそうだ。無駄に高い身長の私を含めた三人が姿勢を乱せるほどに
この個室でさえ広いのだから、家が全体としていかに大きいかが伺える。
「ほんまおっきいなぁ」
そう、大きい。
「榊ちゃんのおっぱい」
え?
「わたしにもちょっと分けてくれへんかな」
あっ、いきなり揉むのはやめて。
「これ、どうするんですか?」
振り向けば、ちよちゃんが私の胸に付いていたものを両手に持っている。
もちろん全裸で。
「試しにつけてみ?大人に近づけるんやないか」
「はい」
だめだ、まだこういう場面での判断力は成長しきっていないみたいだ。
この間に、指先が私に手を加えはじめた。
赤い先端に触れられた瞬間、不意に声が漏れてしまった。我慢しないと。
「ここがおっきい子は全身成長が早いんやろな。下も期待しとるで」
「ひあ、だ、そんなに……まわさ、ないで」
「ええやろ」
「ダメ」
「え、でもこの」
「ダメ」
反射的に口に出してしまった拒絶の言葉に、春日さんは軽く返した。

「ふふ。榊ちゃん、初めてやな?」
聞いた途端に赤面する私自身。
「あんたみたいんならけっこーもてそうやけどなぁ」
「そ、そんなこと」
言えない。君たちのような人にしか興味がないなどと、この場で言ってはいけない。



780 名前:断続的に投稿するかも[sage]:2007/04/08(日) 21:07:54 ID:lsNIO7KI


「おーさかさん、これ、大きすぎて抜けちゃいます」
「神楽ちゃんのよりもサイズ上やもん。しゃあないな」
春日さんが手を施す所にあった下着のひもがあの子の手に、そして胸に。
不釣合いな豊かさを持つ布を目にして、私自身も恥ずかしくなった。
「そう、やんっ、いう……かすが、さんは」
「私も初めてやで。榊ちゃんのために」
「あう、わ、わたしのお、ため?」
「狙っとったんよ」
「大阪さんだけずるいですー!」
「ちよちゃん、んぅ!」
経常的に加えられていた刺激がより強まる。
片方の乳房、その端はもはや口腔に含まれきっていた。
「ほ……ほんとぉに、は、じめて?」
「へんひゅうはしほっはへほは」
解せない発音。
「え、練習ってできるんですか」
さすが天才と呼ばれるだけあり、言語処理はやはり速い。
指と舌によって伝えられる高揚感と、成長しきっていない二人に身を晒そうとする背徳感が私を襲う。
もう脳を思考に使えるほどの余裕、かろうじて残っていた理性のかけらさえ完全に失われつつあった。
春日さんが胸から頭を離した。
「ほな、ちよちゃんもやってみ」
「どうやって……?」
「さっきの秘密道具、貸したる。実践に勝るものはあらんのやね」
春日さん自身も、私を前にして何か納得したような表情だった。




781 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/08(日) 23:11:52 ID:gn4xSqsB
大阪の二人称は「○○ちゃん」がしっくりくるかな。個人的に。

782 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/08(日) 23:56:49 ID:lsNIO7KI
>>781

すみません
一行だけ「あんた」使ってみましたが
現行のまま(ちよちゃん、榊ちゃん、etc...)でいきます

783 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/09(月) 22:07:25 ID:I8i1UleW
楽しみにしてます

784 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/04/10(火) 14:37:42 ID:qhHY9wBo
目がみえないんです勘弁してください

785 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/10(火) 18:48:00 ID:UbOuL2/5
うまい!!!楽しみ

786 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/11(水) 22:03:35 ID:c51bqSJY
今後の展開に期待

787 名前:他人の設定を使うN ◆jHCuM/6C1s [sage]:2007/04/12(木) 09:29:36 ID:NHMDVi12
>>574
なに自分の事つらつら書いてるんだこの馬鹿w

788 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/12(木) 23:44:46 ID:In3dOc/u
 久しぶりに来たけど、
「ちょくれつつなぎ」の話といい、「どんたこす」の話といい、
その後で来た3Pの話(大阪攻めまくり)といい、最近は佳作が多いね。
 良きかな、良きかな。


789 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/13(金) 21:51:20 ID:NrCsvtBB
百合スレの方もここ数週間でいきなり良スレになってる

790 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/15(日) 12:21:45 ID:LRLe/lKb
>>787
よぉ、元気かカンピロバクター

791 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/15(日) 22:13:45 ID:NiSHjALN

たった二点を刺激されつづけるだけでもこんなに呼吸が苦しいのに、
もう一人加わったらどうなってしまうだろう。
ましてや、その「もう一人」が、私が一番守りたいと思う何歳も年下の子供だったら。
「震えてますけど、このボタンで調節するんですね?」
「せやな。いろいろと試せばわかるで」
小さい手のひらに動いたままのそれを握り、私の腰に跨ってくる。
「ほんで、わたしは下のほう」
春日さんの言葉に驚きは隠さなかった。素直にどういう意味か問いかけた。
けれども、彼女から返ってきたのはやはりそのままの答えでしかなかった。
誰にも見せないところを開くことにはさすがに戸惑ったが、どうしようもない。
恥ずかしいことに、私自身も多少期待していたから。
「ねここねこー」
あ、忘れてた。今更すぎて説明する気にもならないが。
今は二人が与える快感を何も考えずに受けていたい。
「榊ちゃん、かわいい物が好きなんよね。思い出したわ」
ただただ頷くだけの私。
おもむろに下着を脱がしていく春日さん。
胸にあれを近づけるちよちゃん。
「ねこはかわええ。けどな、榊ちゃんはもっとかわええんや」
「そんなことないよ、君たちのほうが」
「その榊ちゃんが一番かわええんや。今晩は最高の猫になってもらうで」
どうしてだろう、いつもはもっと強く否定しているのに、これ以上言葉が出てこない。
「榊さん、今日はいつもより笑顔ですね」
なんだ、私ってば嬉しいんだ。
自分の感情がようやく分かったので、隠さずにまたもう一度頷いた。
「ここもまだきれいな色でかわええな」
でも、さすがに直接的すぎる言葉はちょっと
「さっきまでので濡れとるけどな。いただきますー」
ちょっと、だめ、まだ用意が
「私も右胸からやってみます」
そんな、そんなに……!
「ひなりむねがさびひいやろうから、ほっちもぺろぺろやっとき」
「はーい」
え、ちよちゃんまで舌でやったらだめ、
「気持ちいいですか?」
聞かないで、お願い。


792 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/15(日) 22:14:33 ID:NiSHjALN

急に羞恥心が呼び戻されたのは、知らなかったその感覚があまりにも強いものだったから。
仰向けになりなすがままの私に馬乗りになったこの子に喘いだ顔を見られたくない。
希望に反して、ちよちゃんは片胸から口を離してまた問いかけた。
「気持ちいいんですね?顔でわかります」
「い、わ……ないでぇ」
「榊さんが嬉しいなら、なんでもします」
「やぁ、そんな、うれしく」
「ええやろ?」
弾けそうな意識の中で頷きつづけるしかなかった。
何も分からないかと思えたちよちゃんですら、口内で乳房の先端を丁寧に扱きながら
リモコンを操作してもう一方の動きを変化させてくる。さすが天才というべきか。
春日さんはより激しく、私の声に出して言えないところを攻めたてる。
絡み合う二つの舌からたまらない程に温かさが感じられる。
「次は回しますよー」
思考の読みづらい春日さんならともかく、ちよちゃんがこんなに積極的だったとは。
勢いよく刺激され、気を確かに保てなくなってゆく。
目の前で、さっき裸になったばかりの、行為を知るには早すぎる幼女が
よりにもよって胸を舐め回しながら器具を押し当てている。
「榊ちゃん、全身があったかくなっとるし、ここももっとつやつやしてきたで」
ああ、やっぱり恥ずかしいけれども、抗えない……間違いなく幸せだから。
「お豆さんも固くなって、やっぱりええんやな」
言葉を発する時を除いて、常に下半身に甘い感触が伝わってくる。
道具を扱いながらも夢中で胸を吸い上げるちよちゃんが
だんだんと赤ちゃんのように見えてきて、ますますかわいく思えてくる。
私は幸せだ。
初めて知った行為が、こんなにも理想的な形で実現されて、本当に幸せだ。
この二人にならもう何をされてもいい、私の身体を全部預けてしまおう。
「いい表情ですね。いつもそんな風にしてくれたらいいのにな」
あとは考えることをやめ、ただ喘ぎつづけた。私は幸せだ。
「もういきそうやろ?」


793 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/15(日) 22:23:11 ID:NiSHjALN


一体いくらほどに時間が経過しているのかもわからないが、いっこうに気にならない。
被験体でも飼い猫でも、もっと言えば奴隷でもいい、快楽が続いていれば。
私は全てを解放する。
ひた隠しにしていた愛情を、他の介入を拒絶していた身体を、頂点へ向かって遠のいていく意識を――


「あれ?榊さん、体が震えてますね」
「もうあっちの方にいってまったんやな」
「初めて見ました」
「早すぎてもよくないことはないで。勉強になったやろ」
「そうですね」
「でも、わたしたちもあっちにいきたいんやけどなぁ」
「どうしましょう?」

「次は……榊ちゃんに、やってもらう番やな」


戻ってきた意識の中で見たものは、飛ぶ前と少し変わっていた。
仰向けの私に、跨っているちよちゃん。でも、あれを持っていない。
春日さんはさっきまでと同じように視界に入ってこない。
まあ変わっていないといえば変わっていない、けれども。
「楽しみです」
上の体がより大きく目の前に迫る。
「申し訳ないですけど、お願いします、ね、榊さん?」
「あー、わたしも我慢できひんから、自分のに入れてまうわ」
「大阪さん、先じゃなくていいんですか」
「経験は大事やから、もっと触れあっとき」
ちよちゃんの顔が見えていない。その代わりに、細く未発達な両足の付け根と……
「いいですか」
「……え?」
まだ誰も受け入れていない、小さな花びらがあった。


794 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/16(月) 23:21:52 ID:MDFf47Di
やば、これはエロい

795 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/17(火) 21:14:01 ID:VJI26arX
うんエロ医

796 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/19(木) 21:21:51 ID:h/RPnQlZ
eroi

797 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 20:34:07 ID:zFRPuz7U
nemui

798 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 21:05:41 ID:FYCbKU5A


799 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 22:05:48 ID:eYwB7OAg
断続投稿好きじゃないが、文が十分エロいしな、まあいいや、もうこっちは過疎ってるし

とりあえず百合板のスレは2007年にして神

800 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 22:26:34 ID:llBdUJ9Q
>>799
すまん。百合スレに半ば移住したw
ここも見てるけどね。

801 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 08:36:04 ID:1dFbm9tB
reimu

802 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 02:52:25 ID:cZeiA3XI
hakurei

803 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/24(火) 20:11:13 ID:iTQqPwSS
東方かよ

804 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/25(水) 20:05:01 ID:bjDKE3wk
静かになったな

805 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/26(木) 21:26:58 ID:6bejNCXF
落ち着いたと言ってくれ

806 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 05:10:08 ID:XVH2P7x8
落ち着いたな

807 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:40:18 ID:ScT29253
 榊は愛猫マヤーと戯れていた。その光景は、獣医を志す女子大生としては特別奇異な
ものではない。その猫が特別天然記念物であることを除けば。迂闊に外に出すわけには
いかないので、榊は殊更マヤーとの時間を大切にしている。外に出してあげられない分、
自分がかまってあげなければならないと。もちろん友人のことも大事にしているから、
友人の頼みを断ることはしない。だから、かねてからの予告通り、今日自分を訪ねてきた
神楽を快く招き入れた。神楽になんとなく元気が無いことを気にしながらも。
「お、マヤー元気か」
 さっきまで榊がしていたように、神楽がマヤーと戯れる。だが、そんな神楽の様子に、
榊はどこか白々しさを感じずにはいられなかった。神楽はよく榊を訪ねてきていた。なぜ
来てくれるのかという問いに、神楽は『来たいんだからいいじゃん』というシンプルな
一言だけで返した。榊はそんな素直に振るまえる親友を好きだったし、尊敬もしていた。
それだけに、今の神楽の態度には何か引っかかるものがあった。約束をとりつけてまで
訪ねてきたからには、榊本人に用があるはずなのだが……。
「何かあったのか……?」
 その言葉に、神楽が動きをピタリと止める。マヤーが神楽から離れていった。
「私の勘違いならそれでいい。だが私に話せることなら話してほしい。君は私に何でも
話してくれたじゃないか」
 それでも神楽は答えようとしない。榊は待ち続けた。神楽が黙秘しようとしているの
ではなく、一生懸命口を開こうとしていたことがその様子から伝わってきたから。
「そ、そうなんだよな。お、俺が榊に会いにきたのは……」
「……俺?」
 完全に予想外の単語に、さしもの榊も目を丸くした。

808 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:41:10 ID:ScT29253
「やっぱりおかしいよな、私が俺って言うなんて」
 罰が悪そうに目をそらしながら弁解する。
「友達がさ、『神楽さんは俺って言いそうな感じだね』なんて言うんだ」
「……私から見ればおかしいが、初めて会った人なら印象は違うかもしれない」
 何と答えていいかわからず、思ったことをそのまま言葉にした。最も無難な答えとも
いえる。
「そんなことはどうでもいいんだ。それでな……」
 再びしばしの沈黙。『俺』云々のためにここまで来たのではない、と神楽は自分に言い
聞かせ、しかしそれでも自分がここに来た目的を口に出すのは躊躇われ、視線を巡らせる。
 ふと、その視線がある一点で定まった。そこにあったのは鏡台と、その前に並べられた
化粧品の数々。神楽には何をどう使えばいいのかさっぱりわからない品々。
 ――榊には、化粧した姿を見せる相手がいるのか――
 神楽の胸に湧いた疑問。それと同時に、別の感情が湧いたような気がした。
「化粧の仕方がわからない……?」
 神楽の視線を察した榊が尋ねる。煮え切らない態度の親友に、榊なりに気を使ってやった
つもりだった。以前の私にはできなかっただろうな、と過去の自分を振り返る。
「そ、そうなんだよな。ほら、私って水泳部だからそんなに化粧するないじゃん。なんか
周りが色々言ってるんだけど何やったらいいかさっぱりわかんなくてさー」
 神楽が一気にまくしたてる。顔が少し赤くなっていて、動揺がはっきりと伝わってくる。
 確かに、化粧に関する頼みごとなんてやり辛いだろう――榊は勝手に肯いて、もう一言
付け加える。少しはこの親友の積極性を見習ってみようと。
「化粧、してみようか……よかったら、私がやってあげよう」
「……へ?」
 今度は神楽が目を丸くした。

809 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:42:39 ID:ScT29253
 断る理由もなく、神楽は鏡台の前の椅子に座った。鏡の前に数本の容器が並んでいるが、
これらの内容物にどんな違いがあって、それぞれどのように使用するのか、神楽には全く
想像できなかった。
 神楽は鏡を見つめ、自分の後ろに立っている榊の姿を確認した。榊とはそれなりに長い
つきあいだけど、こんな位置関係になったのは初めてかもしれない――そんなことを神楽は
考えていた。神楽と榊の位置関係。神楽と榊の関係。親友といって間違いないが、全てを
知り尽くしたわけでもなく、全てをやり尽くしてもいない。ましてや化粧など初体験だった。
 初体験。その単語に、神楽の体がわずかにこわばる。
「そんなに緊張しなくていい」
 いつのまにか神楽の肩に手を置いていた榊がそれを察し、やんわりと諭した。
 榊に任せてしまえばいい……神楽は落ち着いて肩の力を抜く。
「本当は普段からスキンケアするべきなんだけど、今日はメイクから始めよう」
 榊は並んだ容器のうちの一つを手にとって、もう片方の手にスポンジを持った。
「まずはファンデーションだ。『基礎』を意味するように、しっかりやっておかないといけない」
 榊は後ろに立ったまま始める。その右手にもったスポンジが神楽の頬に優しく触れた。
自分の頬に柔らかいものが触れる感触に、再び神楽の体がこわばる。しかし、これをやって
くれているのは榊なのだと自分に言い聞かせて、緊張を解く。
「こうやって伸ばしていくんだ」
 榊の言うこうやってがどうやってなのかは神楽にはわからない。だから神楽は、榊の
手つきを堪能することにした。スポンジごしに伝わってくる榊の指使いはとても優しく、
心地よかった。この指になら――この指を持つ榊にならば、全てを任せてしまってもいい
と、心からそう思えた。
 やがてファンデーションが顔全体に伸ばされてゆく。その結果、どう変わったのかは
自分ではわからなかったが、少なくとも榊を見る目つきは変わっていると自覚していた。

810 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:44:47 ID:ScT29253
「次は、頬紅をつけようか」
 スポンジを置いて、今度は刷毛のようなものを手に取った。
「もちろん、これも頬から塗るんだ」
 ファンデーションのときよりも気を使うのか、単に榊の流儀なのか、神楽をもっと近くに
見れるように、少し前に身を乗り出した。結果として、後ろから神楽を抱くような形になる。
同時に、その動作に榊の長く艶やかな黒髪がなびいて、その柔らかい匂いが神楽の鼻を
くすぐる。
「あっ……」
 不意を突かれた神楽は、緊張しないかわりに心拍数がはね上がった。急に近くなった榊の
存在、そして榊の匂い。――他人の匂いを気にしたことも始めてだった。
 榊がどんなシャンプーを使っていようと、そんなことは関係なかった。どんな香料を
使ってもこの香りは出ない。これは榊の匂いなのだと、そんなことを考えていた。
 そして、もう一度それが香ってくることを心待ちにしていた。もう一度髪をなびかせて
くれないかと。もう一度その匂いを私に届けてくれないかと。
 榊が刷毛で何をしてくれたのかなど、全く覚えていなかった。

「次は……アイブロウかな。眉の形で人の印象は結構変わってくるんだ。神楽はそんなに
いじらなくていいと思うけど……」
 また別な道具をとると、今度は神楽の前に回りこんできた。そのとき、榊の髪の一房が
神楽の唇を撫でた。
 ぞくっ。
 未知の感覚が神楽を襲った。
 今のはなんだろう。
 人間の唇はそういう感覚を持っているということを、初めて意識した。
 なぜ恋人はキスをするのか、その理由を始めて理解した気がした。
 気がつくと、榊の顔が急激に迫ってきた。
「お、おい……」
「動かないでくれ。私もするのは初めてなんだ」
 あくまで真剣な榊。しかし、神楽は自分の顔が熱くなるのを感じていた。なにせ互いの
息がかかるほど近くにいるのだから。
 今の神楽には、眼前にいる榊しか見えなかった。榊の眼差しは真剣そのもの。その眼を
向けられるたびに気分が高揚していたことを思い出す。高校時代の青春の一ページ。
 そして、顔が眼前にあるということは、唇も眼前にある。一度榊のそれに視線を合わせる
と、もうはずせない。榊の唇を見つめながら、さっきの感覚を思い出す。ほんの一瞬、髪で
撫でられただけでもあんなになるのなら。
 唇と唇を触れさせたら……?
「神楽、目を閉じてくれないか」

811 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:46:14 ID:ScT29253
「え、え、うぇ?」
 あまりの動揺に、まともな言葉を紡ぐことすらできない。
「アイラインを引くんだ。目を閉じるのは不安かもしれないけど……」
「あぁ、そ、そ、そ、そうだよな」
 言われるままに神楽は目を閉じた。榊からしてみれば言ってることとやってることが
食い違っているように見えたが、神楽が自分に身を任せてくれるならば、自分も神楽が
求めているものを与えてやらなければならない、とより一層顔を引き締める。
 目を瞑った神楽にそれが見えるはずもなく、瞼の裏で想像だけが一人歩きする。榊が
次の瞬間、何をしてこようとも対応できない。何をしてこようとも……。
「ちょっと、ごめん」
 榊の左手が神楽のあごにかけられ、くいっと顔を上げる。神楽は、自分が榊の顔を見上
げる形になったことを悟る。そして、その動作は自然とある行為を連想させた。さっき意識
したばかりのその行為を……。
「終わったよ、目を開けていい」
 残念だったような、安心したような、そんな複雑な気持ちを抱えたまま、榊の言われた
とおりにする。その目は、普段の勝気な性格からは考えられないほどうっとりしていて、
化粧とはまた違った理由で、神楽の外見の印象を変えていた。見る者に怪しい倒錯感を
覚えさせるほどの……。
「……やっぱり、目を閉じててほしい」
 神楽はそれに素直に従った。榊に全てを任せると決めていたから……。
「……ルージュを引く」
 鈍い神楽でもわかった。その口紅を榊は使ったことがある。それを神楽にも使うという
ことは……。
 神楽の唇に、柔らかい何かが触れた。

812 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:48:04 ID:ScT29253
 それは指なのだと、すぐにわかった。口紅のスティックそのものではないことになぜか
がっかりし、しかし自分の唇を榊の指が触れているという現実は、その数倍の高揚感を
もたらした。
 あんなにも長くてしなやかな榊の指。不器用で生傷が絶えないけど、綺麗な指。それが
今、神楽の誰にも触らせたことのない場所に触れている……。
 指はピンク色のそこを丁寧になぞる。そこは特別に敏感に反応するように出来ていて、
指に柔らかく刺激され、神楽に未知の感覚をもたらす。正確には、ついさっき知った
ばかりの、女を虜にする感覚。ある種の感情と直結する感覚。
 全てを任せると決めた、その指を神楽は求める。しかし甘美な時間は永久に続くことは
なく、指が離れた。名残惜しげにその余韻に浸る。なぜ榊が指を使ったのか、その理由を
考えることもなく。
「一応これで終わったけど……どうかな」
 神楽自身の感覚では、これが他人にどういった評価を受けるのかは計り知れなかった。
しかし、自分が明らかに変わったということだけは理解できた。顔に多少の色をつけた
だけでこんなにも変わるのかと驚くほどに。
 顔の造詣とか陰影など本質的な問題ではなく、最も劇的な変化があったのはその目
だった。あどけない少女が大人になったがゆえの目。
「なんか……よくわからないけどすげえ」
「今回のは私のやりかただったから……自分なりにやってみるといい」
 その言葉に、少し前に浮かんだ疑問が再浮上し、思わず問いかける。
「なあ、榊には化粧してみせる相手がいるのか?」
 あまりにストレートな質問。回りくどいやりかたは、神楽には思いつかなかった。
「いや……親が勝手に送ってきたんだ。もうそういう年頃だからって。獣医志望の私と
してはあまり化粧するわけにもいかないのだが……」
「ぷっ」
 神楽の笑い声がそれに続く。静かだった部屋が突然騒がしくなり、マヤーがわずかに
警戒した。
「何がおかしいんだ」
「いや悪い、私の勘違いだったんだなって」
「……?」
 怪訝そうな顔の榊にかまうことなく、神楽は言葉を続ける。
「でもよかったよ。これで躊躇いなく話ができるからな」
「話? 化粧のことを話しに来たんじゃないのか」
「え? 私はそんなこと言ってないぞ」
 話がかみ合わず、両者ともに頭の中に疑問符が浮かんだ。

813 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:48:46 ID:ScT29253
「私が来たのは、ちょっと話を聞いてもらいたかったんだ。……恋愛相談ってやつだ」
 その手の話題がどうにも苦手で、二人とも目を合わせようとしない。榊はマヤーを抱き
ながら、親友の話に耳を傾けた。
「後輩の女の子に告白されたんだ。さっきは友達って言い方したけどさ。……体育会系
ではそういうことが結構あるらしいんだけどな。お前って結構女子にモテてたじゃんか」
「そういう人たちに言わせれば私はかっこいいらしいが……私にそんなつもりは全く
なかったんだ。私にそういう面を求められても困る……」
 君だけは違うけれど、と胸中で付け加える。
「そうなんだよ。その子も私のことをちゃんと見ているのかわからなくてさ。だから
まともに返事もできやしねえんだ」
「つまりその後輩は君の男性的な面だけを見ているのではないかと……?」
 榊にとっては身につまされる思いだった。他人が自分を正しく見ているのかと不安に
なってしまう。榊は、そのせいで無意味に周囲に壁を作ってしまった時期があった。
「だけど榊のおかげでなんとかなりそうだよ。これからその子に会ってくる」
「……今すぐ、か?」
 自分が神楽の力になれたことを嬉しく思う一方で、そんなデリケートな問題に自分が
関わっていいのかと不安になる。
「まず確かめなきゃどうにもならないからな」
「そうか……それなら、もう一度座ってほしい」
 榊は櫛を手に取る。素直に座った神楽の後ろに立って丁寧に髪を梳いた。
「私の髪なんか……」
 毎日プールに入り、ろくに手入れもしていない。榊のそれにかなうべくもなかった。
「少しでもいいから、髪は優しく扱うものだよ」
 言葉通り、榊は優しかった。一房一房丹念に櫛を通すと、ぼさぼさだった髪が少しだけ
艶を帯びてきた。榊の指が髪をかきわける。全てを任せると決めた指が。榊がもたらして
くれるその多幸感はどうにも手放し難く。
 神楽の返事はすでに決まっていた。

814 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:50:11 ID:ScT29253
「その……結果次第だけど……もしメイクを落とすなら、またここに来てほしい。
ちゃんとクレンジングしないといけないから……」
「ありがとな。世話になるぜ」
 榊に見送られて歩を進める。その視線を背中に感じながら考える。榊はメッセージに
気づいてくれただろうかと。私はまたここに来るのだと。
 あの子は大事な後輩で友達とも思っている。これから泣かすと思うと気が重い。
「私だって、何でも喋れるわけじゃないんだよ……」
 誰も聞いていないはずだと確信して、ひとりごちた。だが、可愛い後輩を振ってしまう
からには、私も勇気を出さなきゃいけないと自分に言い聞かせる。
 それなりに罪悪感もあるが、はっきり断る決意を固める。神楽にとっての本番は、
榊にメイクを落としてもらってからのこと。
 そのときこそ、榊に本心を打ち明けるのだ。素顔の自分を見てもらうために――

−終わり−

815 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/27(金) 21:52:11 ID:ScT29253
直接的な行為なしにどれだけえっちぃ表現をできるか
試してみた一作……と思いきやメイク以外のシーンが
長くなっちゃったり。
スレの容量が間に合うかヒヤヒヤでしたw

816 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/28(土) 07:00:17 ID:Tdgfudkr
>>815
乙彼様でした。
エロいというより、考えさせられるような話だった。
化粧シーンは後書きの通り長く、その結果として、神楽の榊さんへの
想いという主題がぼやけてしまったように思える。
エロさを求めないならば、二人、特に榊さんの描写が細やかで、冴え渡るような
的確な文章に好感がもてた。


817 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/28(土) 22:48:19 ID:VEU6F3nj
>>816
読んでいただいてありがとうございます。
やりたいことを詰め込んだ結果、テーマが
ふらついてしまったかもしれません。反省。
(さかぐらかどうかはともかく)普通にエロな
ものを書いてみようかと思う今日このごろ。

818 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/28(土) 23:05:37 ID:2jaeQ8i6
素顔のままで。GJ。

819 名前:sage[]:2007/04/29(日) 19:36:35 ID:FOuwu2nd
GJ!
読んでてドキドキさせられました

820 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/29(日) 21:03:41 ID:8n1wfaZE
濃厚だけど、これは百合スレ向きかな
でもGJ



821 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/29(日) 21:09:35 ID:40SuQs3+
あずまんがの場合、このスレと、百合スレは単に板が違うだけで
内容はほとんど一緒だな〜

822 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/05/01(火) 05:03:50 ID:qNGhmwv8
違う内容も掛けるのがここの強み。

823 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/05/02(水) 19:14:49 ID:DDWZtAzR
しかし向こうも十八禁だしな

824 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/05/03(木) 14:51:25 ID:PM6khJTN
643 :他人の設定を使うN :2007/05/03(木) 00:01 ID:sdjatKjI
ひきこもりの原因となる学校でのイジメなどは絶対にあってはならないことですが、
ひきこもり自体についてはぜいたくな行為だと思っています。働くことやそれに伴う
つらい事は親に押しつけて、自分は心地よい空間に閉じこもっている訳ですから。
だから、ひきこもっている人には、それがぜいたくな行為だと自覚して欲しい。
親御さんには、せめて時には突き放す勇気を持って欲しい。
こういう発言には抗議めいたものもあるでしょうけど、ひきこもっている部屋そのものも
親 が 家 賃 や ロ ー ン を 払 っ て 提 供 し た も の です。
ひきこもっている当人は「親=他者」という意識が十分でないと。
親は他者であり、親にも彼ら自身の生活や将来があります。
そういう他者の負担と献身があってはじめてひきこもりが成り立っていることを
「ぜいたく」と表現しました。「他者」の負担を自覚することが、
ひきこもりを克服しようという意思につながるはずだと考えるからです。
親が「他者」であることを見えにくくしている一因は、親の方にもあるでしょう。
親がいつまでも黙って注文を受け入れ、身の回りの世話をつづけていては、
子供に自分の分身と思われてしまいます……。

646 :他人の設定を使うN :2007/05/03(木) 00:16 ID:sdjatKjI
ひきこもる人々が心地よさを全く感じていないと言うつもりはないが、
青春時代の長期間を友も恋人もなくただ孤独に過ごす事がそれほど心地よいこととは想像しにくい。
仮に仕事に行かなくてよくて親がごはんを出してくれるとして、
家の中で本を読んだりチャットしたりしているだけで心地よく過ごせるのは何日までか、
を論議してみるといいかも知れない。私は自分なら数日でリアルの友達に会ったり
外食に出かけたり、散歩に出たくなったりすると重う。


825 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/05/03(木) 19:24:10 ID:PM6khJTN
643 :他人の設定を使うN :2007/05/03(木) 00:01 ID:sdjatKjI
ひきこもりの原因となる学校でのイジメなどは絶対にあってはならないことですが、
ひきこもり自体についてはぜいたくな行為だと思っています。働くことやそれに伴う
つらい事は親に押しつけて、自分は心地よい空間に閉じこもっている訳ですから。
だから、ひきこもっている人には、それがぜいたくな行為だと自覚して欲しい。
親御さんには、せめて時には突き放す勇気を持って欲しい。
こういう発言には抗議めいたものもあるでしょうけど、ひきこもっている部屋そのものも
親 が 家 賃 や ロ ー ン を 払 っ て 提 供 し た も の です。
ひきこもっている当人は「親=他者」という意識が十分でないと。
親は他者であり、親にも彼ら自身の生活や将来があります。
そういう他者の負担と献身があってはじめてひきこもりが成り立っていることを
「ぜいたく」と表現しました。「他者」の負担を自覚することが、
ひきこもりを克服しようという意思につながるはずだと考えるからです。
親が「他者」であることを見えにくくしている一因は、親の方にもあるでしょう。
親がいつまでも黙って注文を受け入れ、身の回りの世話をつづけていては、
子供に自分の分身と思われてしまいます……。

646 :他人の設定を使うN :2007/05/03(木) 00:16 ID:sdjatKjI
ひきこもる人々が心地よさを全く感じていないと言うつもりはないが、
青春時代の長期間を友も恋人もなくただ孤独に過ごす事がそれほど心地よいこととは想像しにくい。
仮に仕事に行かなくてよくて親がごはんを出してくれるとして、
家の中で本を読んだりチャットしたりしているだけで心地よく過ごせるのは何日までか、
を論議してみるといいかも知れない。私は自分なら数日でリアルの友達に会ったり
外食に出かけたり、散歩に出たくなったりすると重う。

501 KB
全部 最新50
DAT2HTML 0.34b Converted.
inserted by FC2 system